パソコン修理・データ復旧|HP Pavilion dv6 WG456AV 電源入るも画面真っ暗

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

  • パソコン修理 HOME
  • パソコン修理
  • データ復旧
  • よくある質問
  • パソコン修理までの流れ
  • パソコン修理料金案内e

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

日時:2015年3月16日 PM 09:41
HP Pavilion dv6 WG456AV 電源入るも画面真っ暗
このエントリーをはてなブックマークに追加
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動出来ないHP Pavilion dv6 WG456AVの修理依頼は東京都の個人様から。
HP Pavilion dv6シリーズは種類が多いため、正確な型番はBIOS画面を見ないと確認が出来ないようです。
P1020990.JPG
HP Pavilion dv6でもAMD搭載パソコンに多い故障例です。

パソコンが壊れてしまった原因は、内部にゴミが溜まり、冷却不足がマザーボードを壊してしまいます。

パソコン内部の写真です。

P1020991.JPG
これだけ汚れていては正常な冷却が出来ないために壊れてしまっても仕方がありません。
マニュアルにはクリーニング方法などは記載されていないため、どうしようもないのかもしれませんが、パソコン内部が汚れるという認識さえ無い方が多いのではないだろうか...。

パソコンとは、発熱するため、冷やすために外気を吸い込んで冷却しています。
これは、水冷パソコンも同様です。

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活、データも設定も環境もそのままです。

この様な故障例があるパソコンの場合、ほとんどは最新BIOSが公開されており、BIOS更新をする事でファンコントロールを最適化している事が多いです。
このHP Pavilion dv6の同様、最新BIOSに更新します。

P1020993.JPG
BIOS更新後はファンの回転も速くなり、風量をアップしています。

たまにでいいので、お使いのパソコンの情報を確認されると故障を防ぐ事が出来るかもしれません。

定期的に内部のクリーニングをされる事をお勧めします。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2017年3月の記事

S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ