パソコン救急病院ジャムテック フル分解クリーニング

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

フル分解クリーニング

電源が落ちてしまうSONY VAIO PCV-W500 分解クリーニング

 

pcv500.jpg茨城県内個人様ご依頼の修理パソコン、SONY PCV-500Wという一体型です。

動きも遅い、使用中に電源が落ちてしまうという、暫く眠っていたパソコンということでした。

動きの遅い原因は、ハードディスクの劣化、メモリー不足、空き容量不足といったところが原因だろうと、まずは、電源の落ちてしまう原因の究明です。

電源を入れると遅いながらもとりあえず起動させる事が出来るのでテストを行ってみます。
なかなか現象が現れなかったが突然機切れてしまった。
パソコンはかなり熱くなっているので分解して内部を確認してみます。

このパソコン、分解してお掃除をするには、マザーボード(メイン基盤)まで取り外す必要があり、とても複雑な構造となっています。
SONYのパソコンはこんな感じが多いのだが、メンテナンスの必要な部分なのにこんな造りはないだろう。

テレビ内臓ということで、居間で使われることも多いだろう。
当然、煙草の煙なども吸い込まれ、埃が溜まりやすくなるのは当たり前です。
カッコ良さ重視のSONYではメンテナンスのことなどお構いなしなのだろう。

分解して確認してみると、内臓ファンが2個あり、ひとつはCPUファンです。

写真の様に、とんでもないことになっています。
このファンは、裏面から分解していくと、マザーボードの裏側に取り付けられており、中身全部を一旦取り外さなければ見ることが出来ません。
一旦ファンのみを取り外し、綺麗に埃を取り除きます。
パソコン全体の汚れも取り除き、今度は動作テストを行います。
少し熱さも和らぎ、電源が落ちてしまうこともなくなりました。
今度は、負荷をかけたテストを行います。

大丈夫、電源が落ちてしまう事無く数時間のテストでも問題ありません。

電源が落ちてしまう原因が改善されたので、今度はハードディスクの交換作業に入ります。
試しに、内臓リカバリー領域からディスクの作成をしてみます。
何とか作成が出来たのでハードディスクを交換、さきほど作成したリカバリーディスクを使ってリカバリー開始です。

ところが、リカバリーが開始出来ず、仕方なく、弊社所有の物を使ってリカバリーを行います。
一旦、購入時の設定でリカバリーを行い、再度、Cドライブの容量を大きくしてリカバリーを行います。
SONYの悪い所、Cドライブの容量が小さくすぐに一杯になってしまいます。
元々20GBだったのを50GBに変更します。
これだけあれば、アップデートなどで膨らむ容量増加に対応出来るならです。

リカバリーが終わったら、今度はVAIOアップデートを行います。
SONYはソフトの不具合も多いのか、たくさんのアップデート項目が...。

パソコンの修理が終わったら、データを元場所に戻します。
この時に注意しなければいけないのが、ウィルスの類です。
一旦、セキュリティソフトをインストールしてからデータ移行を行います。
保存データを元場所に戻し、メールアカウント、アドレス、メールの送受信データをインポートして作業終了です。

ここでSONYさんにお願い。
もっとメンテナンス性の向上をお願いします。
カッコ良いのだが、パソコンを使ううえで必要なメンテナンスまでSONYに依頼させるというのでしょうか?。

 

 

SONY VAIO VGN-FJ12B/W 全解体クリーニング

今回のパソコン修理は、チェコ在住の女性からの修理依頼です。
約1ヶ月ほど前、チェコから問い合わせがあり、4月半ばに一時帰国をするのでのその時に診て欲しいとの事でした。
実家は茨城県内で、約1時間の時間を掛けてのお持込です。
暫く水戸市内の探索をしているので、夕方には持って帰りたいとのご要望です。
お客様から伺った症状は、異常にパソコンが熱くなる、冷却ファンが回転するとカラカラ音がするという症状です。

早速診断を開始します。
このVAIO、現地のパソコン修理会社に内部クリーニングをしてもらい日本円で約2万円も支払ったとの事だったが...。
確かにこの熱さは尋常ではない、ハードディスクも劣化しているようで動きもかなり遅い。

まずは分解して確認します。
確かに、見た目は綺麗にクリーニングはしてあるようだが...、本当のプロは見る場所が違うんです。
今度は、CPUファンを分解して確認します。

ありました、ウレタンのような綿埃の塊が...厚さは約1cmです。
これでは冷却出来ず、パソコンが異常に熱くなってしまうだろう。

ウレタンのような塊と綺麗に取り除き、ファンの回転軸をグリスアップをします。
これで、磨耗している回転軸のブレも緩和され異音は無くなるだろう。

マザーボード全体のお掃除をし、元通りに組み立てて解体クリーニングは終了です。

動作確認をしてみると、ファンの異音の無くなり、キチンと冷却されています。
パソコンも異常に熱くなる事も無くなりました。

今度はハードディスクの交換作業です。

元々入っていたのはSATA 60GBですが、今は入手不可能という事で120GBに交換します。
リカバリー、Windowsアップデート、動きはかなり快適になりました。
メモリー増設も希望されていたので1GB追加します。

夕方になりお客様がお引取りにいらっしゃいました。
まず、動きが速くなった事、ファンの異音が無くなった事に感激、次にパソコンは熱くならない事に大変感激されていました。
このパソコン、異常な熱さに1年以上も悩まれていたそうです。

そこで、内部に埃を貯めないためのコツを伝授しました。
日々のお掃除の時、パソコン底部にある吸気口に掃除機のノズルを外した状態にし当てて中の埃を吸い出します。
週に1.2度の実行で埃がたまりにくくなります。
今回のパソコンのように貯め込んでしますと分解が必要になってしまいます。
パソコンには吸気口と排気口があり、パソコンによっては明らかな吸気口が無い物もあります。
富士通等のように、パソコン全体に吸気口を設けている場合もあります。
熱い空気が出るところが排気口です。

特にお布団のある部屋でお使いの方はご注意ください。




 

 

 

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ