パソコン救急病院ジャムテック DELL XPS

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

DELL XPS

パソコン修理 水戸市 XPS M1530 画面映らず

茨城県水戸市からのお持込修理依頼です。

電源は入るが、画面表示無し、何も映らないという症状です。

一応、メモリー、CPUを検査するが問題なし。

NVIDIAビデオチップの不具合で間違いなさそうです。

マザーボード修理後、電源ON,問題なく起動が出来ました。

動作テストは、ハードディスクを入れ替えてWindows7をインストールして数時間の動画再生を行います。

午前中のお持込でしたが、夜にはお引取りご来店頂きました。

DELL XPS M1330 画面が真っ暗

最近、ヤフオクで中古DELL XPS M1330を入手されたという修理依頼が大阪から。
症状は、電源は入るが画面が真っ暗、何も映らないという症状です。

買ってすぐという事なので、元々不具合があった物を入手してしまったのだろう...。

分解してみると、ファン内部には綿埃が一杯です。
キチンをお掃除をして使わないとパソコンはすぐに壊れてしまいます。
また、BIOSの更新もされていません。
BIOS更新で、ファンコントロールを変更している場合が多いので、必ずチェックをして最新に更新するようにしましょう。

修理は無事に完了です。
廃熱状態でチェック、十分に熱い空気が廃熱されています。

修理完了ご返却です。

DELL XPS M1730 画面映らず

DELLの超高性能ノートXPS M1730の修理依頼です。
電源は入るが画面に何も映らないというビデオチップの不具合と思われる症状です。

早速分解開始です。
高額なパソコンという事もあり、流通量も少ないという事から、弊社で取り扱うのは初めての機種になります。

分解してみてビックリ、重量級のビデオカードが...。
大きなファンが2基、DualGPUでした。

ファンを取り外してみると、中には綿埃がベッタリです。
これでは冷却不足で壊れてしまうだろう。

2台のビデオチップの張りなおしで修理完了です。

それにしても、パソコン自体の重量もかなり重いのだが、ビデオカードにはビックリという今回の修理でした。

DELL XPS M1210 画面出ず

DELLのコンパクト高性能パソコンXPS M1210がビデオチップ不具合で画面が出ないという故障です。

内部にはかなりの汚れが溜まっており、これでは壊れてしまうだろうという状態です。
故障発症の原因は冷却不足です。

中には、基盤に反りが出てしまう場合もあります。
キチンと内部のお掃除をしていれば壊れる事はありません。

左横の排気口から、スプレー式エアダスターで一旦内部に吹きつけます。
それから、底面の吸気口に掃除機のノズルを当てて吸い取るという方法で綺麗に汚れが取り除けます。

冷却不足による故障は様々ですが、基盤の膨張が原因でビデオチップの接着に不具合が発生してしまします。
その他、パソコンが熱くなる事で半田が柔らかくなり、動かしたりすると半田割れが発生したりします。

パソコンを動かす時は、キチンと冷えてからにしましょう。

電源入るも画面暗いまま DELL XPS M1210

12.1型ワイド液晶搭載、コンパクトで高性能DELL XPS M1210の修理依頼です。
症状は、電源は入るも画面に何も映らないという症状です。
外部モニターに接続しても症状は同じです。

高性能NVIDIAグラフィックチップ搭載モデルですが、この部分の故障で間違いなさそうです。

分解してみると、ヒートシンク部分には綿埃がベッタリです。
冷却不足が原因でグラフィックチップに不具合が発生してしまったようです。

チップの貼りなおし修理で綺麗に画面表示が出来るようになりました。

稀にですが、Intelチップ側が壊れてしまう場合もありますので、パソコン内部は定期的にお掃除をするようにしましょう。

お掃除方法ですが、温風の出る排気口にスプレー式ダストブロアーで中に押し込んで、底面にある吸気口に掃除機のノズルを当てて吸い取るという方法が一番簡単で綺麗に出来ると思います。

埃の溜まる場所は、排気口に見える薄い板の集まったヒートシンク部分の裏側です。
空気の流れを逆にすれば綺麗に吸い取る事が出来ると思います。

掃除機は強力すぎるとファンが壊れてしまうのでご注意ください。

DELL XPS M1210ビデオチップを修理して欲しい

画面に何も映らなかったり、画面が乱れたりという症状でビデオチップの修理をして欲しいとのご要望です。
弊社のブログを見たという事でお問い合わせがありました。

 

DSC01257.JPGグラフィックはNVIDIA搭載モデルです。

弊社に届いた時点では、電源は入るものの何も映らないという症状でした。

分解して中を確認してみると、思った通り、ファン内部には大量の綿埃が...。
これでは冷却が思うようにいかず発熱が原因で故障が発症してしまいます。
まずは、分解クリーニングから作業開始です。
ビデオチップ部分のグリスがしっかりと付いていたが、薄い銅板の下には0.5mm厚ぐらいの熱伝導シートが...。
これで熱が十分に伝わるのかと疑問に思いながら全部取り外して1mm厚の銅板に交換しました。

ビデオチップの貼りなおし修理をしてグリスを塗ってヒートシンク部分をセット。
けっこうこの作業が難しい。

仮組状態で電源ON、大丈夫、元通りに組み立ててOSの立ち上がりを確認します。
CMOS電池を外しているので日付の設定をします。

無事に起動に成功です。
DVD再生テストを数時間、電源OFF、十分に冷えたのを確認して再度電源ON、大丈夫。

使うグリスの品質が悪かったり、塗り方が悪かったりするとDVDの連続再生テストで不具合がすぐに発生してしまいます。
冷却効果アップを狙って使う銅板の厚み、グリスの塗り方、この部分が一番難しいかもしれません。

DSC01260.JPG

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ