パソコン修理・データ復旧|NEC LS150HS1KW 液晶割れ修理 交換手順

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

  • パソコン修理 HOME
  • パソコン修理
  • データ復旧
  • よくある質問
  • パソコン修理までの流れ
  • パソコン修理料金案内e

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

日時:2014年7月12日 PM 08:41
NEC LS150HS1KW 液晶割れ修理 交換手順
このエントリーをはてなブックマークに追加
NEC PC-LS150HS1KWの液晶割れ交換修理依頼です。

P1020097.JPG

割れた画面は写真のよう。
パネルの下の方に打痕跡があるので、この部分に何かをぶつけたか、何かを挟んだままパネルを閉じてしまったのだろう。

今回は、ついでに簡単な交換手順を公開してしまいます。

このLS150については、パネルカバーを簡単に取り外す事が出来ないため、一旦、パネル部分を取り外さなければいけません。
バッテリーを取り外し、底面に見える螺子全部を取り外します。
キーボードは、ハメ込みが少し硬いので注意が必要、勢い余ってキーボードケーブルを断線させてしまったり、接続部分のコネクタを破損させてしまう危険があるのでご注意ください。

最低限ここまでは分解する必要があります。

P1020098.JPG

ここで、パネルを固定している螺子を7本外し、無線lANのケーブルも一緒に取り外します。
P1020099.JPG

パネル部分の固定螺子4本を外しますが、この部分はメクラシールが貼られているので螺子を外す前に剥がしておきます。

P1020100.JPG

液晶のカバーを取り外すと、パネルを固定している螺子が上2本、下2本が現れますので取り外します。
ここまでの作業で取り外した螺子は全部で52本、螺子の種類は4種、使われている螺子の種類としては少ない部類になりますが、使われていた場所はキチンと把握しておく事が大切です。

液晶パネルを交換後、必要最小限、パソコンが起動出来るところまで組み立てて動作テストを行います。
画面が正常に表示されるところまでの確認であればキーボードは接続する必要はありませんが、今回、簡単な交換手順を公開するためにキーボードを取り付けてBIOS画面を表示させてみました。

あとは、分解した順番と反対の順番で元通りに組み立てれば良いわけです。

P1020102.JPG

交換作業には半解体するので、慣れていても約1時間程度はかかってしまいます。
慣れない方なら2時間以上はかかってしまうかもしれません。

壊してしまうかも?というリスクを考えれば専門家に任せた方が良い機種だと思います。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2017年3月の記事

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ