パソコン救急病院ジャムテック パソコン修理ブログ:2016年7月の記事

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

ジャムテックの業務を月ごとにご紹介

« 2016年6月 | メイン | 2016年8月»
2016年7月31日
Operating Sys... SONY SVE1513CJW ひたちなか市
写真のようにOperating System Not Foundと表示されて起動が出来ないというSONY SVE1513CJWのデータ復旧のご依頼がひたちなか市の個人様から。
某有名パソコン修理会社にデータ復旧を依頼されたところ復旧代金が38000円?、このエラーメッセージからでは簡単に見積り額は出せないはずなのだが...。
P1040190.JPG

どうやら、ハードディスクを取り外して簡単な検査をしていたのだろう、当社でデータ領域を確認すると綺麗に中身が見えてきます、ハードディスクの初期読み込み部分に問題があるようです。

お客様には、データ復旧だけではなく、パソコンの修理もご提案すると、動きも遅かったので新しいパソコンを購入予定との事、ハードディスクに異常があれば動きが遅いのも当然で、記録メディアをSSDに替えて修理をするという選択肢もあります。
SSD搭載モデルは安価なパソコンには導入されておらず、一部の高額パソコンにだけ搭載されています。
また、パソコンンの性能はここ数年あまり進化していないのです。

ハードディスクを検査するも不具合は発見されず、しかし、どこかにリードエラーがあるのかもしれないので、一旦データを救出した後にリカバリーを試みてみます。
内臓リカバリー領域からのリカバリーは途中でエラー、ストップしてしまいました。
当社所有のリカバリーディスクを使うと問題なく完了、簡単な動作テストでも問題なし、若干動きが遅い感があるものの何とか使えるようです。

ハードディスクは256GBのSSDに換装、リカバリーディスクを使ってリカバリー、SSDだと作業の進行も早いので助かります。
修理後のパソコンは起動、シャットダウンが約10秒、レスポンスも良く快適なパソコンへと生まれ変わりました。

元々のハードディスクは750GB、このハードディスクは全データ、パーティションを削除して1パーティションのポータブルハードディスクとして使用、システム用としては若干不安のあるハードディスクですがデータ保存用として使う分には問題ないだろうとい判断です。

復旧データは約200GB、一旦は修理パソコンに保存させて頂きましたが、一部をポータブルハードディスクにデータを移して使えばデータ領域の容量不足で悩まされる事はなくなります。

修理の方法で損なのか、得なのか、その辺の見極めが大切ですね...。


2016年7月29日
電源入らず DELL XPS8300 水戸市法人様

電源が入らず起動が出来ないというDELL XPS8300のパソコン修理&データ復旧のご依頼が水戸市内の法人様から。
DELLにお問い合わせをされたそうですが、症状を伝えるとマザーボードの故障と断定されたそうです。

詳しく検査もせずにマザーボードの故障と言い切れるのは、この機種の故障傾向なのだろう...。
当社でも少し前に同型のマザーボードの交換修理を行っています。

電源を入れるとファンが回ったり止まったりを繰り返します。

マザーボード故障確定です。

P1040203.JPG

取り外したマザーボードの写真です。

DELLの純正マザーボードは入手可能なのだが、価格も高く、また同じ故障が発生する可能性があるために交換可能な別メーカー製のマザーボードに交換しました。
ピン配置などが異なるので若干の改造が必要となります。

LGA1150ソケットのCPUなので生産終了しているため選べるマザーボードは限られてしまいますが、安価で信頼の出来る物に交換します。
同時に、ハードディスクからデータの復旧作業を行います。
マザーボードは変われば元通りに起動が出来ずOSの再インストールが必要だからです。

Adobe関連のソフトはマザーボードを同型に交換しても再認証が必要になります。
おそらくは、認証プログラムがマザーボードのシリアルナンバーで管理されているのかもしれませんね...。

修理後は、パソコン購入後にインストールされたソフト類は再インストールになりますが、保存データはそのままお使い頂けます。

2016年7月24日
水戸市 NEC VN770CS6 液晶パネル割れ
NEC VN770CS6の液晶パネルが割れてしまったという液晶修理のご依頼です。
このお客様は、7月の初めごろ、ハードディスク故障で修理をさせて頂いたお客様なのですが、折角修理をして快適に動くようになったパソコンの液晶パネルに物を当ててしまい液晶パネルが割れてしまったというお客様です。
P1040158.JPG

割れてしまった液晶パネルは交換するしか修理方法はありません。
画面サイズは20インチワイド画面、使われていたパネルはSAMSUNG製LTM200KT07、LEDパネルです。

丁度良いタイミングで中古ですが、使用頻度の低いパネルを在庫し

ておりお預かり当日に修理をいたしました。

P1040159.JPG
とても中古パネルと言わなければ分からないくらいの高品質中古パネルです。
傷なし、明るさも発色も良好、LEDパネルになってから、バックライトの寿命が延びたので傷さえなければ中古パネルで十分、マーカー修理の30%ほどの修理費用で対応出来ました。
メーカーさんの修理は中古パネルを使う事があり、料金は新品パネルに交換したと時と同じです。
弊社の修理経験の中、4件の中古パネル交換を発見しています。
修理代は7万円?10万円です。
2016年7月21日
液晶パネル割れ NEC VN770CS6 茨城県水戸市
P1040158.JPG
NEC VN770CS6の液晶パネルが割れてしまったという液晶修理のご依頼です。
このお客様は、7月の初めごろ、ハードディスク故障で修理をさせて頂いたお客様なのですが、折角修理をして快適に動くようになったパソコンの液晶パネルに物を当ててしまい液晶パネルが割れてしまったというお客様です。

割れてしまった液晶パネルは交換するしか修理方法はありません。
画面サイズは20インチワイド画面、使われていたパネルはSAMSUNG製LTM200KT07、LEDパネルです。

丁度良いタイミングで中古ですが、使用頻度の低いパネルを在庫しておりお預かり当日に修理をいたしました。

P1040159.JPG
とても中古パネルと言わなければ分からないくらいの高品質中古パネルです。
傷なし、明るさも発色も良好、LEDパネルになってから、バックライトの寿命が延びたので傷さえなければ中古パネルで十分、マーカー修理の30%ほどの修理費用で対応出来ました。

2016年7月 9日
新潟県から 液晶パネル割れ NEC LL550VG6W 
P1040099.JPG

液晶パネルが割れてしまったというNEC LL550VG6Wの修理ご依頼が新潟県の個人様から。
このパソコンが販売されていた時期は、15.6インチパネルはLEDとCCFLの2方式があり、当社でも記録がなかったので事前見積額は多めの金額でお見積りをさせて頂きました。
15.6インチサイズのCCFL方式パネルは、生産されてた期間が短く、その後LEDパネルへと移行してしまったので入手が困難、価格も割高になってしまいます。

現物が届いて確認してみるとLEDパネル、これなら事前見積額の安価な方で対応可能、在庫もあるのですぐに修理に取り掛かります。

その前に、パソコン内部のクリーニング作業を行います。
ゴミの溜まるCPUファン周辺を重点的にお掃除を行います。

P1040101.JPG

すごい事になっています。
たばこも吸われているようなので茶色のゴミが溜まります。

ここまで溜まってしまうとキチンと排熱が出来なくなってしまいマザーボードの故障へと繋がってしまいます。
また、パソコンを使用しているとキーボードまで熱くなってしまうでしょう。
この機種の場合、裏面の螺子を1本外し、ファンを取り付けている螺子3本を外せば写真のような状態になります。
使えなくなってしまった歯ブラシなどでヒートシンク部分を軽く擦って掃除機で吸い込むというようにお掃除すれば簡単です。
NECのパソコ

ンは比較的にお掃除が簡単に出来ています。

P1040102.JPG
綺麗な画面になってパソコン復活です。
時々はパソコン内部のお掃除も大切ですね。
2016年7月 3日
次のファイルが...System32...起動不能 富士通NB/9
次のファイルが...System32...とメッセージが出て起動が出来ないという富士通NB/9の修理ご依頼です。
メーカーに問い合わせても機種が古いために修理不能、大手量販店に併設されているパソコン修理会社に持ち込んでも同様の返答、趣味の写真関係だけで使っているのでこのまま使えるようになれば良いというご要望です。
次のファイルが存在しないか...System32...、Windowsが起動するために必要なファイルの破損、又は消失してしまうと起動が出来なくなるのです。
07034.jpg

パソコンを購入されて13年以上経っているパソコンですからハードディスクは交換する必要があります。
困った事は、壊れる前に状態に復活させて欲しいというご要望、理由は、インストールしてあるソフト関連、プリンターなど、再設定が難しいので何かならないかとい事です。

ハードディスクを交換して修理するという事は何も問題はないのだが...。

そこで、駄目元で作業開始です。

起動出来なくなってしまったパソコンを一時的にでも正常起動が出来るように修復作業を行います。

修復作業開始から約6時間、一旦再起動をすると壊れる前の状態で起動、このまま新しいハードディスクに丸々クローンを作成してしまいます。
クローンHDD作成作業に約1時間、元々が40GB、データ量も少ないので1時間程度で作業が完了です。

さて、クローンHDDをパソコンに取り付けて電源ON、クローン作製成功、みごとに元通りに復活です。

P1040076.JPG

2016年7月 1日
OZZIO 画面に白い横線が多数出て再起動を繰り返す

デスクトップパソコンの修理ご依頼です。
パソコン内にはお仕事で使っている大切なデータが保存されており、修理に高額費用がかかるなら最悪でもデータだけは何とか取り出したいというお客様のご要望です。

故障時の写真は撮影を忘れてしまいましたのでご紹介が出来ません。

パソコン内部を開けて確認すると、内部は埃でいっぱい、SSDがシステム用に、データは別ハードディスク2TBは搭載されています。
お仕事途中のデータがあるので修理前に取り出して欲しいというご要望なので必要データを取り出して弊社の外付けHDDに保存してお渡ししました。

症状を確認

して一番先に想定出来る故障個所はビデオカード、それもなかなかハイスペックなビデオカードなのでご購入当時にはビデオカードだけでも30000円以上はしたであろうというカードです。

P1040071.JPG

補助電源を2本刺すタイプでnVIDIA GeForce 470。

今では、このビデオカードと同等性能ビデオカードなら補助電源不要、1ランク落としても性能的の葉ほぼ同等です。
ビデオカードも年々進化しており、最近のビデオカードは高性能でも発熱が少なくなっているので冷やすために吸気量も少なく、内部にゴミが溜まりにくくなっています。

まずは、ビデオカードの故障を確定するために別カードで起動テストを行います。
問題なし、やはりビデオカードの故障確定です。

故障の原因は、内部が汚れた事が原因による冷却不足です。


一般のパソコン修理会社であればビデオカードの交換という修理になるのだろうが、当社の場合はこの壊れてビデオカードの修理を試みます。
壊れ方によっては修理不能という事もあるので確実に修理が出来るという事ではありませんが...。

ビデオカード修理の途中でSSD、ハードディスクの検査も行います。

すると、大切なデータを保存している2TBのハードディスクに故障を発見、この状態は、そのうちにデータが読めなくなってしまう可能性が高いため、新しいハードディスクに交換する必要ありです。

ozzio.jpg

当社では修理用に絶対に使用しないSAMUSUNG製ハードディスクが使われていました。
お客様にこの問題をお伝えして新品のハードディスクにデータを丸々コピー、これで大切なデータを失う危険がなくなりました。

さて、問題のビデオカードですが、修理は無事に成功、画面に横線が入り再起動をするという事はなくなりました。

P1040070.JPGP1040072.JPG

OZZIO購入店にもご相談されたらしいのですが、修理代が高額になるので新しいパソコンを勧められるばかりだったそうです。

パソコン修理は無事に終了、ハードディスク不具合の発見も早くて良かったとお喜びでした。

販売店にお勧めで購入されたらしいのですが、コスパ的にはあまり良くないパソコンでした。

OZZIOの取扱店はPC-***Tさんですね。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2016年8月の記事

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ