パソコン修理・データ復旧|DELL Inspiron 15R N5110 ビーブ音8回

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

  • パソコン修理 HOME
  • パソコン修理
  • データ復旧
  • よくある質問
  • パソコン修理までの流れ
  • パソコン修理料金案内e

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

日時:2014年7月10日 PM 03:07
DELL Inspiron 15R N5110 ビーブ音8回
このエントリーをはてなブックマークに追加

DELL Inspiron 15R N5110が「ピーピー」と音がして起動が出来ないとい修理依頼です。

弊社で確認した時にはビーブ音4回を繰り返していたのだが、ビーブ音は4回だったり8回だったりと変化するという事です。
ビーブ音4回は、DELLの場合メモリー不良、8回の場合は液晶不具合です。
メモリーを交換してみるが症状変わらず、メモリースロット、メモリーをクリーニングして電源を入れるとビーブ音が8回に変わった。

液晶不具合の可能性が高い。

分解してみると、パネルを固定している部分が破損、完全に固定螺子がきかない状態になっています。
螺子受け部分が折れて取れてしまっています。
P1020030.JPG

この部分を修理するには底ケース全部を交換する必要があるため、この部分については別途対策を考えるとして、まずは、ビーブ音が発生する原因を探し出します。

液晶ケーブル不良で間違いないと思うが、まずは、一旦分解して、ケーブル接続部分を綺麗にクリーニングして再組立を行います。
動作テストの結果、症状変わらずです。
念のために、液晶パネルも交換してみるが症状変わらずです。

液晶ケーブルを目視確認すると、ケーブル断線は無さそうなのだが、とにかく極細ケーブルなので断線部分は確認出来ません。

液晶パネル部分がしっかりと固定されていなかったためにケーブル自体に負荷がかかり断線してしまったのだろう。

液晶ケーブルを交換し、仮組状態でテストをするとビーブ音発生は無くなり、問題なく起動画面を確認。

元通りに組み立てて修理完了です。

あっ、底ケースの破損ですが、空いてしまった隙間にプラスチックを入れ込んで高さを調整してプラスチック用螺子で固定、主要螺子はしっかり効いているので「ガタガタ」もありません。
安価に修理をするためには工作技術も必要です。

P1020052.JPG

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2017年3月の記事

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ