パソコン救急病院ジャムテック パソコン修理

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

パソコン修理

NEC LS550/H 起動不能 水戸市個人様
「User Profile Serviceサービスによるログインに失敗しました。ユーザープロファイルが読み込めません。」とメッセージが現れて起動が出来ないというNECノートパソコンLS550/Hの修理お持込が水戸市の個人様から。
2日ほど使われていなかったそうなのですが、今日7/9電源を入れたらこんなメッセージが現れるようになってしまったという事です。
P1050999.JPG

ハードディスクを検査するも異常は見当たらず、最悪の場合は、保存データを一旦救出した後にリカバリー、その後に救出データを戻すという作業になってしまうかもしれません。
となれば、インターネット接続、メール設定、後からインストールしたソフト類、プリンタ関連の再新ストールが必要となってしまい、パソコンに疎い方にとっては大変な作業をしなくてはいけません。
費用も時間もかかってしまうという修理になってしまうので、出来る限り早く、安価に修理する方法を試みてみます。

一般の方は、パソコンが起動出来ない状態なのでリカバリー(初期化)という選択肢しか思い浮かばないと思いますが、そこは経験と技術が物をいいます。
まずは、システムの復元を試みてみます。
起動も出来ないパソコンなのにどうやって?。
セーフモードでも起動は出来ません。

当社所有の修復ディスクを使ってシステムの復元を起動、復元ポイントに1週間ほど前にして作業をすすめます。

作業をする事約1時間、パソコンは元通りに復活出来ました。

P1060002.JPG

今回の故障原因は想像でしかないのですが、シャットダウンする時にWindowsアップデートが動いている段階で電源が落ちてしまった、又は強制終了をしてしまったのではないだろうか?と思われます。

安価に早く修理出来るのも経験と技術があるから、パソコントラブルは無駄に弄らずご相談ください。

DELL Vostro 330 東海村法人様 SSD換装希望

これまでにも何度かご利用頂いた東海村の法人様から、メインで使っているDELL Vostro 330の動きが遅く作業効率が悪いのでSSDに換装修理をして欲しいというグレードアップ修理のご依頼です。
以前にもパソコンが...、おっしゃっていたのですが、SSDに換装すると劇的にパソコンが快適になる旨をお話ししてありました。

レスポンスの悪いパソコンは作業効率が悪くストレスになり健康上でもあまり良い事ではありません。

パソコンのスペックは、CPUにIntel i3、メモリー2GB搭載という構成、SSDにするだけでもパソコンのご不満は劇的に改善されるのですが、メモリーはやはり最低限でも4GBは必要、メモリーも2GB追加して4GBに変更します。

OSはWindows10にアップグレードされているのでそのまま、メールの送受信データなどはバックアップを取られていないという事なのでデータ復旧も同時にご依頼頂きました。

P1050857.JPG

修理後は見違えるように...、これでストレスなくパソコンをお使いいただけます。

その他の作業としては、MS Officeのインストール、メールのアカウント設定、メールデータのインポートなど、すぐお仕事で使えるとうに設定させていただきました。

SONY VPCEE47FJ 電源入るも画面真っ暗
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動が出来ないというSONYのノートパソコンVPCEE47FJの修理お持込がひたちなか市の法人様から。
最近になってパソコンを使う業務が増えたため、壊れて動かないパソコンを修理出来ればとご来店されました。
修理後に判明したのですが、最終使用履歴は2015年の12月29日、約1年半の間眠っていたパソコンです。
MS Office2010 H&Bがインストールされているパソコンなので安価に修理が出来るなら儲けものですね...。

 
P1050835.JPG
5月にも同機種、同症状で修理おこなっていますが、ほとんどはパソコン内部がかなり汚れています。
パソコンを分解して内部の確認をします。
私の想定通りなら中はなかり汚れているはず...。

P1050836.JPG

が...、パソコン内部はとっても綺麗な状態でした。
ハードディスクを外して検査をすると稼働時間は約1300時間、ほとんど使われていないパソコンだっとようです。
となれば、故障確率としては1番にCPUが怪しい。
しかし、CPUを交換しても症状は変わらず、やはりこのモデルに見受けられるマザーボードの故障で間違いなさそうです。

マザーボードの修理後、簡易テストの出来るところまで組み立てて起動確認をします。
この段階でメーカーロゴが確認出来ればマザーボードの修理完了です。

起動確認が出来たので元通りに組み立てて再度動作テストを行います。


P1050837.JPG

パソコンの起動は大丈夫、あとは簡単な動作テストで修理は完了です。

前回の使用履歴は2015年の12月29日です。
Windowsアップデート、VAIOアップデートなどが止まったままなので最新まで更新します。


P1050839.JPG

この更新をしなければ正常なパソコンとしては使う事が出来ないのです。
パソコンとは?更新が絶対必須なアイテムだからです。

IE9だったのもIE11にしなければネット閲覧の満足出来ないからです。


P1050838.JPG
VAIOアップデートを使って最新BIOSに更新します。
このモデルの故障原因はパソコン内の冷却不足です。
BIOSを最新にして故障防止をしている事があるからです。
更新後は、排熱口からの風量が少し増えた感じです。
群馬県から 画面が点かないHP Pavilion dv6 WV808AV
群馬県の個人様から、電源を入れても画面が点かないというHP Pavilion dv6 WV808AVの修理に関するお問合せがお電話で...。
当社の修理記録をご覧になられ、全く同じ症状という事でした。
メモリーを差し替えたりという事も試されたという事でしたが改善されないとおっしゃていました。
P1050800.JPG
早速修理を開始します。
メモリーの刺し直しをされたそうですがメモリーを交換して動作テストをしてみます。
が...、症状は変わらず、となればマザーボード?orCPU?、の故障と断定、故障率の高い方から修理を行います。
P1050801.JPG

パソコンを分解して冷却ファン部分を確認すると上写真のように綿埃がたくさん詰まっていました。
このモデルの故障傾向は、このようにパソコン内部が汚れると冷却不足になりマザーボードが故障してしまいます。
CPUの確認は後、マザーボードの修理に取り掛かります。

仮組状態でとりあえず起動確認をして、画面が点く事を確認した後に元通りに組み立てて動作テストを行います。

P1050802.JPG

無事にパソコンが復活です。

次に、BIOSバージョンを確認するとF23です。
HPサイトを確認すると最新BIOS F29がリリースされているので更新します。
BIOSを更新するのには理由があり、発熱が原因で壊れてしまうパソコンはファンコントロールを最適化しているモデルが多いからです。
更新後は少し排気風量が増えたようです。
若干はファンの音が煩くなるかもしれませんが故障防止には絶対に必要です。

NEC LL370RG 電源入るも画面真っ暗 水戸市法人様

水戸市の法人様より電源は入っているようだが画面が真っ暗というNECのノートパソコンLL370RGのデータ復旧のご依頼でご来店されました。
保存されているデータはお仕事の財務データなど、大変重要なデータが保存されているそうです。
パソコンも古く、2009年製ごろではないかと思われます。
買い替えを検討されているそうなのですが、万が一、修理が出来るなら修理の方向でお願いしたいというご要望です。
慣れ親しんだパソコンは使いやすく安心して使えます。

このお客様は、以前当社をご利用頂いたお客様が、修理不能と言われたパソコンでも何とかなるかもとパソコン救急病院ジャムテックを紹介されたとか...。

このNEC LL370RGの故障傾向は、パソコン内部に汚れが蓄積されて冷却不足が原因で故障してしまうケースが多く、マザーボードの修理でこれまで何台も修理を行っております。
まずは、修理の方向でパソコンをお預かりしました。

タイミングよく手が空いていたのですぐに修理に取り掛かります。

まずは、このモデルのウィークポイントを確認、思ってたほどパソコン内部は汚れていない、この部分については想定外、なぜなら、同様故障では必ずといっていいぐらいにパソコン内部が汚れているからです。
となれば、マザーボードの故障は考えにくいのだが、マザーボードの故障を防止する意味でも冷却強化策を講じます。
これまでの修理経験上からAMD製CPUの故障では?と...。
やはりCPUの故障で間違いなし、仮組状態で電源を入れると「NEC」のロゴがみごとに現れました。
Intel製CPUではほとんどないCPU故障もAMDの場合は比較的に多いのです。

言い換えれば、CPUの故障かも?と診断するパソコン修理会社は実際に修理をしていないのかもしれませんね。
熱伝導シートを熱伝導率の高い銅板製に交換、CPUグリスはシートが付いていたのだが、このままでほんの少しグリスを塗布します。

P1050758.JPG

元通りに組み立てて動作確認をします。
保存データも各種設定も環境もこれまでと全く同じ状態でお使いいただけるように復活です。

パソコンの修理費用はデータ復旧料金とそれほど変わらず、パソコンは元通りに復活出来れば修理をしてもお得ですね。
想定以上に調子が良く、動作も速くなかかか快適にお使いいただけます。

今回交換したCPUが下画像のCPUです。

P1050759.JPG
午後2時ごろのお持込でしたが夕方にはお引き取り頂けました。
熊本県法人様 ヒンジ破損 富士通AH56M
ヒンジ左側部分が破損してしまいパネルの開閉が思うように出来ないという富士通ノートパソコンAH56Mの修理ご依頼が熊本県の法人様から。
当社の修理記事をご覧になりご利用となりました。
タッチパネル機能のあるパソコンですが、画面表面が浮いた状態なのでタッチ機能も使えないのではないかと思います。
P1050690.JPG
このパソコンと同時期に販売されていた富士通製ノートパソコンに多い故障例です。
この後のモデルは補強されているので同じ様な破損はないかもしれません。
P1050691.JPG

分解してみると予測通り、螺子受け部分が折れて取れてしまっています。
この部分だけでパネル部分を固定しているので負荷がかかると簡単に壊れてしまいます。
以前の液晶パネルはパネルの横面に螺子止めするという方法だったので金属製の棒?がパネルの上まであったので上部だったのですが、液晶パネルの固定方法が変わったために金属製のバーが無くなり強度不足になったのではないかと思われます。
この様な故障は東芝製ノートパソコンにも多く見受けられる故障です。

取れてしまった螺子受け部分は元の位置に取り付けてプラスチップを溶かして補強します。

P1050703.JPG

今回は、この位置調整に戸惑ってしまい何度かやり直し、一旦仮固定をしてパネルの開閉テストを数回、微妙な固定位置のズレでまた剥がれてしまうという作業を数回行いました。

右側部分も確認するとかなり危ない状態、ことらも補強をして再発防止策を施します。
パネルの開閉が堅いと再発の恐れがあるのでヒンジの堅さ調整も同時に行います。

こんな作業を丸2日行い何とか問題なく使えるように修理完了です。
パネル全面は螺子無しのはめ込み式、微妙な隙間が空いてしまいましたがご容赦願います。

P1050705.JPG

NEC LL350W 佐賀県から DCジャック破損?

DCジャックがグラついていて接触不良になっているというNECのノートパソコンLL350/Wの修理ご依頼が佐賀県の個人様から。
NECのノートパソコンの場合、DCジャックはケーブルを介してマザーボードに接続されているのでジャックの破損、ケーブルの断線という故障原因が想定出来ます。

パソコンを分解してDCジャック部分にアクセスします。

P1050586.JPG
見た目にはどこも壊れているようには見えません。
P1050588.JPG
DCジャック部分を取り外し、黒い収縮チューブを取り除くと想定通りケーブルが3本も断線しています。
基本的にはこの様な断線は発生しないのですが、こうなってしまった原因が他にあるのです。
P1050589.JPG
赤枠部分、ジャックを固定しているプラスチック部分が破損してしまい、DCジャックがグラつき、微妙な遊びがケーブルを断線させてしまったようですね。
P1050591.JPG
破損してしまったDCジャック固定部分にはプラスチックを切り取って貼り付けてグラつきをすくなくします。
P1050592.JPG
DCジャックの取り付け部分(元)が動かに様に収縮チューブを2重にして少し太くしています。
P1050594.JPG
写真はあまり上手に撮影できませんでしたがこれで修理完了、再発防止策も講じているので乱暴に扱わない限りは同じ故障はないと思います。
SONY SVF15329EJ SMARTエラー ひたちなか市

電源を入れると「SMART...」とメッセージが現れて起動が出来ないというSONY SVF15329EJの修理お持込がひたちなか市の個人様から。
保存されているデータも重要なのでデータ復旧とパソコン修理のご依頼です。

SMARTエラーは、ハードディスクに問題がある時に現れる機能ですが、ハードディスクが壊れているので交換する必要があります。
お客様はリカバリーディスクを作成されていないという致命的状況です。

壊れたハードディスクを交換しただけではパソコンは動いてくれません。

パソコン修理と同時進行でデータ復旧作業を行いますが、ハードディスクの状態はかなり悪い、あまりご予算に余裕がないのでなかなか難しいところです。
しかし、なんとか安価に対応出来そうなので焦らずに作業を続行します。

パソコンの修理は、当社に対応出来そうなリカバリーディスクがあったのでそれを使ってOSのインストール作業を行います。
10種ほどのリカバリーディスクをテストした結果対応可能ディスクを発見、同機種の上位モデルの物が対応出来ました。

P1050522.JPG

元々はWindows8のパソコンですがとりあえず元OSのままリカバリーを行い、その後にVAIOアップデート、次にWindows8.1にアップグレードを行います。
全ての更新作業は完了したらWindows10にアップグレードします。
心配していたDVDの再生も問題なし、壊れたハードディスクはSSDに交換したので動きもサクサク、レスポンスの良い快適パソコンへと生まれ変わりました。

さて、データ復旧ですが、丸1日作業をした段階でハードディスクは認識しない状態に陥ってしまいました。
壊れたハードディスクは更なる悪化は防ぎようがありません。
僅かなデータをピックアップした段階で作業がストップしてしまいました。

この状態でもデータ復旧は可能なのですがご予算の制限もあるのでデータ復旧は中止となってしまいました。

復旧出来たデータは、パブリックアカウントに保存されていたXアプリの音楽データが約4400曲分、今回は、この音楽データを修理済みパソコンに保存、Xアプリをダウンロードして復旧音楽データをインポートして使える状態にして納品となりました。

今回のデータ復旧はご予算以内でご要望データがほとんど復旧出来なかったので無料です。

ハードディスク故障 富士通D5290 千葉県から
P1050456.JPG
パソコンを起動すると「ハードディスクに異常が検出されました」とメッセージが現れる富士通デスクトップパソコンD5290の修理ご依頼が千葉県の個人様から。
ご友人にパソコン救急病院ジャムテックに修理依頼をすると大丈夫と当社をおすすめ頂いたそうです。
出来ればデータも環境も元のままに修理が出来ればというご要望です。
0318.jpg

使われていたハードディスクはSeagate社製160GB、今では入手の難しい160GBなので今回は500GBに交換修理を行います。
まずは、元ハードディスクのクローン作成、これでサクサク快適に動いてくれれば良いのだが、不良をかかえたハードディスクのクローンを作っても動きの遅いのはほとんど変わらないのが現状です。
やはり想定通り、動きは若干は速くなった感じはするもののあまり快適とはいえません。
OSはクリーンインストール、その後に復旧データを戻すという作業となりました。

後からインストールされたソフト類はダウンロードフォルダー内に保存されていたので再インストール、Xアプリの音楽類とインポート、Windowsアップデートなどの作業を行い修理完了です。

P1050452.JPG

新潟県から HP Probook 4525S 電源入るも画面真っ暗
電源ははいるのだが画面が真っ暗なまま起動が出来ないというHP Probook 4525Sの修理ご依頼が新潟県の法人様から。
このお客様は、同型を数台使われており今回で4台目の修理ご依頼です。

P1050418.JPG

今回の場合は、お客様ご自身で分解され、冷却ファンの羽根が数枚取れて無くなっているというご申告でした。
これは想像なのですが、パソコン内部をお掃除するためにエアーを吹付けた際、風量が強すぎたために羽根の破損に繋がってしまったのではないだろうか...。

冷却が不足するとマザーボードが発熱するために様々な故障が発症してしまいます。

P1050420.JPG

冷却ファンの羽根が4枚しまついていません。
取れた羽根はパソコン内で2枚は発見出来ましたが、その他の羽根は発見出来ませんでした。
おそらくはお客様が分解された際に取られたのかもしれません。

とりあえず、修理用に代用ファンを付けてファンが回転するかを確認します。

P1050422.JPG

とりあえずはファンがキチンと回転するのを確認出来ました。

今度はマザーボードの修理を試みます。

マザーボードの修理にかかる時間は約1時間、仮組状態で動作確認を行います。
「HP」ロゴが現れるのを確認後にハードディスクを取り付けてOS起動の確認です。
電源を入れるとチェックディスクが走りましたが無事起動成功です。

P1050421.JPG

冷却ファンはこのままでも大丈夫そうなのだが、微妙に回転軸の太さが異なるようなので純正ファンを発注、ファンが届き次第に交換して修理完了です。

ハードディスクを検査するとちょっと問題ありなので交換が必要なようですが、ハードディスクの交換修理はお客様で対応出来ると思うので当社の修理はここまでです。

NEC LS550/D 起動不能 パソコン修理
電源投入後、メーカーロゴが出てその後は画面が真っ暗というNEC LS550/Dのパソコン修理&データ復旧ご依頼でひたちなか市の法人様がご来店されました。
P1050304.JPG

検査をしてみるとやはりハードディスクの故障、交換修理が必要な状態です。
ご心配されていた保存データですが、ハードディスクの簡易診断では物理障害ながらもそれほどの費用はかからないと想定しお預かりしてパソコン修理&データ復旧作業となりました。
ハードディスクの稼働時間が約1600時間、あまり使われていないパソコンなのに何故壊れるのか...。
パソコンが繊細だという事を認識されていないために乱暴に扱ったのが原因で壊れてしまったのだと思われます。

データ復旧作業の結果復旧データがユーザーアカウント分約31GB、お仕事で使われている写真関連、請求書関連などデータがほとんどです。

続いてパソコン修理作業に取りかかりますが、保存データ量としては多くはないのでSSD 256GBに交換、OSも最新のWindows10にグレードアップします。
受付時にお預かりしたMS Office2010をインストール、WindowsLiveMailをインストールしてメールの送受信が出来るように、また、過去のメールデータをインポートして作業終了です。

P1050302.JPG
パソコンをお引き取りにご来店された際に動作確認をして頂きましたが、SSDに換装したことでレスポンスも良く快適に動作するパソコンに驚かれていました。
液晶パネル割れ 東芝DyabookT55 常陸大宮市から
P1050167.JPG

パソコンをぶつけてしまい液晶パネルが割れてしまったという東芝Dynabook T55の修理お持込が常陸大宮市の個人様から。
購入店に修理持込されたそうですが、少しの金額を足せば新品のパソコンが買えてしまうような見積り額だったそうです。

そこで、ネット検索で当社にご来店されました。

常陸大宮市から当店までは車で約1時間ほどかかるだろうか...、修理完了後に再来店頂くのも大変なのですぐに修理を行いお持ち帰りいただく事となりました。

液晶パネル交換修理のその前に、螺子の緩みの有無を確認します。
東芝製パソコンは螺子緩みが多いという実態を当社では確認しています。
案の定、螺子緩みが数本、欠落が1本、欠落部分の螺子は、上ケース、下ケース、液晶ヒンジを固定している螺子でこれが欠落してしまうとパソコン自体が破壊されたかのように壊れてしまいます。
同時に、パソコン内部の汚れ具合を確認します。
パソコン自体が新しい事もあり内部は綺麗な状態でした。

このモデルに多い故障ではヒンジ部分の破損です。
パネルの開閉に片側(右or左)から開けるとヒンジ部分に偏った負荷がかかり破損してしまうようです。
パネルの開閉は面倒でもパネルの中央から開けるようにしてください。

P1050168.JPG

お客様に、このモデルを使う時の注意点などを説明しながら液晶パネルの交換修理完了です。

お持込ご来店から修理完了までに約40分程度だったと思います。

お客様は、「修理代金が安価なうえに当日に持ち帰れるなんて」と大変に驚かれておりました。

起動不能 マウスコンピュータ かすみがうら市

かすみがうら市の個人様から、パソコンが起動出来ないとマウスコンピュータの修理お持込です。

電源は入るが画面は真っ暗なまま、起動する気配はありません。
側板を外して中を確認すると、CPU冷却ファンが回ったり止まったり、これはマザーボードの故障で間違いなさそうです。
使われていたマザーボードは故障多発のMSI製、最近のマウスコンピュータは修理依頼が少なくなっていますが、使っているマザーボードのメーカーが変わったからではないかと推測しています。

使われているCPUはソケットがLGA1155、生産が終了しているためにマザーボードの選択肢が狭いので当社で在庫している物に交換です。
同時に、消耗品の電源ユニットAcBel製も交換します。

P1050136.JPG

マザーボードを交換したのでOSも再インストールが必要です。

取り外したマザーボード、電源ユニットです。

P1050137.JPG
スペック的には問題ないのでこれから数年はお使いいただけると思います。
ケースの全面扉が取れてしまっているのが残念ですが...。
笠間市から メーカーロゴ後画面真っ暗 LENOVO G505
電源を入れるとメーカーロゴまでは現れるのだが、その後は画面が真っ暗、起動が出来ないというLenovo G505の修理お持込が笠間市の個人様から。
ご家族の写真、動画が保存してあるので、最悪でもデータ復旧をして欲しいというご要望です。
P1040949.JPG

OSはWondows10にアップグレードされているそうです。

ハードディスクを取り外して検査をしてみると大丈夫そう、これならOSの修復作業で何とか元通りに出来るかも?と修復作業開始です。

P1040955.JPG
OSの修復作業後は写真のように起動出来るようにはなったのだが、動きがかなり悪く、待ちマークのまま起動が出来ません。
仕方なく、保存データを一旦復旧し、リカバリー後に復旧データを元場所に戻すという修理方法となりました。
P1040961.JPG

修理後のパソコンは元OSのWindows8.1、保存されていたデータも元場所に保存して修理完了です。

起動出来なくなってしまったパソコンは簡単にリカバリーをしないようにしてください。
時々、リカバリー後のデータ復旧の依頼がやってきますが、完全に元通りに復元するという事は困難です。
大切なデータが保存されているパソコンですから自力で何とかしようとか思わず専門家にお任せください。

NEC LL550WG6 そろそろ年賀状の準備を...、鉾田市から
そろそろ年賀状の準備をしようとパソコンの電源を入れたところ起動が出来ないというNEC LL550WG6Wの修理ご依頼が鉾田市の個人様から。
当社にご来店される前に某パソコン修理会社で診断、見積りをしてもらったそうですが、修理費用が高額だった、修理に時間がかかるという事から当社にご来店されました。
某パソコン修理会社の診断結果はハードディスクの故障という診断だったそうです。
P1040823.JPG
電源を入れると30分ぐらい写真の状態が続います。
P1040824.JPG
その後はチェックディスクが走るという症状、ハードディスクを取り外して診断してみるが読み込みが悪いながらも物理的な故障は見当たらず、しかし、使用年数を考えると、今回修理をするというタイミングでハードディスクは新品に交換した方がよさそうです。
P1040827.JPG
パソコンは大切に使われていたのだろう、ピカピカ、パソコン内部も驚くほど綺麗でビックリでした。
保存データは常日頃からバックアップを取られていたそうなので復旧作業は必要ありません。
P1040826.JPG

ハードディスクは、衝撃に強く、スピードの速いSSDに交換、Windows7をインストール、MS Office2007のインストールを行い修理完了です。
お預かり翌日にはお引き取り頂きました。

修理費用は某パソコン修理会社の半額程度で完了です。

スマホを使ってインターネットをするというお客様ですが、詳しい情報を見るにはやっぱりパソコンです、起動が早いパソコンに生まれ変わったのでどんどん使って欲しいです。

鉾田市 起動不能 HP nx6110
パソコンが起動出来なくなってしまったというHP nx6110の修理お持込が鉾田市のお客様から。
P1040803.JPG

写真のようなメッセージが現れて起動する事が出来ません。
これは、Windows起動に必要なファイルの一部が破損、又は消失してしまったために起動が出来ないというメッセージです。
パソコンは、Windows XP、おそらくは2000年?2003年ぐらいに購入されたパソコンだろう。
通常なら、お買い換えをおすすめするところですが、ネット接続はしない、データの管理だけで使うので何とか修理をしたいというご要望、更には、起動出来なくなる前の状態に復元出来ると有難いといご要望です。

ファイルの破損、消失の原因のほとんどはハードディスクんのトラブル、経年劣化があっても不思議ではない古いパソコンです。
今回、通常起動が出来るように一旦修復を行い、丸々クローンを作成してしまおうという修理方法を試みます。
ハードディスクの状態次第だが、思うほど悪くなければ何とかいけるだろう。

P1040804.JPG

ハードディスクの修復作業に約4時間、容量が30GBなのにこんなにかかるなんてクローンを作成するのは無理かも?。

修復完了後に再起動、遅いながらも無事にWindowsが立ち上がりました。

P1040806.JPG
さらにスキャンディスクを約2時間、再起動後にクローンハードディスクを作成します。
P1040805.JPG

無事にクローンハードディスク作成完了、起動OKです。
動きもなかなか、設定も保存データも壊れる前の状態と全く同じ、修理後の面倒な設定などは何もいりません。

ハードディスクは2.5インチIDE接続の30GB、在庫があって良かった、同ハードディスクの在庫はあと1個、これからは修理不能になってしまうパソコンですね...。

使用中に電源が落ちるSONY VPCL119FJ  北茨城市

北茨城市の個人様から、パソコンを使用していると突然電源が落ちてしまうというSONY VPCL119FJの修理お持込です。
どういったタイミングで電源が落ちるかをお聞きすると、DVDのコピー中などに症状が現れるという事です。
熱暴走?、電源が落ちた後はすぐに電源は入るという事なので熱暴走の可能性は低いかもしれないが、パソコンによっては電源落ちの後すぐに電源が入るという事もあるので熱暴走の可能性も捨てきれない。

このモデルには最新BIOSが公開されているので確認、最新のBIOSに更新済みでした。
BIOS更新で、ファンコントロールを最適化している事が多いのでBIOSは最新にされる事をおすすめします。

P1040697.JPG

分解して冷却ファン部分を確認すると写真の通り、確実に目詰まりしており、正常な冷却が出来ない状態です。

クリーニング後が下の写真。

P1040698.JPG

この程度の汚れは普通なので、これ位で電源が落ちてしまうのは、設定温度自体が低く設定されているからかもしれません。
ほとんどのパソコンは、致命的な故障になってしまう場合は温度を感知して自動的に電源が落ちるように設計されているのです。

パソコン内部のクリーニング後は、熱くなっていたキーボード周辺も熱が下がり、排気口から排出される風量も増えて温度も低下する事が出来ました。

P1040704.JPG

約5時間ほど動画再生を繰り返しましたが電源が落ちるという事はなくなりました。

このモデルは、底ケース、CPU周辺のヒートシンクも外さなければ冷却ファンにアクセス出来ません。
底面ケースは螺子全部を外せば取り外せるのですが、CPUグリスも塗付し直さなければいけません。
この時の注意点は、元々付いていたグリスは綺麗に取り除く、新しい物を塗布する時は全面に万遍なく塗布するという事ですね。

ハイスペックパソコンほどパソコン内部が汚れるために定期的なメンテナンスが必要です。
何故ハイスペックパソコン?、理由は、性能の良い物ほど発熱が多いから、冷やすために多くの空気を吸い込むからです。

言い換えれば、ハイスペックパソコンの方が壊れやすいという事ですね...。

SONYパソコンに多い不具合、螺子緩み、底面螺子のほとんどが緩んでました。
螺子の増し締めをするようにしましょう。

常陸大宮市から 起動不能 LENOVO T510
パソコンが起動しない、内臓領域からのリカバリー不能、リカバリーディスク無し、パソコンを使えるようにして欲しいというLENOVO T510の修理ご依頼が常陸大宮市の個人様が...。
P1040631.JPG

パソコン起動に必要なプログラム内ファイルの一部が欠損、又は破損しているというメッセージですね。
OSのインすストールをすれば修理は終わりと考えていたのだが、OS破損、故障は別に原因がありました。

このお客様は、メモリーを増設されており、4GBの2枚刺しに、使用されたメモリーはCFD販売のelixir製を2枚、2枚のうち1枚にメモリー不良がありOSが壊れてしまうという原因になってしまったようです。
メモリー増設は難しいのですが、差し替えが簡単なのでメモリー交換なんて簡単だ!という方が多いですね...。(そんなに甘くありません)

P1040633.JPG
メモリーテストをするとたった23秒でエラーが連発、1枚刺しにして同じテストをもう1枚で行いました。
2枚刺しのうちキーボード下のメモリーに不良があり交換の必要があります。
P1040636.JPG
elixirって元のNANYA?、メモリーテストではNANYAと表示されます。
最近では台湾メーカーが頑張っており、大手パソコンメーカーにメモリーの標準のように使われていたSAMUSUNG、hynix、Micronは出番も減少傾向、私としては信頼できるのはこの3社のメモリーだと考えています。
メモリー選びは慎重に...。
P1040634.JPG
約2時間のメモリーテストでエラーは検出されません。
これでOSのインストール作業が行えます。
P1040637.JPG

修理は無事完了です。

このLENOVO T510はなかなかのハイスペック、CPUがIntel i7、搭載メモリーが8GB、ノートパソコンとしてはスペック的、動作的にも満足できるパソコンですが...。
最近はSSD交換修理が多いので少し動作が遅い気がするのは私だけでしょうか?。

電源が入らない Acer デスクトップ 水戸市
電源が入らないという症状でAcerのデスクトップパソコンの修理ご依頼が水戸市の個人様から。
タイミング悪く他のお客様の対応中だったので、その場で症状確認せず、後日お見積りを提示させて頂く事となりそのままお預かりとなりました。

症状を確認すると現象が再現できず、2日ほど電源ON、シャットダウンを繰り返してテストをするが全く症状が現れません。

使う場所が変われば問題が発生しない?、となれば、家庭電源の100Vがしっかり出ているのかという事が考えられます。

過去、同時に4台のパソコンの修理をご依頼頂いた事があるのだが、パソコンは全部問題なし、パソコン故障の原因は漏電だったという事がありました。
また、動作不安定というパソコンの修理ご依頼を受けた事があるのだが、お宅にお伺いしてみると蛍光灯が一瞬暗くなるという現象があり、お話を詳しく伺うと井戸水を組み上げるポンプが起動する時に一瞬電気が暗くなるという事でした。
DELL製のパソコンだったのですが、修理の往復が5回、DELLパソコンをボロクソに言っておりましたが、パソコンが不安定の原因は家庭内電気100Vの不安定が原因だったのです。
パソコンによって若干は異なりますが、少しでも電圧が低いとパソコンの電源は入りません。
昔のパソコンはこの当たりが若干緩かったので問題が発生しない事も多々ありますが、現在のパソコンはかなりシビアになってきているようです。

P1040615.JPG
今回の診断、検査料は無料、簡単なアドバイスをして少し様子をみて頂く事となりました。


液晶パネル割れ 富士通AH54/H 笠間市から
液晶パネルが割れてしまったという富士通Lifebook AH54/Hの修理ご依頼が笠間市の個人様から。
USBメモリーをキーボードの上に置いたままパネルを閉じてしまい液晶パネルを割ってしまったという事でした。
日々使用しているパソコンなので大至急修理をというご要望です。

P1040577.JPG
液晶パネルを割ってしまうケースとして多い例は、やはりキーボードの上に何かを置いたまま閉じてしまったといのが多いのですが、落下、パネルトップに手をついてしまった、場合によっては、寝床周辺にパソコンを置いたまま寝てしまい、目が覚めたら液晶パネルが割れていたという事もあるようです。
おそらくは、寝返りでパソコンの上に乗ってしまったのではないかと推測されます。
修理用液晶パネルは本日入荷予定があり、入荷した時点でご連絡、そのままお持込頂きました。
交換修理作業はお客様の目の前で、即修理開始です。
壊れている部分が解ると修理も早い、流通量の多い液晶パネルは常に在庫は切らさないようにしています。

P1040578.JPG

修理完了です。
持ち込みしてすぐに修理をしてくれるなんてと驚かれておりました。
ハードディスクに問題が... 富士通SH54/K 茨城町

「ハードディスクに問題が検出されました」とメッセージが出るようになり、今では起動も出来なくなってしまったという富士通SH54/Kのデータ復旧&パソコン修理のご依頼が茨城町の法人様から。
お客様のご要望はデータ復旧とSSDへの換装修理です。
どうやらパソコンを移動させて使う事が多いらしく、衝撃に強いSSD換装をご希望です。

P1040523.JPG

富士通内臓の査ツールを使て検査。
P1040524.JPG
sh54k.jpg
このSH54/KはSSDとハードディスクが使われているハイブリッドパソコン?、SSDは起動を速くするだけの目的で搭載されているようですね...。
P1040537.JPG
Windows8からWindows7にというご要望だったのですがこのモデルにWindows7はインストール出来ず、Windows10をインストールさせて頂きました。
データ復旧もほぼ完全復旧が出来ました。
電源が入ったり切れたり 東芝Qosmio F40W/87 岐阜県から
電源を入れると入ったり切れたりを繰り返して起動が出来ないという東芝Qosmio F40W/87の修理ご依頼が岐阜県の個人様から。
電源が入った時には下の写真のようにランプが点灯します。
P1040462.JPG

東芝Qosimo F40にはいくつかのウィークポイントがあり、ビデオカード、液晶ユニット、マザーボードに故障が多く、一番多いのはビデオカードの故障です。
しかし、ビデオカードの故障では電源が入ったり切れたりという症状はあまりない、となればマザーボードの故障という可能性が高い、今回は、液晶ユニット故障は関係ない。

故障確率の高いマザーボードの修理から作業開始です。
マザーボードを修理するにはほぼ全解体が必要、分解ついでにパソコン内部の汚れ具合いも確認します。
故障発症の原因の一つにパソコン内部の汚れがあるからです。

マザーボードを取り外し、想定している故障パーツを交換します。
電子部品は熱に弱いため、半田ごての熱で簡単に壊れてしまうため交換作業は時間をかけて冷ましながらという作業となります。
パーツの交換作業が終わり簡単な動作テストを行います。
修理前に症状は、電源が入ったり切れたり。
とりあえず、電源が入るまでの簡易組み立てをして電源ON、大丈夫、電源は入ったまま切れません。
しかし、ここで安心は出来ません。
元通りに組み立ててキチンをOSが立ち会上がらなければなりません。

P1040461.JPG

ちょっとノイズの多い写真になってしまいましたが無事修理完了です。

インターネット、動画再生、その他のテストも問題なし、修理完了です。

充電が出来ない NEC LL700VG6W 神奈川県から

バッテリーの充電が出来ない、電源の差し込み口を弄るとバッテリーじゅうでんが出来るというNEC LL700VG6Wの修理ご依頼が神奈川県の個人様から。
症状から、DCジャックの破損?ではないだろうかと思います。

以前にもパソコン修理をご利用頂いたリピーターのお客様です。

Cジャックの修理は、パソコンをほぼ全解体する必要があるのでバラバラに分解です。

P1040445.JPG
分解ついでに内部の汚れを綺麗にクリーニングです。
P1040441.JPG
ヒートシンク部分は写真のようにかなり汚れが溜まっています。
この汚れが故障発症の原因になるので綺麗にクリーニングをします。
P1040444.JPG

問題のDCジャック部分は写真のようにケーブルが断線しており、収縮チューブ分を取り除くと2本とも切れていました。
時々は通電していたという事なのですが、微妙に接触していたのだろう。

どうしてこのようにケーブルが断線してしまったのか...。

P1040448.JPG

DCジャックを固定する部分が広がってしまい、抜き差しする度に動くため、固定部分が左右に広がってしまい、若干のガタつきがケーブル断線という故障へと繋がってしまったのだと思います。
広がってしまった部分は熱を当てて形を修正、切れてしまったケーブル部分は半田付けをして取り付けます。
この時の注意点としては、古い半田は綺麗に取り除く、熱によりプラスチック出来ているプラグ部分は素早く丁寧に半田付けをする、時間をかけるとプラグが熱で壊れてしまうので注意が必要です。

P1040452.JPG
元通りの状態に組み立てる前にキチンと半田付けが出来ているかの動作テストを行います。
バッテリーを取り付けて充電ランプの点灯確認です。
P1040453.JPG
今回の修理は、DCジャック部分を交換する事なく修理が完了です。
故障原因は地震かも? 自作機 日立市から

電源を入れると何やら英語のメッセージが現れて起動が出来ないという自作機の修理ご依頼が日立市の個人様から。
このパソコンは、3年半ほど前にご注文を頂き当社が製作、販売したパソコンです。

使用するパーツは厳選しているので3年半程度で壊れるはずはないのだが...。

検査をしてみるとハードディスクの故障と判明、壊れにくさでは定評あるHGST製(日立)のハードディスクを使用しているのですが何故?

0910.jpg

ハードディスクの情報が何も表示されないという少し変な壊れ方です。
修理のご依頼があったのが9月15日、16日にもハードディスクから「ピーピーピー」とビーブ音のような異音を発するハードディスクの故障修理依頼が、その他にもハードディスクの故障修理依頼が...。

9月15日といえば少し大きな地震があった日です。
もしかすると、地震が原因でパソコンの故障を誘発しているのかもしれません。

パソコンとは、起動中の衝撃、振動は厳禁、とくにパソコンを起動させるためのOSのインストールされているハードディスクは繊細で、僅かな衝撃、振動でも簡単に壊れてしまう場合があるのです。

茨城県は、地震の多い県ランキングでも福島県についで2位、とくに県北は弊社のある県央よりも揺れが大きいためパソコンに良いはずはないのです。
地震はいつ起こるか解りません、パソコンを壊さないためには使用しない時には必ずシャットダウンするとい事ぐらいかもしれません。
また、ハードディスクを衝撃に強いSSDに換装するなどの対策が必要かもしれませんね...。

この様な故障原因を想定してハードディスクをSSDに交換修理いたしました。

P1040398.JPG

電源入らず 自作機 パソコン修理 笠間市
電源が入らないという自作機のパソコン修理ご依頼が笠間市から。
実はこのパソコン、弊社が約10年前に販売させて頂いたパソコンで、PCケースがWinDYのスリムケースを使用した赤と黒のちょっとなかなかお目にかかれないカッコイイ貴重なケースを使用しています。
パソコン内部は一度リニューアルはしているのですが、出来る事ならケースは現状のまま使いたいというご要望です。
故障個所は電源ユニットと判明、特殊なコンパクト電源が使われているためなかなか入手が困難です。
P1040378.JPG
なんとか電源ユニットが入手できました。
P1040377.JPG
ケースの外側はすべてアルミが使われており分解もたくさんの螺子を外さなければ家k内というちょっと面倒なパソコンケースですが、安物のケースとは違い精度もいい、良い素晴らしいケースですね。

画面表示不良 SONY VGC-LT92S 東京都から
電源を入れると画面表示に不具合があるというSONY VGC-LT92Sの修理ご依頼が東京都の個人様から。
P1040355.JPG

P1040356.JPG
電源ON後、様々な画面が表示されます。
画面に縦線が入ったり、変な文字が羅列されたりと...。
パソコンはWindows10にアップグレードされているようです。
これは、マザーボード内グラフィックスの不具合で間違いありません。
nVIDIAのビデオチップ搭載モデルは、冷却不足が原因でこのような故障が発生してしまいます。
故障発症の原因はパソコン内部の汚れです。
パソコンを分解し、ファン周辺を確認すると思った通り埃が蓄積されていました。

お客様のお話を聞いてみると、電源は入れっぱなし、シャットダウンはしない、最近YouTube動画を頻繁に閲覧されていたとか...。
元々は、SONYでもnVIDIAの不具合が原因で延長保証を行っていた機種です。
冷却不足はBIOSを更新しただけでは解決出来ていないようです。

今回修理をさせて頂いたこのVGC-LT92Sも内部のお掃除をしなければまた再発するのは間違いありません。
修理後にも使い方では注意が必要なパソコンですね...。

修理をしても得なのか損なのか...、お客様のご要望次第ですがあまり得とはいえないかもしれませんね。
東芝Dynabook T55/MG HDD故障  水戸市

ハードディスクは壊れたかも?という東芝Dynabook T55/MGの修理ご依頼が水戸市の個人様から。
飼い猫がパソコンの上に飛び乗った際の衝撃でハードディスクが壊れたようだという事なのだが...。

ハードディスクの検査をしてみると何と全く回転していない、完全にハードディスクは死んでしまっているようです。
出来ればデータ復旧もというご要望だったのだが、この状態だとご予算内では難しく、今回はパソコンの修理のみという事で承りました。

しかし、リカバリーディスクは未作成で何もありません。
また飼い猫が乗って壊れる可能性があるのでSSDに換装修理を行います。

P1040318.JPG
OSはWindows10をインストール、お預かりしたMS Office2013をダウンロード、インストールをして修理完了です。
Windows10に関わるトラブルは多発しているのですが、アップグレードでインストールするからだと思います。
クリーンインストールをしてしまえば何の問題もありません。
ウィルス対策はWindowsに搭載されてるディフェンダーで十分だと私は考えています。
有料のウィルス対策ソフトにお金をかける事はないですね...。
リカバリー後のデータ復旧 SONY VPCEB18FJ  水戸市

リカバリー後にデータが消えてしまったというSONY VPCEB18FJのデータ復旧ご依頼が水戸市内の個人様から。
大手の某パソコン修理会社にお持込されたそうですがリカバリー後のデータ復旧は無理、可能だとすれば数十万円の費用がかかるかも?。
しかし当店では無理という事でほとんど諦められていたそうです。

リカバリーしてしまった場合でもデータ復旧は可能ですが、元のままというのは難しく、今回は写真データのみの復元という事なのでお預かりして作業を行いました。

しかし、ここで問題なのは、リカバリーをする必要に迫られた経緯です。
OSが起動しなくなってしまったというのがほとんどだと思うのですが、その原因がハードディスクのトラブルであれば、リカバリーしてもすぐに同じ状態になってしまいます。
そうです、修理が必要になるのです。

ハードディスクを検査してみると思った通り、物理的に故障しています。

vpceb18fj.jpg

故障が確認出来るハードディスクから、それもリカバリーしてしまった物からのデータ復旧なので復旧作業の結果が気になります。
データ復旧作業を開始してから丸2日、拡張子別のデータ復旧ですが、目的のjpegファイルは約75000を一旦保存、この約75000のファイルから目的の写真を分類します。

75000も?...、いんたーネット閲覧などのキャッシュとしてパソコン内に画像などが保存されているのでこのようにたくさんの写真データが出てくるのです。

P1040316.JPG

稼働時間が3465時間でハードディスクが壊れるという事は、やはり使い方に問題があるのだろう。
多くの方はノートパソコンに対して誤った認識をされており、丁寧に優しく使われているという方がほとんどおりません。
パソコンの起動中は絶対にパソコンを動かさない、キーボードも優しく打つ、使用しない時には必ずシャットダウンするなど、起動中のノートパソコンはテーブル移動をしたり、膝の上に載せて使ったり、パネルを閉じてスタンバイ状態で動かしたりと...みなさん誤った使い方をされています。
ハードディスクは衝撃に強いSSDに、OSもWindows10をクリーンインストール、復旧出来た写真は約1300枚、これをデスクトップ上に保存してパソコン修理&データ復旧作業終了です。

パソコンが起動出来なくなったリカバリーされる前だったら...、すべての保存データが綺麗に復旧出来たのですがちょっと残念です。

パソコントラブルは何もせずに早めにご相談ください。

電源が入らない NEC LL750ES3EW 水戸市

電源が入らないというNEC PC-LL750ES3EWの修理ご依頼が水戸市内の個人様から。
家電量販店にある某パソコン修理会社にお持込されたそうですが、修理には10万円以上、その他にデータバックアップに数万円に費用がかかるとお見積りをされたとか...。

最悪はパソコンのお買い換えも検討されており、データ復旧のご依頼だったのですが、今回は少し費用がかかっても修理をされる事をお勧めしました。

ACアダプターは問題なし、テスターを使って導通テストをするとマザーボード内のどこかでショートしているのを確認。

故障個所はマザーボード、メインボード、ロジックボードなどとも呼ばれますがメインの基盤の故障で間違いありません。
NECのマザーボードの交換修理は、弊社でもそれなりの修理費用はかかってしまうのですが、ハードディスクを検査したところなかなか良好、マザーボードの交換修理で元のままお使い頂けるので修理する価値があります。
また、CPUもIntel i7、メモリーも8GB搭載というなかなかのハイスペック、これは修理しないと損、同等スペックで新品パソコンを購入すると思えば15万円?20万円程度は出費しなければいけません。
パソコンの性能自体性能はここ数年、大きく進歩はしていないため、4.5年前までのIntel i7パソコンは修理をして使われた方が得なのです。
液晶パネルもLEDになっているので寿命が延びているというのもその理由の一つです。

P1040287.JPG

NECの純正マザーボード、交換後はパソコンのシリアルナンバーも書き換えます。
交換作業は約1時間程度、取り外す螺子も約50本、途中、動作テストをしながらの交換作業となります。

P1040293.JPG

マザーボードの交換修理が終わり起動してみると問題なく起動はされたのだが若干動きが不安定、スキャンディスクに約4時間、再起動後はスムーズな動きへと生まれ変わりました。


P1040294.JPG

マザーボードの故障が原因で修理をされる場合、保存されているデータは、ハードディスクに問題がないかぎり壊れる前の状態のままお使い頂けます。
これは、メーカー修理も同様で、一応、データ消失についての承諾は取るようですがメーカーさんも鬼ではありません。
マザーボードの故障が原因で保存されているデータを失うという事はほぼありません。

某パソコン修理会社ではデータが消えるのでバックアップをとおすすめするようですけどね...。

S.M.A.R.T エラー NEC VN790BS 水戸市
S.M.A.R.T Status Bad,Backup and Replace というメッセージが出て起動が出来ないというNEC VN790BSの修理ご依頼が水戸市の個人様から。
F1を押せば起動は始まるのだが途中ストップ、また再起動をして同じ画面で停止してしまいます。
P1040274.JPG

S.M.A.R.T機能とは、ハードディスクの異常をお知らせしてくれる機能なのですが、このメッセージが現れた場合は早めにハードディスクの交換修理を行わなければ大切な保存データを復旧する事も難しくなってしまいます。
F1を押す事で通常起動出来るケースも少なくないのですが、出来れば何もせずにご相談頂けると案外スムーズに修理作業を進行する事が出来るのです。

今回の場合は、リカバリーディスク作成不能、ハードディスクのクローン作成を試みるも作成不能、状態としてはかなり悪い状態です。

TV閲覧機能のあるパソコンなのですがTV機能は不要という事なので起動の早くなる方法で修理を行います。
リカバリーディスクは使わずに修理をするという方法です。

P1040284.JPG

修理後はなかかな快適、レスポンスも良く快適パソコンへと生まれ変わりました。

分解ついでに内部のクリーニング、Windowsアップデートなどの更新作業を行い修理完了です。


ハードディスクお持込 データ復旧 水戸市

古いDELLのパソコンが壊れたのでデータ復旧をしてほしいと水戸市内の法人様がご来店されました。

少し前に起動しないパソコン本体を持ってご来店されたのですが、診断結果はマザーボードの故障、修理は可能なのだが修理はせず、ハードディスクの診断だけをさせて頂きました。

ハードディスクは異常がない事をお伝えすると自力でデータのバックアップをされるという事だったのですが...。
結果、データ復旧が出来ず、当社に再来店されました。

別パソコンのハードディスクを取り外してパソコンに接続してもアクセス権限の何とかでハードディスク内の個人アカウント内データは簡単に見る事が出来ません。

一旦、必要データを別媒体にバックアップを取ります。
その後、このハードディスクをフォーマットして別パソコンでも使えるようにして納品します。

P1040228.JPG
Operating Sys... SONY SVE1513CJW ひたちなか市
写真のようにOperating System Not Foundと表示されて起動が出来ないというSONY SVE1513CJWのデータ復旧のご依頼がひたちなか市の個人様から。
某有名パソコン修理会社にデータ復旧を依頼されたところ復旧代金が38000円?、このエラーメッセージからでは簡単に見積り額は出せないはずなのだが...。
P1040190.JPG

どうやら、ハードディスクを取り外して簡単な検査をしていたのだろう、当社でデータ領域を確認すると綺麗に中身が見えてきます、ハードディスクの初期読み込み部分に問題があるようです。

お客様には、データ復旧だけではなく、パソコンの修理もご提案すると、動きも遅かったので新しいパソコンを購入予定との事、ハードディスクに異常があれば動きが遅いのも当然で、記録メディアをSSDに替えて修理をするという選択肢もあります。
SSD搭載モデルは安価なパソコンには導入されておらず、一部の高額パソコンにだけ搭載されています。
また、パソコンンの性能はここ数年あまり進化していないのです。

ハードディスクを検査するも不具合は発見されず、しかし、どこかにリードエラーがあるのかもしれないので、一旦データを救出した後にリカバリーを試みてみます。
内臓リカバリー領域からのリカバリーは途中でエラー、ストップしてしまいました。
当社所有のリカバリーディスクを使うと問題なく完了、簡単な動作テストでも問題なし、若干動きが遅い感があるものの何とか使えるようです。

ハードディスクは256GBのSSDに換装、リカバリーディスクを使ってリカバリー、SSDだと作業の進行も早いので助かります。
修理後のパソコンは起動、シャットダウンが約10秒、レスポンスも良く快適なパソコンへと生まれ変わりました。

元々のハードディスクは750GB、このハードディスクは全データ、パーティションを削除して1パーティションのポータブルハードディスクとして使用、システム用としては若干不安のあるハードディスクですがデータ保存用として使う分には問題ないだろうとい判断です。

復旧データは約200GB、一旦は修理パソコンに保存させて頂きましたが、一部をポータブルハードディスクにデータを移して使えばデータ領域の容量不足で悩まされる事はなくなります。

修理の方法で損なのか、得なのか、その辺の見極めが大切ですね...。


電源入らず DELL XPS8300 水戸市法人様

電源が入らず起動が出来ないというDELL XPS8300のパソコン修理&データ復旧のご依頼が水戸市内の法人様から。
DELLにお問い合わせをされたそうですが、症状を伝えるとマザーボードの故障と断定されたそうです。

詳しく検査もせずにマザーボードの故障と言い切れるのは、この機種の故障傾向なのだろう...。
当社でも少し前に同型のマザーボードの交換修理を行っています。

電源を入れるとファンが回ったり止まったりを繰り返します。

マザーボード故障確定です。

P1040203.JPG

取り外したマザーボードの写真です。

DELLの純正マザーボードは入手可能なのだが、価格も高く、また同じ故障が発生する可能性があるために交換可能な別メーカー製のマザーボードに交換しました。
ピン配置などが異なるので若干の改造が必要となります。

LGA1150ソケットのCPUなので生産終了しているため選べるマザーボードは限られてしまいますが、安価で信頼の出来る物に交換します。
同時に、ハードディスクからデータの復旧作業を行います。
マザーボードは変われば元通りに起動が出来ずOSの再インストールが必要だからです。

Adobe関連のソフトはマザーボードを同型に交換しても再認証が必要になります。
おそらくは、認証プログラムがマザーボードのシリアルナンバーで管理されているのかもしれませんね...。

修理後は、パソコン購入後にインストールされたソフト類は再インストールになりますが、保存データはそのままお使い頂けます。

水戸市 NEC VN770CS6 液晶パネル割れ
NEC VN770CS6の液晶パネルが割れてしまったという液晶修理のご依頼です。
このお客様は、7月の初めごろ、ハードディスク故障で修理をさせて頂いたお客様なのですが、折角修理をして快適に動くようになったパソコンの液晶パネルに物を当ててしまい液晶パネルが割れてしまったというお客様です。
P1040158.JPG

割れてしまった液晶パネルは交換するしか修理方法はありません。
画面サイズは20インチワイド画面、使われていたパネルはSAMSUNG製LTM200KT07、LEDパネルです。

丁度良いタイミングで中古ですが、使用頻度の低いパネルを在庫し

ておりお預かり当日に修理をいたしました。

P1040159.JPG
とても中古パネルと言わなければ分からないくらいの高品質中古パネルです。
傷なし、明るさも発色も良好、LEDパネルになってから、バックライトの寿命が延びたので傷さえなければ中古パネルで十分、マーカー修理の30%ほどの修理費用で対応出来ました。
メーカーさんの修理は中古パネルを使う事があり、料金は新品パネルに交換したと時と同じです。
弊社の修理経験の中、4件の中古パネル交換を発見しています。
修理代は7万円?10万円です。
液晶パネル割れ NEC VN770CS6 茨城県水戸市
P1040158.JPG
NEC VN770CS6の液晶パネルが割れてしまったという液晶修理のご依頼です。
このお客様は、7月の初めごろ、ハードディスク故障で修理をさせて頂いたお客様なのですが、折角修理をして快適に動くようになったパソコンの液晶パネルに物を当ててしまい液晶パネルが割れてしまったというお客様です。

割れてしまった液晶パネルは交換するしか修理方法はありません。
画面サイズは20インチワイド画面、使われていたパネルはSAMSUNG製LTM200KT07、LEDパネルです。

丁度良いタイミングで中古ですが、使用頻度の低いパネルを在庫しておりお預かり当日に修理をいたしました。

P1040159.JPG
とても中古パネルと言わなければ分からないくらいの高品質中古パネルです。
傷なし、明るさも発色も良好、LEDパネルになってから、バックライトの寿命が延びたので傷さえなければ中古パネルで十分、マーカー修理の30%ほどの修理費用で対応出来ました。

新潟県から 液晶パネル割れ NEC LL550VG6W 
P1040099.JPG

液晶パネルが割れてしまったというNEC LL550VG6Wの修理ご依頼が新潟県の個人様から。
このパソコンが販売されていた時期は、15.6インチパネルはLEDとCCFLの2方式があり、当社でも記録がなかったので事前見積額は多めの金額でお見積りをさせて頂きました。
15.6インチサイズのCCFL方式パネルは、生産されてた期間が短く、その後LEDパネルへと移行してしまったので入手が困難、価格も割高になってしまいます。

現物が届いて確認してみるとLEDパネル、これなら事前見積額の安価な方で対応可能、在庫もあるのですぐに修理に取り掛かります。

その前に、パソコン内部のクリーニング作業を行います。
ゴミの溜まるCPUファン周辺を重点的にお掃除を行います。

P1040101.JPG

すごい事になっています。
たばこも吸われているようなので茶色のゴミが溜まります。

ここまで溜まってしまうとキチンと排熱が出来なくなってしまいマザーボードの故障へと繋がってしまいます。
また、パソコンを使用しているとキーボードまで熱くなってしまうでしょう。
この機種の場合、裏面の螺子を1本外し、ファンを取り付けている螺子3本を外せば写真のような状態になります。
使えなくなってしまった歯ブラシなどでヒートシンク部分を軽く擦って掃除機で吸い込むというようにお掃除すれば簡単です。
NECのパソコ

ンは比較的にお掃除が簡単に出来ています。

P1040102.JPG
綺麗な画面になってパソコン復活です。
時々はパソコン内部のお掃除も大切ですね。
次のファイルが...System32...起動不能 富士通NB/9
次のファイルが...System32...とメッセージが出て起動が出来ないという富士通NB/9の修理ご依頼です。
メーカーに問い合わせても機種が古いために修理不能、大手量販店に併設されているパソコン修理会社に持ち込んでも同様の返答、趣味の写真関係だけで使っているのでこのまま使えるようになれば良いというご要望です。
次のファイルが存在しないか...System32...、Windowsが起動するために必要なファイルの破損、又は消失してしまうと起動が出来なくなるのです。
07034.jpg

パソコンを購入されて13年以上経っているパソコンですからハードディスクは交換する必要があります。
困った事は、壊れる前に状態に復活させて欲しいというご要望、理由は、インストールしてあるソフト関連、プリンターなど、再設定が難しいので何かならないかとい事です。

ハードディスクを交換して修理するという事は何も問題はないのだが...。

そこで、駄目元で作業開始です。

起動出来なくなってしまったパソコンを一時的にでも正常起動が出来るように修復作業を行います。

修復作業開始から約6時間、一旦再起動をすると壊れる前の状態で起動、このまま新しいハードディスクに丸々クローンを作成してしまいます。
クローンHDD作成作業に約1時間、元々が40GB、データ量も少ないので1時間程度で作業が完了です。

さて、クローンHDDをパソコンに取り付けて電源ON、クローン作製成功、みごとに元通りに復活です。

P1040076.JPG

OZZIO 画面に白い横線が多数出て再起動を繰り返す

デスクトップパソコンの修理ご依頼です。
パソコン内にはお仕事で使っている大切なデータが保存されており、修理に高額費用がかかるなら最悪でもデータだけは何とか取り出したいというお客様のご要望です。

故障時の写真は撮影を忘れてしまいましたのでご紹介が出来ません。

パソコン内部を開けて確認すると、内部は埃でいっぱい、SSDがシステム用に、データは別ハードディスク2TBは搭載されています。
お仕事途中のデータがあるので修理前に取り出して欲しいというご要望なので必要データを取り出して弊社の外付けHDDに保存してお渡ししました。

症状を確認

して一番先に想定出来る故障個所はビデオカード、それもなかなかハイスペックなビデオカードなのでご購入当時にはビデオカードだけでも30000円以上はしたであろうというカードです。

P1040071.JPG

補助電源を2本刺すタイプでnVIDIA GeForce 470。

今では、このビデオカードと同等性能ビデオカードなら補助電源不要、1ランク落としても性能的の葉ほぼ同等です。
ビデオカードも年々進化しており、最近のビデオカードは高性能でも発熱が少なくなっているので冷やすために吸気量も少なく、内部にゴミが溜まりにくくなっています。

まずは、ビデオカードの故障を確定するために別カードで起動テストを行います。
問題なし、やはりビデオカードの故障確定です。

故障の原因は、内部が汚れた事が原因による冷却不足です。


一般のパソコン修理会社であればビデオカードの交換という修理になるのだろうが、当社の場合はこの壊れてビデオカードの修理を試みます。
壊れ方によっては修理不能という事もあるので確実に修理が出来るという事ではありませんが...。

ビデオカード修理の途中でSSD、ハードディスクの検査も行います。

すると、大切なデータを保存している2TBのハードディスクに故障を発見、この状態は、そのうちにデータが読めなくなってしまう可能性が高いため、新しいハードディスクに交換する必要ありです。

ozzio.jpg

当社では修理用に絶対に使用しないSAMUSUNG製ハードディスクが使われていました。
お客様にこの問題をお伝えして新品のハードディスクにデータを丸々コピー、これで大切なデータを失う危険がなくなりました。

さて、問題のビデオカードですが、修理は無事に成功、画面に横線が入り再起動をするという事はなくなりました。

P1040070.JPGP1040072.JPG

OZZIO購入店にもご相談されたらしいのですが、修理代が高額になるので新しいパソコンを勧められるばかりだったそうです。

パソコン修理は無事に終了、ハードディスク不具合の発見も早くて良かったとお喜びでした。

販売店にお勧めで購入されたらしいのですが、コスパ的にはあまり良くないパソコンでした。

OZZIOの取扱店はPC-***Tさんですね。

DELL XPS M1330 SSD、OS換装
動きが遅いというDELL XPS M1330のグレードアップ、パワーアップが出来ないかというご相談があり、現物を持ってご来店頂きました。
スペックを確認するとCPUはCore2Duo、メモリーが2GB、グラフィックスがIntelと、費用をかけても無駄にならないスペックです。
nVIDIAモデルの場合は、発熱が多く、マザーボードが壊れてしまい費用を投じて修理をするのは大きな不安が残ります。
P1040048.JPG
OSは、Windows Vistaから7に、ハードディスクは元々120GBが搭載されていたので128GBのSSDに...。
実際に作業を行ってみなければどれくらいのパフォーマンスになるのかはわかりません。
大きな問題が一つ、内臓DVDドライブが故障しているとか...、外付けドライブがあるので修理不要という事だが、機種により異なりますがUSB接続ドライブではOSブートが出来ない場合があります。
予感は的中、BIOSをどんなに設定してもUSBドライブからのブートが出来ない、そこで、一旦パソコンを分解し、内臓ドライブを交換して作業を行います。
P1040049.JPG
最低限の接続でOSのインストール作業。
今回は、搭載メモリーが2GBなのでWindows7の32ビットをインストール、Vista用ドライバーがほとんど使用出来るので作業もスムーズに進める事が出来るのです。
P1040051.JPG

作業完了後のDELL XPS M1330は大きく生まれ変わりました。
パソコン起動に約20秒、シャットダウンに約15秒、レスポンス良くサクサクと動作するパソコンへと大変身です。

お客様にご確認いただくと「信じられない」といった感じで大感激されていました。
量販店に並んでいたパソコンより遥かに快適だ!とおっしゃっていました。

古いパソコンだからといって簡単に諦めないでください。
快適なパソコンへと大変身させる事も可能なのです。

VGN-AR85S 電源入るも画面真っ暗
P1040041.JPG

写真のように電源は入るものの画面は真っ暗なまま起動が出来ないSONY VGN-AR85の修理お持込です。
このお客様は、数年前に熊本から修理のご依頼を承ったのですが、今回、お仕事の関係で茨城県に単身赴任されているとか...。
このSONYのARシリーズ(Aタイプ)はnVIDIAグラフィックストラブルが多く、この様な故障が多数発生しています。
古いパソコンなので修理をするのが得なのか損なのか...、しかし、17インチ液晶という大きな画面が魅力あるパソコンです。
動画の連続再生にはあまり向いておらず、パソコン自体がかなり発熱してしまい故障へと発展してしまいます。

単身赴任されているという事から、最近は良くテレビを観ていたとか...、元々、グラフィック性能が良いという事が売りのパソコンなのですが、高性能な分、発熱もすごい事になっています。

マザーボード修理後は元通りに起動させる事が出来ます。

中には、リカバリーをされてしまったりという事も多く見受けられますが改善はされませんので何もせずにご相談ください。

P1040043.JPG

修理完了後は数時間の動画再生テストを行い、排熱状態などを確認します。

以前にあった実例ですが、パソコンが熱くなるので保冷剤をパソコンの下に置いてパソコンを使ったというお客様がありました。
パソコンが熱い間は良いのですが、シャットダウン後も保冷剤をそのまましてしまいパソコンを壊してしまったという悪い例です。

保冷材によりパソコン内部が結露で水が溜まり、パソコン内のどこかがショートしてしまい電源が入らなくなったとい故障です。
パソコンが熱くなるからといって保冷剤は絶対に使わないようにしてください。

また、ファンの付いているノートパソコン用の冷却台も危ないかもしれません。
冷えるのはパソコンの底面だけ、内部は全く冷えず、かえって冷却が悪くなってしまいます。
パソコンの筐体は、キチンと冷却を考えた構造となっているため、パソコンの底面で風を作ってしまうと、本来の吸気を妨げてしまうようです。
パソコンの修理を承る際、どのような環境でお使いなのかをお伺いする事が多々あり、風の出る冷却台を使用している方に故障が多いのです。

ご注意ください。

手間、費用を惜しまず、分解して内部のクリーニングをする事をおすすめします。

ハードディスク故障 NEC VN770RG6W
電源を入れると下の写真のようなメッセージが現れて起動が出来ないNEC VN770RG6Wの修理ご依頼です。
このメッセージだけでハードディスクの故障と判断が出来ます。
P1040018.JPG

パソコンのOSはWindows Vista、おそらくはパソコン購入8年以上が経っているだろうか...、ハードディスクは消耗品なので壊れても仕方がないかもしれません。

データ復旧は不要という事なので早速作業を開始します。
リカバリーディスクは未作成、ほとんどのお客様は、この大切なリカバリーディスクを作成されておりません。
パソコンを購入されましたら、一番にリカバリーディスクの作成をおすすめします。
何のためのディスク?と思われると思いますが、このようにハードディスクは壊れてしまった時に必要なディスクです。
パソコン修理会社によっては、このリカバリーディスクが無い場合は別途に費用がかかるという事が多いようです。

今回は、弊社で所有しているリカバリーディスクを使用して作業を行いました。

裏ケースを外すと、内部はたばこのヤニを含んだ綿埃などがたくさん、まずは綺麗にお掃除から作業開始ですが、たばこのヤニは綺麗にする事が不可能、バラバラにして洗剤を使って洗わなければ綺麗にする事が出来ません。
特に重要なCPUファン、ビデオチップファンを重点的に綺麗にします。

P1040034.JPG
念のためにハードディスクを検査、この様な悪い状態でもデータ復旧は可能ですが、今回は復旧不要なので行いません。
vn770rg.jpg
お客様のお話だとテレビ機能を使いたいとの事、元々500GBだったハードディスクは大きくして1TBに、部品の価格差は当社の場合1000円、絶対に大きい方お得なのです。
P1040035.JPG

Windows Vista時代のハードディスクは入手不可能なので最新ハードディスクを使用していますが、何とかリカバリーディスクが対応してくれたので問題なく修理完了です。
セクタ512のハードディスクでなければリカバリーが出来ないという事も多いので古い規格のハードディスクでなければ修理不能という事もありますので素人の方ではハードディスク交換は難しいかもしれませんね。

この後はWindowsアップデートを行い修理完了です。

古いパソコンですが動きはなかなか、搭載メモリーは2GB、Windows Vistaの場合は4GB欲しいところですね。

左上にカーソルが出るだけ 東芝T350/56BW
P1040020.JPG
左上にカーソルが出るだけという東芝Dynabook T350/56BWのデータ復旧のご依頼でご来店されました。
詳しく検査をしなくてもハードディスクのトラブルを想定出来る症状です。

パソコンは5年以上使っているのでそろそろ新しい物を購入するので修理は不要という事だったのですが、丁度良いタイミングで修理中のSSDに換装したパソコンの動きを実感して頂き、この様な修理をすると快適でストレスのないパソコンへと生まれ変わりますとおすすめさせて頂きました。

すると、パソコンがこんなに速く快適に動くなんてと驚かれ、ご提案通りにSSD換装、データ復旧作業となりました。

まずは、データ復旧作業開始です。
ハードディスクを検査してみるとかなり危ない状態。

t350.jpg

ちょっとしたミスでデータ復旧が困難になってしまい復旧料金が上がってしまいます。
ご希望復旧データは写真関係がほとんど、その他にiTunseの音楽などなど...。

年賀状ソフトは筆ぐるめを使用されており、バックアップ処理をしていないためデータ復旧が出来ません。
何とか通常起動が出来ないかと修復を試みるが起動出来ず、しかたなく年賀状データは諦めて頂きました。

筆ぐるめの住所録は、一旦バックアップ処理をしておかなければデータ復旧が困難、必ずバックアップ処理をしてください。
バックアップ処理されたデータは、他の年賀状ソフトでも住所禄をインポート出来る事が多いので安心です。

P1040022.JPG
お客様は、修理完了後のパソコンのレスポンスの良さに驚かれていました。
データ復旧を含めて、新しいパソコンを購入するより何倍も安く済んだと大変にお喜びでした。
Win10 起動せず イイヤマデスクトップ

Windows10にアップグレードしたら起動が出来なくなってしまったイイヤマ製デスクトップパソコンの修理ご依頼が水戸市内の法人様から。
保存データも重要なのでデータ復旧&パソコン修理となります。

まずは、何とか通常起動が出来ないかと修復作業を試みてみます。
が、修復不能、いろいろと弄ってしまったらしいのでダメ元作業です。

データ復旧作業に約1時間、ハードディスクの検査をして異常がない事を確認、今度はOSのインストール作業を行います。

リカバリーディスク、ドライバーディスク無し、しかし大丈夫、OS、ドライバのインストール作業終了、この作業に約2時間、今度はWindowsアッ

プデート作業に取りかかります。
このWindowsアップデートが大変、かなりの時間がかかります。

作業終了後に復旧データを元ディレクトリに戻して修理完了です。

P1040015.JPG
因みにですが、有名な某パソコン修理会社でこれと同じ作業を依頼すると52000円(税別)だそうです。
電源が入らないDynabook データ復旧依頼

電源が入らいのでデータ復旧をしてほしいとのご要望でご来店がありました。

パソコンは東芝Dynabook 型番は記録するのを忘れました。

ACアダプターを接続すると充電ランプは点灯していますが確かに電源ははいりません。
この状態になってしまったのは約1年前、使えなくなってしまったパソコンですが、保存データがあるのでそのまま保管されていたそうです。

電源の入らないパソコンであればデータ復旧は問題なく出来そうだが、その前に故障の原因をさがしてみます。
まずは、

大丈夫そうなACアダプターから検査を行います。
電圧を測定すると定格電圧が出ています。

P1040016.JPG

しかし、問題なさそうなACアダプターも疑ってみるのがプロのパソコン修理屋です。
テスト用ACアダプターで起動させてみると問題なく起動が出来ました。

そうです、正常電圧は出ていても不具合のあるACアダプターが存在しています。
中には、挙動不審のパソコンの故障原因がACアダプターだったという事もあるのです。

ACアダプターは、当社で在庫していた中古のACアダプターをお譲りして修理完了です。

ACアダプター代金のみを頂きました。

P1040017.JPG
お客様は、1年前にジャムテックに持ち込めば新しいパソコンを買わずに済んだのに...、と。
しかし、安価な部品代だけで復活したパソコンに大変お喜びでした。
ブルースクリーン マウスコンピュータ 法人様から
P1030994.JPG

電源を入れると写真のようにブルースクリーンが出て起動が出来ないというマウスコンピュータのデスクトップパソコンの修理ご依頼が茨城県内の法人様から。

お客様のご要望は、出来れば元通りに使えるように、最悪でもデータを復旧してパソコンが使えるようにという事です。

ブルースクリーンの場合、様々な故障原因が想定できるため故障個所の特定が難しい場合があります。

私は、このエラーコードを全く信用しておりませんので個別に検査を行います。


初期診断では、ビデオカード、電源ユニットが怪しい感じだったのでそこから診断を開始します。

ビデオカードの故障を想定したのは、埃がたくさん詰まっており冷却不足が原因で故障したのでは...。
電源ユニットの故障を想定したのにも訳があり、ACBELの電源ユニットが使われていたからです。
このACBELの電源ユニットは、様々なメーカーにOEM提供されており故障が多発しているという理由からです。

それぞれの検査では不具合は見当たらず、ハードディスは大丈夫そうと想定していたのだが一応検査をするが大丈夫そう、今度はメモリーの検査を行います。
メモリーテストをすると大量のエラーが...、メモリーの故障が不具合の原因です。

P1030995.JPG

4GBが2枚刺しという構成ですが、1枚ずつにしてテストを行います。
このパソコンに使われているMSI製のマザーボードはメモリーを刺し直す度にBIOS設定が必要、ちょっと面倒なマザーボードです。
不良メモリーは特定出来たので1枚だけ刺して電源ON、やっぱり同じブルースクリーンになってしまいます。
どうやら、メモリー不良が原因でOSが破損してしまったようです。
元の通りというご要望なので諦めずにOSの修復作業を行います。
あれこれと修復作業を試みるも成果なし、仕方なくデータ復旧をし、パソコン修理後に戻すという作業となってしまいました。

データ復旧作業に約3時間、復旧データを確認すると大半のデータが破損という結果です。
これではデータ復旧の意味がないのでハードディスクを修復する作業後に再度データ復旧作業を行います。
同じハードディスクにOSをインストールするのですから確実にデータ復旧が出来なければいけません。
あれこれと作業をする事約10時間、今度は大丈夫、復旧データのオープンテストでは問題ありません。

P1030997.JPG

デスクトップ上には、共有で使用されているサーバーにリンクなどもあり、綺麗にデータが復旧出来た事で今後の作業が軽減されます。

修理後のパソコンは快調です。

メモリー交換なんて簡単だ!と思われている方、そうではありません。
メモリーほど難しい部分はありません。
購入時に付いていたメモリーを処分してしまったためにOSのインストールが出来ないパソコンだってあるのですから...。
メモリー不良はOSも破損させてしまうのでメモリー選びは慎重に行ってください。

メモテストでエラーが出なくてもメモリー不良はありますよ...。


SSD換装 NEC LL550/H

とにかく動きが遅いので何とかして欲しいというNEC LL550/Hの修理ご依頼です。
高齢のお客様なので使い慣れたパソコンをこれからも使い続けたいというご要望です。

OSはWindows Vista、搭載メモリーは1GBと最小限厚生です。
これでは動きが遅くても仕方がありません。

そこで、ハードディスクをSSDに、メモリーを増設して2GBに...、本当なら4GB欲しいところだったのだが、在庫メモリーでは相性が良いのが無かったため2GBとなってしまいました。

P1030999.JPG
Windowsアップデートを行い、IEをVista対応の最終バージョンIE9にすると動きは数段速くはなり快適に使えるようにはなりましたが今一つ物足りなさが...。
やはり、最低でもメモリーは3GBは欲しいところですね...。
HP Pavilion tx2505 電源入るも画面映らず 東京都から
電源は入るのだが画面は一切点かないというHP Pavilion tx2505 KD436AVの修理依頼が東京都の個人様から。
HPのtxシリーズに多い故障例です。
P1030974.JPG

故障発症の原因は冷却不足、内部が汚れてくると吸気量が少なくなり故障へと発展してしまいます。
HPの場合、部品の保有期間が2年程度で終わってしまうためメーカーは修理を受けつけてくれません。
同型パソコンは何年も前から修理依頼がやってきていますが、さすがに修理依頼が減ってきているパソコンです。

マザーボード修理後は数時間の動作テストを行います。
動画の連続再生を数時間、排熱状況の確認も怠りません。

数時間の動作テストの結果問題なし、修理完了です。

P1030975.JPG
定期的に内部のお掃除をするだけでも故障は防げるかもしれませんね...。
アダルトサイト架空請求画面が消えない
パソコンを使っていたらアダルトサイトの架空請求画面が現れるようになったしまったというDELL Inspiron 530Sの修理お持込です。
家族で使っているパソコンなので大至急修理とのご要望です。
P1030976.JPG

最悪の場合は、保存データを救出した後にリカバリー、その後復旧データを戻すという作業となります。

念のためにウゥルスチェックも行いますが大丈夫、修理は約30分程度で修復出来ましたが、動きが少し遅いのでメンテナンス作業も行いました。

この様なパソコンでお困りの場合は大至急ご相談ください。
何もせず、弄らずにご相談頂けると元通りに復活出来る確率が上がります。

行方市からHDD故障 NEC LS150DC1YB

行方市からHDDが故障しているので大至急修理をして欲しいというご要望でご来店されました。
HDDが壊れたというのはどのように確認されたのかをお聞きすると、某パソコン修理会社で一度修理見積りを以来されたとか...。
しかし、修理の2週間ほど、修理費用も高額だったために当社にご依頼がやってきました。

ハードディスクの検査をしてみると確かにハードディスクの故障で間違いありません。

0602.jpg

データ復旧は不要というl事なので1日だけお預かりして修理を承りました。

作業開始から約3時間、とりあえずは修理完了です。

P1030973.JPG

DCジャック破損 SONY SVE15123CJW 龍ヶ崎市から
電源が入らないというSONY SVE15123CJWの修理依頼が遥々龍ヶ崎市からお持込修理のご依頼です。
お客様の目の前で動作確認をしてみると確かに電源が入りません。
目視確認をするとDCジャック部分が破損、中心にあるプラスチック製のピンが消失しています。
この状態はお客様も確認されていまかったようです。
P1030924.JPG

この状態の場合は一旦お預かりの修理となります。

なぜこのような壊れたかをするのだろうか...。
私の想像でしかないのですが、パソコンを動かされる際、ACアダプターを抜かずの動かされてるのでは?...。
出っ張り部分は様々な衝撃が加わり、DCジャックの弱い部分を破損させてしまいます。
パソコンを動かされる際には、面倒でも必ず電源を抜き、別場所に設置する際にもう一度繋ぐという感じで使うと故障の確率は低くなるのではないだろうか...。

DCジャックの交換は簡単ではありません。
同形状ジャックの確保、交換にはほぼ全解体が必要です。

P1030929.JPG

たかがDCジャックの破損?と思われるでしょうが、メーカーに修理依頼をすると間違いなく3万円以上の費用がかかります。
パソコンは丁寧に大切に使うようにしましょう。
SSD換装 Acer Power1000 データ復旧も...。

以前パソコン修理のご依頼を頂いたお客様から、今度はご実家のパソコンが起動しなくなったと修理ご依頼です。
前回修理をさせて頂いた時のパソコンもかなり古く、約8年使われたパソコンでしたが、SSDに換装、OSをWindows8.1にしたらすこぶる快適なので同じようにSSD換装をご希望です。

今度のパソコンはAcer Power1000、とても小さな媒体に収められたパソコン、以前修理をさせて頂いたパソコンよりも基本性能がかなり劣るためにこれは...、思ったのですが、まずはチャレンジ開始です。

元々80GBだったハードディスクを128GBのSSDに交換、パソコンを使われる方が高齢だという事なのでWindows7をインストールします。
さて結果は、動きはかなり速くなり数段良くはなったのだが...、SSDに替えてこれでは?、搭載メモリー2GBではやはり少し厳しいようだ。

メモリーを3GBにしたら作業前にイメージしてしたような感じで動いてくれています。

故障前のパソコンと比べると何倍も快適になっただろう。
今、パソコン価格が高騰しているのでインターネット中心でワード、エクセルを使う程度の作業なら古いパソコンを修理して使う方がお得かもしれませんね。

P1030935.JPG
起動不能 富士通AH45/K HDD故障
パソコンが起動しないと水戸市内の個人様がお持込修理のご依頼です。
簡単な起動テストをして確認、お客様のご申告通りに起動する事が出来ません。
当社にご来店される前に、某大型家電量販店内のパソコン修理会社にお見積依頼をされたそうですが、結局はメーカー送り、修理費用は6万円?と言われて修理をキャンセル、そして当社にご来店されました。
お客様の目の前でハードディスクの検査を行いハードディスクの故障をご確認頂きます。

ah45k.jpg
電源投入回数が295回、使用時間が695時間、使用頻度は低いのですがハードディスクは交換が必要で

す。

故障の原因ですが、パソコンを起動した状態で動かしたり、キーボードを強く叩いたりとパソコンの扱い方が少し荒いのででは?...。
パソコンとは、僅かな衝撃でも簡単に壊れてしまう繊細な精密機械です。
丁寧に、優しく取り扱うように心掛けましょう。
元々のハードディスクは750GBですが、ほとんどデータが保存されていないため256GBのSSDに換装、これで衝撃には強くなるので故障のリスクは大幅に軽減され、同時にレスポンスが速く快適なパソコンへと生まれ変わります。

一度SSD搭載パソコンを使ってしまうと癖になるんです。
P1030933.JPG
お客様は修理後のパソコンの動きに感激されていました。
SONY VPCEH18FJ 電源が落ちる
パソコン使用中に突然電源が切れるという症状でSONY SVE15123CJWの修理ご依頼が龍ヶ崎市の個人様から。
遥々水戸の当社までお持込です。
DCプラグを少し動かすと通電が切れたり入ったり、ACアダプター側を検査するが問題なし、パソコン内部のケーブル断線だろうか...、お預かりしての修理となりました。
DCジャックからマザーボードまでのケーブルが極細ケーブルが4本、プラス側、マイナス側それぞれ2本ずつ、一旦ケーブルを取り外して検査をするが断線は無さそう、どうやらプラグ内部に破損があるようです。
DCジャックを交換するには液晶部分を取り外し、マザーボードも取り外します。
SONYは他メーカーと比べると何をしても面倒、もう少し修理し易く作ってくれるとありがたいのだが...。
P1030926.JPG
DCジャック交換後は電源が切れる事なく問題解決です。
P1030927.JPG
ドスパラ ガレリア Win10にしたらOS起動不能
Windows10にアップグレードしたらOS起動が出来なくなってしまたというドスパラ ガレリアの修理ご依頼です。
元々はWindows8.1だったとうですが、Windows10にアップグレード後に暫くは問題なく使用出来ていたらしいのですが、アプリのインストールをしたタイミングでOSが起動出来なくなったという事です。
システム用にはSSDが搭載されているので故障の確率は低そう、おそらくはファイルシステムに不具合があるのだろうと修復作業を開始します。
修復作業に約2時間、SSDを元に戻して電源ON、が...起動出来ず、今度は、保存データを一旦退避させてリカバリーを試みます。
しかしリカバリーも出来ず。
P1030912.JPG
P1030914.JPG

OSはWindows10にしたいというご要望なのでクリーンインストールをしてしまいます。
OSのインストール作業が完了後必要なデバイスドライバーをインストールします。
作業はドライバー更新でネット上から探し出してくれるので簡単、その後に一旦退避させたデータを元ルートに戻して修理完了です。
が...、データ保存用の2TBのハードディスクは認識しない、少し異音もするので故障しているようです。
Seagate社製ハードディスクが搭載されていますが、このSeagate社HDDがトラブル続出、外れロッドなのだろう...。

HDDは交換不要という事なので修理完了です。
液晶割れ富士通AH45/V メーカー修理9万円
液晶パネルが割れてしまい、メーカーに修理依頼をされたところ見積り額が約9万円と高額だったために修理を中止、ネット検索で当社のホームページを見つけられお問合せがありました。

水戸に行くついでがあるので現物を見て見積りをお願いしたいと翌日にご来店されました。

当社の見積り額はメーカーさんの約26%、当日のお持ち帰りも可能とお伝えしたところ、水戸での用事が終わったら引き取りにご来店されるという事で修理お預かりとなりました。

P1030903.JPG
P1030905.JPG

最近はコスト削減なのだろうか、パネルカバーを固定する螺子が無くなっておりほとんどがはめ込み式になっています。
このモデルは、ヒンジ部分カバーに螺子が2本あり、それを外せばOKなのですが、はめ込み式なので爪部分が破損してしまう可能性があるので分解には少し神経を使います。
経年劣化によるプラスチックの劣化などで古くなると破損してしまうかもしれませんね...。

役3時間後にご来店されたお客さ様はパソコン修理が持ち帰れるなんてと大変にお喜びでした。
修理価格も対応の修理の早さもご満足されたようです。
それと同時に、メーカー修理があまりのも高額なのには疑問を持たれたようです。

日本のパソコンメーカーさんは、パソコンが30万円以上した十数年前と修理価格が変わっていません。
部品価格は低下しているのに何故?、おかしな話です。

ASUS X550C起動するも全く動かず データ復旧も
P1030888.JPG
起動はするもののその後全く動かず、何の操作もできないASUS X550Cの修理&データ復旧のご依頼が水戸市の法人様から。
何やらエラーメッセージが表示されているのだが何も出来ない。
どうやらハードディスクの故障だろうと想定して検査を行います。
0508.jpg

ファイルシステムの崩壊、不良セクタが多数ありという状態です。
こうなるとハードディスクの交換が必要になるのだが、リカバリーディスクは無し、リカバリー領域のバックアップも不能、ハードディスクを修復してクローンの作成を試みるがNG、データ復旧は出来てもパソコンの修理をするにはメーカーからリカバリーディスクを購入するか、新しいOSを購入するかという修理方法になってしまいます。

Windows8の場合、パソコンのWindows7まであった裏面のプロダクトキーが無くなったため、OSのインストールが難しくなっています。
プロダクトキーはマザーボードに記録されているらしいです。

ハードディスクを修復して一旦起動させて動くように修理し、プロダクトキーを探し出しOSのインストールを試みます。

OSディスクを使用してインストール作業を行います。
が...、プロダクトキーが受付てもらえない。

お客様には別途OS代がかかる旨をお伝えして事前見積額を超えてしまう事のご了解を頂きました。

が...、プロとしては何としても事前見積額の範囲を超えないようにまだまだ諦めません。

その後も様々な方法でトライし何とかプロダクトキーを求められずにOSのインストールが終了、認証も問題ありません。
よし、これで作業は進めます。

P1030892.JPG

修理は無事に完了、データ復旧も問題なし、お客様に修理完了のご連絡をすると修理予算超えは覚悟されていたようなのですが、お見積額内で作業が終了した事をお伝えすると大変にお喜びでした。
今は、パソコン価格が高騰しており、量販店を見てきたらしいのですが、一番安価なパソコンでも7万円ぐらい、ちょっと性能の良いのは15万円ぐらいするので本当に良かったをおっしゃられていました。

保存データは顧客データがほとんど、大切なデータ復旧も出来て良かった良かった。


NEC LL750ES6B パソコン修理&データ復旧
P1030886.JPG

写真のようなメッセージが出て起動が出来ないというNEC LL750ES6Bのデータ復旧&パソコン修理のご依頼です。
早速診断開始です。

ハードディスクの故障と想定し検査を行います。

0503.jpg

やはりハードディスクの故障で間違いありません。
ハードディスク自体はパソコン上で認識されているのだが、データ領域が見えてこない、どうやらファイルシステムが崩壊してしまったようです。
Dドライブ側は保存データの確認が出来ました。

リカバリーディスクは未作成だったらしいのですが、メーカーにディスクを発注して購入されてしまったとか...、NECのリカバリーディスクは1万円以上してしまいます。
もっと早く弊社にお問合せを頂ければリカバリーディスク代約1万円はかからなかったのですが...、残念。

データ復旧作業とパソコン修理作業は別作業で行います。

データ復旧作業は無事完了、Windowsアップデートに物凄く時間がかかるようになってます。
アップデート作業に丸一日を要してしまいましたが、これでもCore i7モデルなので少し早いぐらいです。

P1030887.JPG

パソコン修理&データ復旧作業完了です。

今回は、お客様のご要望でリカバリーディスクを使用しない方法で修理を行いました。
最初からインストールされるほとんど使用しないソフト類はインストールしません。
OSをインストールし、必要なデバイスドライバー、必要最小限のソフト類をインストールし、常駐ソフトを出来る限り少なくして動作を速くしました。

壁紙も元通り、パソコン内部も汚れていたのでクリーニングも行いました。

東芝Qosmio G40/95 HDDを認識しない
P1030882.JPGハードディスクを認識しなくなってしまったという東芝Qosmio G40/95の修理ご依頼が埼玉県から。
お客様が、ハードディスクをSSDに換装してからこのような症状になってしまったという事です。
元のハードディスクに戻しても症状は変わらず、マザーボードの故障だろうか?と思われているようです。

お客様ご自身が弄られたという事なので、一旦解体してケーブル類の外れなどを確認します。
実際に、全解体、再組立てという作業で問題解決出来ることも少なくなく、メーカーに組み立てミスなども意外に多いのです。

分解作業をする際、あれっ?と思う箇所が2箇所ほど、とりあえず全解体作業を続行します。

分解後、マザーボードの目視チェック、水被りがないか、不良パーツはないか、目視確認で怪しいパーツを特定できる事もあるからです。
どうやら大丈夫そう、今度は元通りに組み立て作業を行います。

コネクタ部分は綺麗にクリーニングをし注意をして組み立てて、一部はテープで固定し動かないようにします。

仮組状態で電源ON、起動はもんだいありません。
今度はハードディスクを取り付けて電源ON、無事に「ハードディスクは認識されているのを確認しましたがOSが立ち上がってきません。
ハードディスク内を調べてみると何も無し、フォーマットされた状態でした...。

そこで一旦リカバリー作業を行い、OSインストールテストを行います。

リカバリー作業も問題なし、トラブルの原因は解決です。
お客様が分解された際、ケーブルの一部を緩めてしまったのか、ケーブル部分の接触が悪かったのか...、とにかく問題解決です。

丸1日、電源のON,OFFテスト、動画の連続再生などの動作テストを行い修理完了です。


P1030883.JPG

SSD換装修理 NEC LL550VG6
最近になって動きが遅くなったというNEC LL550VG6のSSD換装修理のご依頼です。
パソコンは円安の関係で価格は高騰しています。
Windows7は使いやすいのでこのままのOSで動きを速く、快適に使えるようにというご要望です。
ハードディスクをSSD 256GBに換装、リカバリーディスクを使ってOSのインストール作業を行います。
パーティションはCドライブのみ、リカバリー領域の復元は行わないためにSSDの全領域を記憶域として使います。
修理後はレスポンスが良く、起動、シャットダウンも速い、快適パソコンへと生まれ変わりました。

P1030881.JPG
元々インストールされているアプリ関連は必要な物意外はほとんどアンインストールしてしまい、常駐ホストは出来るだけ少なくして快適優先です。
VGN-SZ95S SPEED MODE 起動不能

SPEED MODEで起動させるとブルースクリーンになったり意味不明が文字?が羅列されたりというSONY VGN-SA95Sの修理ご依頼が神奈川県の個人様から。
このSONY VGN-SZ95SというのはIntelとNVIDIAの2つのグラフィックスが搭載されており、スイッチ一つで切り替えが出来るという優れものパソコンです。
NVIDIAはSPEED、IntelはSTAMINA、性能的にはNVIDIAの方が良いといことになります。

IntelのSTAMINA MODEで起動するには何の問題もありません。

NVIDIA MODEで起動すると下のような画面が現れます。

NVIDIAモデルに多い故障です。

P1030872.JPGP1030874.JPG

故障はマザーボードです。
壊れてしまう原因ですが、内部に蓄積されたゴミが冷却を妨げてしまいマザーボードの故障へと発展してしまいます。

分解もなかなか面倒な機種でかなりの螺子を取り外さなければ修理作業が行えません。

P1030876.JPG

マザーボードの修理完了後、簡易テストで画面が映るのを確認、その後ハードディスクを取り付けてSPEED MODEで起動します。
ブルースクリーン、変な文字の羅列されるという症状が改善されました。

P1030880.JPG

きちんとNVIDIAのSPEED MODEで動いています。

動画再生テストを数時間、問題なし修理完了です。

富士通AH/40G WIN10にしたら起動しなくなった 
P1030861.JPG

Windows10にアップグレードしたら「PCを診断中」と画面に現れ起動が出来なくなってしまったという富士通LIFEBOOK AH40/Gの修理ご依頼です。

リカバリーディスクは未作成、保存データのバックアップもされていないという事です。
アップグレードされてからあまり日が経っていないので起動され出来れば元のWindows7に戻せるのだが...、修復作業をするも起動に至らず、保存データのバックアップをしてからリカバリー、リカバリー後にバックアップデータを元のルートディレクトリに戻すという作業になりました。
ここで問題なのがハードディスク内にあるリカバリー領域です。
Windows10にアップグレードしてしまうと領域が変更されてしまいリカバリーディスクを使用しなければ初期化が出来ないという事があります。
リカバリーディスクは無ければ無いなりに方法があるのですが、トラブル解決ナビを起動してリカバリーを試みてみます。

すると、何とかリカバリーが開始し無事に終了出来ました。
富士通は内臓領域からリカバリーが出来ない事がほとんどなのだが...。

そのごWindowsアップデート、アップデートナビでパソコン個別のアップデートを行います。
富士通のほとんどのパソコンで無線、有線LANのドライバー更新がありますね。

P1030863.JPG
Windowsアップデートに約2日も要してしまった...。
ジャパネットタカタで購入されたパソコンのようだがとにかく動きが遅い、メモリーを増設しての作業となりました。

Panasonic CF-S10 中古パソコン販売

お客様より、コンパクトで性能が良く、壊れにくくで使いやすい中古パソコンが欲しいというご相談がありPanasonic Let's Note CF-S10をおすすめしました。
流通している中古パソコンの多くはリースアップ品です。
仕入れたまま販売するには大きなリスクを伴い後々面倒な事になってしまいます。
ましてや、Let'sNoteといえばモバイルパソコンとして利用されている事が多いため最低限ハードディスクを新品に交換する必要があります。

パソコン救急病院ジャムテックで販売する中古パソコンは消耗品のハードディスクは新品のSSD又はハードディスクに交換してします。

以前のLet'sNoteといえば液晶パネルの劣化が早く、画面の明るさが低下するという事があったのだが、現在ではLEDパネルになって明るさが低下するという事はほとんどなくなり画面は物凄く綺麗です。
外見的にはちょっと擦り傷が目立ってしまうという点だけ我慢すれば中古Let'sNoteは素晴らしいパソコンだと思います。

元々のハードディスクは250GB、これを256GBのSSDに換装、故障のリスクは大きく軽減され、動作も速く、消費電力が少ないという事からバッテリーの稼働時間も延びるだろう。
SSDの最大メリット衝撃に強い、万が一スタンバイ状態で持ち運んでも壊れるリスクを大きく改善することになります。

P1030860.JPG

当社でカスタマイズしたLet'sNoteの現物をお客さ様にご確認いただきました。
起動、シャットダウンの速さ、操作時のレスポンスの良さ、バッテリーの稼働時間、軽さ、操作性の良さなど、ご満足いただけました。

このLet'sNoteに興味を持たれたご友人の方が一緒にご来店されこれなら欲しいと...、もう一台ご注文を頂きました。

Windows10アップグレードテストを行いましたが、数回に1回、エラーメッセージが現れます。
どうやらこのLet'sNote S10はWindows10では正常動作出来ないようです。

東芝Qosmio F40/86起動不能  バッテリー稼働は正常

電源を入れると再起動して立ち上がらない東芝Qosmio F40/86の修理ご依頼が埼玉県から。
しかし、バッテリー起動の場合は何の問題もなく起動が出来るという東芝製パソコンに多く見られる症状です。

故障発症の原因は弊社の憶測ですが内部に溜まった汚れが原因で冷却不足となりマザーボードの一部のパーツが不具合を発生させるためだと思います。

パソコンとは、冷却が必須、正常に冷却が出来なければ、熱に弱い精密部品が壊れてしまいます。
定期的に内部のクリーニングをする、使用しない時には必ずシャットダウンするなど、パソコンは消耗品だという事を忘れないようにしましょう。

マザーボード修理後は本来の動きも復活、かなり快適なパソコンへと生まれ変わりました。

P1030864.JPG
DELL Inspiron 620 電源入らず

電源が入らず起動が出来ないというDELL Inspiron 620の修理お持込です。
早速簡易診断を開始します。

電源ケーブル、モニター、キーボード、マウスを繋いで電源スイッチON、この時、電源スイッチに違和感が...。
ボタンが押しこまれたまま戻らない、電源も入らず起動も出来ません。
一旦お預かりして修理をする事となりました。

DELLパソコンなので電源ユニットの故障だろうと思っていたのだが、正常電源でテストするも電源は入らずです。

どうやらマザーボードの故障で間違いなさそう、駄目元でCMOSクリアーをしてみる。
すると、一瞬だけファンが回転、その後は電源は入らず。
初期診断で気になった点、電源スイッチが戻らなかった事を考えると、電源ボタンを押したまま起動、再起動を繰り返していたのでは?。
もしかするとBIOSに問題が発生してしまったのだろうか...。

マザーボード故障という結論に到達はしたのだが、CMOSクリアーで一瞬だけでも通電した事を考えるとマザーボードを修理する望みがあるかもと、手持ちの電源ユニットでテストをしてみる事に。
5台目の電源ユニットで何とか電源がはいる事を確認、何とか起動に成功しました。
微妙な電圧の違いで起動出来るのではと淡い期待が的中し正常起動が出来るようになりました。
しかし、一旦シャットダウンするとまた同じ、電源が入りません。
もう一度CMOSクリアーをして起動、パソコンが動いている間にBIOSを書き換えてしまいます。

BIOS書き換え後は何度再起動しても大丈夫、今度は元ついていた電源ユニットに戻して動作テストを行います。

大丈夫、問題なく起動が出来、シャットダウン、起動を繰り返しても大丈夫、BIOS書き換え前よりも動きが速くなった感じです。

スイッチ部分の不具合から電源のON、OFFを繰り返してしまった事でBIOSが不安定になってしまったようですね。

電源スイッチ部分は綺麗にクリーニング、少し滑りやすくするためにほんのちょっと注油して動作をスムーズにしました。
スイッチの不具合は埃などの汚れが原因、スイッチを押しっぱなし状態だったのがBIOSの不具合に繋がったようですね。

P1030862.JPG
電源入るも画面真っ暗 Latitude E6220 福井県から

電源入るも画面真っ暗というDELL Latitude E6220の修理ご依頼が福井県の個人様から。

早速診断を開始します。

外部モニターに出力してみるが画面は真っ暗なまま、液晶ユニットの故障が考えにくい。
次に、底カバーを外してメモリーを指直しをしてみる。
DELLパソコンはメモリースロットの接触不良が割りに多いのでテストをしてみます。
が...、症状変わらず、今度は、2枚刺しメモリーを1枚で起動させてテストを行います。
2枚刺しなので1枚すつ刺すスロットも替えてテストを行います。

すると、2枚のうち1枚に不良を確認、もう一度不良メモリーで起動させてみるがやはり起動出来ず、2枚のうち1枚を交換して動作テストを行います。

メモリーテストを数十分行い修理完了です。

メモリー不良という最小限の故障で良かった。

P1030850.JPG
富士通LIFEBOOK AH45/R とん汁零し

とん汁を零してしまったという富士通LIFEBOOK AH45/Rの修理ご依頼です。
電源は入るが画面には何も映らないという症状、最悪の場合はお買い換えも視野にという事でお預かりしました。

動作テストはせずにまずは分解です。
どの位内部にとん汁が流れこんでいるのかを確認します。

マザーボードのあとこちにとん汁が零れた形跡が...。
この状態では電源は入れられません。

全解体をして水に付けられるマザーボード、その他のパーツをぬるま湯に付けて洗浄してしまいます。
もうダメ元ですね...。
油を含んでいるので台所用に洗剤を使って油分も綺麗に落とします。
ここで綺麗にしておかないとパソコン復活後にカビが生えるという事になってしまうからです。

十分に乾燥させ起動確認が出来る状態にまで組み立てます。
電源ON、みごとに富士通ロゴが現れました。
ここまで確認出来れば元通りに組み立てて、今度はハードディスクを取り付けてOSを起動させてみます。

Windows10にアップグレードされているが問題なく起動成功です。
その他の動作テストをしてみるが大きな問題は発見できず、あとはキーボードが届くのを待って修理完了です。

水を零してしまった時の注意点、すぐに電源を切る、バッテリーを外す、電源は入れない、迷わず修理に出す。

P1030846.JPG
NEC LL550VG6 SSD換装&データ復旧
Windows10にアップグレードをしたら起動が出来なくなってしまったNEC LL550VG6のデータ復旧&パソコン修理のご依頼です。
Windows10にアップグレードしたために起動出来なくなってしまったと思われていたようですが、検査をするとハードディスクの故障です。
保存されているデータ量も少ないのでSSDをおすすめしました。
パソコンは、お孫さんが少し見てくれたそうなのですが、個人アカウントのデータはDドライブに移行し、リカバリーを試みたようです。
Windowsアップデートにかなりの時間を費やしてしまいましたが修理は無事に完了、サクサクを動作する快適パソコンに生まれ変わりました。

P1030837.JPG

ブルースクイーンで再起動 DELL Inspiron14Z N411Z
P1030838.JPG

ブルースくりーが出て再起動を繰り返すというDELL Inspiron14Z N411Zの修理ご依頼です。
重要なデータもたくさん保存してあるのでデータ復旧&パソコン修理、パソコンが速く動くようにSSD換装もご要望です。

データ復旧作業とおパソコン修理作業は同時進行で行います。

ブルースクリーンが出て再起動を繰り返すという症状の場合様々な原因が考えられます。
今回の場合はファイルシステムの不具合、ハードディスクはまだ大丈夫のようだがSSD 256GBに交換します。
OSインストール、デバイスドライバーインストール、Windowsアップデート、復旧データの戻しという作業の流れです。

最近、Windowsアップデートに物凄く時間がかかります。

DELLサイトを確認すると最新BIOSがリリースされていたので更新作業も行います。
ファンコントロールが最適化されているのだろうか、少し冷却ファンの回転が上がったようです。


東芝TX66GBL 再起動を繰り返す東京都から

ACアダプターを接続した状態でパソコンを使用すると再起動を繰り返すという東芝TX66GBLの修理ご依頼が東京都の個人様から。
バッテリー稼働の場合はバッテリーが切れるまで問題なく使用できるという東芝製パソコンに多い故障例です。

故障個所はマザーボード、全解体してマザーボードを取り外します。
その後、不良パーツを交換作業になるわけですが、熱に弱いパーツなので交換作業には時間をかけて行います。
一か所半田付けしては冷えるの待って次の半田付け作業、時々は失敗もするという修理です。

P1030842.JPG

マザーボード修理後は数時間の動作テストを行います。

修理前、DVD再生をするといつの間にか再起動をしていたのだが、修理後は落ちることなく快調に動いてくれています。

元々はWindowsVistaのパソコンですが、Windows10がインストールされていました。
OSを入れ替えてパソコンを永く使うという事も選択肢の一つですね。

最近はパソコン価格が高騰していますから...。

液晶パネル割れ修理 NEC LE150T1W

水戸市内のお客様からの持ち込み修理のご依頼です。
キーボードの上に物を置いたままパネルを閉じてしまい、「あっ」と思った時にはすでに遅し、液晶パネルが割れてしまったという事です。
最近のパソコンは液晶パネルがかなり薄くなているため少しの衝撃、圧迫で簡単に割れてしまいます。

パソコンの取り扱いには十分に注意をしてください。

今回は、タイミング悪く手の離せない修理中だったので一旦お預かりしての修理となりました。
約2時間ほどお待ち頂き、当日にはお渡しが出来ました。

P1030833.JPG
P1030836.JPG

日立市の法人様から DELL VOSTRO 230S 2台

日立市の法人様からDELL Vostro 230S 2台の修理ご依頼です。

1台は電源入らず、もう1台は電源は入るものの画面は真っ暗なままという異なる症状です。

まずは、電源入るも画面が真っ暗という方から修理を開始します。
動作テストをするとご申告通りの症状、各々のパーツを取り外して検査するも異常は発見出来ず。
もしかすると...。

パソコンを一旦全解体、綺麗にクリーニングをして元通りに組み立てます。
ここで電源ON、見事に画面が復活です。

最近、DELL、NECに目立つのだが、メモリースロットの接触不良が増えている気がします。
金メッキの質が低下しているのだろう、マザーボード側、メモリー側をクリーニングすると問題解決出来る事が多い。
その後の動作テストを数時間、電源ON、OFFの繰り返し、メモリーテストを数時間、全く問題は発生しません。
1台は修理完了です。

もう1台は電源入らずですが、故障個所はすぐに判明、そうです、電源ユニットの故障で間違いありません。
部品発注して届くまでの間、数日をお待ち頂き修理完了です。

P1030831.JPG
NEC NS750AAG-KS 液晶パネル割れ

液晶パネルを割ってしまったというNEC NS750AAG-KSの修理お持込です。
購入店は型番にKSとあるのでケーズデンキの量販店モデルですね。

修理の見積りを取ったところ8万円以上の修理費用がかかるので何とか少し安く修理が出来ないかとご来店されました。

このモデルはタッチパネル機能のあるパソコンで、表面のガラス割れ、内部のパネル割れと、ガラス、液晶パネル割れという3通りの割れがあります。
今回の場合はガラス、液晶パネル割れの両方割れです。

ガラスのみの割れの場合、割れたガラスを取り外すという修理方法があり、タッチパネル機能は使えなくなりますが、普通のパソコンとしては何の問題もなくお使い頂けます。
液晶パネルわれの場合は、内部のパネル交換なのでそれほど高額な修理費用にはなりません。
ガラス割れの場合、液晶部分を全部アッセンブリ交換となるため、修理の安価が当社でもそれなりに修理費用がかかります。
が...メーカー修理よりは2万円以上は安価に修理が可能です。


P1030826.JPG
保護フィルムの貼ってある方が発注したパネル部分一式です。

P1030829.JPG
部品代がそれなりに高額なのでメーカー修理の6割ほどの修理費用がかかりました。

P1030830.JPG

動きが遅い 富士通Lifebook AH56/H ひたちなか市

とにかく動きが遅くて使えないという富士通LIFEBOOK AH56/Hのデータ復旧&パソコン修理のご依頼がひたちなか市の法人様から。
データのバックアップも出来ないという状態らしいです。

この時期販売されていた富士通製パソコン、ハードディスク故障の可能性大、早速ハードディスクの検査作業を開始します。

検査の結果は想定通り、ハードディスクの故障で間違いありません。
搭載メモリーは8GBなのですが16GBにとお考えだったそうです。
ハードディスクの問題があればメモリー増設をしても何も変わりません。

ah56h.jpg

東芝製ハードディスクはトラブル続出です。
少し衝撃に弱いのだろうか、故障多発しています。
当社の場合、このMK型番の東芝製500GB以上が使われている場合は無条件でハードディスクを交換しています。
今は大丈夫でも、ほとんど数か月後に壊れて再度修理のご依頼がやってくるからです。

お仕事で持ち運びして使われているという事なので、衝撃に強いSSDをおすすめしました。
元々は750GBのハードディスクですが256GBのSSDに換装します。
使われていたデータ領域は約100GB、256GBあれば十分にお誓い頂けます。
1TBのハードディスクが搭載されていてもほとんどの場合多くても200GB程度しか使われていない事がほとんどですね...。
動画をたくさん保存しなければ256GBで十分です。

データ復旧作業も問題なく終了、修理の終わったパソコンに復旧データを元のルートに保存、Windowsアップデート、アップデートナビを使ってパソコン個体のアップデート、最新BIOSもありました。

バックアップを取ったメールアカウントをインポート、過去メールの送受信データをインポート、使わないというアプリ関連のアンインストール作業を行い作業終了です。

このパソコン、最高に調子いいです。

エラーコード0x80004005 Office Premium
マイクロソフト Office Oremiumでセットアップが出来ないという問題が発生しています。 マイクロソフトによると今の所は原因不明、改善されていないという事です。 下記URLに詳しいセットアップ方法が紹介されています。 セットアップの方法はこちら 無事にセットアップが終わるとOffice2016がインストールされるようです。
画面が真っ暗...が、薄ら見えるNEC LL550TG
電源が入り起動するのだが、画面は真っ暗、よく見てみると薄らと起動画面が確認出来るというNEC LL550TGの修理依頼が福井県から。

P1030346.JPG
どうやら、他社様に一度修理に出せれているようだが、修理出来ずに返却したもらったような修理報告書まで一緒に送ってこられました。
会社名は明かせませんが、このパソコン修理会社、液晶トラブルを中心に修理をしているところのようだ。
ということは、液晶の故障では無さそう、となれば診断作業も簡単だ。
NEC製のACアダプター15Vタイプの中に、このような故障が多く見受けられる機種があり、まさにドンピシャ、私の想定している故障であればバッテリー稼働なら問題なく起動出来るはず。と思ったのだが、バッテリーはすでに死亡状態、検査が出来ず。
いずれにせよ劣化するパーツなので交換してしまいます。

マザーボードを完全に取り外して不良パーツを交換します。
分解手順などは、同型を何度も修理をしているので問題なし、隠れている螺子類も完全に把握しています。

P1030348.JPG
マザーボード修理完了後はバッチリ、画面も明るくきれいですね。
確認はしていませんが、おそらくはLG製のパネルが使われているのでしょう。

画面が点かないからといって液晶パネルのトラブルとは言い切れません。
この故障は液晶修理に特化したパソコン修理会社では直せませんね...。

HP Probook 4525S 電源入るも画面真っ暗
HP Probook 4525S 電源入るも画面真っ暗という故障でしゅうり依頼が新潟県の法人様から。
今月は、同型、同症状で3台修理をしていますが、内部の汚れのために冷却不足となり、マザーボードが壊れてしまう時期なのだろうか...。

P1030322.JPG

故障の原因としては、内部の汚れ、冷却ファンの能力低下などが考えられるが、故障を防止するにはまず内部のお掃除をしてください。

分解方法は、まずバッテリーを外し、そのの螺子3本を取り外します。
スイッチパネルを固定している螺子が後ろ側に2本(シールあり)を外し、スイッチパネルを上にずらすと外れます。
キーボードを固定している螺子2本を取り外し、キーボードを上にずらせば簡単にキーボードが外れます。
キーボードにはケーブルが繋がっているので丁寧に、慎重に外してください。(ケーブルは外さない)
すると、冷却ファンが見えてきます。
ファンの見える部分に掃除機のノズルを当てて中のゴミを吸い出してください。
この時の注意点ですが、ファンの羽部分がかなり薄いため、あまり強力な掃除機は使わない事。
出来れば、排熱口から中に向けてスプレー式のエアーブローで吹き付けると中のゴミが取りやすいと思います。

次に、BIOSの更新作業を行います。
最新BIOSはF50なのですが、旧バージョンがF09の場合はこのままでは更新出来ません。
まず、F0Aに更新するという作業が必要になるようです。
ようするに、BIOS F09のパソコンは2回のBIOS更新が必要となります。

BIOS F50にすると、冷却ファンの回転も上がり、風量も増え、冷却システムを最適化してくれるようです。

今現在同型をお使いの方はなるべく早く内部のお掃除とBIOS更新をされてください。

P1030323.JPG



Windows10にしたら起動出来なくなった富士通LIFE BOOK
Windows10にアップグレードしたら起動が出来なくなってしまった富士通LIFE BOOK AH54/Hの修理依頼です。
パソコンを起動させると「トラブル解決ナビ」が立ち上がりパソコンが起動出来ません。
こんなトラブルが発生するのではないかと心配していたのだが、予測通りに発生してしまいました。
P1030265.JPG
「トラブル解決ナビ」が進むと下記写真のように。
P1030264.JPG
確かにWindows10がインストールされているようです。
こんなってしまうと、初期化をする必要が出てくるかもしれません。
出来るだけの事を行っても問題解決が出来なければ初期化をするしか方法はありません。
しかし、リカバリー領域からのリカバリー不能、ディスクを作成していなければ大変な事になってしまいます。
お客様は、リカバリーディスク未作成、こうなると専門家が対応しなければどうにもなりません。

Windows10になって大きな変更点は、Windows8で無くなってしまったスタートボタンが復活したぐらいなので、Windows7でお使いの方はあまりアップグレードする必要はないかもしれません。

むしろ、使い方が変わった部分を覚えていかなければいけないという面倒な事が増えるだけだと思います。
Windows10にアップグレードする時には、メーカーサポートを必ずご確認ください。

OSを変えるという事は、ある程度のリスクがあるという事を覚悟してださい!
画面が真っ暗 NEC LL750TG マザーボード故障
電源が正常に入り、起動出来るのだが、画面が真っ暗というNEC LL750TGの修理依頼です。
P1030225.JPG
薄らとYAHOOのトップページが見えています。
通常であれば液晶パネルのバックライト不良、もしくはインバーター不良、場合によっては両方不良と考えられるのだが...。
ここでもう一つ動作テストを行います。
バッテリー稼働時はどうなのだろうか...。
もし、バッテリー稼働で正常に画面が映るようなら故障個所はマザーボードと特定出来ます。

思っていた通り、バッテリー稼働時は正常に画面が表示されました。

マザーボードの故障確定です。
NECのACアダプター15Vモデルに多く見受けられる故障例です。

パソコンは、元通りに...、壊れる前の状態に復活です。

P1030224.JPG

lenovo Ultrabook U310 再駆動を繰り返す
レノボのウルトラブック U310の修理依頼です。
症状は、電源を入れると再起動を繰り返しBIOS画面も立ち上がらない、しかも、再起動が早くあまりお目にかかれない珍しい症状です。

再起動を繰り返す場合、多くはOSの破損なのだが、ここまで再起動が早いとどうやら原因はOS、ハードディスクとは別にありそうです。

早速、分解して修理開始です。

ハードディスクは500GB、このハードディスクを取り外して電源を入れるとBIOS画面を開くことが出来ました。
BIOS画面を確認すると「RAID」設定になっている?、よくよく見てみると32GBのSSDが搭載されている、どうやらRAIDが崩壊しているか、SSDの故障、ハードディスクの故障の何れかのようです。
ハードディスクを検査してみると得に問題なさそう、今度は、ハードディスクを取り付けてSSDだけにしてみると、BIOS画面が確認出来た。
SSDとハードディスクを取り付けた状態ではBIOS画面を開くことが出来ないくらい早いスピードで再起動をしてしまいます。

そこで、SSDを取り外し、BIOS設定でRAIDを通常モードに変更。
ハードディスクOSのインストールをします。
リカバリーディスクを作成していれば使えるのだが未作成です。

修理後は無事にパソコンが使えるようになりました。
SSD取り外し、RAID解除のため、オリジナルの状態の時よりは若干動きが遅くなると思われます。

P1030192.JPG
左下にあるのが取り外したSSDです。

Qosmio G40/95C 電源入るも画面が点かない
P1030165.JPG
P1030164.JPG
電源入るも画面が点かないという東芝Qosmio G40/95Cの修理依頼が大阪府の個人様から。
購入当時、けっこうな価格で購入したパソコンなので何とか復活したいというご要望です。
画面もFulHD、17インチモデル、今現在、大画面で高解像度モデルは少なくなっているため貴重なパソコンです。
おまけに音も良い、地デジも見れるという高性能パソコンです。
私だったら、ハードディスクをSSDに替えて永く使いたいパソコンの一つです。

P1030167.JPG
ハードディスクの健康状態も悪くありません。
まだまだお使い頂けるパソコンですね...。
画面が赤くて縦線がいっぱい 東芝Dynabook SS LX/190DR
P1030174.JPG電源をいれると画面が赤く、細い縦ラインが多数入るという東芝Dynabook SS LX/190DRの修理依頼が長野県から。
このままの状態でも何とか起動が出来て使えるのだが、まだまだ調子が良いのでこのままの状態でこらからも使っていきたいというご要望です。
NVIDIA製ビデオチップが搭載されているパソコンなので、発熱は半端ないです。
どうしても冷却が追い付かず、ビデオチップの不具合が発生してしまいます。

このパソコン、2013年のはじめ頃に一度修理をしていますが、約2年半で再発してしまいました。
メーカーでマザーボードを交換しても同じように壊れているパソコンなので、絶対的な冷却不足です。

このDynabook SS LX/190DRはけっこう分解が面倒、ケーブル類の取り回しが複雑だったり、テープ貼りが多かったり、あまり修理をしていない機種なので慣れていない?というのもあるかもしれません。
動作テスト作業に入るまでに約3時間もかかってしまいました。

修理後は元通りの状態に復活です。

P1030175.JPG
リカバリーをしてしまったり、いろいろと弄ってしまったりとされる方が多いのですが、自力での復活は無理なので修理をご依頼ください。
電源入るも画面真っ暗 DELL XPS M1730
P1030168.JPG
数年前に画面に縦ラインが多数入り正常表示が出来ないという症状で修理をさせて頂いたDELL XPS M1730だが、今度は、電源入るも画面が真っ暗という症状で修理依頼がやってきました。
最悪は、データの復旧だけでもというご要望です。

ビデオチップを2個搭載している高性能マシンで、ビデオカード自体も大きくてかなり重いです。
性能が良いだけに発熱も多く、冷却ファンもかなりの風量を吸い込みます。
冷却ファンは大きな物は2個搭載です。

P1030170.JPG
写真の通り、けっこうな汚れ具合です。
今回は、このビデオカードの修理となしました。

修理後は元通り、データ復旧作業は必要ありませんでした。

P1030171.JPG

宮城県から 「ピーピィピィ」VGN-AR73DB
「ピーピィピィ」とビーブ音が出て起動が出来ないSONY VGN-AR73DBの修理依頼が宮城県から。
ハードディスクは外した状態での修理依頼なのでBIOS画面が表示されるところまでの修理となりました。
本来、OSが起動出来ない状態での修理受付はお断りしているのだが、今回は特別に修理を受けたまわりました。

P1030151.JPG
マザーボードの修理後は問題なく起動に成功、ハードディスク無しなのでOS起動が出来ません。
暫くの時間、データ復旧マシンとして動作テストを行いテストは終了です。

P1030153.JPG

HP Pavilion dv9500 画面に縦ライン 千葉県から
P1030147.JPG
HP Pavilion dv9000シリーズに多い故障例です。
元々、発熱が多く、冷却不足が原因で壊れてしまうのだが、そのほとんどは内部の汚れが原因で冷却不足となりザーボードが壊れてしまうようです。

定期的にお掃除をするといってもどうやったらいいのかというのも解らないと思います。
また、排熱口が下方向に向いているのもあまり冷却が良くない原因かもしれません。

対処法としては、まめにエアーブローなどで、排熱口から中に向けて吹き付け、同時に、掃除機で吸い込む方法ぐらいしかお掃除方法はないかもしれませんね。
あとは、解体してお掃除するしか方法が思い浮かびません。

マザーボード修理後、問題なく画面が表示されりょうになったのだが、OSが起動しない。
何度も何度も電源のON,OFFを繰り返した事でOSが破損してしまったようです。
OSの修復作業で約3時間。

P1030152.JPG
OSの修復作業後は元通りの画面で起動成功、あとは、数時間の動作テストを行います。

P1030159.JPG
数時間の動作テスト後、再度シャットダウン、電源ONの繰り返しテスト、OS起動は問題ありません。
これで修理完了です。
画面が赤みがかる DELL VOSTRO 1540 岩手県から
画面が赤みがかるというDELL VOSTRO 1540の修理依頼が岩手県から。
届いたパソコンを起動してみるとビーブ音が8回、画面には多数に縦ラインが入って何も見えない状態です。

P1030155.JPG
画面が赤みがかる場合はバックライト不良が原因になるのだが、ビーブ音8回となるとこれまた症状が異なります。
DELLのビーブ音8回は、液晶関連の不具合を示しており、液晶ユニット、ケーブルの不良が考えられます。
稀にですが、組立ミスが原因となる場合もあります。
液晶パネルを交換してみると問題なく綺麗に表示されるのでパネルの交換?と思ったのだが、分解する時に疑問に思った部分が...、もしかするとこの部分が原因なのではとさらにテストを行いました。
外したパネルを再度取り付けると、画面は同じだが今度はビーブ音が鳴らない、どうやら、液晶ケーブルと、液晶ユニット側のコネクタ部分に接触不良があるようだ。
取り付け、取り外しの際、ハマった感が無い、ユルユルといった感じなのだ。

コネクタ部分の間隔を少し狭めるように圧をかけ、再度取り付けると、今度はハマった感が感じられた、この状態で電源ON、今度は綺麗な画面で表示され、縦ラインも無くなった。

しっかりとテープで固定し、元通りに組み立てて動作テストをするが問題なし。
パネルの開閉テストなどを行うも問題なし。

P1030161.JPG
パソコンは元通りに復活です。

この様な組立ミス?ってDELLに限らず普通にあるのです。
DELLさん、しっかりと組み立てて販売してください。
電源を入れても起動しない NEC LL550KG 埼玉県から
P1030157.JPG
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動出来ないというNEC LL550KGの修理依頼が埼玉県の法人様から。
同時に、動きが遅いので改善して欲しいとのご要望です。
当機種の故障傾向から、マザーボード、CPUの故障、メモリー故障という原因が想定出来るのだが、とにかく分解して原因を究明していきます。

分解してみると、思っていた通り、冷却ファン内がゴミでいっぱいです。
P1030158.JPG
この状況をみると、やはりマザーボードの故障確率が高い。

パソコンとは、キチンと冷却が出来て動くのですが、冷却が悪くなると様々な故障を発症してしまいます。
何故なら、パソコン内のパーツのほとんどが半田付けされているからです。
半田とは、熱で溶かして使いますが、パソコンが熱くなる事で半田が柔らかくなり、そんな時にパソコンを移動させたりという衝撃だけでも故障してしまうのです。
また、熱によるマザーボードの膨張伸縮も大きな原因だと考えられます。

修理後のパソコンは元通りに復活です。
P1030163.JPG
動きが遅いという問題点は、デフラグでかなり改善されました。
電源が入らない NEC LL750RSG
購入して1年とちょっと、保証期間が切れたばかりのNEC LL750RSGが、電源が入らいないという症状で修理依頼がありました。
約半年前、保証期間中に不具合があり、メーカーでマザーボードを交換してもらったとか...。

電源ボタンを押すと一瞬点くのだが、その後すぐに切れてしまいます。

某パソコン修理会社にお持込されたそうですが、マザーボードの故障と診断されたそうです。
修理代も高額なため、当店にご来店されました。

症状確認後、一旦お預かりして故障個所を特定します。

以前にメーカーでマザーボードを交換しているという事なので、一旦全解体して丁寧に再組立を行います。
同時に、BIOSの初期化作業も行います。

分解作業時、?あれっと思う個所が...。
いぜれにせよ、全解体をするため気にせず続行です。

分解後、マザーボードの導通テストをするがマザーボード内ではショートしている部分は無し。
全てが解るわけではないのですが、マザーボード自体は問題なさそうです。

さて、今度は再組立作業、丁寧に元通りに組み立てます。
半解体状態で電源を投入してみます。

無事に電源が入り、切れることは無くなりました。
今度は、モニター、メモリーキーボードを付けて電源ON、無事に起動画面が現れました。
次に、ハードディスクを付けて電源ON、無事にOS起動を確認出来ました。

あとは、元通りに組み立てて動作テストを行います。

BIOSを初期化したので日付を再設定します。

数時間の動作テストは問題ありません。

メーカーの組立ミス?、BIOSの初期化で治った?、正確な原因は解らなかったが、パソコンは何の問題もなく動いています。

メーカーの組立ミスなんてありえないだろうと思われる方は多いと思いますが、それが意外に多いのです。
螺子の緩みなどは当たり前のように日常茶飯事ですよ。

お客様は、5万円程度は覚悟されていたようですが、修理費用は10000円でした。
ブルースクリーンで再起動を繰り返す 自作機 メモリー故障だった
ブルースクリーンが出て再起動を繰り返す自作機の修理依頼です。

この症状は、常時発生するわけではなく、出始めると止まらないといった感じです。
エラーログを確認すると、ディスクエラーが検出されているので、ハードディスクの故障では?と推測したのですが...。

ディスクドライブ構成は、128GBのSSDと1TBのハードディスクの2ドライブです。
1TBハードディスクを外してみるが症状は変わらず、となると、SSDが壊れている可能性が高い。

念のため、メモリーテストを約10時間、エラーは検出されないのでどうやら問題なさそう。

SSDの故障で決まり!と思い、SSDを交換して修理開始です。

が...、無事にOSのインストールが終わり、Windowsアップデートをしていると、目を離した間に1回再起動をしている?。

故障個所はSSDではないのか?。

再度、Windowsアップデートを実行します。
こんどは、目を離さずに再起動の瞬間を確認します。
すると、一瞬ブルースクリーンが出て再起動をしているではないか...。
問題の個所はSSDでもなさそうだ。

となると、故障個所はマザーボード、電源ユニット、CPUの可能性も出てきました。

故障個所を検証するには、ひとつひとつパーツを交換してテストをする必要があるのですが、まてよ、昔、同じ様な事で悩みに悩んだ修理例があった事を思い出し、もしかしてメモリーが原因かも...?。

そこで、メモリーを交換し、再度OSをインストール、続いてWindowsアップデートをします。
今度は何の問題もなくパソコンが動いています。
念のため、負荷をかけてテストをするが問題なしです。

今度は、元々付いていたSSDに戻して動作テストを行います。
これも大丈夫、常時症状が発生するわけではないので丸1日動作テストを行いました。
その間、何度か再起動テストをするが大丈夫。

メモリーテストを10時間走らせてテストをしてエラーが無かった事を確認したのに、故障個所はメモリーだった。

それにしても、メモリーは奥深い、メモリー増設なんて簡単だろうと思われている方は多いを思いますが、一番面倒で、一番厄介は部分です。
くれぐれも、元々付いていた純正メモリーは処分せずに保管してください。
パソコンの修理が出来なくなってしまいますよ。
画面に青い縦線多数 SONY VGC-LT80DB
P1030134.JPG
起動時に、青い縦線が多数入り再起動を繰り返すSONY VGC-LT80DBの修理依頼です。
故障個所はマザーボードです。

多くの方は、リカバリーすれば問題解決出来るのでは?と思われるようですが、リカバリーせずにご相談ください。

修理後は、壊れる前と全く同じ状態に復活出来ます。

P1030136.JPG
DVD再生テスト中。
韓国時代劇「トンイ」ですね。

数時間の動作テストも問題ありません。

パソコンは壊れる前の状態で復活しています。
NEC LL550RG 電源入るも画面真っ暗
電源は正常に入るのだが、画面は真っ暗なまま起動が出来ないというNEC LL550RGの修理依頼が兵庫県神戸市から。
何年も前に故障してしまいそのまま保管されていたパソコンらしいのですが、保存されているデータもあるため処分も出来ないという事でした。

弊社の過去修理例に中に同型、同症状パソコンの修理例を発見され、安価に修理が出来ればとお問合せがありました。

P1030130.JPG
修理後は元通りに復活です。

P1030132.JPG
動作テスト中。
Windows10 無料アップグレードについて
最近、ちょっと気になっている方もあると思いますが、タスクバーにWindowsのアイコン表示されるようになりました。

win102.png
クリックするとこんな画面が立ち上がります。

win101.png
アップグレードの予約が出来る画面が立ち上がります。
誰でも無料という言葉には弱いと思うのですが、本当に無料のようです。

ここで注意が必要なのです。

パソコンとは、OSだけで動くわけではありません。
画面表示、サウンド、ネットワーク、USB3.0ドライバーなど、様々なドライバーがキチンとインストールされていなければ正常動作しないのです。

必ず、使われているパソコンメーカーのサポート情報を確認のうえアップグレードしてください。

現段階では、各メーカーとも動作確認中だと思います。

安易にアップグレードするとパソコンが使えなくなる可能性がありますので注意が必要です。
落下パソコン NEC LS150/H OS起動せず
パソコン使用中、ACアダプターのケーブルに足を引っ掛けてしまいパソコンを落下させてしまったというNEC LS150/Hのパソコン修理、データ復旧のご依頼です。

落下させてしまった時、ハードディスクが飛び出し、カバーの螺子部分が抜け落ちてしまっていました。
ハードディスクは僅かな衝撃にで簡単に壊れていまいます。
パソコン起動中に絶対に動かしてはいけません。

外見上、特に破損は確認出来ないが、実際に起動出来るように修理をしてみなければ正確な故障診断が出来ません。

データ復旧もご希望だが、落下となると、全データを復旧するのは難しいかもしれません。
データ復旧作業と、パソコン修理作業を同時進行で行います。

パソコン修理は問題なし、ハードディスクが壊れた以外には何の問題もないよう、これなら修理をした方がお得、いや、修理をするべきです。

問題のデータ復旧ですが、初期診断の時にはそれほど難易度は高くないようだったのでかなり安価な見積りをしてしまった。
が...、それほど多いデータ量ではないのだが、復旧作業の丸2日を要してしまった。

ご要望のデータはほぼ復旧成功、予定の修理期間は過ぎてしまいました。
OSが起動しない DELL Vostro 1540 SSD換装希望 水戸市
OSが起動しないというDELL Vostro 1540の修理依頼が水戸市内の法人様から。
パソコンの使用環境は、持ち運びしながら使われており、衝撃に強く、動きが速いSSDに換装出来ればというご相談でした。
SSDは256GBをご希望です。

このSSD換装ですが、1台行うと病みつきになるそうで、その快適さは忘れられなくなるそうです。

メモリーを増設するなら、いっそSSDに交換してしまった方が良いくらいです。

SSD換装、OSインストール、必要なデバイスドライバーのインストール、Windowsアップデート、BIOS更新、その他必要な作業は全て完了。

SSDの場合、動きも速いため、作業もかなりスムーズに運びます。
最後に、内部、外部のお掃除をして作業完了です。
HP Pavilion Touchi Smart Sleekbook 動きが遅い
HP Pavilion Touchi Smart Sleekbook タッチパネル式ノートパソコンの動きが遅いためにメモリー増設をしてほしいというご要望です。

パソコンの動きが遅い場合、まずは、メモリー増設を考えるのは普通なのかもしれないいが、以前は速かったのに、最近になって遅くなったという場合は、別原因を見つけなければいけません。

パソコンを起動して確認すると、マルウェアがたくさんインストールされており、まずはこれの削除から作業開始です。
一通り削除が終わり動作テストをすると、若干は良くなったもののまだまだ遅い、他の原因があるようです。
さらに詳しく検査をすると、あれっ、マカフィーとキングソフトのセキュテイソフトが2つ?、パソコンが遅い原因はこれですね...。
マカフィーは有効期限切れなので削除、キングソフトもWindowsディフェンダーを有効にするので削除してしまいます。
これでかなり改善されたのだが、まだ思っていたような早さが出てこない。
Windowsディフェンダーを更新すると、途中ストップ、何やら他にも問題がありそうです。

どうやら、OS自体に不具合がありそうなのでエラーチェックを実行します。
今度は大丈夫、ディフェンダーも更新が出来、動きも思っていた通りに復活しました。

メモリー増設は必要なしと思っていたのだが、ご要望だったので増設作業を行います。
が...、普通、裏面に付いているメモリーの蓋?が無い。
仕方なく、裏ケースを取り外してメモリー増設を行います。

が...、増設不能です。
交換、増設をするには、マザーボードを一旦取り外さなければ出来ない作りになっているようです。

P1030074.JPG

P1030073.JPG
最近のパソコンは何をするにしても面倒になっているようです。

メモリー増設後はさらに快適に...、と思うでしょうが、あまり変わらなかったです。
富士通 BX/51L 電源入るも画面真っ暗
電源が入り、正常に起動出来ているのだが、画面は真っ暗なまま、よく見てみると起動画面が確認出来るという今回の修理依頼です。
パソコンに詳しい方に診てもらったら、バックライトが切れているからと、弊社を紹介されたとか...。

暫くパソコンが使えていないので、出来るだけ早く修理をして欲しいというご要望です。

早速修理を開始します。

まず、バックライトテストから作業開始です。

テスト用バックライトを接続して電源ON、しかし、画面は真っ暗なまま映りません。
どうやら、バックライト不良でも無さそう、今度は、インバーター基盤を交換してテストを行います。
P1030083.JPG
しかし、画面は真っ暗なままです。
写真は、マザーボード側コネクタ部分の接続を確認したので半壊状態です。
以外に思われるかもしれませんが、ここの接続不良で画面が映らない場合があります。特に東芝は...。

今度は、テスト用バックライトを接続してテストを行います。

P1030082.JPG
今度は大丈夫、どうやら、バックライトとインバーター基盤の両方が壊れているようです。

今度は、バックライト修理作業んび取り掛かります。

P1030084.JPG
写真を見てお判りのように、パネル内が焼けてしまっています。
バックライトは切れてなさそうだが、半田付け不良が原因で一部が焼けて溶けてしまっています。
焼けた部分、溶けた部分は切取ってしまい、バックライトの接続ケーブルを再度半田付け作業をして、出来る限り安価に修理出来る方法で対応します。
ここまで焼けてしまうと、パネル自体を交換してしまった方が良いのだが、この15.6インチ CCFL方式パネルは流通量が少ないため、価格が高騰、修理代金がたくさんかかってしまいます。

液晶パネルの修理は無事に完了です。

P1030085.JPG
修理後は綺麗な画面で元通りに復活です。

このパソコンの不具合は少し前から発生していたそうです。
画面が点いたり消えたり、この時点でご相談頂ければインバーター基盤は壊れなかったかもしれません。

不具合が発見された場合は早めにご相談ください。
NEC LS700TSB-KS 液晶割れ修理
購入してまだ3か月というNEC LS700TSB-KSの液晶割れ修理依頼です。
KSと型番に記載がある場合はケーズデンキモデルのようだ。

液晶パネルが割れてしまった経緯ですが、バッグに中に入れて持ち運びをされていたそうですが、ある時、バッグから取り出すと液晶パネルが割れていたそうです。

P1030067.JPG
今完売されてるパソコンのほとんどが、薄く軽く、プラスチッック部分のほとんどが柔らかく、少しの衝撃で簡単に壊れてしまいます。

取扱いには十分に注意が「必要です。

P1030068.JPG
使われいたパネルは最新パネル、しかし、在庫があったのでお預かり当日に修理完了いたしました。
「Operating System Not Found」 SONY VPCJ137FJ 新潟県から
「Operating System Not Found」とメッセージが出て起動が出来ないというSONY VPCJ137FJのパソコン修理、データ復旧のご依頼です。

お仕事で使われているパソコンなので、重要データがたくさん保存してあるため、何としてもデータだけでも復旧をとのご要望です。

Operating System Not Foundとメッセージが出る場合、ほとんどの場合ハードディスクの故障と思われますが、場合によっては、OSの破損が原因の場合もあります。

今回の場合はハードディスクの故障でした。
データに関しては、復旧作業でデータ領域が確認出来、どうにか復旧の見込みありとお客様にご連絡し、データ復旧とパソコン修理を承りました。
しかし、ハードディスクの状態はかなり悪く、約10GBほどの復旧作業に6日ほどを費やしてしまいました。

リカバリーディスクが未作成のため、パソコン修理に必要なデータも同時に復旧します。
必要なのはデバイスドライバー関連です。

リカバリーディスクはメーカーから購入は可能なのだが、SONYの場合はユーザー登録が必要、起動出来ないパソコンからでは、その手続きもかなり面倒になってしまいます。
地デジの見れるTV内臓ですが、お仕事ではTV視聴はされないとのことなので、今回はTVは観る事が出来ないように修理を行います。

OSをインストール、デバイスドライバーをインストール、不用ソフトをインストールしない最小限インストールです。
かえって、この方が動きが速く快適にお使い頂けます。

重要データのほとんどはデスクトップに保存されていたのですが、その他に重要なのはメールデータ、Windows Live Mailフォルダーを丸ごとコピーし、本来保存されるルートディレクトリに保存します。
そしてWindow Live Mailをダウンロードしてインストールを行います。
どうやら、メールアカウントは設定された様子、しかし、パスを求められる、おそらくは、パスワードを入力すればメールの送受信が出来るだろう。
過去のメールデータはインポートして復元します。

修理の完了したパソコンは動きも快適、まるで別物へと変貌しました。
東芝AX55DLP 電源がすぐに切れる
東芝AX55DLP 電源がすぐに切れるという故障修理依頼が兵庫県神戸市から。

バッテリー稼働の場合は電源が切れない、しかし、ACアダプターを接続すると電源を入れてすぐに落ちてしまうという症状です。
東芝製ノートパソコンに比較的に多い故障例ですが、故障個所はマザーボードで間違いなさそうです。
何度も同じような修理をしているので、故障パーツを交換すれば元通り、データも環境もそのままお使い頂けます。

電子部品の多くは、熱に弱く、今回の交換パーツも同様、なかなか交換の難しいパーツです。

修理後は元通り、現状復帰出来ました。

パソコンの修理ですが、やはり、損得を考えなければいけません。

場合によっては、故障個所を修理しても、別な問題が発見される場合があり、一気に修理を行わなければ、別個所故障ということになってしまい、またまた修理代がかかってしまう事があります。

今回の場合、ハードディスクはなかなか元気、デフラグをしたら動きもかなり速くなり、Windows Vistaですがなかなか良いです。

今回のお客様は、弊社の修理ブログから、全く同じ症状という事でお問合せを頂きました。
液晶割れ交換修理 東芝 T45/33MRM
パソコンを購入されて約3か月ほどで液晶パネルを割ってしまったという東芝T45/33MRMの修理依頼です。

今現在販売されているパソコンのほとんどは、コスト削減なのだろうか、薄く、軽く作られているため、全体的に衝撃に弱く、簡単に破損してしまいます。

今回の東芝T45/33MRMも同様、パネル部分がなかり弱く、少しの衝撃で簡単に液晶パネルが割れてしまいます。
また、以前は固く上部だったパネルのトップカバーも薄く柔らかくなっており、丈夫に、壊れないように作るという物作り日本の基本を忘れてしまっているのだろう。

修理後は元通りに復活です。

P1030037.JPG

NEC VW770MG OSが立ち上がらない データ復旧も
電源を入れるとNECロゴの後Windowsが立ち上がらないというNEC VW770MGのパソコン修理とデータ復旧のご依頼です。

早速検査をすると、Windowsが「立ち上がらない原因はハードディスクの故障で間違いありません。
問題は、保存データですが、ご家族の写真、動画が保存されているとの事、何としても復旧して欲しいというご要望です。
また、出来る事なら容量を大きくしたいというご要望もありました。

早速修理開始です。
データ復旧作業は、パソコン修理と同時進行で別作業で行います。

この VW770MGという機種、修理依頼にやってくる全部といっていいほど内部がかなり汚れています。
まずは、内部のお掃除から作業開始です。

P1030026.JPG
パソコン内部は写真の通り、もの凄く汚れています。
このこのように汚れがつくのは、パソコン設置場所が窓際なのだろうか、少し湿気のある場所でお使いだったようです。
積り積もった埃の塊が茶色っぽくカビが生えたかのようになっています。

この VW770MGは、水冷方式なのですが、結局は空冷でラジエーター部分を冷やしており、水冷が循環しているのはCPUとハードディスクだけ、出来る事なら、ビデオチップ部分も水冷で冷やしてほしいところです。

パソコンのお掃除にかなりの時間を費やしてしまったが、ハードディスクを500GBから1TBnに交換、Cドライブを約500GBに設定しパソコンは無事に修理完了です。
その後、Windowsアップデートなどの作業を行います。

同時進行していたデータ復旧ですが、こちらも問題なく完了、あとは、復旧データを元の場所に復元して作業完了です。


電源は入るが画面が真っ暗 富士通AH45/M 柏市からお持込
電源は入るが画面が真っ暗という富士通AH45/Mの修理お持込が遥々千葉県の柏市から。
以前、息子さんが、パソコンの修理で弊社をご利用頂いた事がご縁で遠路遥々ご来店されました。

出来れば持ち帰りたいとのご要望ですが、詳しく検査をしなければご要望にお応え出来ません。

お待ち頂く間、ご友人が水戸市にお住まいなので暫く時間を過ごされるという事です。

早速修理を開始します。

まずは、基本通りメモリーチェックから。
メモリーを交換すると、何も映らなかったメーカーロゴが現れた。
メモリー故障が原因で間違いないようです。が...。

残念、Windowsが立ち上がりません。

どうやら、ファイルシステムに異常がありOSが上がってこないようです。

OSの修復作業に約3時間、今度は大丈夫、問題なく元通りに起動が出来ました。

その他、気付いた点ですが、螺子抜けが3本、何もしていないのに螺子が抜けてしまい無くなってしまっています。
最も重要な、液晶パネルのヒンジを固定している螺子が無い、この部分の螺子が取れてしまうと、液晶部分が破損してしまい、パネルを閉じる事が出来なくなってしまいます。
運良く、最悪の状態になる前だったので不足螺子を付けて補強が出来ました。

夕方にはご要望通りお持ち帰り頂けました。
ハードディスクから異音 富士通AH/45M
電源を入れると「カッチンカッチン」と音がして起動が出来ない富士通AH/45Mの修理依頼が水戸市の個人様から。
購入した家電量販店にお持込をされ、併設されているパソコン修理会社で見積りをしてもらったそうですが、あまりの高額な修理費用だったため弊社にご相談がありました。

「カッチンカッチン」とハードディスクから異音が発生しているのでハードディスクの故障で間違いありません。

メーカー修理なら、6万円ほどの費用がかかってしまいますが、某パソコン修理会社の見積り額は税込47.520円、確かにメーカー修理と比較すると割安ですが、その内容にビックリです。

P1020997.JPG
メーカー修理費用を基準に料金設定しているのだろうが、驚くべきはハードディスクを中古の東芝のMK6461GS...に交換する部分だ。
故障多発の東芝MK、しかも中古品とは...、部品代8000円はメーカーの場合のハードディスク価格は35000円前後りは安いのだが、消耗品のハードディスクに中古品を使うというのはいかがなものだろう...。
仮にハードディスク代を35000円で計算するとメーカー修理代金よりも高額になってしまうのだ。
パソコン購入時にこの某パソコン修理会社で初期セットアップをしてもらったそうですが、その時に、リカバリーディスクを作成していたのにお客様には説明されていない、使用目的を説明していないのか、リカバリーディスクは未作成との事だった。

リカバリーディスク無しで修理を受け付けし、弊社所有の物を使用して修理作業は問題なく終了したのだが、Office2013の認証をするために付属品全部を持ち頂いたら、しっかりとリカバリーディスクが作成された物があった。
作成代金だけ取って、使用目的は何も説明していないのか、お客様が理解出来なかったのか...。

弊社の修理費用は、某パソコン修理会社の半額以下、しかもハードディスクは新品、さらに、元々750GBだった物を1TBと容量も大きくなりました。

購入して1年半ほどだそうですが、こんなに早く壊れるなんて、もう富士通のパソコンは絶対に買わないとおっしゃっていました。
が...、壊れたハードディスクは富士通製ではありません。
どうやら、お客様のパソコンに対する認識が間違っている可能性があります。

ノートパソコンは、持ち運びする事は出来ますが、パソコンを起動した状態では絶対に動かしてはいけないのです。
特に、ハードディスクは繊細なため、僅かな衝撃でも壊れてしまう事があるのです。
パソコンの扱いが乱暴だったのではないだろうかと推測されます。

例えば、HDDナビ、衝撃に弱いハードディスクが使われていますが、ハードディスク自体は大きなスポンジなどで包まれており、直接衝撃が伝わらない構造になっています。

パソコンとは繊細な精密機械です。
取扱いは丁寧に、使用しない時には必ずシャットダウンするなど大切に使用するようにしてください。

定期的に内部のクリーニングをする事も大切です。

正常起動するも画面が真っ暗 NEC LL550HJ1K 福井県から
P1020982.JPG
正常起動はしているが画面は真っ暗、よく見てみると薄らとアイコンが見えるというNEC LL550HJ1Kの修理依頼が福井県から。

バックライトの不良ではとお見積りをさせて頂いたのだが...。
故障個所はインバーター基盤だった。

テスト用バックライトをつけてみるが点灯せず。

P1020985.JPG
ここでバックライトが点かなければインバーター基盤故障の可能性が高い。
インバーター基盤を交換して再度バックライト点灯テストを行います。

P1020987.JPG
今度は大丈夫、暫く点けたままにしてチラつきがないかを確認します。
これも大丈夫、明るさの変化はありません。

インバーター基盤が壊れる原因の一つとして、バックライト不良も考えられるが、LG製パネルが使われているので大丈夫だろう。
SAMUSUNG製が使われていればバックライトの検査が必要です。

P1020989.JPG
画面の明るさも問題なし、数時間の動作テストも問題ありません。
パソコンが熱くなるのが気になったため、内部を分解してかくにんします。

P1020983.JPG
こんなに汚れていました。

更なる故障を防ぐために綺麗にクリーニングを行いました。
また、BIOSチェックが必要です。
BIOSは最新に更新済みだったためここで修理完了です。
HP Pavilion dv6 WG456AV 電源入るも画面真っ暗
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動出来ないHP Pavilion dv6 WG456AVの修理依頼は東京都の個人様から。
HP Pavilion dv6シリーズは種類が多いため、正確な型番はBIOS画面を見ないと確認が出来ないようです。
P1020990.JPG
HP Pavilion dv6でもAMD搭載パソコンに多い故障例です。

パソコンが壊れてしまった原因は、内部にゴミが溜まり、冷却不足がマザーボードを壊してしまいます。

パソコン内部の写真です。

P1020991.JPG
これだけ汚れていては正常な冷却が出来ないために壊れてしまっても仕方がありません。
マニュアルにはクリーニング方法などは記載されていないため、どうしようもないのかもしれませんが、パソコン内部が汚れるという認識さえ無い方が多いのではないだろうか...。

パソコンとは、発熱するため、冷やすために外気を吸い込んで冷却しています。
これは、水冷パソコンも同様です。

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活、データも設定も環境もそのままです。

この様な故障例があるパソコンの場合、ほとんどは最新BIOSが公開されており、BIOS更新をする事でファンコントロールを最適化している事が多いです。
このHP Pavilion dv6の同様、最新BIOSに更新します。

P1020993.JPG
BIOS更新後はファンの回転も速くなり、風量をアップしています。

たまにでいいので、お使いのパソコンの情報を確認されると故障を防ぐ事が出来るかもしれません。

定期的に内部のクリーニングをされる事をお勧めします。
パソコン修理&データ復旧 かなり古いNEC LL7006D
パソコンはNEC LL7006Dとかなり古いパソコンなのだが、長年使用していたパソコンのため、何とか修理をして使いたい、そして、保存データもあるのでデータ復旧もというご依頼です。

パソコン自体は、電源を入れるとブルースクリーンで起動が出来ないというハードディスクの故障です。
使用年数からもハードディスクが壊れていても仕方がないかもしれません。

通常は、古いパソコンの修理は断念をお勧めするのだが、高齢のお客様は、使い慣れたパソコンを修理して使いたいと望まれる場合が多いです。

新しいパソコンもお使いなのだが、どうしても使い慣れたパソコンが良いというのは当たり前の事かもしれません。

データ復旧については、ほぼ重要データは復旧成功、プログラムファイルの一部に破損があり復旧不能でしたが、この部分はつかわないため無視です。

P1020981.JPG
パソコンは問題なく復活、復旧データを元場所に戻し、256MBだったメモリーを512MBに増やして動作も速くなりました。
メモリー増設についてはサービスです。
18.4インチ 東芝Qosmio GXW/76GW 画面真っ暗
電源を入れると起動はしているようだが画面は真っ暗、液晶パネルの右下あたりから「ジジッジジッ」という異音が発生している。

懐中電灯で照らしてみると薄らと起動画面が確認出来るというバックライトが点かないという故障です。
18.4インチと大型液晶パネルが使われており、同等品を新品で購入するには大変な費用がかかってしまいます。
購入当時は30万円近くは出費されたのではないだろうか...。

P1020977.JPG
「ジジッジジッ」という異音は、バックライトに接続されているケーブルの断線が原因と思われるが、パネル内部が焼けてしまっている可能性が高く、焼けてしまった部分を削り取るなどの作業が必要になるかもしれません。
また、バックライト不良が原因でインバーター基盤が壊れてしまう事も多く、両方とも修理が必要になるかもしれません。

液晶パネルを分解すると、予測した通り、バックライトケーブルが焼けており、パネル内部も少し変色して焼けてしまっていた。

焼けてしまった部分は削り取り、一部をカットしてしまいます。

バックライト修理後は画面は復活出来ましたが、ログイン画面の後ブルースクリーンでOSの起動が出来ません。
電源のON、OFFを繰り返した事でOSに不具合が発生してしまったようです。

お客様にその旨をお伝えするとOSの修復は必要なしとのことなので修理はここまでで終了です。

P1020978.JPG

画面が真っ暗になるNEC LL750MG 中古パネルに交換されていた?
電源を入れると赤っぽい画面になり、その後真っ暗になってしまうというNEC LL750MGの修理依頼です。

このパソコン、約2年前に、購入し家電量販店に修理依頼をされ、液晶パネルとインバーター基盤の交換修理をされているそうです。

起動時に赤っぽい画面になるという事は、バックライト不良で間違いありません。
2年弱でバックライトが...、そんなはずはありません。

P1020966.JPG
液晶パネル部分を分解してみると、明らかに中古パネルに交換されており、しかも、分解歴あり、何か所かテープ貼りされている部分が切れていたのだ。
家電量販店からメーカーに送られて修理をしていると思うのだが、問題なのはその修理代、81000円以上の費用が請求されている。

P1020972.JPG
新品パネルを使っても、中古パネルを使っても修理代金が同じというのは納得がいかない。
ユーザー側では分解出来ないため、故障問題が解決出来れば良し!という事なのだろうか...。

バックライトを取り外してみると両端部分が真っ黒、明らかにバックライトの寿命だ。

おまけに、メクラカバー部分が取れて無くなっている。

P1020970.JPG
一旦外したメクラカバーは、粘着力が低下してしまうため、弊社の場合、両面テープを使って再取付をします。
この辺にも適当さを感じます。

バックライト修理後は綺麗な画面で復活です。

P1020971.JPG
白の部分より白くなったとお客様は大変にお喜びでした。

メーカー修理の2割以下の費用で修理が出来ています。
画面が真っ暗 NEC LL550MG 新潟県から
電源は入るが画面は真っ暗なまま、起動が出来ないというNEC LL550MGの修理依頼が新潟県から。
パソコン自体は、購入されてから7年程度は経過しているだろうが、保存データもあり、なかなか簡単には諦められないのがパソコンだ。
全く壊れる前の状態に復活出来るのなら、4.5万円ぐらいかけても何とかしたいと思う方は多いのではないでしょうか...。

このLL550MGの故障傾向から、やはり故障個所はマザーボードだろう。
ほとんどの場合、内部にゴミが溜まり、そのゴミが冷却を妨げてしまい冷却不足が原因で壊れてしまいます。
言い換えれば、壊してしまっている?、とも言い切れるかもしれません。

早速裏のカバーを取り外して確認します。

P1020946.JPG
P1020947.JPG
やはり想像通り、内部はゴミが詰まっておりかなり汚れています。
このLL550MGの場合、裏の螺子2本を外せば簡単に裏蓋が外せ、簡単に内部が見えてしまいます。
ファンを固定している螺子を3本外せば1枚目写真の状態となるため、比較的簡単に内部のお掃除が出来てしまう機種です。
この部分のお掃除を定期的に行う事でパソコンを壊してしまうという事は無かったのですが、ここまでの事はマニュアルにも記載されていないため仕方がないかもしれません。

壊れてしまってからはマザーボードの修理が必要となります。
(お掃除だけでは問題解決出来ません)

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活です。

P1020948.JPG
ここでもう一つ問題点が発覚。
BIOS更新がされていない。
冷却不足が原因で故障するパソコンの多くは、BIOS更新をする事でファンコントロールを最適化している事が多く、ファンの回転数を変更して冷却を強化しています。
必ず、メーカーサイトを確認する事が大切です。

パソコンを壊さないためには、ご自身のパソコンを定期的にメンテナンスするという事が大変に重要な事なのです。
パソコンの全ては多くの不具合を抱えて動いており、インターネットを通して簡単に修復出来るのもパソコンの特徴です。
フリーズして動かなくなる HPデスクトップパソコン 環境移行
頻繁にフリーズして動かなくなるというHPのデスクトップパソコンの修理依頼が笠間市の法人様から。
メーカーサポートに問い合わせをされたそうですが、HPの診断ツールでハードディスクに異常ありという結果だったそうです。
ハードディスクを検査すると不良セクタが大量にあり、交換が必要となりましたが...。
お仕事で使われている専用ソフトが大問題。
ハードディスクを交換してしまうと、当然、ソフト関連は再インストールが必要になります。
この専用ソフトをインストールするには、ソフト会社に依頼しなければいけないということらしい...。
その費用は8万円もかかってしまうという事から、現状ハードディスクを一旦修復して丸ごと新しいハードディスクに環境移行をしてしまいます。

ベストの方法としては、OSのクリーンインストールが一番なのだが、パソコン修理代の他に専用ソフトのインストールに8万円もかかってしまうのは大打撃、そこで、今回はハードディスクを丸ごと環境移行してしまいます。

故障ハードディスクなので運を天に任せて作業を開始します。
まずは、元ハードディスクの修復作業です。
修復作業に約3時間、新しいハードディスクに丸ごとコピー作業に約2時間、何とかエラーもなく作業は終了です。

ハードディスクを交換して電源ON、パソコンは元の状態で起動に成功、動作テストをするが問題なし、動きもかなり良くなり、これならこれまで通りにお使い頂けます。

大きな出費にならなくて良かったと大変にお喜びでした。

茨城県は、東日本大震災後の余震も多かったため、もしかするとハードディスク自体にも影響が出ているのかもしれません。
パソコンとは、とにかく繊細、小さな振動でも影響が出てしまうため、最低限、パソコンを使用しない時には電源を落とす癖をつけた方が良いかもしれません。

NEC LL730TG6R 画面が真っ暗 新潟県の個人様
電源が入り起動はしているのだが画面が真っ暗というNEC LL730TG6Rの修理依頼が新潟県の個人様から。
ネット検索で、同型、同症状で修理をした弊社の修理ブログ記事を見つけてお問合せがありました。
16インチパネルは絶対数がすくないため、なかなか入手が困難、あったにしてもかなりの高額になってしまいます。
メーカーさんは在庫があるのだろうが、修理費用は7万円ほど請求されるらしいです。

P1020935.JPG
薄らとアイコンが確認出来ます。

この様な症状の場合、バックライトかインバーター基盤、又は、両方不良という事になりますが、NECの場合、メイン基盤故障というケースも考えられるが、この機種はACアダプターが19V、15Vタイプとは違うため、メイン基盤の故障する確率はかなり低いと思われます。
16インチパネルが使われているため、一番疑わしいのはバックライトだろう...。
テスト用バックライトを接続して点灯テストを行います。

P1020937.JPG
チラつきも無く、安定して点灯しているため、インバーター基盤は大丈夫、バックライトの修理だけでいけそうなので修理費用も安価になります。

P1020939.JPG
バックライト修理後は元通り、明るさ、発色良好、明るさの斑もありません。

パソコン内部もかなり汚れてそうなので確認します。

P1020940.JPG
かなり汚れていたので綺麗にクリーニングをして修理完了です。
東芝Qosmio G40/97D PCI Express error 静岡県から
電源を入れると「Qosmio」ロゴの後「PCI Express error」と表示が出て起動が出来ない東芝Qosmio G40/97Dの修理依頼が静岡県の個人様から。

P1020889.JPG
もう1年以上ももこのまま所有されていたとの事...。
メーカーに修理を依頼するとかなりの費用がかかるため、修理はほとんど断念されていたそうです。

故障個所はマザーボード(メインボードともいう)で間違いありません。
東芝Qosmio G40に多い故障例です。

マザーボード修理後は元通りに復活です。

P1020890.JPG
ログインパスワードは、1年以上も放置状態だったために失念されてしまったらしいです。
思い当たるパスで何とかログインしてもらいます。
HP Pavilion dv6 WV808AV 画面が真っ暗
P1020891.JPG
電源が入り、起動しているようだが画面は真っ暗なまま表示されないというHP Pavilion dv6 WV808AVの修理依頼が東京都の個人様から。

HP Pavilion dv6シリーズは種類が多く、正式型番はWV808AVとなります。
dv6 z-3100でも製品詳細が検索可能です。
HPのパソコンの場合、正式型番をご確認のうえお問合せください。
「・・・・・AV」というような型番が記載されているか、BIOS画面で確認してください。

メモリー、CPUは異常なし。
今回の故障個所はマザーボードでした。
壊れた原因は、パソコン内部の溜まったゴミが、正常な冷却を妨げるため、冷却不足で故障してしまいます。
故障してしまってから内部のお掃除をしても時すでに遅し!、修理が必要となります。

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活です。
若干、ファイルシステムに不具合があったので修復作業を行い、最新BIOSの確認をします。
最新BIOSはF26、F23から更新作業を実行します。

更新前と比べるとファンの回転がかなり上がったようです。
若干煩くはなりますが、故障を防ぐためにはBIOS更新が必要です。

あまり認識されていないようですが、更新プログラムの中に最新BIOSがある場合は必ず更新するようにしてください。
Windowsアップデートの他に、パソコン個体のアップデートがあるのです。
プログラム関連の不具合修正だったり、ドライバー関連の不具合修正だったりと重要な項目が含まれていることがあります。
富士通だったら「アップデートナビ」、SONYは「VAIO Cere」などなど...。

今回お預かりしたHP Pavilion dv6 WV808AVもBIOS更新をしておけば壊れなかったかもしれません。
SONY SVE14139CJP 画面がにじむ
P1020897.JPG
画面がにじんだようになり正常に表示されないSONY SVE14139CJPの修理依頼です。
購入してまだ2年との事、当たり外れもあるので仕方がないのだろうか...。
写真では分かり難いが、一部を拡大撮影するとよく分かるかもしれません。

P1020898.JPG
今回は、液晶パネルを交換して修理を行います。
在庫があったので当日修理で対応させて頂きました。
画面が真っ暗 NEC LL550TG マザーボード、バックライト修理
電源は正常にはいり正常起動が出来ているようだが、画面は真っ暗、懐中電灯で照らすと薄らと起動画面が見えるというNEC LL550TGの修理依頼です。

早速診断を開始します。

バックライトが点かない場合、まずは、バックライト不良が疑われます。

液晶パネル部分を分解し、テスト用バックライトで点灯テストをします。
が...、全く点灯せず。
インバーター基盤も交換してテストをテストをするが全く症状変わらず。
このような場合、マザーボードの故障で間違いありません。
NECのノートパソコンの中で、ACアダプターの電圧が15Vモデルで同様の故障例が割と多く、マザーボードからバックライトを点灯させるための電圧供給が出来なくなることがあります。
この機種のマザーボード故障場合、バッテリー稼働では問題なく画面が表示されるが、ACアダプターを接続すると画面が点かないという症例があります。

マザーボード修理後、テスト用バックライトで点灯テストをすると、今度は問題なくバックライトが点灯、これで修理完了と思ったのだが、時折バックライトが消える事が発覚、どうやら、他にも問題がありそうです。
事前のお問合せ時に、当日修理可能と返答させて頂いたが、少しお時間を頂き、すべての問題を解決する必要ありという事から、お時間を少しいただきました。

バックライトが時折消えるという問題は、インバーター基盤の交換で問題解決ですが、インバーター基盤が不安定になる場合、バックライト不良に起因する事が多いため、念のためにバックライトの検査をおこないます。

液晶パネルを分解し、バックライトを検査すると、想像通り、バックライトのケーブルが細くなって切れる寸前です。
軽く引っ張ると「ポロッ」と簡単に取れてしまった。
バックライトの修理も終わり動作テストをするが、画面にちらつきも無し、明るさ、発色も良好です。
マザーボード、インバーター基盤の修理で留めていたのなら、暫くしてバックライト不良で再度修理が必要になった今回の修理だったが、不安の残る部分は全部修理が出来たので良かったと思います。
メーカー修理なら、マザーボード、液晶パネル、インバーター基盤の交換修理で10万円以上かかる今回の修理だったと思います。
弊社の場合はメーカー修理の約2割の修理費用でした。
電源は入るが画面が出ない HP Pavilion dv2700 GX344AV
P1020858.JPG
電源は入るが、画面は真っ暗なまま起動が出来ないというHP Pavilion dv2000シリーズのdv2700の修理依頼が長崎県から。

詳しくお話しをお聞きすると、マザーボードが壊れて全く同じ症状になってしまっため、ヤフオクでBIOS表示確認という中古媒体を購入されたとか...。
ハードディスク、メモリーを移設して起動させるも全く症状は変わらずという経緯だそうです。
前の媒体をそのまま修理依頼して頂ければ修理も出来たのだが、そのパソコンは処分してしまい、現在は手元には無いとの事...。

早速診断開始です。

重大な問題はすぐに発見、メモリーの刺し方は間違っており、メモリーを指し直すだけで画面が真っ暗という問題は解決出来てしまった。が...。
OSが起動出来ないという別問題が発覚です。
検査をするとハードディスクの故障と断定、ハードディスクを交換してOSのインストールが必要です。
お客様に診断結果をお伝えすると、ハードディスクを交換して修理続行とのご了解を頂いたのでそのまま修理を進めていきます。
保存データについては復旧の必要なしという事です。

GX344AVのtリカバリーディスクを使用してリカバリー作業開始、その後、BIOS更新を行います。
HPのPavilion dvシリーズの中には、必ずBIOS更新をする必要がある機種があり、ほとんどはファンコントロール部分が変更されているようです。
このBIOS更新をしなければパソコンが壊れてしまう場合があるので、必ずチェックが必要です。

P1020862.JPG

頻繁にフリーズする NEC LL750F21SR  HDD故障
パソコン使用中に頻繁にフリーズして動かなくなるというNEC LL750F21SRの修理依頼です。
早速診断すると、確かに動きが遅く、起動してからもなかなか思うように動いてくれません。

症状から、一番疑わしいのはハードディスクだろう。
ハードディスクを取り外して検査をすると思った通り、東芝製のハードディスクが使われておりCristalDiskでも「注意」と表示されています。

750as.jpg
お客様のご希望は、出来るだけサクサクと、快適に動くパソコンにしたいといいう事なので、リカバリーディスクを使わない、最小限構成でOSのインストールを行い、必要なデバイスドライバーは個別にインストールするという方法を取りました。

修理後のパソコンは、必要最小限構成のために動きも快適、お客様にもご満足いただけました。
NEC LL750/A 画面が真っ暗
P1020871.JPG
正常に起動は出来ているのだが、画面が真っ暗なまま、しかし、薄らと起動画面が確認出来るというNEC LL750AS1YBの修理依頼です。
型番の最後にYBとつくのでヤマダ電機モデルだろうか...。

バックライトが点灯しない場合にこのような症状が現れ、バックライト不良、もしくは、インバーター基盤不良、又は、両方とも不良という事がほとんどです。
早速、液晶部分を分解してみると、一番先に目に飛び込んできたのがインバーター基盤の故障だ。
P1020877.JPG
赤枠部分が焼けてしまっているのが確認出来ます。
インバーター基盤が壊れる原因としては、バックライト不良です。
インバーター基盤を交換して動作テストをすると綺麗な画面で表示出来るようにはなりましたが、時折画面がちらつきます。
どうやら、バックライト不良が原因でインバーター基盤が壊れてしまったようです。

バックライトの修理も終わり動作テストを行います。
今度は、画面のちらつきもなく綺麗で明るい画面で表示出来るようになりました。
P1020878.JPG

内部のクリーニング、底カバーについているはずのゴムが取れていたため取り付けます。
このゴムが取れてしまうとテーブルに傷を付けてしまいます。
P1020875.JPGP1020876.JPG
このゴムについてはあまり物を付けたので無料(サービス)です。
Operating System Not Found SONY VGC-LN70DB 滋賀県から
P1020868.JPG
Operating System Not Foundとメッセージが出て起動が出来ないSNOY VGC-LN70DBの修理とデータ復旧依頼が滋賀県の個人様から。

P1020867.JPG
BIOSを確認するとハードディスクが認識されていない。

お客様のご要望は、保存データの復旧だが、この状態だとデータ復旧料金もそれなりにかかってしまいます。
相場としては20万円?40万円ぐらいになるのだろうが、弊社の場合は最大かかっても75000円です。

当初は、パソコンの修理はされないという事だったのだが、後日、修理もするとした場合どの位の費用がかかるかというお問合せがあり、お見積りをすると、同時に修理もということとなりました。
メーカー修理の場合5.6万円が相場ですから、高額費用がかかるならと修理は断念されていたそうです。

リカバリーディスクは未作成、最悪は、リカバリーディスクを使用しない修理になってしまい、地デジのテレビが見れなくなる可能性があります。

弊社所有のリカバリーディスクの中に該当機種用は在庫無し。
幸、同系機種のリカバリーディスクで対応出来たため、購入時の通りに修理が完了できました。

P1020879.JPG
Windowsアップデート、VAIOアップデートをして修理は完了です。

データ復旧については重度物理障害のため、現在作業中、結果が出るまでにはもう少し時間がかかりそうです。
パナソニック製パソコンのバッテリーリコール
昨年5月28日にパナソニック製パソコン「レッツノートの一部の機種のバッテリーに不具合がありリコールを発表し、さらに11月13日に対象を拡大し2回目のリコールを発表しましたが、その対応につきパナソニックからご協力のお願いがありました。
お客様に被害が出る可能性がある事から、弊社といたしましても協力して参りたく、皆様にお願い申し上げる次第です。
パナソニックによりますと、様々な媒体・手段を用いて法人・個人のお客様や販売関連会社に広く告知し回収に努めておりますが、対象が208.976個と多く、以前として多くのバッテリーが市場に残っている状況です。
残存バッテリーを一刻も早く回収しなければいけないと考えております。
パナソニックも2月からさらに取組を強化し。WEBサイトへの広告、名簿把握出来ているお客様への電話ローラー、日本全国の全所帯あてにハガキを投函するなど、様々な手段を用いて全力を挙げ回収加速に取り組むと考えております。
...。
パナソニック株式会社 バッテリー対応センター TEL:0120-872-256
内容:レッツノート バッテリーパックリコールのご案内と交換回収ご協力のお願い

事故防止のため、株式会社JaMtekでも案内させていただきました。
富士通AH56/M ハードディスク故障 大至急修理
ひたちなか市の法人様から、ハードディスクが壊れたようだが、データを復旧して大至急修理をしてほしいというご要望です。

ハードディスク故障はメーカーサポートに問合せして、診断ツールで検査をしたところ判明したとの事。
購入した家電量販店に併設されているパソコン修理会社に相談されたそうですが、パソコンの修理に約60000円、データ復旧に35000円、合計で100000円近くの費用がかかってしまい、修理完了までには約2週間の日数がかかるという事でした。

それにしても、パソコンというのは簡単に壊れてしまうものですね。
購入して約1年とちょっと、OSは最新のWndows9(8.1)です。

リカバリーディスクは未作成、このリカバリーディスクを作成するという概念が無いようです。

まずは、ハードディスクの診断から作業開始です。

CrystalDiskinfoで検査をしたが起動せず、かなり状態は悪そうです。

パソコン修理とデータ復旧作業は同時に作業を行います。

パソコンは、動作を速くというご要望があったため、256GBのSSDに交換します。
これで動作は速くなり、衝撃にも強いパソコンへと生まれ変わります。

データ復旧は、約12時間の作業で何とか復旧に成功ですが、若干、破損ファイルが検出されました。
ランダム検証の結果、約2%の破損ファイルがあり開く事ができませんでした。

パソコンは修理が終わり、復旧データを元場所に戻し、メール設定、Office2013のインストール、Windowsアップデート、アップデートナビでパソコン個体の更新作業、パソコンをお渡し後の作業は出来るだけ少なくなるように作業を行います。

パソコンお預かりの翌日にはお引取頂けました。

こんなに早く、こんなに安く修理が出来るなんてと大変にお喜びでした。

Operating System not found NEC VN370CS1JW 大阪から
約2年ほど前にハードディスクの交換修理をさせて頂いた大阪のお客様から、「Operating System not found」とメッセージが出て起動が出来なくなってしまったとご相談がありました。
前回も同様のメッセージが出ていたので、またハードディスクが壊れてしまったのではないかと心配されていました。
今回は、修理に高額費用がかかるなら最悪存データだけは何とかして復旧して欲しいというご要望です。

故障の経緯ですが、ブラウザがフリーズして立ち上がらなくなってしまったため、Shift+Alt+Deleteでシャットダウンしたそうですが、その後、「Operating System not found」とメッセージが出て起動が出来なくなってしまったという事らしいです。

ハードディスクを取り外して検査をしてみると問題なく認識され、不良セクタも検出されません。
どうやら、ファイルシステムが破損してしまったため、OSが見つからないという「Operating System not found」というメッセージが現れたようだ。

ファイルシステムの修復作業に約8時間、パソコンは元通りに状態で問題なく起動に成功です。
P1020841.JPG
パソコン自体は問題なく使用出来るようにはなったのだが、バックライトがかなり劣化しているようです。
上の方がかなり暗くなっており、時折明るくなったりします。

パソコンの修理はほとんど諦めていたご様子だったので、今回は、バックライトの修理は行いません。
この状態で保存データのバックアップを行って頂き、残りわずかな時間にはなると思いますが、このままの状態で使われるという事です。
海外モデル SONY VGN-AR320E 画面にライン抜け
P1020838.JPG
画面に複数のライン抜けが発生してしまったSONY VGN-AR320Eの修理依頼です。
東京で複数のパソコン修理会社にお問合せをされたそうですが、海外モデルという理由で修理を受け付けてもらえなかったらしいです。

約2年前に、弊社でグラフィックス不良で修理をさせて頂いたお客様だったのですが、お電話でお問合せがあり、液晶パネルの故障と想定しお見積りをさせて頂きました。

海外モデルなのに修理が出来るの?と、疑問に思われたようですが、日本向けも海外向けもパソコン内部の構造、使われている部品はほとんど同じです。
海外モデルを理由に修理が出来ないということはないのだ。

出来る限り安価に修理をするため、弊社在庫の中古パネルでも動作テストはしてみたのだが、若干傷があったり、少しバックライトが暗くなったりと品質の良い物がありませんでした。
今回は新品パネルに交換です。
P1020839.JPG
白が際立ち、明るく綺麗なパソコンに復活です。

後日、お客様からお礼のお電話が...。

「修理を諦めていたのだが、本当に直って良かった、画面は明るくて綺麗です。」

有難いお言葉です。
起動しているが画面は真っ暗 DELL XPS M1730
P1020844.JPG
電源を入れるとOSに起動音もするのだが、画面は真っ暗なままで画面表示されないDELL XPS M1730の修理依頼が宮城県から。

OSの起動音がして画面が真っ暗という場合は、バックライト不良が考えられるのだが、薄らとも画面は映っていない。
外部モニターに表示させると問題なく起動画面が映る、しかし、デバイスマネージャーでディスプレィアダプタを確認すると2つあるデバイスの内ひとつが死んでいるようです。

P1020847.JPG
このDELL XPS M1730には、二つのビデオチップが搭載されており、SLI構成という高性能パソコンです。
ビデオカード自体も、デスクトップパソコン用ビデオカードを同じぐらいに大きく、重量もかなりの物です。

ビデオカードの故障で間違いなさそうです。

ビデオカードを取り外して分解してみると、中身はゴミだらけ、大量の綿埃が蓄積されていました。
P1020851.JPG
これだけ汚れていれば壊れても仕方がないかもしれません。

P1020853.JPG
ビデオカード修理後は元通りに復活です。

このDELL XPS M1730は必ず最新BIOSへの更新をされる事をおすすめします。
ファンコントーロール部分でかなり改善されているようです。
最新BIOSはA11です。

バッテリーが故障しているとBIOS更新は出来ません。
東芝 Dynabook T554/56KR 液晶割れ交換修理
P1020833.JPG
まだ購入したばかりらしいのですが、液晶パネルが割れてしまった東芝Dynabook T554/56KRの修理依頼です。

購入された家電量販店に相談されたようですが、修理代が70000円?90000円ぐらいかかり、修理にかかる時間も2週間程度は覚悟した方が良いでしょうという返答だったらしい。

まるで、新しいパソコンに買い替えた方が得だと言わんばかりに...。

そこで、ネット検索で弊社を発見されお問合せがあったという事です。

事前に見積り額で「そんなに安く直るの?」と疑問の思われたようですが、修理作業代金、部品代を含めた見積り額に驚かれたようです。

パネルが割れてしまった経緯を知っておかなければ、また、同じ故障を発生させてしまいます。

お客様へのアドバイスをする時に壊した事例も大変に重要な情報なので、弊社ではその壊した原因についても伺っています。

今回は、リュックにパソコンを入れたまま、椅子に座り、背もたれ部分で圧がかかり割れてしまったのだろうという事でした。

最近使用されているパネルは、大きな15.6インチパネルでも厚みが約2mm、パネルのトップカバー自体も薄く、柔らかくなっているために簡単にパネルが割れてしまうのです。

パソコンの取り扱いは丁寧にお願いします。
画面が真っ暗 NEC-LL750BS6W 愛知県から
電源を入れると起動はしているようだが画面が真っ暗というNEC LL750BS6Wの修理依頼が愛知県の個人様から。
弊社修理ブログの過去修理事例に同型、同症状があったのでというお問合せがありました。

P1020834.JPG
懐中電灯で照らすと薄らとログインアイコンが確認出来ます。
NEC、東芝製16インチモデルに多い故障例です。

インバーター基盤の故障も考えられますがほぼ間違いなくバックライトに修理は必要です。

液晶パネルを分解作業中、ケーブルが「ポロッ」と取れてしまった。

P1020835.JPG
簡単に取れてしまったのは赤い方のケーブルだが、物は試し、青い方も軽く引っ張ってみた。
すると、青い方も簡単に取れてしまった。
半田付けが悪いのか、使用している半田のが悪いのか、元々の組み込みが悪いのか、その辺の事が詳しくは解りません。

同様の故障は各メーカーそれぞれにあるのだが、どうもSAMUSUNG静パネルはケーブルが断線するという故障が多いように思います。

バックライト自体は、両端が黒くなっていす事もなく綺麗な状態なので、今回は交換不要、ケーブルの再接続修理を行います。

P1020836.JPG
修理後は綺麗な画面に復活です。

写真はあまり綺麗の取れなかったのですが、かなり画質も落としているので仕方がありません。


画面が真っ暗 富士通NF/E40 水戸市内から
電源を入れると電源ランプは点灯するも画面が真っ暗、全く起動が出来ないという富士通NF/E40の修理依頼が水戸市内から。
最悪はデータの復旧をご希望です。

この症状、富士通のNF/E30,E40,G30,G40に多発している故障例です。

購入されて5年間、これまでには何の問題も無かったという事だが、元々、冷却構造が悪いため、修理をしても短いスパンで再発する事があるために、現在では修理をお断りしています。
全く同じように修理はしているのですが、半年、1年、2年、3年、場合によっては壊れずに使えているケースのあるのですが、冷却を強化する方法がほとんど無い事から問題の多いパソコンです。

弊社の場合、冷却ファンの空気漏れを無くすためにアルミテープで目張りをしていますが、それほど有効ではない気がします。

P1020827.JPG
修理後は元通りに復活出来ましたが...。
検査をすると不具合多数、ハードディスクのファイルシステム修復、アップデートナビで最新のドライバー、プログラムをインストールなどなど...。

まだまだ問題が...。

P1020824.JPG
Windowsアップデートが停止状態に...。
ここでWindowsアップデートを有効に変更します。

P1020824.JPG
P1020825.JPG
これまでWindowsアップデートが行われていなかったためにたくさんのアップデートを実行。
これで修理完了です。

マザーボードの修理に約2時間、その後の作業で約7時間という修理になりました。
東芝Qosmio WXW79GW 画面表示不良
画面に表示不良という東芝Qosmio WXW79GWの修理依頼が東京都の個人様から。

P1020813.JPG

一見、液晶位ユニットの故障のようにも見えますが、ライン抜けは時間とともに変化するため、液晶ユニットの故障は考えにくい、やはりビデオカードの故障で間違いなさそうです。

このモデルは、ビデオチップがマザーボードに直接付いているタイプではなく、ビデオカード自体が単体で取り外せる構造になっています。

早速分解して修理開始です。

パソコンの分解そのものはそれほど難しくはない、しかし、それは私の判断なので、パソコンの分解経験の無い方にはなかなか難しいと思います。

液晶ユニット部分を取り外し、上ケースを取り外せばビデオカードが見えてきます。

修理後は元通りに...。

P1020820.JPG
検査の結果、タッチパットが動かない問題を発見、お客様にご連絡すると故障前からの症状だが、マウスを使用しているために修理は不要とのお返事を頂いたので、この部分については未修理です。

一通りのメンテナンス、動作テストを数時間行い修理完了です。

見た目もカッコイイですね...。

P1020821.JPG

HDD故障 富士通FH56/HD データ復旧 パソコン修理
起動が出来なくなってっしまった富士通モニター一体型パソコン FH56/HDのデータ復旧&パソコン修理のご依頼です。

電源を入れると「トラブル解決ナビ」が立ち上がり、暫くすると画面が開きますがOSは起動出来ずという症状です。

P1020812.JPG
診断ツールを起動して検査をすると

P1020810.JPG
ハードディスクに機械的トラブル...のメッセージが...。

保存されているデータも重要という事から、データ復旧&パソコン修理というご要望です。
使われているハードディスクはSeagate製2TB、このSeagate製ハードディスクも何かと故障が目立ちます。
最近に修理例では、このSeagate製が使われているパソコン故障が多いように思います。
パソコンの当たり外れのほとんどはハードディスクの問題かもしれません。

データ復旧とパソコン修理作業を別作業で平行して行います。

P1020822.JPG
修理後は購入時の状態にパソコンを復活させ、復旧データを元のディレクトリに戻し、必要なソフトウェアをインストールします。
同時にご依頼のあったMS Office2010のインストール&認証、Windowsアップデート、アップデートナビを使って最新状態まで作業を行ないます。

パソコンの動きも速くなり、お客様は大変にお喜びでした。

画面が6分割 GIGABYTE W566N
P1020789.JPG
画面が6分割に表示されるというGIGABYTE W566Nの修理依頼です。
弊社の修理実績の中に同型、同症状で修理しているのを発見され修理依頼がやってきました。

NVIDIAモデルの故障原因のほとんどは内部の汚れによる冷却不足だ。
今回の場合も例外ではなく、内部はかなり汚れていました。

P1020790.JPG

これだけ汚れていれば故障しても仕方がないかもしれません。

みなさん、他人事ではありませんよ、修理依頼にやってくるパソコン内部はこの写真と同じ様に汚れているのです。
定期的に内部のクリーニングが必要ですね。

マザーボード修理後は元通りに復活です。

P1020794.JPG

バックライトが点かない NEC LL750WG6R 福岡県から
P1020798.JPG
電源を入れると問題なく起動出来ていおるのだが、画面は真っ暗なまま、よく見ると薄らと起動画面が確認出来るNEC LL750WG6Rの修理依頼が福岡県から。

NEC、東芝製 16インチモデルに多い故障例です。

前回修理をしたパソコンの場合、パネル内部が焼けており、修理にはかなり苦労をしてしまったのだが、今回の場合はどうだろうか...。

液晶パネルを分解してみたが、状態はそれほど悪くない、これなら修理も早く、作業はあまり難しくありません。

約2時間の作業で問題なく完了です。

P1020799.JPG

電源入るも画面が映らない NEC LL730TG 最悪データ復旧
電源が入り起動しているようだが画面は全く映らず、起動が出来ないNEC LL730TGの修理依頼です。
修理費用が高額、又は、修理不能という場合はデータ復旧をとのご要望です。

メーカーサポートに問い合わせをされたそうですが、故障はCPUかマザーボード、修理費用は50000円?60000円という返答だったらしいです。

この様な症状の場合、メモリー故障も想定出来るのだが、故障傾向でもあるのだろうか、マザーボードかCPUと言い切ったらしいです。
CPU?、全くの0ではないが、ほぼ故障はないだろう。

まずは、メモリーの検査から作業を開始します。

メモリーは異常無し、まさかと思ったのだがCPUを交換してみたら見事に復活、メーカーさんの予想通りCPUの故障だったのだ。

もしかすると、このLL730TGに使われているCPUに故障が多く発生しているのかもしれませんね。
CPUについてですが、製造ロッドで故障が多発している場合があるようです。

修理後のNEC LL730TG

P1020807.JPG

スタートアップ修復の繰り返し NEC VN770VG6R データ復旧も
スタートアップ修復を繰り返し起動が出来ないNEC VN770VG6Rのパソコン修理&データ復旧のご依頼です。
この様な症状の場合、ほとんどはハードディスクの故障というケースが多いのだが、メーカーサポートに問い合わせるとリカバリーが必要などと案内されるらしい。
簡単にリカバリーをしてしまうと保存データはすべて失ってしまうため注意が必要です。
リカバリーをしてしまったパソコンからのデータ復旧依頼も意外に多いのです。

根本的には、ハードディスクを新しい物に交換しなけれがまた同じ症状で再発しているケースが多いようです。
今回のハードディスクを検査するとやはり故障で間違いありません。
010910.jpg
ドライブを使用するには「ディスクのフォーマット」が必要というメッセージも出てきます。
お客様は、リカバリーディスク未作成、弊社にも当該機種のリカバリーディスクは無かったため、現状から作り出す必要があります。
その前に、データの復旧作業を行いますが、かなりのデータ量があるらしく、お預かりするお時間がかかってしまいます。
データ復旧作業開始から約1日半、ユーザーアカウントデータ約600GBの復旧に成功です。

現状、このままではリカバリーが起動しないため、一旦ローカルディスクCをフォーマット、その後リカバリー作業を開始し、一旦は通常起動が出来るようにします。
リカバリー作業が終わったら、リカバリーディスク作成ツールを起動してディスクを作成します。
NECの場合、Cドライブに必要なデバイスドライバー、インストール済みアプリケーションが保存されているため、リカバリーディスク無しでも問題ないのだが、パソコンに疎いお客様にはやはり購入時通りに修理をするのが最適だろう。

弊社のおすすめとしては、リカバリーディスクを使用せず、常駐ソフトを出来るだけ少なくしての修理がおすすめです。

P1020763.JPG
ご要望だったMS Outlookメールデータ、音楽データ、マイドキュメント、デスクトップ、マイピクチャーなどの復旧データを元場所に保存して修理完了です。
600GBのデータを戻す作業の十数時間を要しました。
弊社の場合、復旧データ量での料金変動はありません。
富士通 AH40/M 液晶割れ交換修理 
P1020737.JPG
お正月で実家に帰省中の娘さんのパソコンらしいのですが、今日の夕方には帰ってしまうため、液晶パネル修理後、宅配便で送ってほしいとのご要望です。

修理中のパソコンがあったため、2時間ほどお時間を頂ければ持って帰れますとご提案し、すぐに修理をしてお引取頂く事となりました。

使用されているパネルは15.6ンチLEDです。
在庫は、常時数種あるため、すぐに修理する事が可能です。

修理後、お約束にお時間でお引取頂きました。

P1020738.JPG

ハードディスク故障 SMARTエラー SONY VPCEB49FJ
P1020735.JPG
ハードディスクのSMART機能でハードディスクの故障メッセージの現れるSONY VPCEB49FJの修理依頼です。
保存データの復旧作業は必要なしとの事なので、ハードディスクを交換し、リカバリーをすれば購入時の状態に復活させる事は出来るのだが、お客様はリカバリーディスク未作成、SONYの場合、パソコンを購入すると、右下に吹き出しが出てリカバリーディスク作成を促しているのだが...。

リカバリーディスクは弊社所有の物を使用して修理を行います。
まずは、内部のお掃除から作業開始です。

ハードディスクを交換し、リカバリー作業、Windowsアップデート、VAIOアップデート、必要な作業は全て行い、お客様にお渡しした段階でなるべく面倒のないところまで作業をしてしまいます。
VAIOアップデートはなかりの項目があり、時間のかかりますが、アップデート項目のほとんどは不具合修正です。
この部分を更新しなければ不具合を残したままの修理となってしまいます。

P1020740.JPG
パソコンの不具合ですが、すべてのパソコンが完璧ではありません。
このアップデートを行わずに使用していると致命的な故障になる場合もあるので必ず更新が必要です。

メーカー修理の場合、ほとんどは購入時状態に修理になるため、Windowsアップデートなどの作業はご自身で行わなくてはいけません。

パソコン修理後は安心してお使い頂けるまで作業を行います。

P1020743.JPG

DCジャック破損 東芝 B452/H 日立市から
ACアダプターを接続するDCジャックは壊れてしまったという東芝Dynabook B452/Hの修理お持込が日立市の個人様から。

落下させていまったのが壊れた原因らしいのだが、壊れ方としては少し珍しいケース、中のピンだけが折れて取れてしまった状態です。

P1020746.JPG
DCジャック部分を取り外すとこの様な感じです。

P1020747.JPG
DCジャック部分だけ交換出来れば良いのだが、同形状のジャックは無し、ケーブルを含む一式交換となってしまいました。

運良く在庫があったので、夕方の持ち込みだったのですが、当日修理完了いたしました。
画面が一瞬点くがその後真っ暗 NEC LL750TG 神奈川県から
画面が一瞬点くがその後真っ暗というNEC LL750TGの修理依頼が神奈川県の個人様から。
一度、他者様に修理依頼をされたそうですが、部品入手が困難なために修理不能という結果だったらしいです。
電源を入れると一瞬画面が点灯するのだが、その後は真っ暗、薄らと起動画面が確認出来るという症状です。
画面に左側からは、何かが焼けたような異臭が発生しているという事でした。

P1020755.JPG
薄らと「Lavie」のロゴが確認出来ます。
使われているパネルはFulHD高解像度16インチバックライト2灯式CCFL液晶パネルです。

そこで、ネット検索で、弊社が交換している修理事例の中で同機種、同症状で修理したのを発見されお問合せがありました。

おと言わせの段階で、パネル内部がかなり焼けてしまっている事が想像でしましたが、これまでの修理経験上、パネルは交換しなくても何とかなるだろうと事前にお見積りさせて頂きました。

パソコンが届き、早速診断開始です。
お客様の言う通りに症状、若干異臭も確認出来ました。

液晶ユニットを分解してみると、中身は大変な事に...。
ケーブル自体が、左側3cmほど焼けており、ケーブルを含む周辺が炭のように真っ黒です。
パネル内部に炭が入らないように注意し、黒くなった部分を削り取るという作業を行います。
悪い部分を切ったり、削り取ったりと、思った以上の大手術になってしまいました。
焼けてしまったケーブルは長さを調整して交換、バックライト自体は問題ないため、そのまま使用します。

修理は無事に完了です。

P1020756.JPG
液晶パネル不良は交換してしまった方が作業も楽で簡単なのだが、バックライト不良は修理をした方が断然にお得です。

パソコン修理会社でもバックライト修理の出来ない業者が多いようですね。


NEC PC-LS150CS6R ハードディスク故障 データ復旧も
P1020741.JPG
「SMART機能でエラーが検出されました」というエラーメッセージが出て、ハードディスク故障のNEC LS150CS6Rのパソコン修理・データ復旧依頼です。

SMARTエラーでも、F1を押すと正常起動が出来る事も少なくないのだが、いくら待っても通常起動は出来ず、全く立ち上がる気配もありません。

使われていたハードディスクは320GB、これを500GBに交換、弊社所有のリカバリーディスクを使って修理を行います。

同時進行で、ご依頼の音楽データを中心にデータ復旧作業を行います。

パソコン修理、データ復旧も問題なく作業は終了、搭載メモリーが2GBだったので、余っていた1GBメモリーをサービスで追加させて頂きました。

動きはかなり良くなり、なかなか快適なパソコンに生まれ変わりました。

P1020742.JPG

富士通 AH53/M ブルースクリーンが上下に揺れる
パソコンを起動させるとすぐにブルースクリーン(青画面に白文字)となり、画面が上下に揺れるという富士通 AH53/Mの修理依頼です。
家族の写真など、重要データがたくさん保存されているので何としてもデータを消さずに修理をしたいというご要望です。

P1020725.JPG
検査の結果、メモリーの故障と判定、メモリー4GBを2枚、合計8GBを交換し、OSのエラー修復で元通り、データも設定も壊れる前の状態に修理完了です。
富士通 NF/E30 画面が真っ暗 2011年12月修理品再発
2011年の12月に一度修理をさせて頂いたお客様から、以前と同じような症状で画面が真っ暗なまっま起動が出来ないという修理依頼です。

P1020726.JPG

修理後3年、このモデルとしてはよくもってくれたという修理です。

富士通 NF/E30,E40,G30,G40については、現在、弊社では修理をお断りしております。
理由は、再発率が高いという結果からです。
延命目的でのみの修理受付となります。

今回のように3年も問題なく使用出来る事もありますが、半年、1年程度で再発する事が多いです。
原因は、設計段階の冷却構造の問題だと思います。
発熱の多いCPUなのに冷却ファンの風量が弱い、ヒートシンク部分が小さいなど...。

今回の場合、内部が少し汚れた事が原因でマザーボードが故障してしまったようです。

P1020727.JPG
ファンに綿埃が付着しています。
この冷却ファンですが、汚れが付着すると回転にブレが発生し、正常な回転数を出す事が出来ないため、風量低下につながります。
また、ファンのフィン(羽)の汚れが回転ブレを発生させ、回転軸を摩耗させてしまい、ファンから異音が発生したりと、様々な故障を誘発しています。
パソコン内部のクリーニングはそれほど重要なのです。

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活です。

P1020728.JPG

リカバリー不能 DELL Inspiron 14 N4050
ご自身でハードディスクを交換したがリカバリーが出来ないというDELL Inspiron14 N4050の修理お持込です。

このDELL Inspiron14 N4050は、ハードディスクの交換がとっても面倒、キーボード、上カバーを取り外さなければハードディスクが見えて来ないという構造になっています。
パソコンの分解に慣れない方が行うには少しリスクを伴う作業となります。
ハードディスクを交換したまではご立派でしたが、リカバリー問題は解決出来なかったようです。

P1020745.JPG
リカバリーディスクを作成されたまでは良いのだが、今現在入手可能なハードディスクではこのリカバリーディスクが使えないというケースが多いのです。

ハードディスクも日々進化しており、今現在入手出来るハードディスクのほとんどが4Kセクタの物です。
4Kセクタとは、ディスクに記録する最小記録単位で、従来の512セクタに比べて8最小記録単位が8倍になりました。

解りやすい説明をすると、リカバリーディスクとハードディスクの相性不良とも言い換える事が出来ると思います。

せっかく作成しておりたリカバリーディスクを使用してもリカバリー作業が出来ないという結果になります。

P1020744.JPG
写真の画質があまり良くありませんが、OSインストール後は無事にWindows7が起動、動きもなかなか快適です。
DELL Inspiron1546 電源入るも画面真っ暗 水戸市法人様
P1020707.JPG
DELL Inspiron 1546に多い故障例です。

故障の原因はパソコン内部に汚れが蓄積され、正常な冷却が出来なくなるため、発熱が原因でマザーボードが故障していまいます。

冷却ファンをとりはずしてみるとゴミが一杯でした。

P1020709.JPG
どうしてこのようにパソコン内部にゴミが蓄積されるのでしょう。

パソコンとは、発熱するために、外気を吸い込んで冷却を行っています。
その際、部屋が汚れていたりすると部屋中のゴミも吸い込んでしまいます。

お布団のある部屋などで使用していると、その影響は顕著に現れ、パソコン内部はゴミだらけになってしまいます。
また、ペットを飼われていたりする場合も同様で、ペットの毛がたくさん吸い込まれているのです。
どうやら、パソコン内部をお掃除したくてはいけないという認識を持たれていない方が多いようです。
パソコンを壊さないためのコツは、マメにシャットダウンする、パソコン内部をお掃除する、部屋を綺麗にする、パソコン使用中はできるだけタバコがわないなどの注意が必要です。

今回のDELL Inspiron1546はマザーボード修理で元通りに復活です。
最新BIOSが公開されtれいたので最新に更新しました。

最新BIOSでファンコントロールを変えてきている事が多いため、最新BIOSへの書き換えをお勧めします。
注意点としては、必ず電源を接続する、バッテリーを装着するなど、機種によってはバッテリーが故障しているとBIOS更新が出来ません。
DELLのほとんどは、バッテリー不良の場合BIOS更新がきません。
DELL DIMENSION 5150C OS起動不能 日立市から
P1020716.JPG
写真の画面のままOSが起動出来ないDELL  DIMENSION 5150Cの修理依頼が日立市からお持込です。
最近になって時々OSが正常に立ち上がらない時があり、電源を入れ直すと通常通りに起動出来ていたとの事でしたが、とうとう立ち上がらなくなってしまったという経緯らしいです。

最近になって...。

最近になって変わった事は、気温が下がった、暖房機を使用するようになっただろうか...。
このDELL DIMENSION 5150Cの故障傾向では、発熱が多いため、マザーボードの電解コンデンサ不良、電源ユニットの故障などが想定出来ますが、実際には現物を診断してみる必要があります。

現物を確認すると、思った通り、マザーボードの電解コンデンサー不良が目視で確認出来ます。
電解コンデンサー不良の場合、気温が下がるとマザーボードの供給されている電圧が不安定になり、OSが起動出来なかったり、動作が不安定になる事があります。
場合によっては、電源すら入らないこともあります。

P1020717.JPG
赤丸部分が不良電解コンデンサーです。
同じロッドのコンデンサーが他に3個使用されているため、同ロッドの物は全て新品(日本製)に交換です。

マザーボード修理後に起動すると問題なくOSは起動出来るのだが、電源のON,OFFを繰り返した事でOSに不具合が出ており修復作業が必要、すべての作業が終わると壊れる前の状態で復活です。



電源入るも画面は真っ暗 NEC LL550RG 水戸市から
電源は正常に入るが画面は真っ暗なまま、起動が出来ないNEC LL550RGの修理依頼が水戸市からお持込です。

P1020672.JPG
このLL550RGに多い故障例ですが、故障の原因は、内部の汚れが蓄積される事で冷却不足となり、発熱が原因でマザーボードが壊れてしまいます。
今回お預かりしたLL550RGも全く同じ原因で故障しています。
パソコンとは、定期的にメンテナンスが必要、OSのエラーチェック、最適化などはもちろんですが、内部のお掃除も大変に重要となります。
マザーボード修理後は元通り、OSもWindows8にアップグレードされているので修理を諦めるには勿体ないです。

P1020673.JPG

DELL Optipltx 9020 電源入らず マザーボード故障
パソコンを使用している時に何かが焼けたような匂いがした後、電源が入らなくなってしまったというDELL Optipltx 9020 の修理依頼が神奈川県から。

このDELL Optipltx 9020は、中古品として入手された物のようですが、システム用にSSDを増設、メモリーを増設、OSもWindows8からWindows7にとダウングレードされたというパソコンです。

マザーボード、又は、電源ユニットのどこかに焼けている所が目視で確認出来るはずなのだが見当たらず、焼けた電子部品の発見には至りませんでした。

電源ユニットも通常のATX規格の物とは違い、専用の物が使われています。

電源ユニットを検査するが問題なし、マザーボードの故障間違いありません。

こうなると、マザーボードの交換修理するしか方法がありませんが、中古入手のDELLパソコンの場合、元のユーザー情報が分からなければDELLでは理を受け付けません。
パソコンを分解する際に気になった点がひとつ、CPUファンの固定螺子4本が締まってなかった、CPUとCPUファンの密着が悪かったためにマザーボード全体が過熱して焼けたような匂いがしたのではないだろうか...。
パソコンによっても異なるのだが、通常は、CPUファンとの密着が悪い場合はすぐに電源が落ちてしまうのだが、このDELLに関しては電源が落ちずに動き続けてしまったのだろう。

今回の修理は、マザーボード、PCケース、CPUファン、DVDドライブを交換して見た目は別物に入れ替えて修理をしてしまいます。
CPU破損の恐れもあったので電源を入れる時には「ドキドキ」したのだが、問題なく起動成功、CPUは壊れていなかったようです。

大容量のメモリーとシステム用SSDが大きく貢献し、物凄く快適に動くパソコンに生まれ変わりました。

鹿嶋市から遥々お持込 NEC LL730TG
NEC LL730TGが、正常起動は出来るのだが、画面が真っ暗、時々は綺麗に映るという症状で遥々鹿嶋市からお持込修理依頼です。
鹿嶋市から水戸市までは車で約2時間ほどかかるだろうか...。

現物を診断してみるとお客様がおっしゃっていた症状通り、ライトを当てるとログイン画面が確認出来ます。

SAMUSUNG製16インチパネルに多い故障例で間違い無さそうです。

パネル部分を分解するとバックライトが1本タイプ、流通量が少ないものの何とか入手可能なパネルだが、交換するには勿体ない、バックライトを修理して出来るだけ安価に修理を行います。

実は、このお客様、一旦NECに現物を送って見積りを取っている。
その見積り額は、液晶パネル交換で約8万円、その他にブルーレィドライブの書き込み不良があり、さらに4万円ほど追加となり、約12万円の見積りだったらしい。

お客様は、ブルーレィの書き込みはほとんどされないとの事なので修理は不要、液晶パネルだけ問題解決が出来れば良しという事です。

バックライト修理後は元通りにパソコン復活です。

P1020683.JPG
16インチでバックライト1本タイプは若干画面が暗いように思う。
これは新品パネルに交換しても同様です。
明るさに斑もなく、綺麗な画面で復活です。

今回の修理費用は12000円、メーカー修理の15%程度の修理費用でした。

遠方からのお持込だったので2時間ほどお時間を頂きお持ち帰り出来るように対応致しました。


東芝Qosmio G60W/90KW 画面が真っ暗
電源は正常に入り、問題なく起動が出来るのだが、画面は一瞬明るくなるだけでその後は真っ暗という東芝Qosmio G60W/90KWの修理依頼が宮城県の個人様から。

故障傾向から、バックライト不良と想定してお見積りをさせていただきましたが、正確には現物検査が必要です。

P1020679.JPG

薄らとログイン画面が確認出来ます。

18.4インチと、見るからに迫力がある大型パソコンです。
使用されているのはSAMSUNG製18.4インチです。
SAMSUNG製の場合、LGとかに比べるとバックライト故障が多いように感じます。

液晶パネル部分を取り外さばければいけませんが、これがなかなか大変、上ケースを外さなければ液晶パネル部分が取り外す事が出来ません。

液晶パネル交換の場合、パネルカバー部分(フレーム)が簡単に取り外せる物も少なくはないのですが、最近では、一旦パネル部分を完全に取り外さなければ交換が出来ない機種が増えているようです。

パネル部分を分解すると何やら異臭が...、まず第一の故障個所を発見。
インバーター基盤の一部が焼けており、そこから異臭が漂っていたようです。
なぜインバーター基盤が焼けてしまったのか...、その原因はバックライト不良による場合が多いので、パネルを分解してバックライトを検査します。
幸い、バックライトは問題なさそう、インバーター基盤を交換して動作テストを行います。

P1020681.JPG
数時間の動作テストを行いましたが、画面がチラついたり、明るさが繁華するなどの症状は確認出来ません。

今回は、インバーター基盤の交換で修理完了です。

電源入るも画面真っ暗 DELL XPS M1210
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動が出来ないというDELL XPS M1210の修理依頼が東京都の個人様から。

念のために外部モニターに接続して確認してみると画面表示がおかしい。

P1020670.JPG
マザーボードの故障で間違いなさそうです。
DELLの場合、分解作業は意外に簡単、使われている螺子の種類も少なく、ハードディスク固定螺子を含めて3種類です。

P1020671.JPG
今回はハードディスクを取り外した状態でお預かりしたので動作確認はここまでです。
BIOSは最新の更新されていたのでOK、冷却ファンの回転状態も良好です。
NEC LS150LS6B Windowsが立ち上がらない データ復旧&修理
P1020669.JPG
写真のような「Windowsを起動しています」のまま10分以上動かず、その後カーソルだけが表示されるというNEC LS150LS6Bのデータ復旧&パソコン修理依頼です。

OSはWindows8 リカバリーディスク無しという状態でお持込です。

お仕事で使っているデータがたくさんあるので、パソコン修理と同時にデータ復旧のご依頼です。
故障原因はハードディスクの故障、ハードディスクはWD7500BPVTが使われていました。

P1020665.JPG
750GBのハードディスクは在庫切れだったので1TBに交換します。
部品価格としてはほとんど変わらず、大きなハードディスクの方がお得です。

ハードディスク故障はすぐに断定出来たので、すぐにデータ復旧作業に取り掛かります。
同時に、パソコン修理を同時に行っていきます。
お仕事で使っているので修理は大至急というご要望です。

リカバリーディスクが無いので、弊社所有の物を使用してリカバリー作業を行います。
リカバリー完了後はWindowsアップデート作業、次に、Windowsアップデートを行いWindows8.1にアップグレードという流れで作業を行いました。
Windows8.1にアップグレードするだけで飛躍的に使いやすくなり、これまで不評だったOSも生まれ変わります。

同時進行だったデータ復旧も無事に完了、ほぼ全てのデータが復旧出来たと思います。

朝10時頃のお持込でしたが、夕方にはお引取頂けました。

東芝Qosmio G30/97A 画面が乱れる
P1020674.JPG
P1020675.JPG
P1020676.JPG
写真のように画面表示が乱れる東芝Qosmio G30/97Aの修理依頼が東京都の個人様から。

この症状はNVIDIAグラフィックスの故障で間違いありません。

分解してみると、内部の汚れはそれほど酷くはありませんでしたが、元々発熱の多いビデオチップなので使用年数とともに熱疲労が蓄積されてこの様な故障が発症してしまいます。
マザーボード修理後は元通りに復活です。

P1020677.JPG

液晶割れ HP 1000 1401TU 愛媛県から
愛媛県の個人様から、液晶パネルを割ってしまったとお電話にてお問合せがあり、事前見積り段階で「めっちゃ安い」と大変に喜ばれすぐに送って頂きました。
修理ご依頼品は翌日の3時ごろに到着したのですぐに修理に取り掛かります。
液晶パネルは在庫があるのでパソコン到着日には発送可能とお話ししてありました。

P1020643.JPG
液晶パネルの交換は1時間程度で完了したのですが、残念、Windowsが立ち上がりません。
Windows8の場合、OSに不具合があると自動修復で何とかなるのだが、自動修復を繰り返すだけ、起動出来ません。
画面が見えない状況で電源のON、OFFを繰り返したのだ原因だろう、OSが破損しています。
幾多の修復を試みるが修復不能、ハードディスク自体は壊れていません。
残る方法はリカバリーしかありません。
お客様に確認すると、パソコンを購入してほとんど使用していないため、重要なデータは無し、リカバリーのご了解を頂き作業開始です。
リカバリー作業は問題なく終了、Windows8なので、Windowsアップデートを実行した後、Windows8.1にアップグレードを行います。
8.1になってから、飛躍的に使いやすくなったWindows8、私自身は使いやすいし、大好きなのだが、それでもまだまだ使いにくいという方が多いようです。
OSが変われば使い方も変わる、当たり前の事なのだが...。

P1020652.JPG
今回のOSリカバリーはサービス(0円)です。


他社様でバックライト切れと診断された NEC-LL550/L
電源を入れると正常起動は出来るのだが、画面は真っ暗、よくみると薄らと起動画面が見えるというNEC LL550/Lの修理お持込です。
以前にご利用頂いたお客様からのご紹介で来店されました。
弊社にご来店される前に、某パソコン修理会社に診断してもらったそうですが、ろくに調べもせずバックライト切れと診断されたそうです。
修理はメーカー送りで7万円ほどの修理費用がかかるとの事、そこでご友人に相談されたところ弊社を紹介されたという経緯です。

P1020638.JPG
某パソコン修理会社はバックライト交換修理なんてやっていないはずなのに、何故バックライト切れと断定出来るのだろうか...、よく分かりません。

液晶パネルを分解すると、思った通り、故障の多いSAMUSUNG製LTN154AT08です。
P1020639.JPG
某パソコン修理会社さん診断ミスです。

P1020640.JPG
バックライト切れではなく、ケーブル断線が故障原因です。
バックライトは交換しなくても大丈夫そうだが、両端が少し黒くなり、色も少し黄ばんだ感じなので新品に交換します。

P1020642.JPG

画面は新品同様に明るく綺麗な画面になって復活です。

ご紹介者様に感謝されていた事は当然ですが、大変にお喜びのご様子でした。
ご利用ありがとうございました。
SONY VGC-LT92S 画面表示不良 東京都世田谷区から
東京都世田谷区から、画面がおかしいというSONY VGC-LT92Sの修理依頼です。
最初にお問合せを頂いてから約1か月ほど経過してやってきました。

P1020626.JPG
P1020627.JPG
P1020630.JPG
電源を入れると時間とともに画面表示が変化します。
マザーボードのNVIDIAビデオチップの不具合で間違いありません。
パソコン内の冷却ファンはやはり汚れておりますが、元々お掃除が難しい機種なので仕方がないかもしれません。
定期的に、排気口から中に向け、スプレー式エアブローを吹き付けるだけでも良いのだが...。
すべてのパソコンに言える事だが、パソコンを冷やすためには空気を吸い込んでいるため、部屋内の埃なども吸い込んでしまい、パソコン内部が汚れてきます。
だったら、簡単にお掃除が出来るように設計してくれる故障も少なくなり、パソコンメーカーとしても評価が上がりパソコンが売れるのでは?と、思います。
内部の写真です。

P1020632.JPG
マザーボード修理後は元通りに復活です。

P1020633.JPG

データ復旧5000円 パソコン修理&データ復旧 東芝 B350
Windowsが起動出来ない東芝 B350のパソコン修理&データ復旧依頼が兵庫県から。
他社様に修理依頼されたそうですが、ハードディスクの故障と診断され、修理費用が高額だったのか、弊社に修理依頼がやってきました。

データ復旧のご要望は、音楽データ、マイドキュメント、デスクトップ、筆ぐるめの住所録です。

パソコンが届いて早速診断開始です。

すると、画面を開けようとすると「ガキッ」、液晶パネルを固定しているヒンジ部分が破損しており、スムーズに画面が開けません。
どうやら、底面からパネルを固定するために一番重要な螺子が無くなっており、固定が出来ないために破損してしまったようです。

P1020634.JPG
写真のように隙間が空いています。
さらに分解すると。
P1020635.JPG
底ケースに螺子止めしている部分が完全に折れてしまっています。
こうなってしまうと底ケースの交換が必要なのだが、幸い、一番重要な螺子部分、上カバーの螺子受け部分は破損しておらず...。
これなら何とかなりそう。
底ケースから上ケースに渡る螺子なのでここでしっかりと固定が出来ればパネル開閉の問題は解決出来そうです。
東芝製ノートパソコンでは、同じような故障を数件遭遇しています。
何れも螺子が抜け落ちてしまい破損という結果になっています。
どのメーカーパソコンも同様ですが、パソコンの裏面から螺子の増し締めをされる事をおすすめします。
ハードディスク交換修理・データ復旧作業はこれから開始します。
b350.jpg

元々のハードディスクは320GB、これを500GBに交換します。
パソコンの修理は問題ないのだが、問題はデータ復旧作業です。
作業開始から約8時間、無事にデータ復旧完了、復旧データを確認するがほぼ大丈夫、ランダム検証の結果破損ファイルは見当たりません。

が...、筆ぐるめがバックアップ処理をしていないようです。
筆ぐるめの場合、バックアップ処理をしておかなければそのデータが出てきません。

パソコンの修理は、リカバリー作業が終わりWindowsアップデート、このB350個体のアップデートを行い作業は完了です。

復旧データを元場所に戻し、ここまでですべての作業は終わりなのだが、年賀状を書く季節にもなっているので、どうしても筆ぐるめのでーたを救出したい。

壊れたハードディスクを一旦戻してハードディスクの修復作業を行い、元の状態で起動出来るようにします。

修復作業開始から約6時間、何とか元の状態で起動が出来るように...。
筆ぐるめを起動して住所録のバックアップを行います。

今度は、バックアップを取った筆ぐるめのデータを修理済みパソコンに取り込みます。
全部で6個の住所録があり、4個までは問題なくインポート出来たのだが、2個にはパスワード設定がありインポート出来ず、この後はお客様に作業は委ねるしたありません。

今回は、パソコン修理をデータ復旧作業のご依頼だったので、データ復旧料金は5000円です。

P1020637.JPG

Gateway MT6836J 起動時画面が赤い その後真っ暗
Gateway MT6836J 電源を入れると起動時に画面全体が赤っぽい、その後は画面が真っ暗になってしまうという、バックライト故障の症状です。

パソコンも古いのでお買い換えもお勧めしたのですが、OSをWindows7にアップグレードし、ハードディスクもSSDに換装したので勿体ないという事です。
パソコンには少し詳しいお客様のようですね...。

P1020610.JPG
念のため、外部モニターに映し出してみると画面全体が赤っぽい、グラフィックスにも問題がありそうです。

P1020612.JPG
液晶パネルの修理をする前にパソコンを分解してマザーボードの修理を行います。
分解して確認した冷却ファン内部の写真が下です。

P1020614.JPG
お客様は、定期的に内部のお掃除をされていたという事だったが、お掃除方法が間違っていたようです。
中には綿埃の塊がいっぱいです。
こんな状態でパソコンが壊れないはずがありません。
マザーボードを修理、その後、液晶バックライトの交換修理を行います。

P1020616.JPG
画面は明るく、発色も良好です。

交換前のバックライトは、古い方は少し黄ばんだような色になっています。

P1020615.JPG
上が新品バックライトで、下が古いバックライトです。
古い方の反対側は真っ黒になっており、簡単に「ポロッ」と折れてしまいました。
画面が真っ暗 NEC LL750TG6R 新潟県から
電源は入るが画面が真っ暗で何も見えないというNEC LL750TG6Rの修理依頼が新潟県から。
よくよく見てみるとログイン画面が薄らと見える状態です。

NEC,東芝の16インチ液晶モデルの多い故障例です。

P1020619.JPG
液晶パネルを分解してバックライトの修理を行います。

基本的に、バックライトが点かないという症状の場合、バックライトの他にインバーター故障、マザーボード故障、液晶ケーブル故障などが想定出来ますが、この機種については間違いなくバックライトの問題があるので詳しく検査する前に修理をしてしまいます。
その後、問題解決が出来なければ別個所の検査をするという作業流れをとっています。

故障確率の高い方から修理を行うということですね...。

バックライトの修理で問題解決、ほぼ新品同様の画面に復活です。

P1020620.JPG

落下後起動しない Lenovo Y580
少し高い所から落下させてしまい起動が出来なくなってしまったLenovo Y580の修理お持込です。

落下後、少しの間は使用出来ていたとの事、DCジャック差込部分が大きく破損しています。
暫くの間使用出来ていたのはバッテリーの充電が少し残っていたためだろう。

P1020601.JPG
分解前に、試しにバッテリーで起動をさせてみます。

P1020603.JPG
問題なく起動出来るのでマザーボードは大丈夫なようです。

分解して中を確認すると。

P1020604.JPG
これは酷い状態、底ケースを交換するしか方法が無さそうですが...。
修理は大至急、1日でもパソコンがないと困るのでとりあえず使えれば良いというご要望です。

となると、変形してしまった底ケースを直すという板金屋さんみたいな修理をしなくてはいけません。

まず、変形してしまった部分に熱を加え、慎重に元の形に戻していきます。
ここで問題なのが熱の加え方、熱くしすぎても駄目、温度が低すぎても駄目、少しずつ熱を加えて少しずつ修正していきます。


P1020605.JPG
仮修正後がこのようになりました。

P1020606.JPG
今度は、DCDジャックなどを取り付けたまま修正作業を行います。
少しずつ微調整をして形を整えます。
割れてしまった所は接着剤を使って固定し、接着剤が固まるのを待ちます。
その間、別個所の確認作業です。
かなり陥没していたのでDCジャックに接続されているケーブルを検査します。

想像通り、軽く折り曲げるの何の負荷もなく折れてしまった。
ケーブルも断線しているようです。

P1020608.JPG
ケーブルの長さはいっぱいいっぱいなので少しケーブルを継ぎ足して接続します。
接続が終わったら、ここで一旦通電テストを行います。
分解したまま、電源スイッチのケーブだけを繋ぎACアダプターを接続して電源ON起動はOKです。

接着剤が乾いたら元通りに組み立てて動作テストを行います。

修理完了、パソコンは元の通りに使えるように復活です。
メーカー修理なら、底ケースと電源ケーブルを交換するという修理になるのだろうが、修理代もかなりかかるだろう。
時間と修理代節約という事で少し見てくれが少し悪いのですがお客様にご了解をいただきました。

因みに修理後の破損個所の写真が下です。

P1020609.JPG

富士通 LX/C70N 画面が真っ暗 液晶修理失敗
富士通のモニター一体型パソコン LX/C70Nの修理依頼です。
症状は、通常起動出来るのだが、すぐに画面が真っ暗になってしまうという、液晶パネルの故障です。

画面は22インチワイド、けっこうな割合で故障している液晶パネルです。

液晶パネルを交換すれば修理は簡単なのだが、パネルの手配がつかない。

仕方なく、液晶パネルの修理を試みてみようと作業を開始します。

ノート用液晶パネルのバックライト交換は慣れている事もりそれほど敷居は高くなのだが、デスクトップ用大型パネルとなると話は別、富士通22インチの修理をするのは今回が初めてです。

液晶パネルを取り外すまでのかなり面倒なのだが、液晶パネルの分解もかなり面倒、バックライトは上下に2本ずつ、計4本、想像していた通り、バックライトに接続されているケーブルが断線していた。
以前にもバックライト交換にチャレンジしたのだが、バックライトはU型だったために入手が出来ずの断念したのだが、今回のパネルは直官が4本。

下側の1本にケーブル断線を発見、ケーブルの再接続をするが、バックライトを入れたまま半田付けし、両側のゴムで固定するため作業はかなり難しい。

無事にケーブル接続が終わり、パソコンに取り付けて動作テストを行います。
一旦、起動が出来る状態まで組み立てなければ動作確認が出来ません。

組立が終わり電源ON、「アレッ」画面が点かない、再度分解して液晶パネルを分解します。

もしかして上側も?、と、上の2本を確認します。
すると、上側は2本ともケーブルが「プラプラ」状態、軽く引っ張ると簡単に取れてしまった。
またまたケーブル接続作業開始です。
一旦液晶パネルを組み立てたのだが、下側のもう1本が気になり、再度液晶パネルを分解して確認します。
やはり、この部分もかなり怪しい。
またまたケーブル接続です。

結局は4本全部を再接続という作業になってしまった。

これで大丈夫と組み立てて動作テストです。

が...、画面の右側に縦のライン抜けが...、何度も分解したのが祟ったのか、6時間もかかった液晶パネルの修理は失敗に終わってしまいました。

画面が暗くなる事は無くなりましたが、縦のライン抜けはどうしようもありません。
今回の修理は新品のパソコンに代替えという方法で対応させて頂きました。
データ移行、各種設定その他。

P1020591.JPG

GIGABYTE W566N 画面表示不良
兵庫県の個人様からGIGABYTE W566Nの修理依頼です。

症状は、電源を入れると画面が白っぽく、縦ラインが数本という、液晶パネル故障のような、グラフィックス不具合のような、ちょっと判断が難しい感じです。

P1020594.JPG
この機種の故障傾向から、NVIDIAグラフィックスの故障だろう。

早速修理に取りかかります。

分解作業をしている中、気になる点が...。
どうやら、一度分解された形跡が...、この機種、慣れない方が分解するとちょっと面倒、螺子の種類は少なく4種類だが、マザーボードを取り外すにはかなりの螺子を外さなければいけません。
幸い、ケーブル固定部分の破損は見当たらなかった。
自力で分解した場合、けっこうな割合でコネクタ部分を破損させてしまうというケースが多い。
また、螺子を入れる場所?、螺子違いも無かった、短い螺子の部分に長い螺子を入れてしまうという間違いもかなり多いのだ。

かなり慎重に分解されたのだろう。

分解してみると、CPU、GPUのグリスがリフレッシュされていた。
使用していたグリスもなかなか品質が良い物のようです。

マザーボードの修理が終わり電源投入、無事に「GIGABYTE」ろごが綺麗に現れました。
液晶パネル自体もそれほど劣化している様子もなく、なかなか良好、これなら今回修理をしても損にはならないだろう。

P1020597.JPG
今回は、ハードディスクを外した状態での修理依頼です。
動作テスト用にハードディスクを入れてWindows7で動作テストを行います。

P1020598.JPG
DVDの再生テストを約4時間、一旦パソコンが冷めた状態にして再度動画再生テストを行います。
このモデル、パソコン左側の排熱口からの熱量がけっこう熱い、NVIDIAモデルは排熱が熱くなるのは仕方がない事ですが、排熱口周辺には十分なスペースを取る事と、定期的に内部のお掃除をする必要があります。

裏面カバーを取り外すと冷却ファンが見えてきます。

ここで、ファンに直接掃除機のノズルを当てて吸い込めば綺麗にお掃除が出来ます。

排熱口に掃除機のノズルを当てて吸い込む方があるようですが、空気の流れを逆にして吸い込まなくてはいけないので間違いです。

何年もお掃除をしていない場合には、中のゴミがファンのフィン(羽)に絡まってしまいフィンを破損させてしまうという危険があります。
また、ネットブックなど、軽量コンパクトパソコンの場合は、このフィンが大変薄いため、フィンが簡単の取れてしまうという事もありますのでご注意ください。


NEC LS550/C 液晶割れお持込修理
NECのノートパソコン LS550/Cの液晶パネルを踏んづけて割ったしまったという修理お持込がひたちなか市の個人様から。

P1020595.JPG

まず、修理のお見積りという事だったが、少しお待ち頂ければお持ち帰りが出来るという旨の説明をすると、やはり早いが一番、即、修理お申込みとなりました。

しかし、修理代金を持ってきていないという事で近くのコンビニに...。

現在修理中を一旦中止し、すぐに修理に取り掛かります。

作業時間が、動作テストを含めて約1時間、液晶パネル割れ交換修理完了です。

P1020596.JPG

画面が真っ暗 東芝Qosmio F40/85 三重県から
パソコンは立ち上がっているようだが画面は真っ暗なまま、よく見てみると薄らとログイン画面が見えるという東芝Qosimo F40/85の修理依頼が三重県の個人様から。

東芝さんに修理依頼をされたそうですが、修理代が約7万円もかかる事から修理を断念、新しいパソコンを購入されたそうです。

しかし、調子の良かったパソコンだけに捨てるには惜しいという事で弊社にお問合せがありました。

バックライト修理なら、メーカー修理の約2割程度で修理が出来てしまいます。

パソコンが届いたので早速診断開始です。

が...、電源が入らず、暫くすると何とか電源が入り「ピッ」、どうやらBIOSがリセットされてしまい日付の設定が必要なようです。
最初は画面が点くのだが、少しすると左側が「チラチラ」しはじめ、そのうちには真っ暗になってしまいます。

P1020580.JPG
薄らとログイン画面が見えています。
この機種の故障傾向から、まず間違いなくバックライトトラブルだ。
バックライトトラブル?、ちょっと表現がおかしいかもしれませんが、ケーブル断線もかなり多いからだ。
今回の場合はケーブル断線だった。
が...、バックライトも少し劣化しているようなので2本を新品に交換します。

P1020581.JPG
修理後は画面も明るく新品同様に復活です。

電源の入らなかった問題だが、内臓電池が消耗しているのだろう。
しかし、交換するには全解体をして交換するため別費用を頂かなければいけません。
事前のお見積り額をオーバーしてしまうので約半日動作させて様子をうかがいます。

その後は日付がリセットされるという事もなく一発で電源が入ります。
ACアダプターが繋ぎっぱなしという事なので大丈夫だろう。

あとからお話しを伺ったところ、このパソコンが1年以上も放置状態だったとか...。
もう少し様子をみて交換要なら交換ですね。

と言いながらも、気になる所は検査が必要です。

P1020592.JPG
パソコンを分解し、内臓電池の電圧を測定します。

2.9V、3Vの電池なので十分な電圧です。
電池の交換は必要ありませんね...。

日付がリセットされてしまった原因は1年以上もパソコンを放置させていたためのようです。
東芝Satellite R35/M リカバリーディスクが作成出来ない
東芝Satellite R35/M の初期セットアップでちょっと困った点があったのでご紹介します。

OSはWindows8.1、初期セットアップが終わり、リカバリーディスク作成を試みるが、リカバリー作成ツール「Recovery Media Criator」が無い?。
勿論、リカバリーディスクは付属していない、とにかくリカバリーディスクを作成しておかなければ故障した時にどうにもならないのだ。

マニュアルには「Recovery Media Criator」で作成するようになっていがインストールされていないために作成不可です。

P1020586.JPG
検索窓に「リ」といれると「アプリケーションの再インストール」の他いろいろとプログラムが開きます。

下の写真はリカバリーディスク作成ツールをインストールした後の物なので一部を消しています。

P1020587.JPG
ここから「アプリケーションの再インストール」を選択します。

すると、下のような画面が立ち上がります。

P1020588.JPG
セットアップ画面へを選択

P1020589.JPG
ここの左側にある項目の中から「Recovery Media Criator」を再インストールしてあげれば良いようです。
再インストール?、最初からインストールされていないので表現が正しいのかはよく分からないが、これで問題が解決出来るなら良しとしよう。

P10205871.jpg
これで一旦再起動をすればリカバリーディスクが作成出来ます。

私だけが知らなかったなら良いのだが、同型を購入された方は同じように悩まれると思います。
もしかすると、インストールされているべきが無かった?という事なのかもしれませんね。
東芝Dynabook PATX77MRF OSが起動出来ない 岩手県から
岩手県の個人様からお電話にてお問合せがあり、パソコンが立ち上がらないが修理費用がどれぐらいかかるか?。

メーカー、型番、詳しい症状をお伺いすると、どうやらOS自体に破損があるようだ。
OS破損の原因もたくさん考えられるが、型番からハードディスク故障の可能性が高いため、ハードディスク交換、データ復旧作業の事前お見積りをさせて頂きました。

現物が届いて早速診断開始です。

P1020572.JPG
この状態からなかなか進みません。
先に、データの復旧作業を行います。
保存データはほぼすべてが復旧出来たので、今度はWindowsの修復作業を行います。

修復作業に約2時間、通常起動が出来るように復活です。

P1020576.JPG
とりあえずは元通りに起動が出来るようにはなりましたが、OS破損の原因を究明しなければすぐに再発してしまいます。

ハードディスクの検査をすると不良セクタあり。

dynabook.jpg
またまた東芝製のハードディスクだ。

ハードディスクの交換が必要だが、起動出来なくなる直前は動きがかなり遅かった事を気にされており、今回はデータ復旧のみで新しいパソコンを購入した方が良いのでは?、と思われていたそうです。
ハードディスクに問題があるのだから、壊れる前に動きが悪かったのは当然で、ハードディスクを新しくすれば動きも速くなりますとご案内致しました。

それでも不安がおありのようなので、ハードディスクをSSD換装をご提案、動作が速くなって、衝撃にも強く壊れ難いという事を説明し、SSD換装修理でご納得頂けました。

元々のハードディスクは640GBでしたが、128GBのSSDに換装します。
保存データがそれほど多くはなかったのでこれで十分、SSD換装後の起動時間が約20秒、シャットダウンが約10秒と、起動、シャットダウンがかなり速くなり、どんな操作をしてもレスポンスが良く、ご提案通りの結果となりました。

Windowsアップデートの他に、このパソコン独自のアップデートを行います。
アップデート項目が3項目、SONYとかに比べるとかなり少ないようです。

P1020579.JPG
Intelディスプレイアダプタ、無線LANドライバーは重要なので出来る事なら更新された方が良いです。

復旧データを元場所に戻し、MS Office2010をインストールして修理完了です。
東芝Dynabook BX33 HDD故障
暫く使わなかったら起動出来なくなってっしまったという東芝Dynabook BX33の修理依頼です。

電源を入れてみると、ハードディスクからは「カリカリ」と異音が発生しています。
ハードディスクの故障で間違いないようです。

お決まりのリカバリーディスク未作成、弊社所有の物を使用してリカバリー作業を行います。
元々のハードディスクは320GB、これを新品の500GBに交換、リカバリーディスクを使用してリカバリー開始です。

が...、リカバリー出来ず、このような場合、一番疑わしいのがメモリーです。
早速メモリーの検査を行います。
しかし、メモリーにエラーは無し、別に問題がありそうです。
次に考えられるのがキーボードです。
キーボードの接続ケーブルを外し、USBキーボードでリカバリーを開始します。
こんどは大丈夫、無事にリカバリー完了です。
どうやら、キーボード自体にどこかのキーが押された状態になってしまっているようだ。

リカバリー作業が終わり、一旦取り外したキーボードを付けて動作テストを行います。
やはり、どこかのキーが押されたまま、一部のキーが全く反応しない、キーボードの交換も必要なようです。

事前見積りでは、キーボード代が含まれていなかったので、お客様にキーボード代が加算という旨でご了解を頂きました。

Windowsアップデート後、このBX33個体のアップデート作業を行います。
主なアップデート項目は、グラフィックスドライバー、無線LANドライバー、BIOSなど、けっこう重要な項目の更新が必要です。

BIOS更新の説明には、バッテリー起動時に稀に起動が出来ない事がある...云々の説明分があります。

本来、パソコンとは不具合をたくさん抱えている「不良品な」のだという認識が必要だと思います。
インタネットを通して修正出来るのもパソコン唯一です。
パソコンを故障させない、快適に使用するためには、時々はご自分のパソコンの更新をされる事をおすすめします。

パソコン落下後電源が入らない Dynabook T351/46CW

パソコンを落下させてしまい、その後電源が入らなくなってしまったという東芝Dynabook T351/46CWの修理お持込です。

お電話でお見積り依頼があったのですが、落下という事で現物確認が必要、この段階ではお見積りも出来ません。

そこで、お住まいもそれほど遠くはないので持ち込み頂きました。

早速診断開始です。

落下の状況を詳しくお伺いすると、どうやら、ACアダプター部分から落下させてしまったらしい。
となると、まず確認するべき所はDCジャックだ。
ACアダプターを刺し込んでみると「ガタガタ」、DCジャック破損の可能性大だ。

分解してみると、明らかにDCジャックが変形、底ケースのDCジャック固定部分も変形してしまっている。

P1020560.JPG
P1020561.JPG
DCジャックの膨らんだ部分を修正してパソコンに接続すると通電しているのを確認、やはり、DCジャックの破損で間違いない。

DCジャックを交換後は元通り、パソコンは無事に復活です。

今回の故障は軽傷で良かった良かった。
DELL Latitude D830 画面表示不良
電源を入れると正常に起動する事は出来るのだが、10分ほどすると画面表示が不良となり、ブルースクリーンが表示されるというDELL Latitude D830の修理依頼です。

P1020553.JPG
P1020555.JPG
NVIDIAビデオチップの不具合で間違いなさそうです。

分解して冷却ファン周辺を確認すると、思った通り、綿埃の塊を発見、この状況でパソコンを使用すれば壊れてしまうのは当然だと言えるだろう。

ほぼ、すべてのパソコン内はこのような状況になっています。

P1020558.JPG
パソコン自体もかなり熱くなっていたはずなので、この熱いという原因を取り除いてあげていれば壊れるという事は無かったのだ。

パソコンのお掃除方法などが明確な案内がない事も問題だろうが、一番は、やはりパソコンを使用している本人様といえるだろう。

パソコンとは、発熱するので外気を吸い込んで冷却を行います。
その時、部屋内の埃などのゴミ?も一緒に吸い込んでいるのです。

なので、定期的に内部のクリーニングを行う必要があるのです。

最近のパソコンでは、富士通、NECの一部機種にお掃除用窓を設けている機種もありますが、ほとんど設けられていないのが現状です。
パソコン内部が汚れるという事は、パソコン設計時には認識しているはずなのだが、パソコンも消耗品という感覚をパソコンメーカーさんももっているのだろう。
また、新しいパソコンを買って貰わなければ困る?、まるでWindowsXP問題でユーザーに危機感を煽って買い替えさせたマイクロソフトのようだ。

P1020559.JPG

修理後は画面表示不良は無くなり、フリーズするような事もなくなり快適パソコンに復活です。
今回の動作テストは、ユーチューブ動画「女子アナの罰」です。

最新BIOS A17が公開されていたので更新して修理完了です。

液晶割れ NEC LE150/C 三重県の個人様から
P1020543.JPG
液晶パネルが
割れてしまったというNEC LE150/Cの修理依頼が三重県の個人様から。
メーカーに修理依頼をされたそうですが、あまりにも高額な修理見積りに修理を断念、弊社にお問合せがありました。

弊社ホームページは、「パソコン修理」というキーワードでは今のところ検索順位がかなり落ちているので見つけるのは大変だとは思うのだが...。
どんなキーワード検索で弊社を見つけたのはお聞きすれば良かったと後悔しています。

Windows8のまだ購入間もないパソコンだろう、お話しを伺ったところ、上にのってしまったらしいです。

最近のパソコンは、パネルの交換作業もかなり面倒になり、このモデルも一旦液晶部分を全部取り外さなければ交換が出来ません。
外さなければいけない螺子が外せない。

P1020544.JPG

まずは、キーボードを固定している螺子3本を外してキーボードを取り外します。
今度は、ハードディスク、光学ドライブを取り外し、底面に見える螺子を全部取り外します。
ハードディスクはあったところ、光学ドライブがあったところにも螺子が隠れているのでこの部分も取り外す必要があります。
こんどは上ケース側です。
タッチパットに繋がっているケーブル、電源スイッチに繋がっているケーブル、液晶ケーブル、無線LANケーブル左右1本ずつを外し、上ケース固定螺子を1本はずせば上ケースが取り外せます。
ハメこみ式ですが、ハメこみがあまりきつくないので冷や汗をかくほどではありませんが、ケースを破損させないように注意が必要です。

P1020545.JPG
この状態にまで分解し、こんどは液晶パネル部分の分解作業です。
この部分の方が神経を使うかもしれません。
ハメこみがきつく、なかなか外れてくれませんでした。
両面テープで固定という事は無かったのが救いですが、プラスチップ自体が薄く少し油断をすれば簡単に折れてしまいます。

P1020546.png
交換途中の作業工程は省略して修理完了です。

円安の関係で液晶パネルが値上がりしています。
その分、修理費用も若干ですが値上げになっています。
それでもメーカー修理の3割ほどの費用で修理が出来ています。
画面が真っ暗 HP Pavilion dv5 東京都から
P1020534.JPG
電源が入りWindowsの起動音も出るのだが、画面が真っ暗なまま何も映らないというHP Pavilion dv5の修理依頼が東京都の個人様から。

外部モニターを接続すると問題なく画面が映る。

P1020535.JPG
NVIDIAモデルなのでビデオチップの不具合も疑われるが、可能性的にはかなり低いだろう。
念のため、分解してみると、内部はけっこう汚れていた。

P1020536.JPG

稀にですが、NVIDIAモデルで外部モニターでは画面が映るという事もあるので判断が難しいところだ。
一応、分解してクリーニングを行いますが症状は変わらずです。

薄らでも画面が見えるならバックライト不良だろうが、全く映らない、液晶部分にはアクリルパネルのあるモデルなので若干は確認し難いが目を凝らして見ても何も映っていないのだ。

液晶パネルの故障を疑って交換してみると何と、画面が映ったのだ。

故障は液晶パネルだと判断し、正常なパネルに交換すると今度は何も映らない。
そんな時、液晶ケーブルを触ると「アチッ」軽い火傷を負ってしまった。
どうやら、液晶ケーブルに不具合があるようです。

液晶ケーブルを丁寧にばらしてみると、明らかに断線しているケーブルを発見。

P1020539.JPG
火傷の原因はこれだった。
0.2mmほどの極細ケーブルなので作業はかなり面倒、ケーブル自体を交換してしまえば簡単なのだが、部品代も馬鹿にならないので今回は極細ケーブルを繋ぐという修理を行いました。

切れて短くなってしまったケーブルに同じ太さのケーブルを足して接続します。
接続が終わったら動作テストを行います。

画面は無事に表示出来るようになったので、ケーブルをテープで固定してパソコンを元通りに組み立てます。

P1020541.JPG
今回の修理は様々なテストをしたため、約4時間ほどかかりっきりになってしまいました。
リカバリーが出来ない HP Pavilion dv4 北海道から
リカバリーディスクはあるのだがリカバリー不能というHP Pavilion dv4の修理依頼が北海道の個人様から。
ハードディスクが壊れたので新しい物を入手してリカバリーを試みたのですが出来ず、弊社に修理依頼がやってきました。

ハードディスクは新しい物に交換されており、このままリカバリー作業を試みてみます。

ブート選択のF9を押して光学ドライブを選択してEnter、しかしブート出来ず、どうやら光学ドライブも故障しているようです。
こうなると、素人の方ではなかなか判断が難しいため、自力でリカバリーは出来ないかもしれません。
周りの人には、マザーボードが腐っているから修理は諦めた方がいい、修理費用が高額になるから新しいパソコンを買った方がいいとかいろいろと言われたそうです。

永く使用しているとハードディスクの故障は不可避です。
修理をすれば使えるパソコンも、メーカー修理が高額なため、簡単に諦めてしまうケースが多いようです。

修理は無事に完了、不良の光学ドライブはブルーレィだったのだが、部品価格も高額なので安価なDVDマルチドライブに交換、パソコンは無事に復活です。

P1020542.JPG

不調パソコン 東芝T552/58GW
Windows8の東芝T552/58GWの修理お持込です。

量販店の延長保証でメーカー修理をされたそうですが、約3か月で全く同じ症状になり不調というパソコンです。

症状は、頻繁に現在使用しているアプリケーションが消え、背景のピンク色に変わり、デスクトップ上のアイコンも消えてしまうという明らかにOSに問題ありという現象が現れます。

3か月前のメーカー修理ではハードディスクを交換したという事らしいのだが、そんなに何度もハードディスクトラブルが発生するというのも大きな疑問です。

不調の原因は、思った通りハードディスクでした。
OSの修復を何回行っても下記写真のように「フォーマット...」というメッセージが出てきます。

t552.jpg
ハードディスク自体も問題ありです。

弊社にご来店されたのは、ご自身のブログにパソコンの不調を書き込んだら、弊社の事を投稿してくれた方があったとか。
ここなら何とかしてくれるはずと...。

とにかく、動きも遅い、時々不調になる、このパソコンは大外れとお買い換えも検討されていましたが、はっきりと不具合の個所が解明出来たので、速く、快適にというご要望にお応えさせて頂きました。

保存データ量はあまり多くはないので、今回は128GBのSSDに換装してしまいます。
そして、Windows8.1にアップグレード、これでWindows8の使い難さも大幅に改善されます。
最近は、Windows8.1へのアップグレードも面倒くささがなくなり、Microsoftアカウントを作成しなくても簡単に出来るようになりました。

この後、重要なのは、パソコン個体のアップデートです。
OSが変わればデバイスドライバーなどの更新も必要、元々インストールされているアプリケーションのアップデートも必要です。

東芝PCの場合、Cドライブをフォーマットしてリカバリーが出来ないため、リカバリー後はC,Dドライブが約50GBずつにパーティション分けされてしまいます。

さすがに50GBではシステム用とはいえさすがに小さいので、Dドライブを削除してパーティションの拡張で大きくしてCドライブのみのパーティションに変更します。
万が一の場合は、リカバリー領域もあるので簡単に初期化をする事も可能です。

出来上がったDynabookは動きはすこぶる速く、Windows8.1になってさらに使い易く変貌しています。



画面が真っ暗 NEC LL730/T 栃木県からお持込修理
NECのノートパソコン LL730/Tの修理お持込が遥々栃木県から。
一旦お帰りになってから再度お引取されるという事でしたが、往復の期間、高速料金、あまりにも無駄が多いため、1.2時間のお時間を頂ければという事で大至急修理を行います。

症状は、正常起動出来るのだが、画面が真っ暗なまま、よく見ると薄らと起動画面が見えるという、バックライトが点灯しないという状態です。

薄らとユーザーアイコンが確認出来ます。

P1020532.JPG
NECの16型液晶モデルに多い故障例です。

この症状の場合、ほとんどが液晶ケーブルの断線が原因です。
バックライトを取り外してみると、両端は黒くなっておらず、ケーブルを軽く引っ張るといとも簡単に取れてしまった。

この微妙なケーブル断線が原因で時々点いたり点かなかったりという症状になります。
早めに修理をしなければ、インバーター基盤まで壊してしまうので注意が必要です。

修理は無事に終了、お約束通りにお引取頂きました。


電源ランプが点くだけ ジュース零し 富士通 NH77/ED
ジュースを零していまったという富士通NH77/EDの修理依頼です。

ほとんど諦め状態でも修理依頼なので少し気が楽というか、ダメ元?、元通りに復活出来れば儲けものといった感じだろうか...。

ジュースを零した後、少しの間は起動していたという事だが、現在は電源ランプが点くだけで全く起動が出来ません。
とりあえず、電源は入るので分解洗浄作業で何とかなるだろうという事でお預かり修理です。

パソコンを分解してみると、ジュース類を零すのは1度や2度ではないようだ。
底ケース部分に固く固まった零し跡があります。

P1020446.JPG
マザーボード、上ケース、下ケース、キーボード、スイッチパネルなど、ほとんどのパーツを取り外し、ケーブル類などの細かい部品も綺麗に取り外して洗浄を行います。

特に底ケース部分は、若干の酸化もあり、元の通りに綺麗には出来ません。
とにかく、全体的にジュースを被っています。

洗浄乾燥を繰り返す事3回、元の通りに組み立て直して動作テストを行います。
まずは、ハードディスクを外した状態で電源ON,みごとにメーカーロゴが現れました。
これなら復活可能と、今度はハードディスクを取り付けてOS起動の確認です。

P1020500.JPG
無事にOSが起動、元の通りに起動出来ています。

が...、予測はしていたのだが、思った通り、キーボードの半分が入力不能だった。
キーボードを軽く歪めると「ベチャベチャ」と音がする。
これまで6回の洗浄を試みてみたのだが、この「ベチャベチャ」という音は無くならない。
やはりキーボードは交換が必要だった。

正常起動が出来るようになって今度はメンテナンス作業を行います。
パソコン個体のアップデートが何もされていません。

P1020501.JPG
必要項目をすべて更新して修理完了です。
電源入るも画面が真っ暗 NEC LL370SG 桜川市からお持込

電源は入っているようだが画面が真っ暗なまま、起動が出来ないというNEC LL370SGの修理お持込が遥々桜川市から。

パソコンに詳しい友人に相談したところ手に負えず、弊社を探し当てて修理お持込です。
桜川市から水戸までは北関東道を走れば30分程度だろうが、下道を走ると2時間弱はかかってしまうだろうか。

何よりも、何も弄らずにご相談頂いたのが良かったと思います。
パソコンに少し詳しいという方の場合、いろいろと弄ってしまい、余計な費用が掛かってしまうという事が少なくないからです。

大半のお客様は、パソコンが壊れる前の状態に復活を望まれており、元通りに復活出来たはずなのに、リカバリーをしてしまったり、分解してケーブル類を破損させてしまったりと残念な結果になってしまう事がよく見受けられます。

今回のNEC LL370SGの故障個所はマザーボードでした。
メーカーの保守責任年数も過ぎているのでメーカーでも修理不能、受付てもらえません。

マザーボード修理後、パソコンは通りに復活です。
最新BIOSに更新すると、少しファンの回転が速くなるように思います。
BIOS更新、その他のドライバー類も更新して作業完了です。

液晶割れ  液晶パネル交換修理 ASUS X550C
ASUS X550Cの液晶割れ修理お持込です。

タイミング悪く在庫を切らしてしまったため、約1週間ほどお待ち頂く事となってしまいました。

円安の関係で液晶パネルも価格が上昇してしまい、当初(約1か月前)の修理費用よりは少し値上がりしてしまいました。

在庫があったのは1ドル80円ぐらいの時に仕入れて在庫していた物なのでたかが1か月でも価格差が出てしまいました。

P1020496.JPG

画面が真っ暗なまま起動出来ない NEC LL370SG
電源は入るが画面は真っ暗なまま起動が出来ないというNEC LL370SGのデータ復旧のご依頼でお持込です。
新しいパソコンは購入済みなのでデータが取り出せればというご相談です。
以前に修理をさせて頂いたお客様のご紹介ということです。

P1020494.JPG
この故障はLL370SGに多い故障例で、パソコン内部のお掃除をしないと壊れてしまいます。
また、BIOS更新も必要な機種なので、キチンと管理をする必要のあるパソコンです。
分解してみると中はこんなに汚れています。

P1020493.JPG

データ復旧をするよりも修理をされてはとご提案、料金的にも少しの差でパソコンが元通りに復活出来るなら、新しいパソコンのWindows8.1よりは使いやすく、慣れ親しんだパソコンの方が絶対に良いはず。

マザーボードの修理をして元通りに復活出来ました。

P1020495.JPG

画面が真っ暗 DELL Vostro1000 バックライト交換修理
P1020487.JPG
写真のように通常起動は出来ているのだが、画面は真っ暗なまま、よくよく見てみると薄らと起動画面が確認出来るDELL Vostro1000の修理依頼です。

古いパソコンなのでバックライトは寿命で間違いなさそうです。

取り外したバックライトは両端部分が真っ黒、上写真の新品と比較するとその差は歴然です。

P1020489.JPG
修理後は新品同様に明るく発色も良好、ハードディスクもなかなか元気だ。
この調子ならもう暫くはお使い頂けるだろう。
左下の黒い部分はもう何年のこのままだという事なので今回はお客様ご了解のもと無視して修理を行いました。

P1020490.JPG

画面表示不良 SONY VGC-LT80DB 京都から
起動画面の「VAIO」ロゴから画面表示不良というSONY VGC-LT80DBの修理依頼が京都の法人様から。

少しお電話でお話ししたところ、どうやら同業者様らしい。

P1020479.JPG
起動時は上写真のようになりますが、その後象形文字にたいな文字が画面一杯に羅列されたり、縦ラインが多数表示されたりと画面はいろいろと変化します。
その後は再起動を繰り返すという症状です。

修理開始から約3時間、修理は無事に終了。
この機種の修理は少し面倒、取り外す螺子数が多くてちょっと大変です。

仮組状態で電源ON、起動時の「VAIO」ロゴが綺麗に表示されているかを確認します。
表示画面に異常が無ければ元通りに組み立てて動作テストを行います。

OSは無事に起動したのだが、どうやらリカバリーをしてしまったようだ。
リカバリー途中でストップしているので最後までリカバリーを行います。

その後、数時間の動作テストをして修理完了です。

修理完了後の写真は撮り忘れました。




バックライト不良 東芝Qosmio F40/86 東京都から
パソコンは正常に起動しているようだが画面は真っ暗なまま、薄らとアイコンが確認出来るという東芝Qosmio F40/86の修理依頼が東京都から。

P1020475.JPG
このパソコンが販売されていた東芝、NECパソコンに多い故障例です。

ほとんどの場合はバックライトトラブルですが、稀にインバーター基盤まで壊れてしまう場合があります。

液晶パネルを分解してバックライトを取り出してみると、あっさりとケーブルが「ポロッ」と取れてしまった...。

P1020477.JPG
バックライト自体は両端が黒くなっていないのでケーブルの断線が故障の原因だ。

なぜこの様な故障が発生してしまうのか...、組立時の半田不良か、半田の質が悪いのか、ケーブル自体の品質が悪いのか、バックライトが異常加熱してしまうのか、その辺については詳しい事は分かりません。

今回はバックライトは交換せず、ケーブルの再接続という修理方法で対応させて頂きました。

修理後は明るく綺麗な画面で元気はパソコンに復活です。

P1020478.JPG

パソコン修理・データ復旧 DELL Studio XPS 秋田県から
パソコンが起動出来なくなってしまったDELL Studio XPSが 秋田県の個人様から。

故障直前の状態としては、電源を入れるとチェックディスクが走り、丸5日過ぎても終了出来ず、仕方なく強制終了をされたそうです。
その後は起動する事が出来なくなってしまったという経緯らしいです。

検査の結果、ハードディスク故障は間違いなし、交換してOSのインストールしてなければ元通りに使う事が出来ません。

それよりも問題なのは保存データです。
バックアップは取られていないという事ですが、お子様の成長記録写真、動画が数年分保存されているらしい。
最悪、お子様のデータだけでも何とか出来ればというご要望です。
しかし、ハードディスクの状態は思っていた以上に悪く、かなり厳しい状況です。

パソコンの修理はパソコンお預かり翌日には完了したのだが、データ復旧作業は困難を極め、なかなか結果が出ない。

ご予算に余裕があるのならどうって事もないように思えるのだが、なかなか厳しいご予算です。

作業開始から丸10日、約84GBのデータ復旧に成功、ハードディスクの状態がかなり悪かったために破損ファイルも大量にありましたが、概算で約7割程度復旧が出来ました。
事前に優先順位を決めて頂いたので、お子様専用フォルダー分はほぼ復旧に成功です。

今回のデータ復旧料金は10日の日数を要してしまったために少し高額になってしまいましたが17000円でした。
異音発生 SONY VGC-JS54FB
パソコンを起動すると異音が発生するというSONY VGC-JS54FBの修理依頼です。
異音の発生源がファンなのか、ハードディスクなのか...。

異音の発生源がファンからだったら内部のお掃除をしようと、お客様ご自身で分解を試みたらしいのですが結局は分解が出来ずに弊社に修理依頼がやってきました。

写真のように傷だらけになってしまっています。

P1020469.JPG

ご要望としては、ハードディスクも動作の速いSSDに換装をご希望。
容量の大きなSSDはかなりの高額になってしまうため、弊社のご提案は128GBのSSDに交換、リカバリーディスクを使用してOSをインストールすると大きな容量を使用してしまうため、オリジナルのOSディスクからインストール、必要なデバイスドライバーをインストールするという容量節約プランで対応させて頂きました。

異音の発生源は冷却ファンで間違いありません。
取り外したファンを分解して綺麗にクリーニング、回転軸は摩耗していないようだが、なかなか重量級のファンだけに若干のブレがあるようだ。
ご要望としては、ファンはクリーニングで対応して欲しいというご要望なのでファンはそのまま使用します。
分解ついでにビデオチップ、CPU側のグリスもリフレッシュします。

今度は、SSDの取り付けですが、HDDマウンターにマウント出来ず、仕方なく両面テープで固定するという原始的方法で張り付けました。
元々SSD自体は大変に軽い物なので、テープ固定でも取れてしまうという事はありません。

修理後は、異音発生はほとんど無くなり、パソコンの動きも快適です。

動画等の大きなデータを保存しなければ容量の大きさは少なくでも大丈夫、上手に使うという事ですね。

左上にカーソルが出たまま起動出来ない DELL Studio Hybrid
左上にカーソルが出たまま起動出来ない DELL Studio Hybridの修理依頼が三重県から。

P1020473.JPG

ハードディスク故障の可能性が高いと事前にパソコン修理、データ復旧のお見積りをさせていただきました。
修理が高額になるのなら最悪データ復旧をしたいというご要望です。
また、データ復旧料金についても高額になるのなら諦めると、あまりご予算が取れないパソコンです。
ほとんど使用していなかったパソコンなので、保存データに関しても全く把握されておらず、どんなデータがあるのかも解らないという状況です。

検査の結果、ハードディスクは物理的故障は無し、どうやらファイルシステムの破損が原因でOSが壊れているようだ。
OSの修復前にデータ復旧を試みたが、保存データはほとんど無し、ダウンロードフォルダー内に10個ほどの保存があるだけだったのでとりあえず使用していたパソコンだという事が分かります。

OS修復作業の結果、元の状態に復活です。

P1020472.JPG

アカウント部分はボカシを入れています。

事前お見積りでハードディスクの故障かもと修理金額を提示させて頂きましたが、元通りに復活出来、しかもかなりの格安で復活させる事が出来した。


再起動を繰り返す SONY Type R PCV-A21N

電源入れると「SONY」のロゴが出て起動するめお素ぶりは見せるのだが再起動を繰り返してしまうSONY Type R PCV-A21Nの修理依頼です。
ハードディスクの故障を疑ったために取り外して検査をするが異常は見当たりません。

故障する直前のタイミングで落雷による停電があったとか...。

OS破損の可能性もあるので暫く修復作業をするが問題解決出来ず。

結局、故障個所はメモリーだった。
512MB4枚刺しのうち2枚にエラーがあり、取り外すと何の問題もなく正常起動が出来る。

不良メモリーを1GBを2枚に交換、合計3GBのメモリーに増設され動きも速くなって修理完了です。

P1020471.JPG

HDD故障 DELL Inpiron15 N5010 データ復旧・パソコン修理
電源を入れるとブルースクリーンが出て再起動をしてしまうというDELL Inspiron15 N5010のデータ復旧とパソコン修理依頼です。

このDELL Inspiron15 N5010は、ハードディスクを取り外すのが少し面倒だ。
キーボードを外し、上カバーを取り外さなければハードディスクが見えて来ない。
当然、上カバーまで取り外すには螺子を20本程度外し、ケーブル類も数本外さなければいけない。
ほぼ半壊状態まで分解しないと交換が出来ません。

P1020462.JPG
元々はWDの640GBが使われていたのだが、東芝製1TBに交換しまいした。

リカバリーディスクはありません。
オリジナルのWindows7 64bitのディスクを使いOSのインストール、必要デバイスドライバーをインストール、Windowsアップデートを行いパソコン修理は完了です。

同時進行で作業を行っていたデータ復旧ですが、約10時間で作業完了です。
個人アカウント分のデータ約381GBのデータが復旧出来ました。

あとは、復旧データをパソコン内に保存して作業終了です。
S.M.A.R.T Status HDD故障 SONY VPCL13AHJ 愛知県から
P1020459.JPG
Pri Master Hard Disk S.M.A.R.T Status BAD...と表示がされて起動が出来ないSONY VPCL13AHJの修理依頼が愛知県から。

ハードディスクにはS.M.R.T機能があり、ハードディスクの異常を知らせてくれ、データのバックアップと取ってくださいというお知らせをしてくれます。
ハードディスクを交換してリカバリーをしてあげれば購入時の状態に修理をする事が可能です。

S.M.A.R.Tエラーの場合、ほとんどはF1キーを押すことで正常起動が出来る事が多く、データのバックアップが可能です。

まずは保存データのバックアップをされる事をおすすめします。

P1020461.JPG
パソコン修理が終わりWindowsアップデート。
VAIOアップデートを行いますが、この機種のVAIOアップデートが大幅な時間を要してしまった。

機種別のアップデートは大変に重要です。
中には、致命的な問題を解決してくれる項目もあるので必ず確認されて方が良いと思います。
10月4日 臨時休業とさせて頂きます。
大変申し訳ありませんが、10月4日 臨時休業とさせて頂きます。

修理ご依頼のパソコンの受け取りは10月5になります。
また、お預かりしているパソコンについても10月5日以降の対応となります。

宜しくお願いいたします。
SONY VGN-NW50JB 液晶割れ修理 OSアップグレード SSD
液晶パネルが割れてしまったSONY VGN-NW50JBの修理依頼です。

同時に、パネル修理をするならOSをアップグレードして永く使いたいというご要望です。

P1020449.JPG
使われていた液晶パネルは15.6インチCCFL(蛍光管)タイプ、入手は可能なのだが、流通量が少ないために価格が高騰、修理費用が高額になってしまいます。

そこで、15.6インチLEDパネルに交換し、修理費用を少しでもお安くなるように対策をします。
OSはWindows7に、動作が速くなるようにという同時ご要望なのでハードディスクをSSDに交換します。
家族4人のデータを救出してデータの移行作業も行います。
どうやら、iTunseの管理のために家族分のアカウントを作成されていたようです。
ほぼ音楽データのみしかありませんでした。

P1020450.JPG
割れた画面は綺麗に復活、OSはWindows7に、必要なデバイスドライバーをインストール、4つのアカウントを作成してそれぞれにデータを復元、Windowsアップデートを行い修理完了です。
NEC LL750SG HDD故障 SSD換装・データ復旧
パソコンが起動出来ないといNEC LL750SGの修理依頼です。

検査をするとハードディスクの故障と判定、ハードディスクを交換すれば元通りにお使い頂けます。

お客様が気にされている事は、パソコンが動かなくなる前、動きがかなり遅かったので、新しいパソコンに買い替えた方が良いのでは?、と心配されていました。

壊れる直前で動きが遅かった原因は、ハードディスク自体に問題があったため、動きが遅くて当然です。

今回はデータ復旧作業とパソコン修理のご依頼です。

そこで、ハードディスクをSSDに交換をお勧めしました。
SSDのメリットは、動きが速くなるばかりではなく、衝撃にも強いため、家族で使用する場合、それぞれがどの様に使っているかが分かりません。
中には乱暴な扱いをしている場合もあるので衝撃に強いSSDは最適だと考えます。

データ復旧作業は約1日でほぼご要望全データ復旧に成功です。

パソコンは、SSDに交換したため動きも速く、様々な操作をしてもレスポンス良く快適に動いてくれます。
WindowsVistaパソコンだとSSDの効果が歴然を現れますのでお勧めして良かったと思いました。

今回のデータ復旧料金はパソコン修理と同時お申込みなので5000円です。


ノーシグナル DELL XPS8300 ビデオカード修理
電源は入るが画面には何も表示されずノーシグナルというDELL XPS8300の修理依頼です。

修理費用が高額になるようなら、最悪データの復旧をしたいとのご要望です。

この様な症状の場合、なるべく修理費用が安価になる順番で検査を行います。
最初に確認するのはメモリーです。

まずは、メモリーの刺し直しから、最近のパソコンは金メッキの品質低下に伴い接触不良も多発しています。

メモリーの刺し直しで問題解決出来ない時は、メモリー交換です。
正常メモリーに交換して電源ON、これでも問題解決出来ない場合はちょっと重症です。

ビデオカードが搭載されている場合はビデオカードの交換をしてテストを行います。
最近のマザーボードの中にはオンボードグラフィックが搭載されている物もありますが、無い場合は正常動作出来るビデオカードを用意する必要があります。
オンボードグラフィックが搭載されている場合は、ビデオカードを取り外しでオンボードを使ってテストを行います。

これで画面が出力されればビデオカードの故障で決定です。

これでも問題解決が出来ない場合は電源ユニット、又は、マザーボードの故障という事になります。
CPUは?、と思われるでしょうが、CPUの故障はほとんど稀で、弊社で確認したCPU故障はノートパソコンのみ、デスクトップ用の場合はほとんど壊れる事はありません。

CPU故障の可能性があるというパソコン修理会社は実際にあまり修理は行っていないと言い切れます。

今回のDELL XPS8300はビデオカードの故障でした。
幸いオンボードグラフィックスが搭載されていたので、ビデオカードを取り外しで動作テストすると問題なく画面表示が...。

普通はビデオカードの交換修理になるのだろうが、弊社の場合はビデオカードの修理を行います。
部品代がかからないため、修理費用も安価に収まります。

高性能ビデオカードなら、交換修理に3.4万円はかかってしまい大変な出費になってしまいますので大変です。

出来るだけ安価に修理をするのがパソコン救急病院ジャムテックの目標です。


画面表示不良 SONY VGC-LT80DB
電源が入り起動は出来るのだが、画面表示不良、縦ライン、斑模様、おかしな文字が現れるというSONY VGC-LT80DBの修理依頼が埼玉県の個人様から。

P1020454.JPG
NVIDIAグラフィックスの故障で間違いありません。
永く使用していると内部が汚れ、正常な冷却が出来ないためにマザーボードが故障してしまいます。
元々、分解しなければパソコン内のお掃除が出来ないという構造なので少し厄介なパソコンともいえるかもしれません。

マザーボード修理後、正常表示を確認、元通りに組み立てて起動をさせてみるとOSが立ち上がらない。
電源のON、OFFを繰り返した事でOS自体が破損してしまったようです。
今度は、OSの修復作業を開始します。
この段階では、OSが見つからず、どうやらファイルシステム自体が破損してしまい、データとして読み込みが出来なくなっているようです。

P1020455.JPG
OSの修復作業を開始してから約6時間、何とか修復に成功です。

P1020456.JPG
パソコンは、壊れる前の状態に無事復活出来ました。
電源入るも起動しない Lenovo G560
電源は入るが異音が発生して起動が出来ないLenovo G560の修理依頼です。
異音ですが「ピーピーピョロ」みたいなビーブ音に似た音が出ます。

お客様は、マザーボードの故障だろうと想定されており、購入価格も安価だったためほとんどはお買い換えを考えているようです。
もしも修理が出来るなら、これまでの環境でそのまま使えるのでベストなのだが...、という事です。

早速診断を開始します。

この症状、もしかすると?...、思った通りだった。
キーボードを取り外して起動をさせると異音の発生も無くなり、問題なく起動が出来る。
念のためにUSB接続キーボードを付けて操作すると何の問題も無い、キーボードの不良と故障個所を特定致しました。

どうやら、キーボード自体に飲み物を零された形跡を発見。
目視で確認する限り綺麗なのだが、キーボードを少し折り曲げるようにすると内部から「ベチャベチャ」という異様な音が発生します。

故障発症の原因はお客様ご自身、ノートパソコンを使用する時には飲み物は近くに置かないようにするとこの様な故障は無くなります。

と言いながら、私自身も近くに飲み物を置いていますが...。
私の場合はデスクトップパソコンですが、1年に1回ほどキーボードを交換しています。
そうです、原因は飲み物零しです。




液晶パネル割れ交換修理 NEC LS450TSYB
P1020436.JPG
写真のように画面の左側が割れてしまったというNEC LS450TSYBの修理依頼です。
OSはWindows8 購入1年半ぐらいだろう。

本日の昼頃のお持込でしたが、本日の夕方までに修理を完了出来るという事でお預かり修理となりました。
画面が割れてしまった原因というのが、イヤホンを挟んだままパネルを閉じてしまい、気が付いた時にはすでに遅し、画面を割ってしまったという事でした。

この機種の液晶パネル交換作業は、パネル部分を一旦取り外さなければ修理が出来ません。

P1020438.JPG
この部分を取り外すためには、キーボード、上カバーを外さなければいけませんが、ほぼ半壊状態になってしまいます。
ノートパソコンの分解経験が無ければなかなか難しい作業になってしまいます。

分解の際、気づいた点が一つ、上カバーの螺子受け部分が破損していたのだ。

分解作業の際、気づいた点が一つ、上カバーの螺子受け部分が破損していたのだ。

P1020439.JPG
最近、比較的新しいパソコンでもこの様なプラスチック破損がよく見受けられます。
材質が悪いのだろうか、組み込みが悪いのだろうか、原因については不明です。
大きな負荷のかかる部分ではないのでエキポシ系接着剤を使って固定しました。

P1020440.JPG
液晶パネルの交換も無事に完了です。

ご要望の修理内容ではなにですが、動きがちょっと悪いためハードディスクの検査をしたところ、不良セクタを検出しました。

動きの悪い原因はハードディスクだった。

とりあえず、ハードディスクの不良をお客様に報告し、今回は修理を見送るという事なので今回の修理はここまでで終了です。

SONY VPCJ138FJ 分解クリーニング
SONYのモニター一体型デスクトップパソコン VPCJ138FJの分解クリーニング依頼です。
パソコンが熱くなる、ファンから時々異音が発生するので、自力で分解を試みたが分解出来ず、弊社にご依頼がやってきました。

SONYのモニター一体型デスクトップパソコンのほとんどが分解が面倒、ユーザーレベルでは分解が困難な機種が多いようです。

取り外す螺子は約40本とかなり多くなります。
ポイントとしては、DVDドライブを取り外すという点だろうか、トレー部分を開けると固定螺子が2本あり、緩めてDVDドライブを取り外します。
すると、ケースを固定している螺子が2本現れるのでこの螺子を外します。

裏面の見える螺子を全部外すと裏ケースが取り外せます。

さらに、内側の金属カバーを取り外すとファンが見えてきます。
ファンの状態は下記写真のいように...。

P1020443.JPG

埃がたくさん付いてかなり汚れています。
汚れの程度としては酷いというレベルではありませんが、この位の汚れの蓄積でも熱暴走で電源が落ちてしまう機種があるようです。

クリーニング後は下記写真のように綺麗になりました。

P1020444.JPG

これで大丈夫、今回は、ヒートシンクも全て取り外したため、CPUグリスも新しくリフレッシュを行いました。

元通りに組み立てて動作テストを行います。
最新BIOSがあったので更新作業を行います。
BIOS更新で、ファンコントロールを最適化している場合があるのでVIOアップデートを使って作業をします。
パソコンとは、出荷時段階では見つからない不具合がたくさんあり、購入後のアップデートが必要です。

画面真っ暗 バックライト不良 富士通 MG/B70
電源は正常に入り起動音も聞こえる、パソコンは問題なく立ち上がっているようだが画面は真っ暗なまま、よく見てみるとアイコンが並んでいるのいが薄らと見えるという富士通 MG/B70の修理依頼です。

P1020429.JPG
メーカーに修理依頼をすると液晶パネルの交換となってしまい7万円程度の修理費用を要してしまうという故障です。

インバーター基盤の故障も考えられるのだが、故障傾向としてはバックライト不良で間違いないだろう。

バックライト交換修理後は新品同様に復活です。

P1020430.JPG
メーカー修理の2割弱程度の費用で修理が出来てしまいました。
バックライト不良 牛久市から遥々お持込
バックライトが点かず画面が真っ暗というNEC LL750BS1YBの修理依頼は遥々牛久市からの持ち込みです。
牛久市から水戸市までは自動車で約1時間30分ぐらいはかかるだろうか...。

事前にお問合せがあり、遠路遥々のお持込なので2時間程度のお時間を頂ければ修理が完了しますと返答致しました。

P1020424.JPG
薄らと「Lavie」のロゴが確認出来ると思います。
症状は毎回発生するわけではないのですが、画面が明るく点く場合でも画面がチラついています。
SAMUSUNG製16インチパネルに多い故障です。

バックライトをすぐに修理、お約束通り約2時間ほどで修理が完了致しました。

P1020425.JPG
こんなに安く、早く修理が出来るなんてと大変お喜びと同時に驚かれたようです。

液晶パネルの修理に何日もかかる事なんてないのです
すぐに作業に取り掛かれば1.2時間程度で修理が出来てしまうんです。

データ復旧&パソコン修理 富士通AH77/E 埼玉県から
データ復旧を何としてもお願いしたいという富士通 AH77/Eの修理依頼が埼玉県の個人様から。
同時のパソコンの修理もご依頼です。

パソコン自体は「Fjitsu」ロゴの後起動が出来ません。
ハードディスクを検査してみると状態としてはかなり悪い。

AH77.jpg
Dドライブ側はそれほど苦労もせずに復旧出来たのだが、Cドライブ側の復旧作業にかなりの時間を費やしてしまった。

作業開始から丸4日、何とかCドライブのデータ復旧が完了、続いてパソコンの修理作業にお取り掛かります。
データ復旧が出来なければパソコンの修理はしないというお客様も多く、5年前後使用したパソコンなら、データが絡まなければ新しいパソコンを購入した方が絶対にお得なのだ。
また、データ復旧料金に20万円、30万円もかかる場合も同じなのですが、諦められないのが保存データです。
データ復旧業界では、作業費用に大きな差があり、他者様で265000円の見積りだった案件を弊社では実質5000円で対応出来たケースさえあるのです。

法人様の場合なら、平気で3桁になる場合もあるようです。

今回の復旧作業は、丸4日も要してしまったためにさすがに5000円という訳にはいきませんでしたが、お客様に安心、ご満足頂ける金額で作業をさせて頂きました。
液晶割れ パソコンから異音発生 HP Pavilion dv5 FJ816AV
P1020418.JPG
液晶パネルの交換、パソコン内から異音発生という修理依頼が富山県の個人様から。

数社にお問合せをされたそうですが、見積り額が曖昧、修理日数についても曖昧、明確な返答があったのは弊社だけだっととか...。

修理依頼品を送ってから見積りという形の場合、修理費用が高額だった場合送料が無駄、送ってしまったので高額な修理費用でも仕方なく修理続行という、お客様が不利、損な立場に陥ってしまいます。

弊社では事前に大まかなお見積りをさせて頂き、修理方法についても最適案をご提案しております。

今回の修理ですが、液晶パネルは品質の良い中古パネルに交換、異音発生については、冷却ファンが異音発生源と想定しお見積りを致しました。
事前お見積り額20000円程度と返答させて頂きました。

パソコンを診断してみると、異音発生源は思った通り冷却ファンだった。
ハードディスクでは?、と心配されていたようですが、その場合はほとんどがパソコン起動が出来ません。
全解体してファンを検査すると、回転軸は「ガタガタ」していないので摩耗無し、これならグリスアップで対応出来る。

液晶パネルは在庫のあった中古パネルに交換して割れ問題も解決です。

今回の修理費用は15500円(税別)で完了です。

P1020419.JPG

画面真っ暗 NEC LL750BS1YW 埼玉県から
電源を入れると正常に起動しているようだが画面は真っ暗なまま、よくよく見てみると薄らとアイコンが確認出来、起動画面が確認出来るというNEC LL750BS1YWの修理依頼が埼玉県の個人様から。

P1020420.JPG
NEC、東芝製16インチ液晶パネルに多い故障例です。

液晶パネル内バックライトが点かないために画面が明るくなりません。
メーカーに修理依頼をされると液晶パネルの交換となり7万円程度の修理費用がかかるという事です。
新品パネルに交換されるのなら良いのですが、リサイクルパーツを使用する場合もありますので、修理後に2年程度で再発する可能性があります。

P1020422.JPG
バックライトの修理は問題なく完了です。
その他の不具合ですがくつか問題がありました。

Cドライブの空き容量不足、OSに不具合などですが、お客様ご自身でも対応可能なので今回は液晶パネルの修理、内部クリーニングのみとさせて頂きました。

今回のパソコンは、Dドライブは全く使用されておらず、Cドライブが一杯一杯です。
データを一旦別メディアにバックアップを取り、一旦初期化をされ、救出データを元場所に戻すという作業をされる事をお勧め致しました。

ご要望の他の修理については、お客様ご自身で対応出来る事も多く、アドバイスのみで別作業としては致命的問題以外は別途に費用が発生するためにお勧めしておりません。

基本的に、パソコンは1年に1度程度初期化をされると動きも良くなり、バックアップの方法なども覚えられるのでお客様ご自身には良いのではないかと常日頃考えております。



フリーズして動かない 富士通 AH40/K 千葉県から
Windows8にアップグレート後、頻繁にフリーズしてパソコンが動かなくなるという、富士通AH40/Kの修理依頼が千葉県の個人様から。

パソコンのプロダクトキーシールを確認するとWindows8が...、どうやら、ダウングレードのWindows7だったようだ。
お客様にリカバリーディスクが付属されていなかったかを確認すると何も無かったとの事、通常、ダウングレードで購入した場合、リカバリーメディアが付属しているのが普通なのだが...。

頻繁フリーズの原因はファイルシステム障害のようだが、何度修復しても結果は同じ。
Windows8にアップグレードしたタイミングは全く関係なさそうだ。

CristalDiskでハードディスクを検査するが異常無し。???。

富士通のトラブル解決ナビから検査をすると
「故障推定個所」ハードディスク
「エラーコード」2103と結果が出たではないか...。

P1020413.JPG

どうやら、不良セクタはないのだが、別に問題があったようです。
リードエラーだろう。

データを救出した後、リカバリーを試みるがエラーで停止で不能。
リカバリーディスクは作成不能です。
Windows8のプロダクトシールにはキーが記載されていないため、オリジナルOSからのインストール不能、新たにOSを購入するか、メーカーにリカバリーディスクを注文しなくてはいけません。

お客様にリカバリーディスク代を請求すれば良いという事なのだが、それでは修理代金が高額になってしまいます。
そこで、あらゆる経験を駆使してリカバリーを行います。
結果、別機種のリカバリーディスクが対応出来たのでそれを使用、OSのライセンス認証も問題なし、デバイスドライバーも全てインストールされ動きも快適です。
しいて言えば、MS Office2013無しモデルの物だったため、MS Office2013がインストールされません。
別途にMS Office2013をダウンロードして認証を取るしか方法がありません。

Windows8.1へのアップグレードはお客様にお任せで修理完了です。

P1020417.JPG



S.M.A.R.T Error SVT1119FJS データ救出修理
S.M.A.R.T. Hard Drive detects Error...とメッセージが表示されるSONY SVT1119FJSのデータ救出修理依頼が水戸市の個人様から。

P1020411.JPG

ハードディスクのS.M.A.R.T.機能で不良を警告してくれるのだが、こんな場合は早急にハードディスクを交換する必要があります。
何かのキーを押す事で問題なく起動が出来てしまうため、そのまま使い続けてしまう方も多いようです。
このまま使い続けると、ハードディスクの悪化を加速化させてしまい、大切な保存データも失ってしまいます。

某大型家電量販店内の某パソコン修理会社にお持込されたそうですが、修理費用が高額だったために弊社にご相談にご来店です。

差支えなければという事でそのお見積り額を伺ったのだが、某パソコン修理会社の見積り額といしては意外に安価だった。
メーカー修理には出さずに店内で修理をするのだろうか...。
しかし、このSVT1119FLSは、SSD 32GBとHDD 500GBをRAID 0で構成されているのだ。
あの、某パソコン修理会社にそんなスキルがあるのだろうか?と、疑問の残ることろだ...。

以前、RAID構成のネットワークドライブのデータ復旧依頼をされたお客様の復旧データを見させて頂いた際、HDD1.2.3.4と4つのフォルダー分けした復旧データに愕然とした記憶があるからだ。

念のためハードディスクを検査してみました。

svt1119.jpg

まずは、データ救出から作業に取り掛かります。

使われていたハードディスクは、またまた東芝製かと思っていたのだが、今回はHitachi製7mmタイプだった。

Hitachi製HDDは、東芝製に比べると遥かに故障率は低いのだが、もしかすると使い方に問題があるのかもしれません。

壊れているハードディスクを新品に交換、RAID構成を設定してリカバリーディスクを使って作業を行います。

SONYのパソコンは、ブートデバイス選択をしなくても光学ドライブからブート出来たのだが、今までとは変わってしまったのかブート不能。
よくよく調べてみると、F11を押さなくてはいけなかったようだ。

リカバリー作業も無事に終了、救出データを元場所に戻してWindowsアップデート、Vaio CareからVaioアップデートで最新のドラーバー、修復プログラムに更新します。
更新項目の中にFirmwareというのがあった。
Firmwareとはあったが、どうやらBIOS更新の事を指しているらしい。

パソコン修理とデータ救出作業はすべて終了です。

お客様のお引き取りの際、パソコンをどのように使用しているのあ伺ったところ、やはり使用方法の問題があったのだろうと確信しました。

問題点は
パソコンは電源を入れっぱなしで切らない。
そのまま持ち運びして使用している。

思った通り、パソコンを理解されていないようです。

パソコンとは、衝撃に弱い繊細な機械です。
電源が入ったままパソコンを動かしたり、持ち運んだりすると、購入3か月、半年ぐらいでハードディスクが故障してしまいます。
勿論、電車の中などでの使用もNGです。
Panasonicのように、中にはハードディスクに衝撃吸収構造を施しているパソコンのあるのだが、基本的にはNGです。

最近のタブレットパソコンには、ほとんどがSSD搭載になっています。
SSDの利点といえば、起動速度が速いという大きなメリットがあるのですが、私は、衝撃に強いという利点を重要視しています。
デメリットとしては、価格が高額だという事でしょう。

P1020416.JPG

    

東芝REGZA PC D711 リカバリーも出来ない
東芝REGZA PC D711モニター一体型パソコンですが、リカバリーが出来ないという修理お持込です。
リカバリー途中でストップしてしまい、最後まで終了出来ず、おそらくはハードディスクの故障では?、とお客様はおっしゃっていました。

その前に、このREGZA、とにかく分解が難しい。
取り外す螺子は少ないのだが、ほとんどがハメこみ式のため、なかなか裏ケースが外せないのだ。
以前にも別機種REGZAの修理をした際にもかなりの面倒くささだったのだ。
今回のは、以前にも増して面倒、裏ケースが割れるのではないかと思われる「バキッ」と音を発しながらやっとの思いで分解が出来ました。

ハードディスクを検査すると間違いなく物理的故障です。

d711.jpg

デスクトップパソコンなのですが、東芝製MKの2.5インチハードディスクが使われていました。

P1020405.JPG

よく見てみると、3.5インチハードディスクがマウント出来るようになっているのに何故?。
2.5インチの5400rpmに対して3.5インチは7200rpm、回転数が高い方がパソコンは快適に動く。

P1020409.JPG

元々使われていた2.5インチ750GBのハードディスクを3.5インチ1TBに交換します。
足りない部品は、マウンターに取り付けるゴムブッシュと少し長めの螺子が必要です。
運良く在庫があったので3.5インチ換装に決定です。

ここまでであれば、分解が面倒だった以外は何の問題もなく作業が進行するように思うだろうが、一番大きな問題があるのだ。
そうです、リカバリーディスクが無いのです。

ハードディスクを丸ごとコピーを試みるがエラーで停止、当然、通常起動が出来ないためにディスク作成も出来ません。

メーカーに注文してしまえば何の問題もないのだが、リカバリーディスク代が数千円もかかってしまいます。
東芝の場合は8000円に消費税ぐらいだろう。

この機種の物は弊社にも在庫がないので何としてもリカバリーディスクを作り出さなければいけません。

通常起動が出来るように、ハードディスクは元のままで一旦修理を行います。
作業開始から丸1日、なんとか通常起動が出来るように修理完了。
動いているうちにリカバリーディスクを作成してしまいます。
いつ止まるかと心配しながら、何とか全てのディスク6枚作成に成功です。
作業完了は夜中になってしまいました。

あとは、リカバリーをして修理完了となる訳ですが、ここまでの作業に大幅な時間を費やしてしまった。

P1020410.JPG

電源入るも画面が真っ暗 NEC LL370SG 愛知県から
電源は正常に入るが画面は真っ暗なまま起動が出来ないNEC LL370SGの修理依頼が愛知県の個人様から。

P1020406.JPG

他者様に修理依頼をされたそうですが、マザーボード交換修理で5万円以上の見積りだったとか...。

故障傾向から、まず、マザーボードの故障で間違いなさそうだが、検査を開始します。
パソコン内は汚れてゴミが溜まっていればまず間違いありません。

P1020407.JPG

分解して確認してみると、やたらと大きな綿埃の塊が...、もしかすると、この塊がファンの回転を止めていたのかもしれません。

パソコンとは、発熱を冷却出来なければ様々な故障を発症してしまいます。

念のため、CPUを正常品に交換してテストをするが症状変わらず、マザーボードの故障で決定です。

P1020408.JPG

マザーボード修理後は元通りの状態に復活です。
修理費用は他者様の3割以下、お預かりも1日でした。
正常起動出来ているようだが画面が真っ暗 HP Pavilion dv6
正常に起動は出来ているようだが画面が真っ暗なまま、メーカーロゴも表示されないHP Pavilion dv6 の修理依頼が滋賀県の個人様から。

少し前にお問合せを頂いたのだが、その後、症状が現れず...。
再度症状が発生したので修理ご依頼です。

液晶パネルの故障と疑われる症状です。

パソコンが届いて検査を始めるが症状を確認出来ず。
全く問題なく使える状態です。

常時、症状が再現されないというパソコン修理屋泣かせの症状ですが、根気よく症状が再現されるまでテストを行います。

テスト開始から2日目、やっと症状が再現され、やっと原因究明作業に取り掛かれます。

パネルの開閉をしても症状は変わらず、やはり、液晶パネルの故障か、液晶ケーブル破損か、マザーボードの故障なのだろうか...。

最近のパソコンに多い故障例で、パソコン組み込み時のミスというのも視野に入れて、一旦分解して再組立を行います。

分解時に気なった点が2個所、液晶ケーブルのマザーボード側コネクタが簡単に外れてしまった。
元々、差込が浅いコネクタなのでこんなものなのかな?、と、思いながらも完全に分解して再組立を行います。

パソコン下半身部分の分解が終了、今度は上半身(液晶パネル側)の分解を行います。

すると、致命的と思える個所を発見、液晶ケーブルと液晶ユニットを接続しているコネクタの様子が少し変、明らかに接続ミスと思える状態です。

P1020399.JPG
P1020400.JPG

上が分解前で下が分解接続後の写真です。

上の方は、明らかにコネクタ部分が斜めに接続されているのが確認出来ると思います。
時々画面が点かないとい原因はここだ!。

液晶パネルの不良はないだろうと確信があったわけではなかったのだが、可能性は低いと思っていた私の判断がドンピシャだった。
症状の再現性がなかなか現れないので、その後も数日お預かりして動作テストを行いましたが、その後は症状は再現されません。

メーカー修理の場合、あまり検査もせずに部品を交換してしまうのだろう。
液晶パネルを交換してしまった方が修理も早く、売り上げも上がるのだが、交換する必要のない部品の交換はしません。

今回の修理はメーカーの組立ミス、全解体再組立で修理完了です。

最近では、パソコンメーカーの組立ミスもけっこうな割合で発生しています。
もっと組立時の検査をしっかりとやってもらわないと困りますね。



データ復旧・パソコン修理 富士通 AH42/H 三重県から
三重県の個人様から、富士通ロゴの後画面が真っ暗なまま起動が出来ないという富士通AH42/Hの修理依頼です。

保存データの復旧も同時にしたいが、データ復旧が高額になるだろうという事からパソコン修理のみのご依頼です。

パソコン修理と同時に、データ復旧をお申込みの場合、弊社では+5000円から対応しているので、ご予算内で対応出来るならという事でデータ復旧&パソコン修理依頼となりました。

まずは、ハードディスクの検査を行います。

簡単にハードディスクの検査の出来るCristalDiskで調べてみると全く起動出来ず、ハードディスク自体はかなり悪い状態です。

パソコンは問題なく修理完了、あとは、データ復旧作業だけです。

作業開始から約2日、Dドライブに保存されていた写真フォルダー、バックアップファイルは復旧出来ましたが、Cドライブは復旧不能、これ以上の作業は別途に費用がかかってしまうのでここまでで終了です。

残念ながら、バックアップファイルは2012年12月の物、このデータを復元しても意味はなさそうです。

ご希望だったiTunesの音楽データの復旧はご予算内では対応出来ませんでした。

今回はパソコン修理代金のみ、データ復旧作業は、ご予算内では復旧出来なかったので無料です。

P1020403.JPG

画面が真っ暗 NEC LL750RG マザーボード修理
電源は正常に入り起動音も聞こえるが画面が真っ暗というNEC LL750RGの修理依頼です。
よく見てみると薄らと起動画面が確認出来ます。

P1020386.JPG

故障個所としては、液晶パネルと考えるケースが多いのだが...。
確かに、液晶パネルのバックライト不良、又は、インバーター基盤の故障を疑うのだが、NECノートパソコンの中には、マザーボードの故障が原因でバックライトが点灯出来ないという故障例もあります。
検査方法としては、バッテリー起動の場合に正常にバックライトが点灯するか否かだ。

今回お預かりしたNEC LL750RGの場合、バッテリーでは正常にパソコンが使える状態、マザーボードの故障で間違いありません。

ACアダプターの電圧が15Vのパソコンに多い故障例です。

P1020387.JPG

実はこのパソコン、購入した量販店に修理依頼をされ、メーカーにて診断を受けて修理見積りをしているとの事。
診断結果はマザーボードの交換が必要で6万円ほどの金額だったらしい。

マザーボードの修理は小さな部品を1個交換して無事に完了、元通りに動くように復活です。

メーカーでは、マザーボードを交換する必要があるとの診断だっため、お客様は、修理完了のご連絡に疑問を持たれたようです。

メーカーさんの修理は、分解マニュアル、交換部品があるという環境ですから、パソコン修理に関するスキルは必要ありません。
言い換えれば、少し細かい作業が出来るアルバイトでも大丈夫なのではないだろうか...。
診断もいい加減、水被りのパソコン等は、分解もせずに見積りをしているようです。

部品そっくりを交換する修理なんて簡単でいいですね...。




東芝Dynabook B300/22B HDD故障 リカバリーディスク無し
HDDが壊れてしまったようだがリカバリーディスクが未作成、そんな物でも修理が出来るかと事前にお問合せがありました。
パソコンは東芝 Dynabook B300/22Bです。
弊社では、各メーカーのリカバリーディスクは多数所有しておりほとんどは対応可能です。
対応リカバリーディスクが無くてもパソコンの修理は可能、何とでもなるのです。

壊れてしまったハードディスクはまたまた東芝製MKです。
一応検査してみたが、HDD検査ツールがなかなか立ち上がらず、約10分もかかってしまった。
物理的故障で間違いありません。

この機種のリカバリーディスクは在庫が無かった、が...、販売時期の近い機種の物を使用してリカバリーを行います。

SONY、NECの場合は別機種リカバリーディスクでは対応出来ない場合が多いのだが、東芝、富士通はその辺が少し緩いために何とかなってしまいます。

P1020384.JPG

修理完了後にWindowsアップデート、個体アップデート、MS Officeに認証はプロダクトキーが無かったのでお客様にお願いしました。

System FAN errer HP dv6-6000/C LF373AV 京都から
System FAN errerとエラーメッセージが表示されて起動が出来ないHP Pavilion dv6-6000/CT LF373AVの修理依頼が京都府の個人様から。

まず、外見を目視確認すると、明らかにタバコのヤニで汚れている。
冷却ファンが、タバコのヤニで回転出来なくなっているのではないかと想定出来ます。

分解して確認すると、思った通り、タバコのヤニがべったりです。

P1020382.JPG

ここまで酷い状態だと、クリーニングをしてもダメかもと思いながらもクリーニングを行ってみます。
クリーニング前は、指で回してもほとんど回らずだったのだが、クリーニング後は指で回すと1秒間ぐらいは回転出来るように改善、しかし、回転軸が摩耗しており少しガタつきあり。
とりあえずは使えるだろうが、ファンから異音が発生するのは間違いないだろう。

ここまで酷い場合は新品に交換するしか方法がありません。

ファン交換後は無事に起動、ファンの回転も静かで心地よい感じです。




富士通 AH40/H メーカーロゴの後画面が真っ暗
栃木県のお客様のお持込修理依頼です。

詳しくお話しをお伺いすると、茨城県にお仕事で来ているようです。
パソコンが壊れてしまい困っていたところ、弊社の看板を見てご来店されました。

弊社では広告費用を掛けるのは、その経費が修理代金に跳ね返ってしまうために好きではないので、広告といえば店舗の地図があるこの看板だけです。

検査の結果、ハードディスクの物理的故障を確認しました。

リカバリーディスクは未作成、残念ながら弊社にも対応出来る物がありません。

内臓リカバリーから作業を試みるがトラブル解決ナビは起動するものの先に進む事が出来ません。
こんな時に試してみる方法が一つ、ハードディスクを取り外し、別パソコンでCドライブをフォーマットしてしまいます。
なかなかフォーマットが出来ずに何度かチャレンジし、何とかフォーマットに成功、その後、トラブル解決ナビを起動してリカバリーを試みます。

今度は、無事にリカバリーが完了、そのままバックアップナビを立ち上げてリカバリーディスクを作成します。

リカバリーは無事に終了出来たのでこまのままでも良いのでは?、とお思いになるでしょうが、ハードディスクに物理的な故障があるため、もっても数日だろう。
ハードディスクは交換が必要です。
またまた東芝製MK型番のハードディスクです。

パソコン修理後、Windowsアップデート、アップデートナビでパソコン個体のアップデート、自動で出来ないアップデートは手動で作業、MS Office2010H&Bのインストール、パソコン内部のクリーニングを行い作業終了です。

P1020379.JPG

画面が真っ暗 DELL XPS M1210
P1020372.JPG

電源は入るが画面は真っ暗なまま映らないDELL XPS M1210の修理依頼が静岡県から。

OSをWindows7にアップグレード、ハードディスクはSSDに換装しているというパソコン、古いパソコンだが、使用上は何の不満もなく使えるだけに修理をしたいというお気持ちはよく分かります。

私自身も、約7年前のノートパソコンをSSDに換装、OSはWindows8.1で使用していますが、性能的には十分に満足出来、時々使用しています。
搭載メモリーはたった2GB、最近のパソコンと比較してmのかなり少ないのだが、誰もが何でこんなに速いのと疑問を持たれます。

Windows8.1自体が軽くなったため、WindowsXPの古いパソコンでもOSをアップグレードすればまだまだお使い頂けます。

このXPS M1210ですが、外部モニターで見てみると画面に多数のラインが入っています。

P1020373.JPG

NVIDIAグラフィックスの不具合で間違いなさそうです。

修理後は元通り、綺麗な画面で表示出来るようになりました。
当然、保存データも環境も元のままです。

P1020375.JPG

PCI Express error 東芝Qosmio G40/97
Qosmioロゴの後PCI Express errorと表示が出て起動が出来ない東芝Qosmio G40/97の修理依頼が東京都の個人様から。

P1020377.JPG

保存データを大変に心配されており、データはそのままで修理が出来るかと事前にお問合せがありました。
最悪、修理が出来なければ保存データを救出して欲しいとのご要望です。

マザーボード修理後は壊れる前の状態に復活です。

P1020378.JPG



ビーブ音4回 DELL INSPIRON 530
「ピーピーピーピー」と4回鳴り起動が出来ないというDELL Inspiron530のお持込が水戸市の法人様から。
お持込の際のテストではこの症状は確認出来ず、普通に起動してしまったのだが、お客様が動画を撮影されていたのを見させて頂きました。

普通に起動が出来たり、ビーブ音が出て起動出来なかったりだったという事です。

DELLでビーブ音4回はメモリー不良の可能性が高い。
パソコン自体は、タバコのヤニで汚れており、内部も非常に汚れている状態です。
これでは、正常な冷却が出来ないために様々な故障を発症してしまうだろう。

起動は問題なく出来たのだが、動きが異常に悪いのだ。
メモリー不足かと思い確認するが、WindowsXPで4GBのメモリーが搭載されている。
メモリー不足でなければハードディスクの問題、早速検査をすると異常を確認しました。

530.jpg

ハードディスク自体は、表面が熱を加えて変色してしまったような色に...、やはり冷却不足が原因なのだろうか...。

ビーブ音4回の原因は内部の汚れが原因だった。
メモリー、メモリースロット、を綺麗にクリーニングした後、メモリーテストをするがエラーは検出されず、メモリーは交換する必要はありません。

ハードディスクは思った以上に状態が悪く、データ移行ではエラーが頻発、仕方なくデータ復旧作業で対応いたしました。
OSはWindowsXPのまま、もう暫くは使いたいとのご要望なのでOSのアップグレードは行いません。

データ復旧、データを戻すという作業に約2日を要してしまったが無事に作業は終了です。
残念ながら、破損ファイルが約5%弱ありました。

修理後のパソコンは動きも快適です。
起動時の音が煩いとの事だったのでBIOS更新作業で問題解決です。
OZZIO NR73650 画面表示不良
P1020363.JPG

画面が滲んだように表示されるOZZIO NR73650 の修理お持込です。
購入店のPC-DEPOTにお持込されたそうですが、液晶ユニット故障で5万円?7万円、正確にはメーカーに送ってみないと分からないという診断だったとか...。

この症状の場合、多くは液晶ケーブル破損、コネクタ部分の接続不良などは想定出来るのだが、ほとんどはメーカー送りで修理をしているのでこのような故障事例を知らないのかもしれません。

故障発症の原因は、パソコンを目視で確認が出来ました。
上ケースと下ケースの間に液晶ケーブルの一部が噛んでいる、組立ミスといってもいいだろう。

P1020367.JPG

写真では解り難いが、明らかにケースで挟んだまま組立れてている。
液晶ケーブルを取り外して分解してみるとケーブル数本が切れているのを確認。

P1020369.JPG
P1020370.JPG

切れている3本を接続してテストをするが症状はほとんど変わらず、その後もケーブルを検査すると更に2本の断線が発覚、とにかく細いケーブルなので目視確認は無理、ケーブルを軽く引っ張って切れるか切れないかを確認します。
その後も2本の断線を発見。

このケーブルは、あと何本切れているか分からないので部品を手配して交換となりました。

修理後は元通り、綺麗な画面で表示されています。

P1020371.JPG

画面表示不良 東芝Dynabook TX66G
P1020361.JPG

画面の下部分約6割ほどが白っぽく横線が入り画面が綺麗に表示されないという東芝 Dynabook TX66Gの修理お持込です。

この症状の場合、液晶ユニットを交換するしか修理方法がありません。
OSはWindowsVista、これから先何年も使用するとは考えていないため、とにかく安価に修理が出来ればというご相談です。

今回は、ご予算の都合から中古パネルに交換修理をさせて頂きました。

修理後は、とても中古パネルとは思えないくらい綺麗な画面に大変ご満足されていました。


Windowsロゴのまま動かない 富士通LIFEBOOK AH/52D
Windowsロゴのまま動かない 富士通 LIFEBOOK AH52/Dの修理依頼です。
このパソコンでこの症状、まず間違いなくハードディスクの故障だ。
使われていたハードディスクは東芝製、この時期の東芝製ハードディスクはとにかく故障が多いのだ。
以前は故障が少なかった富士通ノートパソコンだが、東芝製ハードディスクを採用してからは故障が多発している。

ハードディスクの検査の結果、検査ツールがなかなか立ち上がらないほど悪い状態です。

残念ながらリカバリーディスクは未作成、弊社にも在庫がありません。
富士通の場合、別機種のリカバリーディスクでも対応出来る、まずは、製造時期の近い機種のリカバリーディスクを使ってリカバリーを試みます。

4機種のリカバリーディスクを使用して作業を試みたが、USBデバイスが接続されているためみたいなメッセージが現れてリカバリーが出来ない。
当然、USB機器などは何も無く、このAH52/Dには他の機種には無い何らかのデバイスがあるようだ。
診断ツールを使い検査するも何の問題の無し、やはり、リカバリーディスクの問題で間違いなさそうだ。
リカバリーディスクはメーカーから購入する事も可能なのだが、5000円以上の費用が掛かってしまい、修理費用が安価で好評を頂いている弊社としては出来る限り安価な修理費用で対応しなければいけないのだ。

そこで、オリジナルのOSディスクを使用し、必要なデバイスドライバーをインストールという方法で修理を行います。
常駐ソフトが少なく出来るため、動きも速く、快適に使えるようになるので、かえって喜ばれるケースが多いです。
足りないドライバー類は何とでもなるのでこの修理方法がベストだろう。

P1020338.JPG

修理完了、写真はサーバーが一杯になってしまうのでかなり画質を落としているのであまり綺麗ではありませんが、現物は綺麗に表示されています。

急ぎでというご要望だったので、お預かり翌日にはお渡しする事が出来ました。
パソコンはすこぶる快調です。
DCジャックが陥没 東芝EX35LWHKS
DCジャックが陥没してしまい、通電出来たり出来なかったりという東芝EX35LWHKSの修理依頼です。
型番の最後にKSとあるのでケーズデンキモデルのようです。

分解してDCジャック部分を確認すると写真のように。

P1020340.JPG

黒くてよく分からないとおもいますが、DCジャックを固定している底ケースが破損しています。
完璧に修理をするなら底ケースの交換なのだが、部品代も馬鹿になりません。
今回は、折れてしまった部分を強力接着剤で取り付け、その後、エキポシ系接着剤でガチガチに固定してしまいます。
接着後の写真はあまり綺麗とはいえないので公開しない事とします。

このお客様は、ACアダプター部分を常に曲げた状態で使用されていたとの事でした。
少し余裕を持たせてあげると壊れる事は無かったのかもしれません。

その前に、もっと頑丈な造りにしてくれればこんな破損は発生しないのにと思う今回の修理でした。


画面が真っ暗 NEC VN570LG 北九州市から
OSの起動音は聞こえるが画面が真っ暗というNECのモニター一体型パソコン VN570LGの修理依頼が北九州市の個人様から。

画面は暗いままだが、よくよく見てみると薄らと起動画面が確認出来ます。

P1020342.JPG

どうやらセキュリティソフトの使用期限が切れているようです。

この機種の場合、インバーター基盤の故障も想定出来るのでバックライトを正常品に交換してテストを行います。

P1020343.JPG

バックライトは問題なく点灯、バックライト不良で間違いありません。

P1020344.JPG

バックライト交換直後のテストで問題解決を確認。

P1020345.JPG

画面は明るく綺麗に復活です。
ハードディスクを検査すると空き容量が300MBほどしかありません。
ディスクのクリーンアップで約4GBの空き容量に、動きが少し悪いのでデフラグ、スキャンディスクを実行して動きもかなり良くなりました。
東芝 TX66J2 画面が真っ暗
電源は正常に入り、起動音が聞こえるものの画面が真っ暗、外部モニターに出力すると起動画面が見えて使用出来るという東芝 TX66J2の修理お持込です。

某パソコン修理会社に持ち込みで診断して貰ったらしいのですが、メーカー送りで5万円?7円ぐらいになるだろう、修理にかかる日数も2週間ほどかかるという事らしいです。
実際には7万円程度かかるはずです。

しかし、修理に2週間?、メーカー修理はそんなにかからない、東芝ならば3.4日で修理は終わるはずなのだが、新しいパソコンを売るためのセールストークなのだろうか...。

このパソコンの故障傾向でこの症状の場合、ほとんどはバックライト不良で間違いない。
16インチ液晶パネルはSAMUSUNGしか製造していない、バックライト切れかケーブル断線がほとんど、今回はケーブル断線だった。

P1020348.JPG

写真は、ケーブルを少し引っ張ったら簡単にケーブルが取れてしまった時の物です。
バックライト自体は両端が真っ黒になっていないので今回はケーブルの再接続で修理を行いました。
修理後の画面は明るく綺麗、発色も良好です。

修理後の写真は撮り忘れました。

お客様は安価な修理代金に大変ご満足のご様子でした。

Windowsアップデートが出来ない HP P6740JP
Windowsアップデートが出来ないというHP P6740JPの修理お持込です。
履歴を確認すると約1年前から実行されていないという事でした。
OSに不具合があり、修復作業で問題解決出来るのではと推測していたのだが、思っていた以上に状態が悪く修復不能、これは、OSリカバリーが必要か...。

動き自体は何の問題もない、Windowsアップデートが出来ないだけだったが、ハードディスクを検査してみると何と物理的に故障を発見。

hp.jpg

使われていたハードディスクはSeagate製の薄型タイプ、このハードディスクもなかなか故障が多いのだ。
つい先日修理をしたSONY VPCJ117FJもこのハードディスクだった。

お客様がリカバリーディスクを作成されていたので作業は早い、救出データ量もそれほど多くなく、データ救出作業とパソコン修理で約3時間で作業完了、あとは、Windowsアップデートを行い修理完了です。

富士通ロゴの後画面が真っ暗 Life Book AH53/H
富士通ロゴが出た後、画面が真っ暗で左上にカーソルだけという富士通LIFEBOOK AH53/Hの修理依頼です。
購入した大型家電ショップに併設されているパソコン修理会社にお持込をされたそうですが、修理費用が高額なために修理を諦めていたパソコンとの事でした。

早速診断をすると、すぐにハードディスクの故障を解る症状、詳しく検査をするとやはり問題あり。
おまけに、Cドライブはフォーマットをする必要ありとメッセージ。

ah53h.jpg

使われていたハードディスクはまたまた東芝MK6475GSXです。
使用時間312時間、壊れてしまうのがあまりにも早すぎるのだ。

今回はデータ復旧作業は必要無しという事なので作業は早い。

修理後は購入時の通りに無事に復活です。
Windowsアップデート、アップデートナビでパソコン個体のアップデート、MS Office2010 H&Bの認証作業を行い修理完了です。

P1020357.JPG

Windowsロゴのまま動かない DELL Vostro 220S
Windowsのロゴのまま動かないDELL Vostro 220Sのデータ復旧ご依頼がひたちなか市の法人様から。
パソコンは、WindowsXPなのでお買い換えを検討されているようです。

ハードディスクトラブルは間違いなさそうなので早速検査を行います。
結果、不良セクタが大量にあり、物理的故障で間違いありません。
さらに情報を確認すると稼働時間が約46000時間、電源投入回数が約160回、電源投入回数に対して稼働時間が長すぎるのだ。
これは、シャットダウンをせず、常に電源を入れたままという結果になります。
あの、東日本大震災の時も電源は入ったまま、パソコン本体は机から落ちて転がっていたのではないだろうか...。

今回、ハードディスクが壊れても致し方がない、パソコンを大切に使わない方が壊したと言っても言い過ぎではないだろう。

保存デパソコンは、の復旧は無事に成功、ほぼ全データの救出が出来た模様です。

さて、パソコン側ですが、OSをアップグレードすればまだまだ使えるスペックです。
インターネット、ワード、エクセルが中心という事なのでOSをWindows7にアップグレードして使えるように修理をされてはとご提案させて頂きました。

パソコンはOSをWindows7にアップグレードして修理、復旧データを元場所の戻し、メールデータのインポート、Windowsアップデート、その他の必要作業を行い修理完了です。

パソコンとは、消耗品だという事を認識してください。
今回のパソコンは、内部も酷く汚れている状態ではなかったので、マザーボードの各パーツが劣化しているという事も考えにくいため、これから先のまだまだお使い頂けるだろうという事からOSのアップグレードをおすすめしました。




SONY VGC-LT82DB 画面表示不良
電源投入直後

P1020331.JPG

少しして

P1020332.JPG


暫くたって

P1020333.JPG

写真のように画面表示が時間とともに変化する画面不良のSONY VGC-LT82DBの修理依頼が宮城県の個人様から。

NVIDIAグラフィックス搭載モデルに多い故障です。
発熱の多いGPUなのでパソコン内が汚れると冷却不足になるのが原因で発生する故障です。
SONYでは延長保証対象機種でしたが、いまではそれも終了しています。

パソコンとは、発熱する家電品です。
パソコン内部を冷やすために、ファンを利用して外部の空気を吸い込んで冷却を行っています。
長年使用していると、パソコン内部にゴミが溜まり、必要な冷却を妨げてしまいパソコンの故障を誘発しています。

パソコンとは、定期的にお掃除をするなどのメンテナンスが必要な家電品なのです。

このモデルはノートパソコンに比べても分解が面倒、今回取り外した螺子数は約60本、螺子の種類は5種類とあまり多くはありません。
最低限の取り外し本数で作業を行ったのですが、経験の無い方なら80本以上は取り外してしまうかもしれません。

マザーボード修理後は元通りに復活です。

P1020335.JPG





OSが起動出来ない 富士通ノートパソコンNF/D70
Windowsが起動出来なくなってしまった富士通 NF/D70ですが、お客様は、先日あったWindowsアップデートが原因だろうと解決策をネット検索で調べて何やら操作をされたが問題解決が出来ず、弊社に修理のご依頼がやって参りました。

Windowsアップデートに伴うトラブルであれば簡単に問題解決が出来るはずなのだが、何をされたのかは不明ですが、Cドライブ、Dドライブのファイルシステムが壊れてしまっています。

P1020328.JPG

システム回復オプションを起動させると何と同じパーティションにOSが2つインストールされている。
一体何をされたのだろう...。

C、Dドライブのファイルシステムを修復する作業に約2時間、パソコンは元通りに起動出来るようになりました。

P1020329.JPG

しかし、OSが2つインストールされている状態には変わりがありません。
一旦データを救出してリカバリーされる事をおすすめ致しました。

パソコンのトラブルは、まず、何もせずにご相談頂けると良いのですが、みなさん、ネット検索で対応策を探して弄ってしまいます。

弄らずにご相談頂けると何も無かったかのように修理する事さえ出来るのです。
液晶パネル割れ 東芝Dynabook R731/37EK
液晶パネル割れ修理依頼が茨城県常陸太田市から。
パソコンは東芝Dynabook R731/37EKです。

P1020262.JPG

分解前に写真を撮り忘れたので液晶のフレームを取り外した状態の写真です。

このR731にも種類があり、今回採用されていた液晶パネルはコネクタ部分が裏側ではなく前に付いているタイプです。
残念ながら在庫がありません。

パネルの発注に約10日を要してしまいましたが無事に修理完了です。

このパソコンの液晶パネルの厚みは1.5mm、この厚みで液晶パネルが割れないはずがありません。

パソコンは丁寧に優しく扱うように心掛けてください。

いとも簡単に液晶パネルが割れてしまいますよ。
Operating System Not Found SONY VPCJ117FJ データ復旧優先
P1020323.JPG

Operating System Not Found とメッセージが出て起動が出来ないSONY VPCJ117FJ、家族の写真がたくさん保存されているのでデータ復旧優先で修理をしたいと遠路北茨城市からのお持込です。

ハードディスクの故障、又は、OS破損で間違いなさそうです。

ハードディスクを検査すると大量の不良セクタがあり物理的損傷で間違いありません。
使われていたハードディスクはSeagate ST3500418AS 薄型タイプのハードディスクだ。
このSeagate ST3500418AS これまでにも何度か故障に遭遇しているので故障率が高いハードディスクなのだろうか、薄型タイプに多く見受けられます。

データ復旧の結果、メインユーザーアカウント分約45GB復旧が出来ました。
ランダム検証の結果、破損ファイル無し、ほぼ100%のデータ復旧が出来たもようです。

P1020327.JPG

パソコンも無事に修理完了、Windowsアップデート、Vaioアップデートを行い、復旧データを元場所に戻して修理完了です。
GIGABYTE W566N バックライト交換修理
先日、画面表示不良で修理をさせて頂いたGIGABYTE W566Nですが、バックライトの不良が確認出来たので今回修理をされてはとご提案させて頂きました。
その結果、バックライトの交換もという事になり修理をいたしました。
別途に修理をする場合に比べると大幅にお安くなります。

修理前の写真

P1020294.JPG

本来白い文字が赤っぽくなっています。
これは、バックライトの劣化の症状です。

分解して取り外したバックライト

P1020318.JPG

上が付いていたバックライトで下が新品のバックライトです。
端の部分が黒くなり、全体的の色も白さがことなります。

修理後は明るく綺麗な画面に生まれ代わりました。

P1020319.JPG

SONY VPCCB48FJ HDD故障
パソコンが起動出来なくなってしまったのでSONYに修理依頼をされたそうですが、あまりの高額費用に修理を断念、弊社を発見したとお持込です。
パソコンは、メーカーから返却されたままの梱包、診断書まで付いている状態です。
メーカーに診断はあまり信用していないのだが、使われていたハードディスクは東芝MK7559GSXP、どうやらハードディスクの故障で間違いないようだ。
念のために検査をするが、やはりハードディスクの物理的故障で間違いありませんでした。
今回はパソコン起動もせず、いきなりハードディスクを取り外しての検査を行いました。

またまたリカバリーディスクは未作成、SONYの場合、パソコン購入後暫くの間、右下に吹き出しが出て「リカバリーディスクを作成...」といメッセージが出るはずなのだが...、ほとんどの方は無視しているのだろうか、未作成の方がほとんどのようです。

P1020313.JPG

パソコンは無事に修理完了、Windowsアップデート、Vaioアップデートを行い作業終了です。
約1日で作業が完了出来ました。
Operating System Not Found SONY VPCSB25FJ
P1020314.JPG

Operating System Not Foundと表示が出て起動が出来ないSONY VPCSB25FJのパソコン修理とデータ復旧のご依頼です。

リカバリーディスクは未作成、大切なデータが保存されているので何としても復旧させたい、最悪の場合はパソコンは処分しても構わないという切実さです。

早速、データ復旧から作業を開始します。

ハードディスクの状態はかなり悪かったのだが、ほぼ100%のデータ復旧に成功です。
「Operating System Not Found」と表示が出てもハードディスク自体は生きている事もあり、ファイルシステムの崩壊でも同メッセージが出てくる事もあります。

P1020315.JPG

パソコンも無事に修理完了、Windowsアップデート、Vaioアップデートを行い作業は終了です。
Vaioアップデートには重要な項目もあるので必ず実行するようにしましょう。

このVPCSB25FJにはBIOSの更新も含まれています。
発熱の多いパソコンなので必ず更新してください。

P1020324.JPG

BIOS更新後はファンの回転が少し変化しているようです。
頻繁にフリーズ とにかく動きが遅い NEC LS150/C

とにかく動きが遅い、頻繁にフリーズしたりするというNEC LS150/Cの修理依頼です。
搭載メモリーは2GB、出来れば4GBぐらいは欲しいところだが、検査をしてみるとハードディスクが物理的に壊れているのを確認。
動きが悪い場合はメモリーを増設すれば良いと安易に思われている方も多いようですが詳しく原因明をしなければ無駄な費用になってしまいます。

ls150c.jpg

使われているハードディスクは今回もMKの型番で始まる東芝製だ。
どうもこの東芝製ハードディスク、とにかく故障が多い、おそらくは衝撃に弱いのだろう。
使用時間を見てみると、パソコン購入年数から考えてもほとんど電源が入ったままお使いだったのだろうか、個人様のパソコンとしては使用時間が長すぎる。
パソコンのお使い状況を伺っても少し雑な扱いをされていたようです。

特にノートパソコンは、腫物を触るぐらいに丁寧に扱ってもいいくらいに繊細です。

パソコンの電源が入っている状態での移動は「そっと」、キーを押す時にも優しく、DVDメディアの出し入れも「ガチャ」ではなく「カチッ」、液晶パネルの開閉も中央部分を持って優しく扱うようにしましょう。

とにかく、振動は禁物なので丁寧に扱うようにしてください。

今回は、動きも速くというご要望なのでSSDに交換して、さらにメモリーを2GB追加して
4GBに、パソコンは速く快適に生まれ変わりました。
ASUS K53E 液晶故障 自動車内放置が原因かも...。
画面表示がおかしくなってしまったというASUS K53Eの修理お持込です。
他県ナンバーのワゴン車でご来店なのでお仕事の関係で茨城県にいらっしゃったのか...、詳しいお話は伺っていなので不明です。

自動車内にパソコンを置いており、気が付いた時には画面が壊れていたという事です。

P1020292.JPG

何かをぶつけたような跡はなし、想像でしかないのだが、自動車内の熱が原因でパネル内にあった若干の空気が膨張してしまい液晶パネルに黒い部分が出来てしまったのではないかと推測します。

お昼ころのお持込でしたが夕方にはお引き取り頂けました。

P1020293.JPG

この時期、自動車内はとんでもない高温となります。
パソコンを車内に置いたままというのは危険なのでおやめください。
画面表示不良 GIGABYTE W566N
平成19年TSUKUMOで購入されたというGIGABYTE製ノートパソコン W56Nの修理依頼です。
GIGABYTEというメーカーはあまり認知されていないと思いますが、マザーボードなどのパソコンメーカーとしては有名で、日本メーカー各社にマザーボードのOEM提供を行っています。
代表的なメーカーとしては富士通、日立など、デスクトップ用では基盤の色がブルーというのが特徴です。
このパソコンでは色が違っていました。

P1020283.JPG

画面がピンク色で縦ラインが多数、ピンクの画面は時間とともに正常な色に変化、どうやらバックライトが寿命のようです。

パソコンを分解してみると内部はかなり汚れています。

P1020284.JPG

これではパソコンが壊れても仕方がないかもしれません。

元々、パソコンとは、空気を吸い込んで冷却を行います。
当然、空気中の埃やゴミも吸い込んでしまうので、簡単にお掃除が出来るようにしてくれれば良いのだが、メーカー各社の配慮が足りない、設計時の段階では、この内部の汚れは想定されていないようなので、パソコン内部が汚れると故障をしてしまいます。
この写真を見て、我が家のパソコンの同様なのだろうか?、と疑問を持たれる方も多いと思いますが、まさにその通り、ここまでではないにしても同じ様な感じだと思います。

P1020294.JPG

マザーボード修理後は通常画面で起動出来るようになりました。
画面が赤っぽいのはバックライトの劣化が原因です。
時間とともに正常な色に変わります。
バックライト修理、又は、液晶パネルを交換すれば問題は解決します。

ハードディスクを外した状態での修理ご依頼だったので、一旦OSをインストールしての動作テストを行いました。
DVDの連続再生も問題ありませんが、相変わらず発熱は多い、排熱口に手を置いておけないくらい熱い発熱です。
が...、パソコンは熱くならないので大丈夫。
画面が真っ暗 バックライト修理 NEC LL550TG7KS
電源が正常に入り、起動出来るが画面が真っ暗というNEC LL550TG7KSの修理依頼です。
少し前に、ハードディスクが壊れてメーカー修理をされているそうですが、その後の故障なのでクレームを入れると、メーカーでは、デスクトップ用の外部モニターを送ってきたとか...。

P1020288.JPG

写真のように画面を斜めにして確認すると僅かに「Lavie」のロゴが見えています。
バックライト、インバーター、又は両方が壊れている可能性が濃厚です。
故障傾向から、バックライトの故障で間違いないだろう。

液晶パネルを分解すると赤い方のケーブルが「ポロッ」と取れてしまった。

P1020289.JPG

残っている青いケーブルも軽く引っ張っただけで簡単に切れてしまった。
SAMUSUNG製液晶パネルに多い故障例です。
ケーブルの質が悪いのか、バックライト自体が異常に熱を持つのか...、その原因については不明です。
バックライト自体は端部分が黒くなっていないので大丈夫だろうが、新品のバックライトに交換します。

修理後は明るく、発色の良いパソコンに復活です。
ちょっとあまり写真が良くないのですが現物は新品同様に綺麗です。

P1020291.JPG

メーカーで修理をすると7万円位の費用がかかるので修理は諦めていたらしいのですが、安価に修理が出来て良かったと大変にお喜びでした。

LENOVO B590 リカバリー依頼 リカバリーが勝手に起動
水戸市の法人様からLENOVO B590のリカバリー依頼でお持込です。

パソコンを使用されていた方が退職されたために、次に使用する社員用にリカバリーをとのご要望です。
リカバリーだけなら?、と思ったのだが、ついでに動作を速くして欲しいというご要望です。
搭載メモリーは2GB、最低でも4GB位は欲しいところだ。

電源を入れると何やら異音が、少し気にはなったのだが、普通に起動が出来たのでリカバリー作業を行います。

リカバリー完了後、Windowsアップデート、その後メモリーを増設して作業終了という予定だったのだが...。

Windowsアップデートが終わり再起動、すると、またまたリカバリーが起動してしまったのだ。
何度か電源ON、シャットダウンを繰り返すと毎回ではないのだが3回に2回はリカバリーが起動してしまう。
最初に気になった異音は、電源スイッチ横にあるリカバリーする時に押すスイッチの不具合だったようだ。

飲み物などを零され、スイッチに不具合が発生?、分解して確認するがそれらしき形跡は見当たりません。
スイッチ部分は、フラットケーブルでマザーボードの接続されています。

以前LENOVOの同型で、突然キーボードが効かなくなったという修理例があったのだが、その時は、キーボードの接続部分の再接続で問題解決が出来てしまった。

まさか、今回も接続不良?と思いながら、ケーブルを一旦取り外し、再接続、そして再度動作テストを行います。

すると...。何と、起動時の異音は無くなり、勝手にリカバリーが起動する事も無くなりました。
念のために何度もテストを行いましたが、一切症状が再現されません。

どうやら、ケーブル接続に問題があったようだ。
組立が悪いのか?、金メッキに質が悪いのか?、理解が困難です。

まさかとお思いになるでょうが、原因不明の故障で、一旦全解体、再組立で問題が解決出来てしまう場合があります。



マウスポインターだけ 東芝Dynabook T552/37GB
P1020277.JPG

マウスポインターしか表示されない東芝Dynabook T552/37GBの修理依頼が愛知県から。
以前は水戸市在住だったので何度か修理をさせて頂いたお客様が愛知県に引っ越しされ、パソコンも新しくなって修理依頼です。

OSはWindows 8.1 電源を入れるとマウスポインターしか現れません。
念のためにハードディスクの検査をするが問題無し。
どうやら、OSに不具合がありそうです。

OSの修復作業に約7時間、パソコンは元通りに復活です。

P1020279.JPG

パソコンが起動出来ないなどの問題がある場合は何もせずにご相談ください。
キーボード不良 東芝EX66MWHK お持込修理
水戸市の個人様から東芝 Dynabook EX66MWHKのお持込修理依頼がありました。

パソコンに水を零してしまい、それ以来一つのキーを押すと複数の文字が入力されてしまうという症状になってしまったという事です。

パソコン修理大手会社に修理依頼をしたところ、メーカー送りとなり、その修理見積り額が約7万円。
メーカーの診断では、キーボード、マザーボードの交換が必要という内容だったらしい。
水零しで文字入力の不具合であればキーボードの交換だけなのだが、電源が入ったり入らなかったりという症状が認められたためにマザーボードの交換要という判断らしい。

そこまでの費用はかけられないのでと弊社にご相談にご来店されました。

まずは、お客様対面で症状確認を行います。
確かに、キーボードは交換が必要、電源が入ったり入らなかったりとい症状は確認出来なかったが、キーボードの動作テスト中に電源が落ちてしまった。
その後は電源入らず、あれこれしていると今度は問題なく電源ON、どうもACアダプターが怪しい。
ACアダプターのプラグ部分を動かすと充電ランプが点いたり消えたり、どうやらACアダプターのプラグ部分が断線しているようだ。
目視確認しても若干の変形が確認出来ます。

弊社に在庫のあったACアダプターに交換すると電源が入らないという症状は無くなり問題解決です。

なんだ、ACアダプターの故障をマザーボードの故障と判定したメーカーはどんな確認をしているんだろう?。

お客様の目の前で修理をしてそのままお持ち帰り頂きました。

が...、この修理にはまだ続きがあり、翌日になってお客様が再度ご来店されました。

パソコン使用中に電源が落ちてしまうと...。

再度動作テストを行い、ACアダプター部分を「グリグリ」と動かすと確かに電源が切れてしまう。
どうやら、バッテリーも壊れているようで充電が出来なくなっています。
さすがに、今度はお預かりして不具合個所を確認します。

ACアダプター部分を動かすと電源が切れてしまうだからマザーボードは絶対に壊れていないという強い信念があるのでマザーボードは検査しません。

最近のDCジャックは、ケーブルを介してマザーボードに繋がっているため、怪しいのはケーブル部分で間違いないだろう。

P1020280.JPG

取り外したDCジャックは4本のケーブルでマザーボードに繋がっています。
本来、プラスマイナスで2本で良いと思うのだが、4本の内1本でも断線してしまうと電源供給がされません。

DCジャック側は、半田付けではなくジャックの中から直接ケーブルが出ています。
おそらくは、ジャックの元のケーブルが断線しているのだろう。
これでは半田付けでの修理は不可能、ケーブル自体の交換が必要です。
ケーブルは在庫があったので交換します。

その後の動作テストでは電源が切れるという症状は無くなり全く問題ありません。

もしかしたら、最初にACアダプターの故障判定が間違っていたのかと、元ACアダプターで動作テストをする必要が出てきました。

電源は入るが、ACアダプタープラグ部分を「グリグリ」動かすと電源が切れてしまう。
ACアダプター故障判定も間違いなかった。

バッテリーについては、弊社に中古の余り物があってのでそれを無料でプレゼント、とりあえずは使えるのでこれで我慢してもらおう。
フル充電で30分程度しか使えないが壊れているよりはましだ。


DELL Inspiron 17R ブルースクリーン 起動出来ず
水戸市内の法人様から、青い画面が出て起動が出来ないというDELL Inspiron 17Rの修理お持込です。

P1020273.JPG

つい先日、Windowsアップデートの不具合があったらしいのだが、この問題との関連性は不明です。
OSはWindows 8です。

まずは、メモリー、ハードディスクの検査から作業を行います。

メモリーテストの結果問題なし。
ハードディスクテストの結果も問題なさそう。

どうやら、ファイルシステムの不具合が原因だろうと想定し修復作業を行います。

修復作業に約1時間、障害程度としては軽度の部類だろう。
修理後は元通りに復活です。

P1020274.JPG

お預かり後、約2時間での修理完了ご連絡に大変お喜びでした。

トラブルがあった際には何もせずにご相談ください。
元通りに復活出来る事も少なくありません。
画面表示不良 DELL LATITUDE D820
P1020271.JPG

電源を入れると写真のような画面が表示されてしまうというDELL LATITUDE D820の修理依頼です。

暫くするとブルースクリーンに変わります。

P1020269.JPG

NVIDIAグラフィックスの不具合で間違いありません。

冷却性能が劣化する事で発生する故障ですが、原因の多くは内部の汚れなのですが、分解してみるとそれほどは汚れておりませんでした。
事前にお掃除をされたのか...。
DELLノートパソコンの場合、BIOS更新でファンコントロールを最適化している場合が多い、このD820のBIOSは古いままです。
パソコンを使われている方のほとんどは、パソコンは完璧と思われている事が多く、パソコン個体のアップデートを行われているケースがほとんどありません。

ほとんどのパソコンは不具合を抱えたまま出荷されており、その後の更新が必要なのです。
悪い言い方をすれば元々が不良品?、しかし、インターネットを通して不具合を修正出来るのもパソコンなのです。

例えば、新車を購入した場合、不具合があればディーラーから連絡があり、リコールとして無修理で対応してくれます。
自動車の場合は人命が関わってくるためその辺の対応がしっかりしています。

が...、パソコンの場合、火が出るなどの不具合が無ければリコール対象のはなりません。
実際には、パソコン内部が焼けているなどの故障例はたくさんありますが、電源が落ちてしまうために大事には至らないという現状です。

現実、メーカーホームページでは危険な不具合についてはトップページで紹介されているケースも多く、過去の代表的な問題としてはACアダプターの不具合で高熱を発するなどの事例があった事をご存じの方も多いと思います。
パソコンを購入したら、自分で不具合を修正しなくてはいけないのです。

パソコンは無事に修理完了。

P1020272.JPG

しかし、BIOS更新出来ず、DELLの場合、バッテリーが壊れているとBIOS更新が出来ないのだ。
今後のためにもBIOS更新が必要だろう。
データ復旧&パソコン修理 DELL XPS15 L502X 東京都から
パソコンが起動出来なくなってしまったDELL XPS15 L502Xの修理依頼が東京都の個人様から。

ハードディスクを検査してみると物理的に壊れています。

パソコンにはペットの毛が沢山あるのでペットがパソコンの上に乗っていたのかもしれません。
その衝撃が故障原因の一つだろうと思われます。
おそらくは、パソコンを使用しない時でも電源が入ったままなのではないだろうか...。

ハードディスクは、物理的故障でも軽度の部類、ほぼ100%のデータ復旧に成功です。

パソコンはハードディスクを交換、OSをインストールして修理完了です。
復旧データは、元場所に戻してご返却となりました。
電源入るも画面が真っ暗 NEC LL550KG
2年と少し前にも同症状で修理をさせて頂いた愛知県のお客様からの修理依頼です。
WindowsVistaパソコンで古いのだが、安価は費用で修理が可能ならば修理を、費用が嵩むようならデータの救出をして欲しいとのご要望です。

検査の結果、メモリー、CPUは大丈夫、CPU?と思われる方も少なくないと思いますが、AMD製CPUは意外に故障も多いのだ。

やはり、内部にゴミが溜まってしまった事が原因で冷却不足になり、グラフィック統合チップの不具合で間違いなさそうです。
マザーボードの修理が必要です。

P1020264.JPG

前回修理の際にもご説明させて頂いたのだが、内部のお掃除はされていなかったようです。
この機種は、吸気口部分が取り外せるようになっているので簡単にお掃除が出来るのです。
螺子2本を外してカバーを外せば冷却ファンが見えてきます。
排熱口側から、すぽうれー式エアブローで吹き付け、掃除機を用意してゴミを吸い込んであげれば単にお掃除が出来ます。

マザーボード修理後は正常起動が出来るようになりました。

P1020265.JPG

動きがかなり悪いのでディスククリーンアップ、デフラグ、スキャンディスクを行い、最新BIOSに書き換えて修理完了です。
この作業は全部無料です。



液晶割れ 富士通NF/G50 埼玉県個人様から
富士通NF/G50の液晶割れ修理依頼が埼玉県の個人様から。

P1020266.JPG

数社にお問合せをされたそうですが、弊社のご依頼がやってきました。

交換用の液晶パネルは常時在庫があるので当日修理が可能です。
今回も無事に修理完了と思ったのだが...。

最近の富士通製パソコンの液晶パネル交換修理では無かった事が...。
どうやら、富士通に供給されているパネルにはIDが記録されており、起動時の「Fujitsu」ロゴが出ないのだ。

電源を入れると暫くは画面が真っ暗、「Fujitsu」ロゴが出ないまま、いきなり「ようこそ」の画面が立ち上がってくる。
それ以外には何の問題も無いのだが、気になるといえば気になる。
富士通製ノートパソコンに限って発生する問題です。

最近は遭遇していない現象だったのでちょっと焦ってしまいました。

この状態でご了解を頂き修理完了となりました。


HDD故障 Acer V3-571 データ復旧&パソコン修理
a.jpg

CrystalDiskで検査をするとセクタ不良のあるToshiba MK7575GSX、電源を入れてもWindowsが起動出来ません。
データ復旧&パソコン修理のご依頼です。

まだ新しいパソコンなのにどうしてハードディスクが壊れてしまうのだろうか...。

原因は様々考えられるが、パソコンの使用環境が変わった事も原因のひとつだろう。
無線LAN接続で使用されているケースが増えたために、パソコン起動中にパソコンを動かす事が増えた事が原因の一つだろうと思います。

パソコンとは、繊細な精密機械です。
ほんの僅かな衝撃でもハードディスクは簡単に壊れてしまいます。
特にノートパソコンは、キーボードは優しく打つ、DVDなどのディスクの出し入れも優しく、調子が悪いからといってパソコンを叩かない、動かす時には必ずシャットダウンするなど、優しく丁寧に扱うように心掛けてください。

今回のお客様の場合、小さなお子様が時々パソコンを叩いているそうです。
パソコン故障の要因の一つだろう。

つい先日お持込のお客様は、娘さんがパソコンばっかりやっているので「勉強しなさい」って叱ると乱暴に液晶パネルを「バチッ」と閉めていたそうです。
SSD搭載のタブレットであれば少しは乱暴に扱っても壊れる事はありませんが、ハードディスク搭載パソコンは丁寧に、優しく扱うように心がけましょう。

今回の修理は、後々の事を考えてSSDに換装、OSをインストールし、必要なデバイスドライバーを当てて修理を行いました。

データ復旧は丸1日かけて復旧に成功、アカウントが2つあったのでまとめてデスクトップ上に保存して修理完了です。


東芝Dynabook T350 HDD故障修理
P1020250.JPG

電源を入れるとマウスポインターのみが表示されそのまま起動出来ない東芝Dynabook T350の修理依頼です。
ハードディスクを取り外して検査をしてみると物理障害で交換が必要。
データはバックアップしながら使用されていたというので今回は修理のみのご依頼となりました。
使用されていたハードディスクはMKで始まる型番の東芝製、衝撃に弱いハードディスクなのだろうか、このMK****、1週間で4台も壊れて修理をしています。

リカバリーディスクは未作成のために無し、基本は、パソコン購入時に作成しなければいけないのだが、マニュアルを読まれない方が多いため、修理依頼でやってくるパソコンのほとんどが未作成です。

元々使われていたハードディスクは750GBでしたが、在庫の関係で1TBに交換修理となりました。

P1020254.JPG

リカバリー完了後にWindowsアップデート、機種個体のアップデートを行い修理完了です。

今回は、データ復旧作業が無かったので午前中の持ち込みでしたが夜にはお引き取り頂きました。

夏季休暇 8月12.13.14日に変更させて頂きます。
先日ご案内した夏季休暇が変更になりました。

8月12日、13日、14日の3日間夏季休暇とさせて頂きます。

宜しくお願いいたします。
東芝Qosmio F40 バックライト交換修理
つい先日も同型のバックライト交換修理を行いましたが、今回は、過去にメーカーでパネル交換をしているという案件です。

取り外した液晶パネルを確認するとおかしなテープの跡が...。

P1020228.JPG

この部分はテープで固定されているのは普通ですが、テープの剥がし跡がちょっと変。
どうやら、中古パネルに交換されていたようだ。

バックライトは消耗品です。
中古パネルを使っておきながら新品と同じ修理代金を請求するのはいかがなものだろうか...。
お客様は分解して確認するわけではないので画面が綺麗に映れば良いという考え方なのだろうか...。

バックライトは両端が真っ黒、完全に寿命です。

P1020229.JPG

修理後は明るさ、発色良好、新品同様綺麗な画面に復活です。
スタートアップ修復のまま起動しない SONY VPCF118FJ
スタートアップ修復画面から動かないSONY VPCF118FJ データ復旧優先でパソコン修理もと千葉県の個人様から。

P1020232.JPG

以前に別故障でご利用頂いたお客様からのリピート修理依頼です。

保存データが重要との事なので優先で修理を行います。
ハードディスクを検査すると不良セクタありの物理障害です。

vocf118fj.jpg

データは4アカウント、総容量140GBの復旧に成功、復旧データは修理後のパソコンに保存します。
今回、アカウントが4個という事なので、デスクトップ上にフォルダーを作りまとめて保存します。

パソコン内部のお掃除を行います。
このVAIOの場合、底カバーを外さなければお掃除が出来ません。
思った通り、ファン内部が汚れています。

P1020239.JPG

あまり酷い状態ではないのだが、けっこうパソコンが熱くなる、故障防止のためにも分解クリーニングが必要です。

CPU、ビデオチップ側のグリスもリフレッシュしました。

P1020238.JPG

Windowsアップデート、VAIOアップデートを行い修理完了です。

データ量で料金変動はありません。
今回のデータ復旧のみの料金は、パソコン修理と同時お申込みなので5000円(税別)です。

Windows7にアップグレード 日立 PCF-PN33K
1年ほど前に、ハードディスク故障で修理をさせて頂いたお客様から、Windows VistaからWindows7にアップグレードをというご要望で修理依頼です。

前回修理をさせて頂いた際、ハードディスクからSSDに交換しているのでWindows7に入れ替えて永く使うという考え方はなかなか素晴らしい判断だと思います。

故障多発パソコンであればアップグレードはおすすめしないのだが、日立製パソコンは流通量が少ないという事もあるのだろうか、ほとんど修理依頼がありません。

液晶パネルの明るさ、発色も良好、液晶パネルもあまり劣化していない。

Windows7をインストールすると、ほとんどのデバイスドライバーはインストールされてしまい、当たらなかったドライバーはカードリーダードライバーのみ、Windowsアップデートで探し当ててくれると思ったのだがインストールされず、カードリーダードライバーは自力で探します。

足りなかったドライバーは無事にインストール完了、あとは、Windowsアップデートを行い作業完了です。

今回はWindowsVistaパソコンでしたが、
Windows XPパソコンでもWindows7のダウングレードで購入されている場合も少なくないと思います。
安価な費用でWindows7にアップグレードは可能なのでご相談ください。

電源が入らない 東芝 Dynabook

電源が入らないというお持込修理依頼が茨城大学の学生さんから、問題はすぐに解決出来たため、型番の記録はありません。
Windows7の購入2年ぐらいのノートパソコンだろうか...。

電源が入らない場合の対処法としてネット検索をしたところ、内臓バッテリーの消耗とあったので、内臓バッテリーを自力で交換されたが問題解決には至らなかったということだった。

ネット検索の情報を鵜呑みにするのもどうかと思うが、いい加減な情報も多いのであまり信用は出来ません。
今回は無駄な努力だったようです。

検査時間約1分、故障原因が特定出来、そぐにお持ち帰り頂きました。

壊れてしたのはACアダプターです。

タイミングよく東芝のノートパソコンを修理中だったのでACアダプターを交換して電源ON、無事に起動に成功です。

在庫のあったACアダプターをお買い上げ頂き修理完了です。

たかがACアダプターの故障と思われるでしょうが、メーカー修理に出した場合、技術料を含めた修理代金の総額は3万円ぐらいになるそうです。

DELL Optiplex 745 起動出来たり出来なかったり
電源を入れるとブルースクリーンで起動出来なかったり、System32...で起動出来なかったり、起動出来てもインターネットが繋がらない、ブラウザが立ち上がらない、再起動するとまたSystem32...、ブルースクリーン、再起動を繰り返すなど、様々な症状が発生するというDELL Optiplex 745 の修理依頼です。

OSはWindowsXP、パソコン購入後8年ぐらいだろうか...。
古いパソコンだが、お仕事で使われているパソコンなので週明けには使用したい、保存データもそのまま使えればというご要望です。

ハードディスクを検査すると、不良セクタは無かったのだが、リードエラーが沢山あり、ファイルの断片化も激しい。
ハードディスクは交換が必要です。
マザーボードを目視検査すると、頭の膨らんだ電解コンデンサーが一つ、発熱の多いPen4が使われているパソコンなので熱で壊れてしまったのだろう。

P1020234.JPG

DVDドライブも読み込み不良でNG、壊れている個所が多数あるのでお買い換えをお勧めしたのだが、週明けにはパソコンを使用したいので大至急修理をという事となりました。

特に重要なデータは、弥生の会計データ、メールの送受信データ、これまでの実績データ、書類関連ひな形データなどなど、ほとんどのデータが重要です。

まずは、データ復旧から作業開始です。

データの読み込みが少し遅いのだが、データ復旧は無事に完了、今度は、マザーボードの電解コンデンサの交換作業を行います。

同ロッド電解コンデンサーは5個、一つが悪くなったという事は、他の4個も不良も見込めます。
同ロッド電解コンデンサーは全て日本製に交換してしまいます。

ハードディスクは80GBから500GBに交換、OSをインストール、デバイスドライバーインストール、Windowsアップデート、ウィルス対策、メール設定(Thunderbied)、メールデータのインポート、MS Officeインストール、LINE、Skypeのインストール、弥生、Photoshop、Illustrator以外のインストールをほとんど完了してお渡しとなりました。

一番重要だったメールの送受信、メールデータが通りに修理が出来たので大変にお喜びでした。

DVDドライブ不良は弊社在庫品(中古品)に無料で交換いたしました。
夏季休暇のご案内
勝手ではございますが、8月13日?8月15日までの3日間を夏季休暇とさせて頂きます。
お問合せの返答は8月16日に、お預かりしているパソコンで13日までに修理が完了しない物については16日以降の対応となります。

宜しくお願いいたします。
画面が真っ暗 バックライト切れ 東芝Qosmio F40
Windowsに起動音がして正常に起動出来ているようだが画面が真っ暗という東芝Qosmio F40の修理依頼が福島県の個人様から。

P1020223.JPG

よくみると起動画面が薄らと見る事が出来ます。
パネルの開閉にも不具合があり、「パタッ」と開いたままで固定が出来ません。
右側ヒンジが破損しているのが確認出来ました。

P1020225.JPG

画面が真っ暗な原因はバックライト切れです。
取り外したバックライトは両端が真っ黒、バックライトの劣化が原因です。

P1020227.JPG

右側ヒンジ、バックライトを交換、修理後は明るく綺麗な画面に復活です。
デジカメのノイズが入っていてあまり綺麗に見えませんが、現物は発色、明るさもバッチリです。
P1020231.JPG

NEC LL750WG3 画面が真っ暗 パソコン修理同業者様から
画面が真っ暗で明るくならないというNEC PC-LL750WG3の修理依頼がパソコン修理同業者様から。

P1020218.JPG

今現在は明るく綺麗に表示されていますが、突然真っ暗になったり、起動時から真っ暗だったりと不安定だそうです。

インバーター基盤の故障なのか、バックライトの不良なのか判断が付かないのでという事での修理依頼です。

このLL750WG、16インチ2CCFL(バックライト2本)タイプが使われており、パネルメーカーはSAMUSUNG製です。
このパネルの故障傾向として多いのは、バックライトとインバーターを接続しているケーブルのバックライト側断線、今回も同様の問題だろうと想定して修理を行います。

液晶パネルを分解して確認すると、目視では確認出来ないのだが、ケーブルを軽く引っ張ってみるといとも簡単に切れてしまった。
収縮チューブで覆われていて確認出来なくなっています。
バックライト自体は端部分が真っ黒になっていないので大丈夫、バックライトが点かないという故障の場合、このケーブル断線という事も少なくありません。
特に、SAMUSUNG製パネルはこの故障例が多いように思います。

P1020220.JPG
液晶パネルのバックライト交換、修理は経験を積み重ねなければ難しい作業です。
メーカーさんでは修理が出来ません。
メーカーに修理依頼をすると約70000円程度の修理費用がかかるそうです。

DELL XPS 15Z 液晶不良
画面の左上の方に、500円玉をひと回り大きくした感じの丸くて黒い圧迫痕が出来てしまったといDELL XPS 15Zの修理依頼です。

液晶パネルの故障で間違いないのだが、交換作業にかなり悩んでしまった案件です。

ウルトラブックという分類が出来てから、液晶割れ修理がかなり難しくなりました。

このXPS 15Zもその類、パネルを取り外すのに苦労をしてしまいました。

メーカーのように分解マニュアルがあるわけではないので分解方法には苦労します。

このXPS 15Zには、液晶カバーを止めている螺子が見当たりません
事実、DELLパソコンには螺子が無い機種もあり、カバーがハメこみになっている場合もあります。
今回も同様かと思ったのだが、とにかく、フレーム部分が強粘着テープで張り付けられており、剥がす作業が大変でした。
フレーム自体も薄く、剥がした後は少し変形してしまいます。
少し温めてあげれば剥がれ易いのかもしれませんが、あまりの薄さに加熱する事が出来ません。
手の温もりと息を吹きかけながら慎重に剥がします。

フレーム部分を取り外すと上に2本、下に2本の螺子が現れます。
この螺子を外してやっとパネルカバー部分が取り外せます。

液晶ケーブルの長さもキツキツ、長さも一杯一杯です。
作業は慎重に行わなければ断線してしまう可能性も秘めています。

パネル交換後、動作テストを行い、正常に表示出来る事を確認します。

あとは元通りに組み立てて修理完了です。

フレーム部分は粘着力が強力なので両面テープを貼る事なく元の通りに貼り付け完了です。
ここまで強力な粘着力で固定している理由は、パネル部分をアッセンブリで交換するのだろうか...。

パネル交換作業の際には必ずバッテリーを外すようにしてください。
因みにですが、この機種は底カバーを外さなければバッテリーの取り外しは出来ません。


液晶割れ交換修理 NEC LS150/H
P1020213.JPG

液晶パネルが割れてしまったというNEC LS150/Hの修理依頼です。

画面をぶつけた事もない、物を挟んだままパネルを閉じていないがいつの間にか割れていたという事です。

画面割れの状況から想像出来る事は、パネルを開ける際に端部分を持って開けた事が原因だろうと思われます。

端部分を持ってパネルを開けると、パネル自体に歪みが生じるために斜めの割れ跡が残ります。
LEDパネルになってから、パネル自体の厚みが薄くなったために簡単に割れてしまいます。

以前のパソコンは、パネルを開ける際、ロックを外すという作業が必要でしたが、最近のパソコンは中央部分にロックが無くなり、パソコン自体も薄くなった事から、パネル中央部分に指の入る窪みが無くなっています。

少し大変かもしれませんが、必ず、パネルの中央部分から開けるように心掛けてください。

P1020215.JPG

画面が映らない Gateway MT6836j
P1020199.JPG

写真のように、電源は入るが画面に何も映らないというGateway MT6836jの修理依頼が山形県の個人様から。

写真では分かり難いのだが、縦ラインが多数映っているのが確認出来ます。
時間とともにラインも変わり、だんだん太くなってくるようです。

拡大写真

P1020201.JPG

ATIグラフィックスの故障で間違いありません。
パソコンを分解し、冷却ファンを見てみると下記写真のように...。

P1020202.JPG

この状態で必要な冷却が出来ないためにマザーボードを壊してしまいます。

パソコンはお掃除が必要だという認識を持たれている方は少ないのかもしれませんがパソコン内部はこんなに汚れているのです。

マザーボード修理後は無事に起動に成功、ハードディスクの空き容量が少なくなっていたのでディスクのクリーンアップ、デフラグ作業で丸1日かかってしまいました。

P1020203.JPG


マザーボード交換修理 NEC PC-VN370C1JW
Operating System not foundとメッセージが出て起動が出来ないNEC PC-VN370C1JWの修理依頼です。

しかし、正常に起動が出来たり出来なかったりと動作が不安定です。
ハードディスクの故障を疑うが、検査の結果異常はありません。
試しにSATAケーブルを交換してみるが症状変わらず、ケーブルの異常でもなさそうです。

どうやら、マザーボード不安定のためハードディスクを正常認識が出来ていないようだ。
CMOSクリアするが症状変わらず、あとはマザーボードを交換するしか方法がありません。

マザーボード到着後交換、その後は問題無し、起動、シャットダウンを何度繰り返しても問題ありません。

マザーボードの故障でハードディスクを認識出来ないという今回の修理でした。
ログイン出来くなってしまった 富士通 SH90/M
パソコンを起動させるとログインパスワードを求められてログインが出来ないという富士通LIFEBOOK SH90/Mの修理依頼です。

原因はウィルスだろうか...?。
元々はパスワード設定は無かったらしい。

初期化OKという事でご了解を頂いているので躊躇なく初期化をしてしまいます。

が...、トラブル解決ナビが起動出来ない、F12を押すタイミングが悪いのだろうか、何度やっても起動出来ないのだ。

リカバリーディスクは未作成という事なので対処方法に困ってしまいました。

そこで、オリジナルOSのWindows8.1ディスクを使い起動させます。
トラブルシューティングからシステムの復元を起動させ、約1か月前の日付に復元を試みます。
無事にシステムの復元が起動、暫く待つと再起動、起動後にエラーで復元が出来なかったという旨のメッセージが出ていたが何とか起動に成功です。

しかし、マカフィーは期限切れ、ディフェンダーは無効になっている?、カスペルスキーをパソコン購入時に購入してインストールされているとの事だったがどういう事だろう。
カスペルスキーは未インストール状態です。
この状態ではウィルスに感染してしまっても仕方がないかも?。

とりあえずは正常起動が出来る。
この状態でリカバリーディスク作成をすればクリーンインストールが可能です。
しかし、リカバリーディスクは作成済み、今の富士通は一度きりしかリカバリーディスクを作成する事が出来ません。
お客様は、リカバリーディスクは無いとおっしゃっていたのだが...。

ユーザー名を確認すると「PCUser」このユーザー名で設定するのは某大手量販店***電機かPC****だろう、お金だけ取ってお客様にリカバリーディスクの説明をしていないのだろうか...。

起動用のトラブル解決ナビディスクは作成可能なので作成してしまいます。
起動ディスクからリカバリー作業が出来たためパソコンは購入時に状態に復活です。

後からお持ち頂いたMS Office2013H&Bをインストール、Windowsアップデート、アップデートナビを使ってパソコン個体にアップデート作業を行い全ての作業終了です。

P1020197.JPG



落下後画面が映らない Lenovo G590
パソコンケースに入れてまま落下させてしまい、その後画面が何も映らなくなってしまったというLenovo G590の修理お持込です。

P1020191.JPG

早速検査をしてみると、外部モニターではキチンと表示されている。

P1020192.JPG

落下の衝撃で液晶パネルの故障かマザーボードの故障だろう。

落下してしまった場合は、まず、一旦フル分解をして再組立を行います。
衝撃でパソコン自体に歪みが生じたり、ケーブル類が緩んだりという事があるからです。
特に、最近のパソコンはどこのメーカーも組立が悪く、螺子緩みなどは日常茶飯事なのだ。

全体に螺子の締め付けが甘い、簡単に螺子が緩んでしまいます。

パソコン本体(下半身)を分解再組立、液晶部分(上半身)も分解して再組立を行います。
分解途中で気付いた個所が1点、液晶ケーブルと液晶パネル接続部分の緩みを発見、目視で確認出来るぐらい差込が甘い、ケーブル側は両面テープで固定、液晶側は丈夫ープで固定されてはいたのだが、テープを剥がすといとも簡単に外れてしまった。

なるほど、パソコン組み立て時の作業が雑だったために、衝撃がきっかけで画面が映らなくなってしまったようです。

元々のテープはそのまま残し、更に上からテープで固定、ケーブル自体は少し余裕があるので長さには問題なさそうです。

P1020196.JPG

元通りに組み立てて動作テストを行います。

パソコンは無事に復活です。

2か月ほど前にもLenovo G580だっただろうか、突然キーボードが反応しなくなったという修理依頼がありました。
しなし、キーボードケーブルの刺し直しで簡単に直ってしまったという事例がりました。
最近のパソコンはとにかく組立が悪い、螺子緩みは故障の原因になりますので一度は確認し、緩んでいれば増し締めをされた方がようでしょう。

ドスパラ Prime 電源入らず
茨城県水戸市では最近雷が多いのですが、先日の雷後、パソコンの電源が入らなくなったというドスパラPrimeの修理お持込です。

PC****というパソコン修理会社にお持込されたそうですが、丸1日お預かりして故障個所を特定してお見積りという事だったらしい。
パーツを交換して故障個所を特定するだけで20000円、修理続行となると更に部品代、技術料がかかるらしい。

雷が直接の原因とは判断出来ませんが、マザーボードか電源ユニットの故障で間違いなさそう。
一旦お預かりして検査を行います。
作業開始から約10分、故障個所の特定完了、マザーボードの故障で間違いありません。
使われていたマザーボードはFOXCONN製、H61MX V2.0 弊社では絶対に使わないメーカーなので良し悪しは全く不明です。
売れていないメーカーなのだけは確実、価格もかなり安いのだろう...。

CPUはIntel Core i7 2600 性能的には申し分ないので少し費用をかけても修理する方が絶対にお得です。
ここ3年ぐらい、CPUの飛躍的性能アップはないのだ。

マザーボードはASUS製 B75M-Plus 最近のIntelはソケットを変えてくるので保守用に在庫していた物です。

マザーボード交換後はブルースクリーンも出ず、とりあえずは元の状態で起動成功、あとは、必要なデバイスドライバーをインストールして動作に問題なければこれまでの環境でお使い頂けます。

ドライバー類のインストールが終わり、マザーボードを変えているためOSの再認証作業、一通りの動作テストで問題ない事を確認、修理完了と思ったのだが、電源ユニットのファンの回転がとにかく遅い、目で追えるぐらい、羽が見えるくらい遅いのだ。
さらに、回転に斑があり、早くなったり遅くなったり、温度を感知して回転速度を変えているのだが、それにしても回転が異常なのだ。
今後の事も考えて電源ユニットも新品に交換、CPUファンも若干異音が発生するので分解してメンテナンスをして修理完了です。

昼頃のお持込でしたがその日の夜にはお引き取り頂きました。

基本、マザーボードを交換した場合はOSの再インストールが必要です。
今回の場合は、環境維持も目的だったためOSの際インストールは行いませんでした。



起動出来ない HP Compaq 8100Elite データ復旧も
水戸市内の法人様から、HP Compaq 8100Eliteが起動出来ないので修理をとお持込です。
パソコンはWindows XP (Win7ダウングレード)、RAID 1 HDD2台という構成です。
P1020187.JPG
SYSTEM32 CONFIG...、OS起動に必要なファイルの一部が消失、又は、破損しているという状態です。

2台のハードディスクを取り外して検査をしてみると、内1台に致命的な物理障害があり、ハードディスクの故障で間違いありません。

再度、RAID構成にするには2台のハードディスクを交換する必要がありますが、元々は保存データを保護する意味でRAID 1(ミラーリング)で購入されたとか...。

とは言っても、ユーザーレベルでトラブル時に対応出来なければ意味がないという事から、壊れた1台のみを新品に交換し、生きているハードディスクをバックアップ用に、OSもWindows7へとご提案させて頂きました。

リカバリーメディアは無いという事なのでオリジナルOSを使用してWindows7をインストールします。
インストールが終了、3個のドライバーが当たらなかったが、HPサイトからLANドラーバーのみをダウンロードしてインストールを行います。

インターネットが繋がればあとは簡単、Windowsアップデートで足りないドライバーは見つけてインストールしてるだろう。

データ復旧は、生きているハードディスクから問題なく作業が進行、約200GBのデータ復旧に成功です。

Windowsアップデート後は足りなかったドライバー類は全てインストールされ、全てのデバイスが使用可能となり修理完了です。

パソコン使用者が変わるという事なので、復旧データはDドライブに保存、中から必要な物だけを選んで元々のディレクリにコピーして頂きます。

P1020190.JPG

元々Intel Core i7のパソコンなので動きも快適です。

ダウングレードで購入されたパソコンは安価にWindows7にアップグレード可能です。
Windows XPだからといってお役御免んにしてしまうのは勿体ないですよ。

富士通 LIFEBOOK AH56/H 起動しない
P1020178.JPG
Windowsを起動していますのまま起動出来ない富士通 AH56/Hの修理依頼です。


検査の結果ハードディスク故障と判明、ハードディスクを新しくして修理を行います。
ハードディスクはやっぱり東芝製、この時期の東芝製ハードディスクは衝撃に弱いのだろうか、故障が目立ちます。
型番はMK7575...、ハードディスクはお客様に返却してしまうので記録していませんでした。

リカバリーディスクは未作成、パソコンを購入した際には必ずリカバリーディスクを作成する事をお勧めします。
リカバリーディスクはメーカーから購入する事は出来るのですが、価格もメーカーにより差があります。
5000円?10000円、SONY、富士通は意外に安く5000円?です。

パソコン修理会社によっては、別途OS代として請求されるという事も多いようです。

弊社の場合はリカバリーディスク無しでも料金に変動はありません。

保存データは復旧可能だったのだが不要との事なので、今回はパソコン修理のみとなりました。

午前中のお持込でしたが夕方には修理が終わりお引き取り頂きました。

パソコンを購入してもマニュアルを一度も読まないという方が多いようです。
また、読んでも意味が理解出来ないという事もあるようです。

特に、ノートパソコンの取り扱いには十分に注意をしてください。

まず、衝撃は厳禁です。
キーボードも優しく入力するようにしましょう。
また、使用しない時には必ずシャットダウンをする。
電源が入っている時はパソコンを動かさない。
CD、DVDの出し入れも優しく行う。
お布団の上などで使用しない。
排熱口周辺は十分にスペースを空ける。

とにかく、衝撃に弱い繊細な機械なのでご注意ください。
パソコンを乱暴に扱う方はハードディスクを衝撃に強いSSDに交換した方が良いですね...。

スタートアップ修復画面のまま UNIT COM デスクトップ
P1020164.JPG

スタートアップ修復画面のまま動かないUNIT COM製デスクトップパソコンの修理依頼が宮城県の個人様から。
Dドライブに保存してあるデータも重要なので同時にデータ復旧のご依頼です。

ハードディスクを検査してみると物理障害です。

P1020165.JPG

ハードディスクを取り外して検査すると不良セクタがたくさん、CristalDiskが立ち上がるまでに5分ほどかかってしまった。

データ領域は3つある事を確認、Cドライブ、Dドライブ、リカバリー領域だろう。
全てのパーティションが壊れているため、データは何も見えず、暫くすると「フォーマット...」が3回、状態としてはかなり悪そうだ。

データ復旧作業開始から約5日、Dドライブの分274GBのデータ復旧に成功、念のため、Cドライブもスキャンしてみたが復旧不能でした。
ご予算の制限もあるので今回のデータ復旧作業はここまで、あとはパソコンを修理して復旧データをDドライブに保存して作業完了です。

ハードディスクは500GBだったのを2TBに交換、Cドライブを約300GBに、残りは全てDドライブとして設定しました。

P1020173.JPG

IBM Think Pad X40 バックライト修理 ビーブ音2回 起動出来ず。
電源を入れるとビーブ音が2回鳴り起動が出来ないというIBM Think Pad X40の修理依頼です。

現物を確認すると、確かにビーブ音らしき音が2回鳴って起動出来ません。
しかし、起動時に現れたIBMロゴだったが、その後画面は真っ暗なのだが、よく見てみると薄らと左上に何やら文字が出ているのが確認出来ます。

外付けモニターに映してみるとF2...、どうやら内臓バッテリーの消耗が原因で日付がリセットされてしまったためにビーブ音が鳴って起動出来ないようになっていたようです。

画面が暗いのはバックライト切れで間違いなさそう、早速、バックライトの交換修理から作業開始です。

液晶パネルは12.1インチ、在庫があったのですぐに作業にとりかかります。
バックライト交換修理後は画面も明るく綺麗に映りました。

P1020174.JPG

内臓バッテリー交換ですが、このX40はキーボードを取り外せば見えてきます。
ケーブルはそのまま使用するので電池部分だけを交換して半田付けしてケーブルを接続します。
外した電池の電圧は0.3V、パソコンも古くなると内臓バッテリーも消耗してしまいます。

実はこのパソコン、顧客管理用に使用しているらしく、これから先も永く使用したいとの事、専用ソフトがWindows XPでしか使えない、顧客データも保存されている、ドットプリンター環境もそのまま使用したいとのご要望から、「カリカリ」と音がしているハードディスクを新しいハードディスクに環境丸ごとシステム転送を行います。

使用されているハードディスクはHiotachi製1.8インチPATAです。
念のためにと在庫していたハードディスクが役にたった。

P1020175.JPG

ハードディスク交換後は動きも速く快適です。
東芝 Dynabook T652/58HBD  Win8 液晶割れ
茨城県内小美玉市の個人様から東芝Dynabook T652/58HBDの液晶割れ修理お持込です。
OSはWindows8 購入約1年だそうです。
割れてしまった経緯は、キーボード上に物を置いたままパネルを閉じてしまい液晶が割れてしまったという事です。
よくある話?、液晶割れの原因としては一番多いだろうか...。

P1020169.JPG

液晶パネルは在庫分で対応可能だったのですぐに修理は可能なのだが、新しい機種なので少しお時間を頂き、一旦お預かりとなりました。

新しい機種の場合、分解手順などもわからないため、お客様の目の前での作業はちょっとキツイ、手汗が半端ないのだ。

少し時間に余裕があるだけで全然違います。

修理は無事に完了、ご連絡をすると、水戸市内で時間潰しをされていたお客様がすぐにご来店、こんなに安く、早く修理が出来て良かったと大変にお喜びでした。
起動出来ない 富士通 AH700/5B 新潟県から
P1020163.JPG

この画面のまま起動が出来ない富士通 AH700/5Bのデータ復旧&パソコン修理依頼が新潟県から。
ハードディスクの故障で間違いないので修理は可能なのだが、データ復旧は実際に作業を行ってみなければご予算内で対応出来るかはわかりません。

パソコンの修理は問題なく完了、Windowsアップデート、アップデートナビを使ってパソコン個体のアップデートも終了です。

P1020143.JPG

問題はデータ復旧、ハードディスクは物理障害のため、ハードディスクをパソコンに接続するだけでパソコン自体が動かなくなってしまいます。

あれこれ試す事丸3日、Cドライブの復元作業は続行中だが、Dドライブに保存されていたWindowsのバックアップ機能でバックアップされていたデータの復旧に成功、このデータに破損が無ければ元通りにデータの復元が出来るのだが...。
最新日付は2014.5.11約2か月前のデータだが、特に重要なのは写真、動画、音楽、ハードディスクは物理的に壊れているので全ての復旧は難しいという旨でご了解頂いているため問題ないだろう。

Windowsに搭載されているこのバックアップ機能、なかなか面倒で、ユーザー名を同じにしないと復元が難しい。
ファイルに破損があってもNG、富士通ならマイリカバリーを利用してバックアップを取るようにした方が後々面倒がなくなるのでお勧めです。

P1020170.JPG

運良くバックアップは生きていたので問題なく復元に成功、写真、音楽、動画、2014.5.11時点でデータ復旧に成功、元場所に保存となりました。

パソコンの調子が悪い、起動しないという場合には何も弄らず、早めにご相談ください。

いろいろと弄ってしまうと更なる悪化へと進行してしまいます。
大切なデータを保存するという意味からも無理せずにご相談ください。
富士通 NF/G30 電源入るも画面真っ暗 福島県から
P1020154.JPG

約1年半前ににも修理をさせて頂いた富士通 NF/G30の修理依頼が福島県から。

現在では、富士通NF/E30,E40,G30,G40,AH520/2Aなどの同様故障の修理はお断りさせて頂いておりますが、データ復旧目的での修理依頼のみ承っています。
根本的に、冷却構造の問題があり、必要な冷却が出来ないために故障しています。
富士通では、ファンコントロールを最適化するための最新BIOSの更新、案内もありません。
また、メーカーでマザーボードの交換修理をしても、故障原因の説明が無いため、使い方によっては半年程度で再発しているようです。
修理後永く使うのは問題のあるパソコンです。

前回修理時に、再発する可能性の高いパソコンなので正常に使えても半年程度だろうと、その間に保存データのバックアップをと修理を承ったのだが...。
修理後も調子良く使えていたので新たなデータをたくさん保存されてしまったとか。

今回も前回同様データ復旧目的での修理受付となりました。

P1020155.JPG

この機種の場合、マザーボードに電源スイッチが付いているため、液晶ケーブルを繋ぎ、電源を接続すれば起動確認が出来ます。
一旦、起動画面を確認し、その後元通りに組み立てて動作確認を行います。

P1020156.JPG

丸1日、負荷をかけた動作テストを行い修理完了です。

再発をご了解のもと修理を行いましたが、今回ちょっと気になった点が...。
分解した際、ATI統合チップとヒートシンク面の接着面だ。
密着していれば、設置面のグリスはほとんど残らないのだが、微妙に残っているのは密着が甘いためだろうか...。
製造ロッドで微妙な違いはあるのだが、この微妙な隙間に今回は薄い銅版を挟み込んでみた。
少しでも密着が良くなればキチンと排熱が出来るだろう。
加えて、冷却ファン部分の隙間にアルミテープで囲ってしまい、空気が漏れないように工夫をしました。
風量アップ対策です。

同じに修理をしても2年、3年再発しない場合もありますが、半年程度で再発してしまう原因が解らない。

とにかく、CPUに負荷がかからないように、極力常駐ソフトを削除し、パソコンが熱くならないように使用する事が得策です。

パソコン後ろ面には十分なスペースをとるようにしてください。


DCジャック陥没 電源の入らないNEC VersaPro PC-VY25
電源部分を手で押さえていないと起動が出来ないというNEC VersaPro VY25の修理依頼が群馬県から。
これまでにも何度かご利用頂いているお客様です。

今回はNEC VersaPro VY25です。

DCジャック部分を見てみると下記写真のように。

P1020158.JPG

DCジャック部分が陥没してしまいプラグがキチンと挿入出来なくなっています。

破損の原因ですが、プラグを抜かないままパソコンを動かした際にぶつけてしまい、DCジャック部分が陥没してしまったのだろう。

この機種では、完全分解をしないと修理不能、マザーボードまで取り外さなければジャック部分の確認が出来ません。
取り外す螺子は全部で40本ぐらいだったろうか...。
螺子の種類も3種類と少ないので意外に分解は容易だ。(慣れているからかも?)
P1020160.JPG

DCジャックを固定しているプラスチック部分が変形してしまいジャックを固定出来ないようになってしまっています。
幸い、変形だけで折れている様子はないので、プラスチック部分の修正で何とかなりそうです。

メーカーに修理依頼をすると底ケースを全交換でかなりの修理費用がかかりそうです。

変形してしまった部分は熱を加えて元の形に修正、一旦取り外したDCジャック部分を取り付けてみてグラつきなどを確認してプラグの抜き差しテストをして問題ない事を確認します。

さらに、今後も同様故障が発生しないように補強を入れて強力接着剤で固定しました。

分解途中の作業で内部のクリーニングも同時に行い、CPUグリスもリフレッシュ致しました。

綿埃がたくさん蓄積されておりました。P1020159.JPG

東芝Dynabook T350 スタートアップ修復繰り返し 秋田県から
スタートアップ修復を繰り返して起動が出来ない東芝Dynabook T350のデータ復旧&パソコン修理依頼が秋田県の個人様から。

P1020137.JPG

ハードディスクを検査してみるとハードディスクの物理的故障を確認、ハードディスクは交換しなくてはいけません。
ハードディスクは東芝 MK6465GSXNです。
使用時間8520時間。
てっとり早く検査するにはCrystalDiskで確認する方法が一番です。

P1020138.JPG

保存データの復旧もご依頼なので、パソコン修理作業とデータ復旧作業を同時進行で行います。

データ復旧は何とか復旧成功、パソコン修理完了後にデスクトップ上に保存してご返送となりました。
購入数日で液晶割れ 富士通 LIFEBOOK WA1/R 愛知県から
P1020151.JPG

製品情報を確認すると2014年4月発売モデルですが、購入数日で液晶画面が割れてしまったらしい。
パネル周辺の保護シールも貼られたままです。

液晶割れはメーカー保証対象外のため、パソコン修理会社数社に問合せをされたそうですが修理は弊社にご依頼頂きました。

コンパクト軽量化が図られている最近のパソコンですが、小さく出来ない部分、それは画面サイズです。
画面に大きさはそのままで軽量コンパクトにするには、パネルの厚みを薄くするしか方法がないのです。

5年ほど前の液晶パネルは厚みが5mm?6mm程度あったのだが、最近の液晶パネルは2mm?3mm程度だろうか、LEDになってからはかなり薄く作れるようになりました。

そのために、簡単に割れてしまうという故障が多発しているようです。

パソコン全体のプラスチック素材も以前と比べると柔らかく、薄くなっているようです。

ノートパソコンは繊細な精密機械です。
取り扱いは丁寧に、大切に使うように心掛けましょう。

修理はパソコン到着日に修理完了、即発送いたしました。

P1020152.JPG



画面乱れ 東芝Satellite AW6
P1020148.JPG

写真のように文字がダブって表示されてしまうという東芝Satellite AW6の修理依頼です。
強制終了をしているためこんな画面が立ち上がります。

実はこのパソコン、今回の修理が3回目、1回目が2010年、2回目が2012年、そして今回が2014年、何れも夏に故障しています。
2年ごとに故障発症というパソコンです。

今回、長時間にわたり動画編集作業を行ったとか、その後こんな症状になってしまったという事です。

以前はWindows XPだったのだが、今回はWindows7がインストールされています。

NVIDIAビデオチップ自体の発熱が多いため動作再生、編集には高熱を発します。
どうしても大きな負荷がかかってしまうので発熱が原因で壊れてしまうようです。

ビデオカード修理後は画面乱れもなくなり綺麗表示されるようになりました。

P1020150.JPG

今回は更なる工夫をして2年後の再発を防止します。

ビデオカード部分の上(キーボード下部分)は金属が使われているので、排熱を助けるためにビデオカード部分の上に熱伝導シートを貼って、この金属部分と密着させるようにしてキーボード自体を排熱構造の一部として使用します。
気休めにしかならないかもしれません、効果は微妙...。
キーボード自体は少し熱くなります。

以前のPanasonic Lets noteはこのよな方法で排熱しており、冷却ファンが付いていませんでした。




電源ランプオレンジ点滅 起動しないDELL XPS 8300
電源が入らないという症状で修理依頼だったが電源は問題なく入る。
画面はノーシグナル、真っ暗なまま起動が出来ないというDELL XPS8300です。
電源ランプはオレンジ点滅です。

考えられる故障原因は複数考えられるが、DELLのパソコンなのでメモリーが怪しい。
その前に、ビデオカードのテストから作業に取り掛かります。
まず、目視確認で汚れ等を確認します。
それほどは汚れていない。
NVIDIA GeForce 560 Ti このパソコン発売当時としては性能的で、ミドルクラスでも上位のビデオカードだ。
このビデオカードであれば汚れはほとんど無いので故障している可能性は低い。
念のために正常なビデオカードに取り換えてテストをしてみるが症状変わらず。

ビデオカードは大丈夫、どうやらメモリーに問題がありで間違いなさそうだ。

搭載されているメモリーは4GBの4本構成、総容量16GBというメモリー群、一旦全てのメモリーを取り外して、その後1本のみで起動させていみます。

無事に起動に成功、残りの3本も1本ずつにしてテストをしてみますが全て問題なく起動出来る事を確認。

全てのメモリーは異常ありません。

どうやらマザーボードのメモリースロットとメモリーの接触不良が原因だったようだ。
念の為、メモリーテストを15時間ほど行ったがエラーは検出されず。

P1020157.JPG

湿気の多いこの時期、メモリー関連のトラブルが多発しています。
メモリー故障もそうですが、意外に接触不良も多いようです。
原因は埃、家の周辺が畑とか、学校関係でグランドの砂が風で舞うような環境で使われているとこの様な接触不良が発生しているようです。

ノーシグナルで画面に何も映らない時には、まずは、メモリーを一旦取り外しで再取り付けすると問題解決出来る場合があるのでお試しください。
SONY VPCEE26FJ 画面映らず 愛知県から
P1020145.JPG

電源は入るが画面は真っ暗なまま、何も映らないSONY VPCEE26FJの修理依頼が愛知県から。

AMD+ATIという構成で多い故障例です。

故障の原因は冷却不足、内部が汚れて冷却が悪くなったり、排熱口付近のスペースが十分でなく正常な冷却が出来ない場合に故障しているようです。

また、パソコンの使い方でも故障してしまう場合があります。電源を入れっぱなしでもこの種の故障は多発しているようです。

マザーボード修理後は無事に起動成功です。

P1020146.JPG

冷却構造に問題がありそうなので最新BIOSの有無を確認すると思った通り、BIOSが公開されています。
修理後、最新BIOSに更新して動作テストを数時間行います。
BIOS更新後、排出される風量が増え、ファンが回ったり止まったりが頻繁になりました。
やはり、最新BIOSでファンコントロールを最適化しているようです。

パソコン自体の熱もかなり下がったので冷却問題は解決出来ているだろう。

パソコン個体のアップデートは必ず実行してください。

SONYサポートに重要な事が公開されています。


内容を読んでみると、熱により外装が変形する恐れがあるので最新BIOSに更新してくださいというような内容です。
この記事については、火事などの大きな事故に繋がるために大々的に公開されていますが、その他の不具合についてはVAIOアップデートで確認するしか方法がありません。

時々はメーカーサイトも確認した方が良いですね。

DELL XPS M1730 画面が映らない
電源は入るが画面は真っ暗なまま何も表示されないというDELL XPS M1730の修理依頼が埼玉県の個人様から。

P1020130.JPG

発売当時、ゲーム用ノートパソコンとしては最強といって間違いない高性能パソコンだ。
重さも半端ない、ACアダプターもびっくりするほど大きな物が使われています。

テスト段階でパソコン自体がかなり熱くなるのでグラフィックス不良で間違いなさそうだ。
このXPS M1730、ノートパソコンとしては珍しいSLI方式を採用しており、2個のGPUを同時に稼働させ、飛躍的にグラフィック性能を上げることが出来ています。

取り外したビデオカード
P1020133.JPG

ビデオカード単体もかなり重いのだが、冷却ファンもかなり大きい、こんなに大きなファンが付いているのに冷却不足?、根本的な問題は別にあり、パソコンを使用する側にも大きな問題があるから故障してしまうんです。

さらに分解してみると。
P1020134.JPG

グリスの塗り方が変?。
基盤の裏面にあったはずの絶縁シートも無い、基盤自体には剥がした形跡が無いので、このパソコンには貼ってなかったのかもしれません。
あとから伺って分かった事だが、以前に修理をした事があるという事が判明、通常、修理歴のあるパソコンは修理を受け付けていないのだが、申告がなかったために今回受け付けてしまいました。
仕方がないので修理続行です。

ビデオカード修理後、仮組状態で電源ON,この機種の場合、キーボード自体に電源スイッチが付いているのでキーボードまで取り付けます。

P1020135.JPG

無事起動に成功です。
BIOSバージョンはA03ですね...。
これでは故障しても仕方がないかもしれません。

この後は、元通りに組み立ててOS起動確認、負荷を掛けた動作テストで排熱状態などを確認します。

P1020140.JPG

NTLDR is missing OSが起動出来ない、度重なる強制終了が原因だろうか、OS起動に必要なファイルが破損、又は、消失してしまい起動が出来ない。

初期化OKとのご了解を頂いているので何のためらいもなくお預かりしているWindows8.1をインストールしてしまいます。
メーカーでは、Windows 8.1ドライバ類のサポートは無いのだが、Intelパソコンなので何とかなるだろう。

Wondows8.1に無線LANドライバーが含まれていたのでその他のドライバー類はWindowsアップデートで見つけてくれそう、インターネットさえ繋がれば作業はかなりの軽減になります。
Windows Vista以降、Windowsアップデートを実行すると足りないドライバー類はネット上で探してくれるので便利になりました。

OSのインストールが完了、続いてWindowsアップデートを実行します。
アップデート終了後、インストール出来なかったデバイスはたった一つ、「不明のデバイス」とあるがRichoのカードリーダードライバだろう.

すべてのデバイスドライバーのインストールが終わり負荷をかけた動作テストを行います。
P1020144.JPG

3.4時間の動作テストで問題ない事を確認。
が...、思った通り、パソコンがかなり熱くなります。

このままでは半年、1年で再発してしまうので最新BIOSに更新します。
元々はWindows XP、VistaのパソコンなのでこのままでBIOS更新は危険、ハードディスクを交換し、Windows XPをインストールしてBIOSを最新に書き換えます。

BIOS更新完了後、Windows8.1のハードディスクに戻して再度動作テストを行います。

以前よりもファンの回転数が上がり、排出される風量もなかり増えました。
ファン自体も回転したり止まったりとうのが頻繁になり、熱くなっていたキーボード周辺も熱くならなくなりました。

これで大丈夫。

パソコンとは、元々不具合を抱えたまま販売されていて不良品なのだという認識を持つ事が大切です。
その不具合はアップデートをいう方法で改善出来るため、リコールなどという結果にならないのです。

パソコンのアップデートはWindowsアップデートだけではありません。
adobeを含むソフト類のアップデートの他に、パソコン独自のアップデートが存在しています。
いまのSONYであればVAIO Cere、富士通ならばアップデートナビ、パソコン個体のアップデートを必ず実行すると故障が防げるかもしれません。

今回のDELL XPS M1730はその典型、BIOS更新をしていれば故障は無かったかもしれません。


コーラ零し Lenovo G580
コーラを大量に零してしまったというLenovo G580の修理依頼が...。

メーカーに問合せをされたそうですが、修理費用は約10万円?、おや?、メーカーなら15万ぐらいの見積りが出るのが普通だが...。

メーカー名を伺っていなかった時、ふと疑問が...。
日本国内メーカーなら15万円は普通なのだが、Lenovoのパソコンだった、海外メーカーの場合若干は割安のようだ。

症状は、電源が入り、正常に起動するが、ログイン画面でパスの入力が出来ないために使えないという、水被りの症状としては経度の部類だろう。

メーカーの場合、後々の腐食、不具合を考慮して水被り部分の部品は全部交換してしまうために高額な修理費用になってしまいます。

キーボード不良は間違いないのだが、内部にどの位コーラが流れ込んでいるかが問題だ。
分解してみると、キーボードの下面はかなり汚れているのだが、マザーボードにはそれほど多くのコーラは流れ込んでいない。
これなら、分解して洗浄してしまえば大丈夫、同時にキーボードも洗浄してしまいます。

本体側は洗浄後に綺麗になり、細部の確認をするが汚れはなくなったのでUSB接続キーボードを付けて動作確認を行います。

動作に全く異常無し、問題はキーボード、1回洗浄では問題解決出来ず、2度、3度と洗浄するがNG、残念ですが、キーボードは新品に交換となってしまいました。

使用中に電源が落ちてしまう DELL Vostro 1000

つくば市に本社のある法人様から、支店のパソコンが調子悪いので修理をとのご要望が直々専務さんから。
以前にも同様症状で別支店のパソコンを修理させて頂き、今回も全く同じ機種、同じ症状なので前回と同じ修理で問題解決出来るのではとご相談がありました。

パソコンが届いて検査してみると、前回修理と全く同じ、内部が汚れているために熱暴走で電源が落ちてしまっていたようです。

P1020127.JPG

ヒートシンク部分の綿埃を取り除いてみます。

P1020128.JPG

黒い塊がたまっていた内部のゴミです。

分解ついでにCPUグリスもリフレッシュを行います。
P1020129.JPG

CPUとの密着部分は熱で溶けてしまったのか何も無くなっているようです。

修理後は、負荷を掛けた動作テストでも電源が落ちるという症状も無くなりましたが、詳細検査の結果、DVDドライブ読み込み不良、イベントビューアでシステムを確認するとDiskエラーを検出しています。

どうやら、ハードディスクも交換が必要なようだ。

P1020126.JPG

Diskエラーが検出された原因ですが、もしかすると熱暴走で電源が落ちるという事を繰り返してしまったのでそれが原因でハードディスク故障が発生してしまったのかも...。
パソコンも古いのでハードディスクの寿命だったのかもしれません。


現状、動きはそれほど悪くはないので、このまま新しいハードディスクに丸々システム転送で行けそうです。

液晶不良 NEC VersaPro VJ-16M 画面が映らない
水戸市内の法人様のお持込修理依頼です。

電源は正常に入り、Windowsの起動音も出るのだが、画面が青っぽくぼけた感じで何も見えないという故障です。

外部モニターに切り替えて確認すると問題なくWindowsの起動画面が確認出来ます。

P1020123.JPG

写真を撮り忘れたので途中まで分解した状態で撮影しています。

今回は、ご予算の都合上中古パネルに交換修理を行います。
在庫のあったのは14.1インチのグレアパネル、元々はマッドタイプだったので修理後は少し明るい画面になってしまいますが、お客様のご了解を頂きグレアパネルに交換します。

P1020124.JPG

デスクトップ画面はお客様店内の写真が背景に使用されているためにボカシを入れています。

修理後の画面は明るさ、発色良好、古いパソコンなのだが、思った以上に状態は良く、動きもなかなか良好です。


画面が真っ暗 HP Probook 4525S 神奈川県から

弊社ブログ記事を見てとお電話にてお問合せがあり修理可能であれば修理をと神奈川県の個人様から。

電源は入るが画面は真っ暗なまま、メーカーロゴ、BIOS画面も表示が出来ないというHP Probook 4525Sの修理依頼です。

P1020125.JPG

まずは、基本通りメモリーのチェックから作業開始です。

メモリーを交換しても症状変わらず。
今度は、CPUを交換して電源ON、症状変わらずです。

どうやら、ATI統合チップに不具合で間違いなさそうです。
お客様ご自身で分解して内部のお掃除をされたそうですが、内部はかなり汚れていたとの事、やはり、冷却不足が原因でATI統合チップに不具合が発生してしまったようです。

マザーボードを修理して電源ON,無事に起動成功、起動時に画面表示が乱れるという症状があったので、一旦、グラフィックドライバーを削除して再インストール、その後は画面表示に乱れは無くなり綺麗な画面で表示されています。

故障直前にハードディスクをSSDに換装されたそうですが、リカバリー時の発熱が原因で壊れてしまったのだろう。

リカバリーも正常に完了していない可能性あり。

その他のテストをするが、グラフィックドライバー以外には不具合は発見出来ませんでした。

数時間の動作テストを行い、問題ない事を確認、修理完了となりました。

P1020131.JPG

DELL Vostro 2520 液晶割れ 高萩市の法人様から
毎日お仕事で使用しているパソコン DELL Vostro 2520の画面が割れてしまったので大至急修理をして欲しいと遠路高萩市らお持込です。

高萩市から水戸市までは常磐道を利用しても40分以上はかかってしまうだろう、お仕事終了後のご来店となると夕方になるので間違いなく1時間以上はかかるのではないだろうか。

P1020119.JPG

大至急の修理なのでお客様の目の前で交換修理を行います。

このDELL Vostro 2520、パネルカバーを固定する螺子がありません。
すべてハメこみ式、こんな螺子まで無くしてでもコスト削減?、そんな理由なのかは定かではないが、この様なハメこみ式が増えているので取り外しはカバーを破損させてしまう可能性があるので注意が必要です。

在庫のパネルに交換してテストを行います。

あれっ?、ビーブ音が8回なって画面が点かない、ケーブル接続ミスがあったようだ。
接続部分を確認すうると、コネクタ部分の差込が少し甘かった、接続をもう一度行い再度電源ON,今度は大丈夫、問題なく起動に成功です。

なにしろ、LEDパネルに代ってから、コネクタ部分も小さくなり、意外に接触不良が原因の液晶トラブルも増加傾向なのだ。
実際に、同じパネルでも点く、点かないという事があり、点かなかったパネルも別パソコンでは何の問題も無いなどの事例もあったのだ。

パソコンは無事に修理完了、そのままお持ち帰り頂きました。




SONY VAIO SVE 14A38CJW 画面真っ暗 マウスポインターだけ
電源が入らないというSONY VAIO SVE14A38CJWの修理お持込が水戸市の法人様ご来店です。

現物を確認してみると、電源が入らいのではなく、電源は正常に入るが画面が真っ暗なまま、マウスポインターのみが確認出来るという症状でした。

どうやら、OSに不具合があるようです。

Windows8のパソコンだが、搭載されているリフレッシュ機能を使って故障前の状態に復活させます。

一旦、強制終了後、「ASSIST]ボタンを押してパソコンを起動させます。

すると下記写真のような「VAIO Care レスキューモード」画面が立ち上がります。

P1020109.JPG

ここで、「リカバリーやメンテナンスを開始」を選択します。
すると、キーボード選択画面が現れます。

P1020110.JPG

日本語という選択肢はありませんのでここでは「Microsoft IME」を選択。
次に現れるのは「オプション選択」画面です。

P1020111.JPG

ここでは「トラブルシューティング」を選択します。
P1020112.JPG

この画面で選択するのは「PCのリフレッシュ」です。
「リカバリーやメンテナンス」をすると初期化されてしまうのでご注意ください。

P1020113.JPG

「次へ」をクリック。
P1020114.JPG

「Windows8」をクリック。

P1020115.JPG

「リフレッシュ」をクリック

P1020116.JPG

「PCをリフレッシュしています」の画面で暫く待ちます。

再起動後は元通りに復活出来るはずですが、出来ない場合はハードディスクトラブルの可能性があるので交換が必要です。

このパソコン、復活は出来たのですが、前々から動作が遅いので何とかして!と言われたので、ハードディスクをSSDに換装しての修理となりました。



富士通 AH520/2A 電源入るも画面が映らない 香川県から
富士通ノートパソコン AH520/2Aが、電源は入るが画面は真っ暗のまま何も映らないという修理依頼が香川県から。
この機種、冷却構造が悪い、修理後の再発率が高いため、現在弊社ではお買い換えをおすすめしているパソコンです。
メーカーでマザーボードを交換修理をしても半年足らずで再発してしまい修理依頼がやってきたり、弊社で修理した場合でも再発してしまい再修理をする事が少なくないからです。
壊れずにずっと使えている事も少なくは無いのですが、パソコンの使用方法などによっても大きく変わってきます。
たぶん、動画の連続再生をする方の場合は間違いなく再発してしまうでしょう。
今回、修理を受け付ける際、データ復旧目的でればという事で再発の可能性をご了解頂き受付させて頂きました。

P1020094.JPG

修理後の動作テストは起動が確認出来る最小限まで、この富士通の場合、マザーボードにモニターを接続しただけで動作テストが出来るので有難い。

P1020095.JPG

動作確認後、元通りに組み立てて動画の連続再生テストを行います。
P1020096.JPG

約5時間の動画連続再生テスト後にアップデートナビを使ってドライバー類の更新作業を行います。
また、デフラグを実行した形跡が無いのでデフラグ、スキャンディスクを掛けて修理完了です。

富士通 NF/E30,E40,G30,G40も同様、修理後の再発率が高いためデータ復旧目的以外は修理をお断りしています。

マザーボードを新品に交換しても再発するので修理断念をおすすめします。
NEC LS150HS1KW 液晶割れ修理 交換手順
NEC PC-LS150HS1KWの液晶割れ交換修理依頼です。

P1020097.JPG

割れた画面は写真のよう。
パネルの下の方に打痕跡があるので、この部分に何かをぶつけたか、何かを挟んだままパネルを閉じてしまったのだろう。

今回は、ついでに簡単な交換手順を公開してしまいます。

このLS150については、パネルカバーを簡単に取り外す事が出来ないため、一旦、パネル部分を取り外さなければいけません。
バッテリーを取り外し、底面に見える螺子全部を取り外します。
キーボードは、ハメ込みが少し硬いので注意が必要、勢い余ってキーボードケーブルを断線させてしまったり、接続部分のコネクタを破損させてしまう危険があるのでご注意ください。

最低限ここまでは分解する必要があります。

P1020098.JPG

ここで、パネルを固定している螺子を7本外し、無線lANのケーブルも一緒に取り外します。
P1020099.JPG

パネル部分の固定螺子4本を外しますが、この部分はメクラシールが貼られているので螺子を外す前に剥がしておきます。

P1020100.JPG

液晶のカバーを取り外すと、パネルを固定している螺子が上2本、下2本が現れますので取り外します。
ここまでの作業で取り外した螺子は全部で52本、螺子の種類は4種、使われている螺子の種類としては少ない部類になりますが、使われていた場所はキチンと把握しておく事が大切です。

液晶パネルを交換後、必要最小限、パソコンが起動出来るところまで組み立てて動作テストを行います。
画面が正常に表示されるところまでの確認であればキーボードは接続する必要はありませんが、今回、簡単な交換手順を公開するためにキーボードを取り付けてBIOS画面を表示させてみました。

あとは、分解した順番と反対の順番で元通りに組み立てれば良いわけです。

P1020102.JPG

交換作業には半解体するので、慣れていても約1時間程度はかかってしまいます。
慣れない方なら2時間以上はかかってしまうかもしれません。

壊してしまうかも?というリスクを考えれば専門家に任せた方が良い機種だと思います。
東芝Dynabook R731 液晶割れ

東芝Dynabook R731 液晶割れ修理お持込が水戸市内の個人様から。

某大型量販店に併設されているパソコン修理会社にお持込をされたそうですが、
メーカー送りで7万円?8万円との事だったらしいです。

おまけに、メーカーに修理依頼をすると保存データを失ってしまう場合があるのでデータのバックアップをしないという事で外付けHDDの購入をデータバックアップを案内されたらしいです。

メーカーだって鬼じゃありません、むやみに保存データを消したりはしません。
また、液晶パネル割れ修理には保存データは関わりません。

そこで、ネット検索で弊社にご来店されたという経緯です。

早速パソコンの状態を確認すると、明らかに画面が割れているのが確認出来ます。
画面が割れてしまった経緯は不明、おそらくな、寝ている時に寝返りをした際にパソコンの上に乗ってしまったかも?という事でした。

液晶パネルを外してみると13.3インチLED液晶、画面はマットタイプ、残念ながら、在庫があったのはグレア(光沢)のみだが交換可能なパネルだ。

出来れば早くに直したいとの事なので、グレアパネルでご了解を頂き交換作業開始です。

外したパネルは見ての通り「バリバリ」です。

P1020091.JPG

P1020090.JPG

修理後のパソコンは明るく、発色ともに良好、以前のマットパネルよりも色鮮やかで明るいのでお客様にはご満足頂けました。

滲んだように見えるのはデジカメのノイズです。
HP Pavilion dv6 B2S73AV 画面がグレー色 液晶交換
パソコンは正常に起動が出来ているようだが画面は全体がグレーのまま、何も映らないというHP Pavilion dv6-7000 B2S73AVの修理依頼が東京都の法人様から。

以前にご利用頂いたお客様からのご紹介です。

液晶パネルの故障で間違いないので早速交換修理作業を開始します。

が...、パネルカバー部分が取り外せず分解が出来ない。
この機種が初めて扱うので分解方法が分からないのだ。

通常、小さなメクラカバーがあり、取り外すと螺子が現れるのだが、このHPのENVYシリーズにはそれらしきカバーが見当たらない。

カバー上部は外れるのだが、下部分は螺子が止まっている感じで取り外せない。
少し力を入れて引っ張ってみた、すると、「ズボッ」という感じで抜けてしまった。

P1020059.JPG

何と、写真の白枠部分が全部メクラシールになっていたのだ。
白丸部分に螺子があり、まさかと思う所に固定螺子があった。

液晶カバー部分は破損してしまい交換する必要あり。

それにしても恐ろしい造りになっているものだ。
これでは、メーカーに修理依頼する他には方法がない。
固定螺子部分は穴を空けて外さなければならない修理なんて、外見上も汚くなってしまうし、修理会社としてはそんな修理は出来ません。

最新のウルトラブックでも同様で、パネル部分一式を交換しなくてはいけない物も増えてきています。

今回の修理は、同機種を入手してパネル部分一式を交換修理となりました、

P1020058.JPG

FRONTIER デスクトップ ノーシグナル
電源が入って、パソコン自体は起動しているようだがモニターにはノーシグナル表示されて何も映らないというFRONTOER製パソコンの修理依頼です。

P1020054.JPG

ケースを開けてマザーボードを確認するとECS製マザーボードが使われており、コンデンサー不良なども多いマザーボードです。
目視で確認する限り、コンデンサー類は大丈夫、やはりメモリー不良だろうか...。
ビデオカード搭載モデルであればビデオカード故障も疑うのだがIntelのオンボードグラフィックスです。

メモリーを交換してみると何の問題も無かったのように起動に成功、メモリーの問題で間違いなさそうです。

元々のメモリーを取り付けて起動させると普通に起動が出来る。
メモリーテストをするがエラーは検出されず、メモリーは壊れていないため交換する必要はありません。

P1020053.JPG

パソコン内部が埃で少し汚れていたのでメモリーの接触不良だろう。

この時期(梅雨)、メモリートラブルが多い、パソコン内部の埃が湿気を吸ってメモリー故障、トラブルになる事が多いのである。
メモリースロットの金メッキ自体の品質低下も原因の一つだろうと思います。

メモリー、メモリースロットを重点にパソコンのクリーニングを行います。

電源投入すると問題なく起動、日付がリセットされているのは、マザーボードのボタン電池を一旦取り外されたからだろうか、日付設定後にシャットダウンし、電源ケーブルを暫く抜いておいて再度電源ON、日付はリセットされないので大丈夫、電池の電圧は問題なかったのでマザーボードは大丈夫。

今回はメモリーの接触不良という事で、部品交換もなく安価に修理が出来ました。

このような症状の場合、まずはメモリーのチェックをされると案外簡単に問題解決が出来る場合も少なくありませんので一度お試しください。


NEC LL550GB 電源入るが画面が映らない
P1020048.JPG

昨年の秋ぐらいに一度修理をさせて頂いたNEC PC-LL550RGが同症状で壊れたので修理をという修理依頼が千葉県から。

前回修理をさせて頂いた際に、故障発症の原因を説明し、今後のメンテナンスについてもアドバイスをさせて頂いたのだが、手順を誤解していたらしく実行されていませんでした。

故障は、内部の汚れが原因で発生する冷却不足です。
今回は、前回ほど汚れてはいませんでしたが綿埃が蓄積されていました。

熱によるマザーボードの故障です。

マザーボード修理後は元通り、各種設定も、保存データもそのままで修理完了です。

P1020051.JPG

故障を防止するためには、使用したい時には必ずシャットダウンする。
定期的に内部のお掃除をする。

お掃除方法ですが、何年もお掃除をしていない場合は分解クリーニングが必要です。
分解に自信がないという場合はご相談ください。
DELL Inspiron 15R N5110 ビーブ音8回

DELL Inspiron 15R N5110が「ピーピー」と音がして起動が出来ないとい修理依頼です。

弊社で確認した時にはビーブ音4回を繰り返していたのだが、ビーブ音は4回だったり8回だったりと変化するという事です。
ビーブ音4回は、DELLの場合メモリー不良、8回の場合は液晶不具合です。
メモリーを交換してみるが症状変わらず、メモリースロット、メモリーをクリーニングして電源を入れるとビーブ音が8回に変わった。

液晶不具合の可能性が高い。

分解してみると、パネルを固定している部分が破損、完全に固定螺子がきかない状態になっています。
螺子受け部分が折れて取れてしまっています。
P1020030.JPG

この部分を修理するには底ケース全部を交換する必要があるため、この部分については別途対策を考えるとして、まずは、ビーブ音が発生する原因を探し出します。

液晶ケーブル不良で間違いないと思うが、まずは、一旦分解して、ケーブル接続部分を綺麗にクリーニングして再組立を行います。
動作テストの結果、症状変わらずです。
念のために、液晶パネルも交換してみるが症状変わらずです。

液晶ケーブルを目視確認すると、ケーブル断線は無さそうなのだが、とにかく極細ケーブルなので断線部分は確認出来ません。

液晶パネル部分がしっかりと固定されていなかったためにケーブル自体に負荷がかかり断線してしまったのだろう。

液晶ケーブルを交換し、仮組状態でテストをするとビーブ音発生は無くなり、問題なく起動画面を確認。

元通りに組み立てて修理完了です。

あっ、底ケースの破損ですが、空いてしまった隙間にプラスチックを入れ込んで高さを調整してプラスチック用螺子で固定、主要螺子はしっかり効いているので「ガタガタ」もありません。
安価に修理をするためには工作技術も必要です。

P1020052.JPG

DELL Inspiron 17R SE7720 SSD換装 Windows 8
先日データ復旧をさせて頂いたお客様からSSD換装依頼がやってきました。
DELL Inspiron 17R SE7720 OSはWindows 8 元々使われている1TBハードディスクをサブに、システム用に128GBのSSDをインストールします。

まずは、リカバリーディスク作成から作業開始です。

SSDに交換後、リカバリーディスクで作業を開始するが、途中ストップ、どうやら、領域設定の段階でエラーで止まってしまうようです。

リカバリーディスク内のデータを確認すると、CSP.DATに何やら領域を設定する項目があったので、再度、SSBメモリーにリカバリーメディアを作成し直して内容の一部を書き換えます。

書き換えてはリカバリーという作業の繰り返しを約30回、やっとリカバリー作業がストップせずに進行させる事に成功です。

P1020036.JPG

リカバリー作業は無事に最後まで完了し、パソコンは使えるようになりましたが、取り外したハードディスクをフォーマットしてパソコンに取り付けて起動させるが認識されず。
仕方なく、1TBを増設した状態でもう一度リカバリー作業を行います。
SSDにリカバリー領域を復元してあるので今度は簡単です。

無事にリカバリーが完了、増設したハードディスクも問題なく認識され使えるようになりました。

Windows8からは、これまでパソコンの底に貼ってあったプロダクトキーが無くなってしまいました。
リカバリーメディアは必ず作成される事をおすすめします。

P1020039.JPG
P1020038.JPG

起動もシャットダウンも速く、何をするにしてもレスポンス良く快適に動くパソコンに生まれ変わりました。

元々付いていたハードディスクと同じ容量のSSDであれば何の苦労もなく換装可能ですが、値段が高額になるために難しいかもしれません。

小さな容量のSSDに交換する場合は、USBリカバリーメディア内を少し書き換えなければリカバリーは出来ませんのでご注意ください。
異音発生 富士通 NF/E70 水戸市の個人様
ハードディスクから異音が発生しているのでハードディスクを交換して欲しいというご要望で水戸市内個人様がお持込修理依頼です。
最近、動きもかなり悪くなり、購入後5年程度を経過しているのでハードディスクの寿命だろうとお客様自身の判断です。
また、重要データが大量に保存されているので、壊れて動かなくなる前に対策しなくてはという事です。

判断としては素晴らしいと思います。

パソコンは消耗品、ハードディスク自体は寿命があり、早い場合で1年程度で壊れてしまう場合も多数あります。

早速、店頭で簡単な診断を行います。

が...、すぐには症状が確認出来ず、ほんの一瞬だけ異音が発生したのだが、どうやら異音の発生源はハードディスクではなさそう、冷却ファンから発生している可能性大です。

異音発生源はハードディスクではなさそうという事をお客様にお伝えすると、動きを速くしたいので交換をご希望。
パソコンを速くするにはSSDに換装する方が効果的という事をお勧めすると少し料金が高額になってもという事でご了解を頂きました。

早速修理に取り掛かります。

メモリー部分のカバーを取り外すと大量のペットの毛が...。

P1020029.JPG

ご自宅に猫を飼われており、時折、パソコンの上で猫が寝ている事があるとか...。
暖かいので居心地が良いのだろう。

パソコンを分解していくと猫ちゃんの毛がたくさん入っているためお掃除をしながらの分解作業となりました。

P1020031.JPG

異音発生源の冷却ファンです。
回転軸が摩耗しており「ガタガタ」指で回転させると1秒程度で回転が止まってしまいます。
正常な物なら3.4秒間が回り続けてくれるのだが、ファンは交換が必要です。

異音発生源の修理は完了、今度は、ハードディスクをSSDに換装作業です。
その前に、データのバックアップを行いますが、富士通に内臓されている「マイリカバリー」を利用してバックアップを行います。

今度は、リカバリーディスク作成をしなければいけませんが、購入時に付属していたはずの「リカバリー&ユーティリティ」ディスクがありません。
また、DVDドライブも不調でリカバリーディスク作成が出来ないために、DVDドライブを交換して作業を行います。

無事にリカバリーディスク作成が完了、SSD256GBに交換してリカバリー開始です。
「リカバリー&ユーティリティ」は、弊社で在庫している別機種の物を使用してみます。
リカバリー作業は無事に終了、領域はDドライブを小さくし、Cドライブを大きく設定致しました。

「マイリカバリー」のバックアップデータで再リカバリーをすると、パソコンは修理前全く同じ状態に復活です。

メールの送受信が出来、MS Officeまでインストールされた状態に復元出来てしまう富士通の「マイリカバリー」は優れもの、便利な機能が使わないと損ですよ。

修理後のパソコンは、レスポンスが速くなり快適度が大幅に向上、お客様は大変ご満悦でした。

P1020032.JPG


液晶割れ NEC LS550/C 日立市からお持込
P1020033.JPG

NEC LS550/Cの液晶割れ修理お持込が日立市の個人様から。

パネルの破損状況から、キーボード上に何かを置いたままパネルを閉じてしまったのかもしれません。
LEDパネルになってから、パネル自体の厚みが薄くなったためにこのようなパネル割れが増えているようです。

日立市から水戸市までは車で約1時間、遥々の持ち込みなので、今回はお持ち帰り出来るように優先的に修理をさせて頂きました。

液晶割れの多いNEC LSシリーズに使用されているパネルは常時在庫があり、約1時間程度で修理が完了いたします。

P1020034.JPG

修理は予定通り約1時間だ完了。
強制終了を繰り返したためにファイルシステムに不具合があり、エラーチャック画面から立ち上がってきましたが、修復後は元通りに起動が出来るようになりました。

メーカーに修理依頼をすると6万円?7万円程度は修理費用もかかってしまうと思います。
また、修理にそれなりに時間もかかるでしょう。

修理費用はメーカー修理の約3割、修理は約1時間で完了。
予定通りお持ち帰り頂きました。

SONY VGN-AR75UDB 電源入るも画面表示なし 千葉県から
P1020019.JPG

電源が入るが画面には何も映らず、明るくもならないSONY VGN-AR75UDBの修理依頼が千葉県から。

元々は、SONYでも延長保証対象機種、この手の故障が多発したための延長保証対策です。

壊れる原因は、ビデオチップの冷却不足です。

元々発熱の多いNVIDIAビデオチップは、内部に埃などが蓄積される事で冷却不足となり故障の原因となっているようです。

分解してみると、想定していた内部の汚れはほとんどなく綺麗な状態、もしかすると内部のお掃除をされてから修理依頼だったのか...。

さらに、ビデオチップ、CPUのヒートシンクを取り外すと、あれ?、簡単に外れてしまったのだ。
このARシリーズ、これまでにも数多く修理を行っているのだが、こんなに簡単にヒートシンクが外れてしまうという事はありませんでした。
ほとんどの場合、グリスが固くなっており、外すには剥がすという行為に近い作業が必要となります。

もしかすると、お客様ご自身で分解された事があるのかもしれません。

一旦取り外し、元通りに組み立てただけでは正常な冷却が出来ません。
最低限、古いグリスを取り除き新しく塗り直す必要があります。

今回は、この密着不足が原因で冷却不足になってしまい、故障を発症してしまったのだろうと測できます。

P1020020.JPG

修理後のSONY VGN-AR75UDBです。

修理後の注意点は、熱を意識した使い方をする。
動画などの連続再生はあまり行わない。
常駐ソフトは出来るだけ少なくして出来る限りCPU使用率を下げる。
パソコンを使用しない時には必ずシャットダウンする。

スリープ、スタンバイ状態でもパソコンは発熱しています。
しかも、冷却ファンが回転するという事も少なく、冷却装置も停止したままになってしまいます。

寿命を削っているというような考え方で使用するように心がけましょう。

さらに良い使用方法としては、パソコンが熱くなっている時には少しの間、アイドリング状態にしてパソコンが少し冷めてきてからシャットダウンすると良いかもしれませんね。

理由は、パソコン内部の温度差が故障の原因となるからです。
グラフィック系故障は、気温の高い夏よりも、気温の低い冬の方が修理依頼が多いからです。

NEC VW770SG S.M.R.Tエラー
P1020022.JPG

S.M.R.Tエラーで起動が出来ないNEC VW770SGのパソコン修理&データ復旧依頼です。
多くの場合、F1キーを押せば通常起動が出来るカースが多いのだが、F1を押すとブルースクリーンになり再起動をしてしまう。

P1020023.JPG

まずは、データ復旧から作業を開始します。
保存データは普通に確認出来るのだが、I/Oエラーでデータを取り出せない。
しばらくするとそのデータ自体も見えなくなってしまうという状態です。

データ復旧作業を行いながらパソコン修理を同時進行で行います。
リカバリーディスクは未作成のため、弊社所有の物を使ってリカバリーを行います。
ハードディスクは1TB,同容量の物に交換、同時にパソコン内部のお掃除を行います。
このVW770SGは水冷方式、水冷のパイプがCPU、チップセット、ハードディスクへと繋がって、ラジエーター?部分で冷やされた液体が循環するという構造です。
水冷方式のメリット、デメリットはあると思うが、私自身は無駄物と考えています。
何故なら、ラジエーター部分が結局は空冷なので、内部にゴミが溜まるのは同じ、CPU自体の発熱もCore2Duo以降は少なくなっているので発熱をあまり気にしなくても大丈夫、だったら、安価な空冷で十分、無駄に費用を投じる必要は無いと考えています。
中には、水冷ポンプから異音が発生する場合もあるので故障のリスクも高くなるという事です。

パソコンのリカバリー作業もも無事に終了、あとは、データ復旧作業の結果を待って修理パソコンに保存する作業のみとなりました。

データ復旧作業も無事に完了、動画の一つに音声に雑音が入る物があったが、ほぼ復旧に成功です。
とにかく動かない NEC LL850MG SSD換装
P1020010.JPG

ざっと見て20以上のマルチウェアがインストールされてしまっているNEC LL850MGのお持ち込み修理依頼です。

電源投入後、5分以上は使えず、起動したと思われてからも全く動きません。
ウィルス対策は、購入時のまま、すでにお試し期間が過ぎているのだが、何も対策されていないというパソコンです。
ハードディスクからは「カリカリ」という音も出てきているのでもう交換時期だろう。
ウィルスが含まれている可能性が高いので、まずはウィルスチェックから作業を開始します。

とにかく速く動くように、保存データを残しての修理という事なのでウィルスチェック後にマルチウェアを直接プログラムファイルから削除作業を行います。

ウィルスチェックの結果、6つのウィルスを発見したので駆除、マルチウェアはプログラムファイル内のフォルダーを直接削除してしまいます。

メールアカウントをはじめ、バックアップを取れるだけ取るには出来るだけスムーズに動くようにしてからでなければイライラして作業が出来ないからです。

元々使われているハードディスクは160GB、今回128GBのSSDに交換します。
リカバリー領域だけで16GBも使用しているので、リカバリー領域は復元せず、CドライブとDドライブとがあったのはCドライブのみの構成で作業を行いました。

リカバリーディスクを使用して早速作業に取り掛かります。
作業はスムーズに進行、リカバリー領域を復元しない方法なので作業が進むのも早い、通常2時間程度かかる作業はSSD効果もあり30分程度で終了。

Windows VistaパソコンのOSアップデートはほとんどが丸1日を要してしまうのだが、SP2までアップデートをしても3時間程度で全て終了です。
これもSSD効果だ。

修理後のパソコンは生まれ変わり、動きも速くすこぶる快適です。

P1020011.JPG

電源入るも画面には何も映らない SONY VPCEE47FJ
P1020013.JPG

電源は入るが画面は真っ暗なまま、メーカーロゴも出ない状態のSONY VPCEE47FJの修理依頼が埼玉県から。

修理経験から、ATIグラフィック統合チップの不具合と判定、早速マザーボードの修理作業に取り掛かります。

マザーボード修理後は無事元通りに復活です。

P1020014.JPG

AMDのCPUにATIグラフィック統合チップの故障例は多く、各メーカーで同じように故障してます。
故障の原因は発熱です。
パソコンの使い方にも問題があるのかもしれません。

パソコンを使用する時には排熱口周辺にスペースを取る。
シャットダウンする時には少しの時間アイドリング状態にしてクールダウンする。
使用しない時には必ずシャットダウンする。
定期的に内部をお掃除するなど、少し気を使った使用法が良いかもしれません。


HDD故障 Gateway sx2855 法人様から
P1020008.JPG

昨日までは何の問題もなく使えていたパソコンが、朝電源を入れたら写真のようなメッセージが出て起動が出来なくなってしまったGateway SX2855の修理&データ復旧依頼です。

ブートデバイスが無い、OSが無いというメッセージですが、ハードディスクの故障が疑われます。
ハードディスクを取り外して検査をすると、認識されず、データ領域が全くありません。
また、時折「カチャカチャ」異音が発生しています。

バックアップを取っていない大切なデータが保存されているらしい。
お預かりして約10日、約175GBのデータ復旧に成功です。
ランダム検証の結果、大目に見て約2割強の破損ファイルが含まれています。

データリストをお客様にご確認頂き、最重要ファイルが生きているかを確認します。
運良く、最重要ファイルは生きていたので良かった良かった。

パソコンは、ハードディスクを交換して修理完了、復旧データをデスクトップ上に保存してお渡しとなりました。

壊れたハードディスクはSeagate製でした。

P1020005.JPG



富士通  AH40/G エラーコード2101 データ復旧・修理
富士通のノートパソコン LIFE BOOK AH40/Gのデータ復旧&パソコン修理依頼が東京都から。
富士通の自己診断ツールで2101、ハードディスクに問題あり、ハードディスクの交換修理とデータ復旧のご依頼です。
もちろん、パソコンは起動出来ません。

特に重要なのはメールの送受信データ、出来ればその他のデータの復旧が出来ればということです。
まずは、時間のかかりそうなデータ復旧から作業に取り掛かります。

ハードディスクを取り外し、データ復旧マシンに接続して作業を行いますが、なかなかデータ領域は見えず、約10分ほどでC,D,リカバリー領域が見えてきたのだが、全ドライブが開く事が出来ません。

別方法でデータ復旧作業を開始すると、ほんの僅かずつスキャンが出来るようにはなったが、時間的にはかなり要しそうです。
作業開始から丸8日、何とかデータ復旧に成功です。

今度はパソコン修理作業に取り掛かります。
リカバリーディスクは未作成のためにありません。
弊社で在庫しているリカバリーディスクにもAH40/G用はありません。

しかし、そこは経験で何とかカバー、無事にリカバリー作業が終了、パソコンは元通りに復活です。

P1020007.JPG

復旧データを元場所に戻し、メールデータのインポート作業、メールの送受信データも無事に復活できました。

P1020009.JPG

Windowsアップデート、MS Officeインストール、アップデートナビで機種別の更新作業を行い修理完了です。

データ復旧にかなりの時間を費やしてしまいましたが何とかお客様のご要望通りの対応が出来ました。
DELL XPS L702X SSD換装
スタートアップ修復を繰り返し起動が出来なくなってしまったDELL XPS L702Xの修理依頼です。
ハードディスクを検査してみると不良セクタが多数あり、Cドライブはファイルシステムが崩壊、ハードディスクの交換が必要という診断をさせて頂きました。

リカバリーも出来ない状態です。

ハードディスクは500GBが2台、総容量が1TBと大容量、そこで、壊れた1台のハードディスクをSSDに換装してはとおすすめするとパソコンが速くなるなら大歓迎という事でSSD換装するという事になりました。

詳しくお話しをお伺いすると、このDELL XPS、友人から(タダ)で譲り受けた物らしい。
なんと気前の良いご友人だろう、起動出来なくなってしまったから新しいパソコンを購入されたとか...。

まだ新しく、下意見的にもピカピカ、性能的にも申し分ないので私なら起動出来なくても5万円ぐらいで買取したいぐらいのパソコンです。
メーカーに修理依頼をすると5.6万円もかかってしまうので買い替えの方が良いと思われるのも仕方がないかもしれません。

P1020004.JPG

SSDの効果は絶大で、電源ONから約25秒でパソコンが使える状態に、シャットダウンも約10秒と快適パソコンに生まれ変わりました。
富士通 Ultrabook U55/JS 液晶割れ交換修理
富士通 Ultrabook U55/JSの修理依頼が愛知県から。

P1010998.JPG

出来ればなるべく早くに修理をしたいとのご要望です。

Ultrabook(ウルトラブック)とは、インテルが2011年に提唱した薄型軽量ノートパソコンのカテゴリの事をいうようです。

全体に厚みが薄く、軽く出来ているために、多くは光学ドライブを搭載していない。
バッテリーも簡単には取り外す事が出来ず、螺子を数本外さなければならない。

軽量で薄型は良いのだが、修理するには何をしても面倒。
液晶割れも簡単には修理が出来ない機種が多く、パネルカバーごと交換しなければならない機種もあります。

今回の富士通 U55/JSは液晶パネルの交換が可能。
在庫しているパネルで対応出来たため、到着日に修理、当日発送が出来ました。

CPU FAN Speed Errer で起動出来ない SONY VGC-LN50DB

P1010989.JPG

写真のようなメッセージが表示されて起動が出来ないというSONY VGC-LN50DBの修理依頼が東京都から。
パソコンを分解して内部のお掃除をされたそうですが改善出来ず、それもそのはず、冷却ファンの回転軸が摩耗してしまい「ガタガt」状態、ファンのメンテナンスで問題解決出来ると思っていたのだがファンの交換が必要となってしまいました。

P1010990.JPG

写真の通り、回転軸が摩耗しているために、片方を抑えると反対側に大きな隙間が空いてしまいます。
指で回してみてもファンの羽が当たってしまいスムーズに回転出来ません。
これは、内部のお掃除をされないまま使い続けてために、回転軸に埃が入り、回転とともに回転軸を摩耗させてしまったためです。
材質が宜しくなかったのも原因の一つかもしれません。
事実、SONYに限った事ではありませんが、回転軸の摩耗が原因で壊れるパソコンも少なくありません。

しかし、困った事に、同冷却ファンの在庫がありません。
手配もかなり難しそう、入手は何とか可能だが、恐ろしいほど高額なので、今回は、別機種用で在庫していたファンに交換します。

かなり大きな冷却ファンだが、大きさは全く同じSONYのVGC-LTシリーズ用に在庫していたファンに交換します。
ちょっと違う点は、ケーブル3本と4本の違い、ファンコントロール用のケーブルが1本少ないがなんとかなりそう。

交換してテストしてみると、ファンは定速回転、しかし、回転音は静かなのでそれほど気にはならない程度だ。

メーカーに修理依頼をすると4万円前後はかかってしまうだろう。

起動も正常、保存データも環境もそのままお使い頂けるのでファンの音は少し我慢して頂きます。
修理後は問題なく起動出来るように復活です。

P1010997.JPG

S.M.A.R.T エラー NEC VN770AS6W
P1010984.JPG

S.M.A.R.T機能とは、ハードディスク自体が自己診断を行い、予測可能な障害を検知する機能の事をいいます。

このメッセージが現れた場合は、ハードディスクに障害があるために交換が必要となります。
が...、ほとんどの場合はF1キーを押す事で通常起動が出来るためにデータのバックアップは出来るのが普通です。
騙し騙し使っていると完全にハードディスクが死んでしまうので早めにデータバックアップ、修理をされる事をおすすめします。

日本中の家電量販店に併設されている某パソコン修理ショップにお持込されたそうですが、結局はメーカー送り、修理に莫大な費用がかかるために弊社にご来店されました。

S.M.A.R.Tエラー、ハードディスク故障の他に、光学ドライブ故障、メーカー修理だと8万、9万ぐらいかかるのだろうか...。

早速修理を開始します。

まず、この機種に対応出来るリカバリーディスクがなかったのでまずはリカバリーディスク作成作業から。

しかし、通常起動をしてもマウス操作にパソコンが反応しない、一旦リカバリーをしないとリカバリーディスク作成が出来ません。

一旦電源を落とし、電源ON、F11を押してリカバリー機能を起動させるが起動してくれない。
こんな場合の対処方法の一つ、ハードディスクを取り外し、別パソコンでCドライブのみをフォーマットします。
その後、元パソコンに取り付けて電源ON、F11を押してリカバリーを起動させます。
S.M.A.R.Tエラーが表示される場合はリカバリー出来る事が多い、電源ONの際、必ずF1を押さなければ起動は出来ませんが...。

リカバリー完了後、光学ドライブを交換、元々はブルーレィドライブが搭載されていたのだが、部品も高額、ブルーレィは見ないとの事なのでDVDスーパーマルチドライブに交換します。
リカバリーディスク作成も無事に完了し、今度はハードディスクくを交換して作業を続行です。
作業はスムーズに進行し、無事に修理完了です。

モニター一体型パソコンは分解が面倒なため、パソコン内部のお掃除をされる方はほとんどおりません。
今回お預かりしたパソコンの内部写真です。

P1010986.JPG

タバコを吸われる環境での使用なののでかなり汚れています。
ハードディスク故障の原因の一つにはパソコンの冷却不足があったのかもしれません。
修理依頼にやってくるパソコンのほとんどはこんな状態です。

故障を事前に防止するという観点からもパソコン内部は定期的にお掃除をされる事をおすすめいたします。


パソコンの分解に自信がないとう場合はいつでもご相談ください。

富士通 デスクトップパソコン 異音、ファンエラー
電源を入れるとファンが唸り、時よりファンエラーのメッセージが表示されて起動出来ない時があるという富士通デスクトップパソコンです。
パソコン内部を確認すると下記写真のような状態です。
少しお掃除をした後の状態です。

P1010977.JPG

こんなに汚れるのかというくらいに汚れています。
まずは分解してクリーニング作業開始です。
冷却ファンも取り外して回転軸部分をオイルで洗浄、グリスアップしてメンテナンスを行い回転状態を確認します。
回転はスムーズ、ブレも無く回転しているので交換の必要はないと判断。
お掃除が終わり、元通りに組み立てて動作テストをすると全く別物というくらいに静かなパソコンに生まれ変わりました。

エラーチェック、デフラグ、ディスククリーンアップを行い、さらに動きが良くなり修理完了です。

修理依頼がもう少し遅かったら、さらなる故障へと進行していたかもしれません。
HP Probook 4525S 電源入るも画面真っ暗
P1010978.JPG

電源が入り、ファンが回転しているが画面には何も映らず真っ暗という修理依頼が和歌山県から。

早速検査開始です。
まず、メモリーを確認してみるが異常なし。
今度はCPUを代えてみるが症状変わらず。
思った通りマザーボードの故障で間違いなさそうです。

パソコン内部は埃の塊でかなり汚れています。

P1010980.JPG

ファン内部はこんなに汚れており、これでは正常な冷却が出来ずに壊れてしまいます。

修理後は元通り、保存データも環境もそのままお使い頂けます。

P1010983.JPG

電源ランプが点くだけ 富士通LX50X/D
P1010963.JPG

電源ボタンを押すと何やら動いている様子はあるのだが、画面には何も映らず、電源ランプが点灯するだけという富士通モニター一体型パソコン LX50X/Dの修理依頼です。

詳しくお話しをお伺いすると暫く使用していなかったとか...。

この症状の場合、一番に疑ってみるのはメモリー、この時期(梅雨時期)には、湿気が影響しているのだろうか、メモリー関連のトラブルが多発している。
パソコン内部の埃と湿気が原因の一つだろう。

早速メモリーの検査から作業を開始します。

一旦メモリーを取り外し、2枚刺しだったメモリーを1枚にして起動してみる。
無事に起動画面が立ち上がって問題なくつかえるようになりました。

もう一枚に差し替えて起動させると問題なく起動成功です。
メモリースロット、メモリーを綺麗にクリーニングして、今度は2枚刺しで起動、大丈夫、どうやら、メモリースロットの接触不良が原因だったようだ。

念のためにメモリーテストを約3時間、エラーは無し、どうやら大丈夫そうです。

P1010974.JPG

とにかく、重症じゃなくて良かった良かった。

SONY VGN-FZ71B 画面に縦ライン多数 東京都から
P1010949.JPG

写真のような画面になり、その後、画面の表示が変わるという症状でSONY VGN-FZ71Bの修理依頼が東京都の個人様から。

NVIDIAビデオチップの搭載されているSONYパソコンに多い故障例です。
SONYでもこの故障には延長保証という形で対応していたのだが、すでに延長保証は終了、この機種についてはサポート自体も終了しているようです。

元々、NVIDIAビデオチップの発熱が多いため、内部が汚れてくると冷却が悪くなり故障が発症しています。

このパソコン、壊すのも簡単で、排熱口に物を置いて塞ぐようにして連続動画再生をするといとも簡単に壊れてしまいます。

言い換えれば、発熱を考慮し、熱が出ないような使い方をすれば壊れずに永く使えるという事になります。

定期的に内部のお掃除をする、常駐ソフトを出来るだけ少なくしてCPU使用率を下げる、出来れば」DVD再生などの動画再生は連続使用しない、ノートパソコン専用の冷却台を使用するなど。
冷却台ですが、ファンが付いている物はNG、ファンから出る風が本来の吸気を妨げてしまい、必要な空気を吸い込めなくなるために、底面だけが冷えて内部が冷えないという事があるようです。

パソコン周辺には十分なスペースをとり、吸排気がスムーズに出来るようにする事も大切だと思います。

今回の内部汚れ状況

P1010951.JPG

修理後の写真

P1010953.JPG


NEC LS150ES6R 液晶割れ 愛知県から
P1010965.JPG

事前に何度もお問合せがあり、修理代金の確認があって修理依頼がよって参りました。
数社にお問合せをされたのだろうか、修理価格、修理日数で納得して弊社に修理依頼をされたのであろう。

NECのLSシリーズは、前回のブログでも紹介しているが、とにかく液晶割れが多い。
今回は、在庫切れで発注していたパネルが到着したので、パソコン到着当日修理、即、当日発送で修理完了です。

修理後のパソコン

P1010968.JPG

ついでに、このLSシリーズ、メンテナンスが簡単に出来ているのを紹介します。

パソコン内部のクリーニングが重要だという事をさんざん言っていますが、このNEC LSシリーズのほとんどにお掃除窓が装着されており、簡単にお掃除が出来るように作られています。

P1010967.JPG

カバーを少しずらすだけでゴミの溜まりやすい部分が簡単に見えてくるので、お掃除必須のパソコンでは大変に便利な機能です。

何だかパソコンが熱いなど、気が付いたらお掃除をするようにしてください。


acer A3970 リカバリー後に動作不安定
ウィルスに感染してしまっためにリカバリー(初期化)をされたそうですが、その後パソコンが不調、フリーズしたり、シャットダウンにかなりの時間がかかるようになってしまったというacer A3970の修理依頼です。
CPUはIntel Core i7 3770 まだ新しい、高性能パソコンです。
最悪、修理費用が高額になるのならお買い換えも視野にあるとか...。

リカバリーの基本は、キーボード、マウス以外の周辺機器を取り外し、BIOSを初期化して行うのが常識です。

まずは、基本通りにリカバリー作業を開始です。

リカバリー作業に約1時間、グラフィックスドラーバーがインストールされていないのを確認、何故だろう...。
もしかすると、内臓リカバリー領域にはグラフィックドライバーは含まれていないのだろうか...。
すぐにWindoedアップデートを行います。
必要なデバイスドライバーはWindowsアップデートで探してインストールしてくれるからです。
Windowsアップデート後はグラフィックドライバーも無事にインストールされ、標準の画面解像度で表示されるようになりました。

しかし、何やら挙動がおかしい。
正常にリカバリーが出来ていないようだ。

次に怪しいのはメモリー、メモリーをテストするが問題なし。

最近のパソコントラブルに多い傾向としては、メモリースロットの接触不良、通常、メモリースロットは金メッキされているのだが、最近はコスト削減が原因なのか、金メッキの品質が低下しているように思う。
メモリースロットの接触不良が原因の故障が増えている。

そこで、パソコン内部を一旦分解し、綺麗にクリーニングを行います。
特に、メモリースロット周辺は念入りに行い、メモリー自体も綺麗に磨きます。

元通りに組み立てて再度リカバリー作業を開始です。

今度は大丈夫、パソコンは快適に速く動いてくれるようになりました。
メモリーも交換する事なく、安価に修理が出来ました。

P1010955.JPG


液晶割れ NEC-LS150ES1KW
P1010956.JPG

NECノートパソコン LS150ES1KWの液晶割れ交換修理依頼です。

液晶割れ修理で特に依頼の多いのがNECのLSシリーズパソコンです。
液晶のトップカバーも柔らかいのも原因の一つだろうが、使われているパネル自体も特に薄いために割れやすい原因です。
LEDパネルになってから、パネル自体を薄く作れるようになった事、コスト削減のためにパソコン自体の材質もお粗末なために簡単に割れてしまうのだろう。

修理後は綺麗な画面に復活です。

P1010957.JPG

それと、大切な注意点が一つ。

パネルの開閉は中心部分を持って行ってください。
端を持って開閉するとパネル自体に歪みが生じパネル割れの原因の一つとなっています。

何もしていないのにパネルが割れていたという故障例も数件ありました。

SONY VGN-AR73DB 画面表示不良
P1010958.JPG

画面に縦ラインが出て、その後象形文字のような物が画面一杯に表示されるSONY VGN-AR73DBの修理依頼です。

お話しをお伺いすると、メーカーにてマザーボードの交換修理を一度されており、約10か月でまた同じように故障してしまったという事です。
メーカー保証は3か月、またまた高額修理代がかかると思うと修理は諦めたという事でした。

元々、保証が延長されている機種、冷却構造に問題ありのパソコンです。
内部が汚れ、冷却が悪くなると正常に冷やす事が出来なくなるために故障してしまいます。
この原因をメーカーでは説明していないのですぐに再発してしまいます。

nVIDIAのビデオチップは発熱が多いため、動画などを連続再生していると高熱を発するために冷却ファンがフル回転し、かなりの熱風が排熱口から出てきます。
排熱口周辺に物を置いて塞いでしまったり、お布団の上などで使用し、吸気口を塞いでしまったりすると簡単に壊れてしまいます。

テレビ機能も搭載されていますが、発熱を考慮すると動画再生には無理があるパソコンだと
思います。
ゲーム関連にも向いていないので避けられた方が得策ではないでしょうか。

しかし、17型FulHD画面なので私個人としては修理を諦めるには勿体ないと思います。

P1010959.JPG

修理後は、画面にラインも消えています。
リカバリー途中だったという事なので再度リカバリー作業を行います。

動作テストが必要なのでVAIOアップデートも行い、最新のドラーバー類に更新します。
P1010960.JPG

ドライバー類の中にはnVIDIAグラフィックドライバーも含まれているので最低限必要な作業となります。

3.4時間、動画の連続再生テスト、同時に排熱状態も確認します。

壊さないために注意点としては、定期的に内部のお掃除をするというのが大切です。
また、熱を考慮した使い方、例えば、常駐ソフトを出来るだけ少なくすし、CPUの使用率を出来るだけ低くするなどの使い方が良いかもしれません。

電源ランプが付くだけ NEC VE570WG
電源を入れると電源ランプが点灯、何やら中でファンが回転しているような音だけがするというNEC モニター一体型デスクトップパソコンの修理依頼です。

一度、他者様に修理に出されたようですが、マザーボードの故障と診断され、修理費用も高額なために修理を断念されたとの事でした。

あまり流通していない機種のような感じですが、弊社には同型で画面が乱れるという症状で一度だけ修理実績がありました。

おそらくは、グラフィック系の故障だろうと想定したのですが、パソコン内部を見てみると綺麗な状態。
もしかすると、直前に修理依頼をされた際に内部のお掃除をしてあるのか、それにしては若干の埃が蓄積されている、分解された形跡もありません。

パソコンを起動してみて、メモリーのチェック程度でマザーボードの故障と断定したのだろう。

まずは、マザーボードの修理を試みます。

が...、症状変わらず、マザーボードの故障で間違いないのかと思いながらも、AMDベースのパソコンなのでCPUの故障を疑い交換してみます。

「ドンピシャ」みごとにパソコンが起動、壊れる前の状態に復活です。

もしかすると、CPUに供給されている電圧の問題でCPUの故障を誘発した可能性があるので、5.6時間の連続使用、一旦パソコンが冷めた後にもう一度動作テスト、その後も同じようにテストを行いましたがCPUが破損する事はありません。
ほぼ丸1日、負荷をかけて動作テストを行いまいたが全く問題ありません。

お客様は、パソコンの修理はほぼ諦めていたそうですが、思わぬ吉報に大変お喜びでした。
DELL VOSTRO200 Window7アップグレード
WindowsXPのサポート終了に伴いOSのアップグレード依頼が増えています。

今回は、DELL Vostro 200 デスクトップパソコンです。
CPUはCore2Duoなので性能的には問題なし。
メモリーは1GBなので、1GB追加してあげれば大丈夫、問題なくお使い頂けます。

XPパソコンはもう使えないと、新しいパソコンに入れ替えされた方も多いと思いますが、OSをアップグレードする事でまだまだお使い頂けます。

OSアップグレード後のVostro200は動きも良くなかなか快適です。
出来れば、メモリーは4GBぐらいは欲しいところだが、特に重い作業を行わなければサクサクと動いてくれます。

勿体ないのでOSを入れ替えてお使いになられてはいかがでしょうか...。
歯医者さんのパソコン修理
歯医者さんにいくと治療台?、椅子?に設置されているモニター画面に歯のレントゲン写真を写しだしたり、歯磨き方法、注意点などを表示させているパソコンの修理依頼がつくば市から。

いつから使用しているか、書類をみないと思い出せないぐらい古いというが、パーツ構成から7年~8年ぐらいだろうか...。

P1010946.JPG

これまで、一度もメンテナンスをした事がなく、同時に3セット導入したのだが、内1セットがすでに壊れてしまい交換しているとか。

交換するには数十万円の費用がかかり、今回、壊れる前にメンテナンス、HDD交換してこれから先も永く使用したいという事です。

本体をお預かりする時、何やら中から「カラカラ」と、何かが取れてしまっている音がします。
ケースカバーを開けてみるとチップセットのヒートシンクが取れており、「カラカラ」の音源はここからです。

P1010945.JPG

このヒートシングが取れてしまうパソコンも少なくないのだが、取れてしまう原因は、内部が汚れてしまい、正常に冷却が出来なくなるために、マザーボード(メイン基盤)が熱くなり、半田付けされている固定ピンが抜け落ちてしまうためです。
一部の機種では、パソコンが起動出来なくなるように設計されているのだが、このまま使い続けるとチップセットが壊れてしまいマザーボード(メイン基盤)を交換しなければいけません。
当然、新しいパソコンが購入出来るほどの修理費用がかかってしまいます。
今回は、運良く壊れる前に発見出来たのでヒートシンクの再実装という修理だけで対応が出来ました。

ハードディスクは、新しい物に丸ごとシステム転送で作業を行います。
しかし、ハードディスク自体も少し問題があり、作業前に修復作業が必要、数時間の修復作業を行いシステム転送作業へ...。

今回、ギリギリのタイミングでの修理依頼だったようです。

P1010948.JPG

患者様の情報はすべて専用サーバーで管理されているため、このパソコンには一切個人データは保存されておりません。

専用のシステムだと入れ替えに費用も高額になってしまいます。
使いぱなしではなく、定期的にメンテナンスをされると無駄な経費を使わなくてすみますね...。
SONY VAIO VPCEH18FJ 液晶割れ
P1010942.JPG

SONY VAIO VPCEH18FJ SONYノートパソコンの液晶割れ修理お持込が水戸市内の個人様から。

お時間に余裕があれば少しお待ち頂ければお持ち帰り可能とお話しをさせて頂きましたが、そんなに早くに修理が出来るとは思っていなかったらしく、これから予定があるからと明日のお引き取りをお約束してお預かりする事になりました。

交換用液晶パネルは常時在庫しているのですぐに修理に取り掛かります。

作業開始から、動作テストを含めて約1時間、無事に修理完了です。

P1010944.JPG

液晶割れの修理依頼が増加傾向です。

パソコンの取り扱いには十分に注意してください。

SONY VAIO SVE14A38CJW データ復旧リカバリー
管理者権限がなくてソフトのインストールも出来ないといSONY VAIO SVE14A38CJWのリカバリーご要望、同時に、データの復旧ご依頼です。

管理者権限アカウントにあるデータと、別アカウント(ログイン可能)の2アカウント。

元々、娘さんのパソコンだったのだが、新しいパソコンを購入してしまったため、このパソコンが不要んびなったために譲り受けたとの事です。

しかし、ログインパスワードを忘れてしまいどうしても思い出せないらしい。
もしかすると、ログインが出来なくなってしまったために新しいパソコンを購入されたのかもしれません。

元々はWindowsだったのを8.1にアップグレードされており、Windows 8.1にするのは無料で出来るのだが、マイクロソフトアカウントが必要となり、画面の指示に従って作業を進めていくとパスワード設定を求められます。
この時のパスワードがパソコン起動時にパスワードになるためキチンとメモを取るなどの記録を残しておかないと後々面倒な事になってしまいます。

セキュリティ面が強化されているWindows8のパソコンからのデータ復旧作業もこれまでとは違い少し面倒だが無事に救出成功。

リカバリーが終わり、救出データを元場所に戻し、Windowsアップデート、VAIOアップデートを行い修理完了!と思ったが、何と、マイクロソフトOffice2013H&Bのプロダクトキーが見つからず...。

このままではワード、エクセルが使えないため懸命に捜索をして頂きましたが、購入時の箱ごと見当たらず、結局発見出来ないために別途ご購入頂く事になってしまいました。


パソコン修理 HP Probook 4525S 画面映らず

電源は正常に入るのだが、 画面には何も映らないというHP Probook 4525Sの修理依頼が福井県から。

どうやら、同業者様からの修理依頼のようだ。

P1010594.JPG

写真では見難いのですが、電源ランプは点灯しています。

同業者からなので、とりあえず一通りのテストはされているだろうという事から、マザーボードの故障を疑い、早速修理に取り掛かります。

このHP Probook 、パソコン裏面には分解のための螺子が無く、分解するには、上カバーを取り外さなければいけません。

まず、スイッチパネルの取り外しから、裏側面に、螺子が2本あり、メクラカバーを外し、2本の螺子を外します。
次に、スイッチパネルを上方向にずらすようにするとパネルが取り外せます。
キーボードを固定している螺子2本を外し、スイッチパネル同様に上方向にずらすとキーボードが取り外せます、
キーボードのケーブルを外せば簡単にキーボードが取り外せるようになっています。
メモリー交換、増設する際にも同様に分解しないと作業が出来ません。

こんな感じでマザーボードを取り外します。

作業開始から約2時間、起動画面が表示出来るところまで組み立てて動作テストを行います。

電源ON、無事に「HP」ろごが現れました。

今度は、元通りに組み立てて再度動作テスト開始です。

OSも無事に起動、動作テストも問題ありません。

修理完了、ご返却です。

 

やっと修理が終わったDynabook G8

北海道個人様からの修理依頼品で故障内容が、画面が赤い、ヒンジ破損、DVDドライブ不動、CPUファンから異音、メモリー増設、リカバリー(初期化)をして欲しいとのご要望です。
ご予算は3万円以内です。

ヒンジ部分の部品手配が出来ず、お預かりして20日以上の日数がかかってしまいました。

まず、赤く映る液晶パネルのバックライトの交換から作業開始です。
解像度の高いSXGAパネルが使われているので今となっては貴重品?。

バックライト交換で画面が明るく映るようになりました。

今度は、目一杯に開いてしまうヒンジ部分の故障状況の確認です。
完全に中が折れてしまっており、部品の交換が必要です。
部品が無いのでこの修理は後回しにします。

次に、CPUファンの確認です。
内部に大量の綿埃が...、発熱の多いパソコンだけに発火の心配もあります。
ファンを分解、綺麗にお掃除をしてグリスアップで問題解決です。

今度はDVDドライブの点検です。
東芝の場合、純正品以外は一部のドライブを除いて正常に認識されません。
残念ですが交換出来ず、せめてクリーニングだけでもとお掃除をしました。

画面も綺麗に、異音を発していたCPUファンも静かになりましたが、ヒンジ部分の部品調達に大幅な時間を費やしてしまいました。
製造はもう終了しているようです。

中古品でもと探してみても、ご予算枠があるのでなかなか見つかりません。
運よく新品ヒンジ(左右)が見つかり早速注文、部品代が高額でビックリですが仕方がありません。

ヒンジ部分を交換し動作確認をしてみると、右側スピーカーからの音が鳴りません。
今度はスピーカー探しです。
在庫の部品を探してみても同じ大きさのスピーカーは見つかりません。

同型スピーカーが見つかりました。
同じDynabook TX860LSのスピーカーがケーブルの長さが少し長い以外は大きさ、形が全く同じです。
このTX860LSですが、少し前に電源入らすというパソコンを買い取った物です。

マザーボードの修理も終わってこれから再生しようといった矢先だったのですが、目先の必要部品のために解体です。

スピーカも左右から音が出るようになったので最後にリカバリー作業です。
DVDドライブが故障しているので在庫の中古ドライブの中から使える物を探します。

やっと1個見つかったので一時交換、リカバリー作業を開始します。

リカバリーが終わってWindowsのアップデート作業が終わってDVDドライブを壊れている物に戻して修理完了です。

動作テストを数時間、何と、DVDドライブが生き返ってしまいました。
どうして?、お掃除したのが良かったのだろうか、問題なく読み込みが出来るようになってしまいました。

今回の修理は時間もかかってしまったが、悪いアクシデント、良いアクシデントに出会えた修理でした。

修理代はご予算以上は頂けないですね...。

 

 

 

 

DELL Dimension 9200C ノーシグナル

いつもご利用頂いている水戸市内法人様より、ノーシグナルとモニターに表示されパソコンが使えなくなってしまったので修理して欲しいとのご要望です。

早速お伺いし症状を確認してみると、確かにノーシグナルと表示され、全く起動が出来ません。
とりあえず代替機を使って頂き、お預かりして修理をする事になりました。

持ち帰り後、早速診断開始です。
まず電源を入れてみますが、何の問題もなく正常に起動が出来て仕舞いました。
何度テストを行っても快調そのもので症状が出てくれません。

これが一番困るんです。
中身を確認してみますが、特に問題が見つかりません。

考えられる部分ですが、メモリーの検査を行います。
問題無し、次に、分解し、接続部分の点検を行います。
特に問題もなかったので、全解体、再組み立てを行いました。

どんな検査をしても不具合無し。

とりあえず、お届けして様子を見てもらう事にするしかないかも...。

 

NEC PC-LL550GDハードディスク交換修理

このパソコン、かなり前にメーカー修理依頼をされ、あまりに修理費用が高額だったために眠っていた物とい事です。

メーカー診断はハードディスクの故障という事だったそうです。

ハードディスクを交換、リカバリーディスクを使ってリカバリーするとすんなりとリカバリーが出来たのですが、「しばらくお待ちください」の画面から全然進みません。

リカバリーディスクには問題は無いはず...。

何らかの不具合があるのか、何度やっても同じです。
メモリーをテストしますが問題ありません。
仕方無く、一旦リカバリーしたハードディスクからドライバとアプリケーションを別ハードディスクにコピーをします。

その後、オリジナルXPをインストール、デバイスドライバー、アプリケーションソフトをインストールします。
標準リカバリーで不具合があったので、いつもより念入りに動作テストを行います。
動きはすこぶる快適、不具合のかけらも見つかりません。

約半日、断続的にテストをするが問題が無さそうです。
やはり、リカバリーディスクに問題があったのだろうという結論に...。

リカバリーディスクは、メーカー各社、全部で数百種の在庫があります。

傷、汚れなどが原因なのかもしれませんね...。

 

Lenovo A55 8706再起動繰り返し修理

再起動を繰り返すLanovo A55 8706が今回の修理パソコンです。

ハードディスクは、度重なる再起動の繰り返しが影響し、中身は見えるがこのまま使うには、何時壊れるか分からないので交換としました。

マザーボード(メインボード、システムボードとも呼ばれます)内には、頭の膨らんでいるコンデンサが3個、交換しないでハードディスク(記憶装置)を交換し、OSをインストールしてみると、始めほどではないが途中で再起動をします。

コンデンサの場所にもよるが、やはり交換した方がよさそうなので同じ物全てを交換します。ちょっと輝きのある水色コンデンサ、OSTというメーカー製?、聞いた事も見た事も無い。

やっぱり、コンデンサは日本のニチコン、三洋(最近社名が変わった)が一番ですね!

小さめなうえ、スルホールが小さいため結構手間取ってしまったが、交換後は快調にOSインストールが出来ました。

はじめから交換すれば良かったのに...。と、お思いでしょうが、そこは出来る限りの修理費用節減です。

慣れてるとはいえ、神経も使いますし、結構な時間もかかります。それに、事前見積もり額を低くしてしまったので...。

頭の膨れていたのは3個、CPU周辺なら迷わず交換なのだが、ちょっと様子を確認してみました。
今後、同じ様な故障が発生しないよう、同じ物10個を交換したという訳です。

最近では珍しいシリアルポート付きパソコンがどうしても必要という事だったので、無事に修理が終わって良かった良かった。

メモリーは512MBなのだが、動きはすこぶる快調です。
これならあと2.3年は問題無く使っていけるだろう。

現在、デジカメ(コンデジ)が故障中、一眼レフを引っ張り出すのも面倒なので、今回も写真無し?。

 

 

 

Dynabook再起動繰り返し

今回の入院パソコンは、Dynabook TX/66CというWindoedVistaノートパソコンです。

再起動の繰り返しで全く起動出来ない状態です。

お客様のご要望は、保存データ(主に写真)をどうしても取り出しをして修理をしたいとの事でした。

まずは、ハードディスクを丸々コピーをしてみる事に...。

エラー連発でコピーも出来ない状態なので、次にハードディスク内データの確認をする。

「フォーマットしますか?」の画面、このまま続けてしまうと保存データが消えてしまうので中断し、サルページ作業を開始する。

待つこと数時間、出ました。

一旦、別ハードディスクのデータを保存しデータ復旧作業完了。

若干ファイル破損があったが、写真数枚程度だった。

元々のデータが分からないのでなんとも言えないが、99%以上のデータは復旧出来たのではないかと思う。

次はパソコンの修理を開始。

データの取り出しは出来たので、思い切ってリカバリーを実行してみる。

東芝の場合、0を押しながら電源を投入する。(機種よって違う)

何とかリカバリーを開始する事が出来たので、待つこと数十分、無事に完了。

が、しかし、ハードディスクはカリカリと...、やはり交換しないとまた同じ状態になる事が予測出来るので交換する事にする。ここでケチると再発可能性大。

同容量320GBに丸々コピーし、再度リカバリーをする。

Windowsアップデートを行い、東芝サイトでデバイスのアップデートを確認インストール、一旦取り出した保存データを元場所に戻して修理は完了です。

今回も、事前見積もり額内で修理が完了しました。

 

決算業務開始
今年も決算に時期に突入しました。 この時期、本当に頭が痛く、不慣れ、知識不足、日頃の手抜きと...、数字が合わない、記載ミス、モレ等、1年分を再チェックしなくてはいけない。 会計ソフトで管理しているのだが、入力ミスも目一杯あって、どうにもならない状態。 ある程度まとまった時点で会計士の先生に見てもらうのだが、これでは合わせる顔もない状態だ。 やはり、日々の管理入力を怠らないようにしなければと...。 とにかく、今月中にまとめ上げなければ...。 頑張ります。
パソコン救急病院JaMtekサイト内にパソコン修理ブログ移転

今まで外部ブログ(livedoor)を使っていましたが、この度、パソコン救急病院JaMtekサイト内にブログ開設となりました。

これまで通り、これは!という、パソコン修理関連を中心に記事にしたいと考えております。

今後とも宜しくお願い致します。

 

 

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2017年7月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ