パソコン修理・データ復旧|熊本県法人様 ヒンジ破損 富士通AH56M

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

  • パソコン修理 HOME
  • パソコン修理
  • データ復旧
  • よくある質問
  • パソコン修理までの流れ
  • パソコン修理料金案内e

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

日時:2017年5月 2日 PM 02:23
熊本県法人様 ヒンジ破損 富士通AH56M
このエントリーをはてなブックマークに追加
ヒンジ左側部分が破損してしまいパネルの開閉が思うように出来ないという富士通ノートパソコンAH56Mの修理ご依頼が熊本県の法人様から。
当社の修理記事をご覧になりご利用となりました。
タッチパネル機能のあるパソコンですが、画面表面が浮いた状態なのでタッチ機能も使えないのではないかと思います。
P1050690.JPG
このパソコンと同時期に販売されていた富士通製ノートパソコンに多い故障例です。
この後のモデルは補強されているので同じ様な破損はないかもしれません。
P1050691.JPG

分解してみると予測通り、螺子受け部分が折れて取れてしまっています。
この部分だけでパネル部分を固定しているので負荷がかかると簡単に壊れてしまいます。
以前の液晶パネルはパネルの横面に螺子止めするという方法だったので金属製の棒?がパネルの上まであったので上部だったのですが、液晶パネルの固定方法が変わったために金属製のバーが無くなり強度不足になったのではないかと思われます。
この様な故障は東芝製ノートパソコンにも多く見受けられる故障です。

取れてしまった螺子受け部分は元の位置に取り付けてプラスチップを溶かして補強します。

P1050703.JPG

今回は、この位置調整に戸惑ってしまい何度かやり直し、一旦仮固定をしてパネルの開閉テストを数回、微妙な固定位置のズレでまた剥がれてしまうという作業を数回行いました。

右側部分も確認するとかなり危ない状態、ことらも補強をして再発防止策を施します。
パネルの開閉が堅いと再発の恐れがあるのでヒンジの堅さ調整も同時に行います。

こんな作業を丸2日行い何とか問題なく使えるように修理完了です。
パネル全面は螺子無しのはめ込み式、微妙な隙間が空いてしまいましたがご容赦願います。

P1050705.JPG

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2017年5月の記事

S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ