パソコン救急病院ジャムテック DELL

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

DELL

画面が真っ暗 DELL ノートパソコン お持込

北九州から出張で茨城にお仕事の来られているお客様のお持込修理依頼です。
とにかく、パソコンを修理しなければ仕事も思うようにならないので大至急修理をとのご要望です。
ネット検索で早く修理が出来るところはと弊社をお探し頂きました。

症状は、画面が真っ暗なまま映りません。

外部モニターに接続すると綺麗に表示されるので液晶パネルの故障で間違いなさそうです。
14型LEDパネルが使われています。

在庫パネルがあるので、そのままお待ち頂き、目の前で交換修理を行います。

パネルはマッドタイプだったのですが、在庫はグレアタイプ、ご了解を頂きグレアパネルに交換しました。

少しお時間をお待たせしてしまいましたが、お持ち帰り頂きました。

型番は記録していません。

 

OSが起動出来ない DELL Optiplex GX620

静岡県から宅配便で届いた修理依頼です。

以前にご利用頂いたお客様ですが、今回はDELLのパソコン、症状は、電源は入るり起動出来るが、OSが立ち上がらないという症状です。
マザーボードの電解コンデンサーが2個、頭が膨らんでいるので、同時に交換、データの復旧もとのご要望です。

早速データ復旧作業から開始です。

ハードディスクを取り外し、復旧マシンに接続すると、どうやらハードディスクは壊れていない様子、マルチウェアの類に侵食されてします。
ファイル全部が隠しファイルにされてしまっています。

レスキューディスクを使い修復を試みるが修復出来ず。
今回は、データの復元作業、初期化をした後に復元データを元場所に戻すという修理になってしまいました。

マザーボードのパンクコンデンサーは2種類、同ロッドコンデンサーは全部交換します。
約10個ほど交換して修理完了です。

コンデンサーに不良の場合、電圧が安定出来ず、動作が不安定になります。
GX620の場合、製造ロッドで使われているコンデンサーが異なり、全く不良の出ないロッドもあるようです。

DELL Inspiron 1520 バックライト点灯せず

茨城県内、某教育機関様からのお持込修理依頼です。

症状は、画面が暗いまま、薄っすらと画面が映るという、バックライトが点かないという症状です。

バックライト切れ、インバーター基盤の故障が考えられますが、液晶パネルを確認するとSAMSUNG製パネルが使われています。

可能性的にはバックライト切れが有力、早速修理を開始します。

パネルを分解してみると、ケーブルが焼けているのが確認出来ました。
少し力を入れて引っ張ってみると、「ポロ」という感じでケーブルが抜け落ちてしまいました。

想定した通り、バックライト切れで間違いありません。

SAMUSUNGパネルは、バックライトの寿命が短いのか、同様の故障が多く発生しています。

バックライトを交換して修理完了です。

本日の午後3時ごろのお持込でしたが、夕方には修理完了のご連絡が出来ました。

DELL PRECISON M65 画面に線多数

電源を入れると、画面いっぱいに細かい線が多数入るという症状での修理依頼です。

画面の線は横だったり、縦だったり、BIOS画面の表示がされないという場合もあるそうです。

NVIDIAビデオチップの不具合で間違いありません。

パソコンを分解し、マザーボードを取り出して早速修理を開始します。

思ったとおり、内部には綿埃の塊で一杯です。

マザーボードの反り具合を確認すると、やはり、少し歪みがあるようです。

修理後、元通りに組み立てて動作テスト開始です。

念のため、最新BIOSに更新をします。

ここから、動画再生テストを数時間行い、廃熱状態の確認も行います。
内部が綺麗になったため、十分な廃熱が出来ている事を確認、キーボード付近が熱くなる事もありません。

パソコン修理は問題なく完了、ご返却となりました。

キーボードが熱くなるパソコン、十分に注意が必要です。

内部はかなり汚れていると思って間違いありません。
故障防止の観点から、時々はお掃除をするように心がけましょう。

DELL Dimension C521 動きがかなり遅いパソコン修理

茨城県内水戸市の法人様からの修理依頼です。

とにかく動作が遅く、作業の効率が悪いので何とか動きを速くしたいとお持込修理依頼です。

動作の遅い原因は、ハードディスクが寿命?、大量の不良セクタ、HDDの丸々システム転送を試みるが読み取り側にエラーが出てコピー不可、仕方なく、HDDを交換してOSのクリーンインストールを行います。

保存データの救出は別作業で同時進行します。

OSのインストールが終了し、Windowsアップデートを行い、救出データを元場所に保存します。

メモリーも512MBだったので、もう512MBを追加します。
DVDドライブも、ボタンを押してもなかなか出てこないとの事なので新品に交換します。

修理後のパソコンは動作も快適、これで作業効率もアップ、節電、時間短縮、お仕事の効率アップで動きが悪いパソコンのストレスも解消、これまでよりも早く帰宅出来るのではないでしょうか?

 

起動が遅い DELL Inspiron 1545

起動、動作が遅いというDELL Inspiron 1545がお持込修理依頼です。

早速起動してみると、確かに遅い、ハードディスクのアクセスランプが点きぱなし、ほとんど点滅しない状態です。
ハードディスクのアクセス音もちょっと大きめです。
ハードディスクを取り外し、検査をしてみると、不良セクタがたくさんあります。

とりあえず、新しいハードディスクに丸々コピーをしてしまいます。

通常よりも時間はかかってしまったが、エラーも無く無事に終了。

新しいハードディスクエラーチェック、デフラグをしてからパソコンに取り付けます。

スイッチON、無事に元画面で起動に成功です。
起動も速く、動作も快適です。

ちょっと変?と思ったら、早めにご相談ください。

保存データ、環境もそのまま新しいハードディスクに移植する事が出来ます。
修理後の面倒な作業は一切ありません。

DELL OptiPlex GX620 起動出来ず 2台

茨城県内法人様から、電源は入るがランプはオレンジ色のまま起動が出来ないというDELL OptiPlex GX620が2台 修理依頼です。
工場内でシステム管理用に使用しているパソコンという事で、社内規定でHDDを外した状態でお持込頂きました。

早速、症状確認から作業を開始します。
電源は入るものの、ランプはオレンジ色のまま起動が出来ません。
分解して目視確認をすると、マザーボードの電解コンデンサーが数個、頭が膨らんでいる状態です。
OptiPlex GX620の場合、電源ユニットの故障も多いので、同時に検査を行います。

1台は、電源内のファン故障で回転していません。
この状態では修理不能、電源ユニットは交換しなければいけません。
マザーボードの電解コンデンサー交換修理と電源ユニット交換修理が必要です。

も一台も、症状は同じだが、電源ファンは正常に回転しており、こちらはマザーボードの修理だけで大丈夫、しかし、電源ユニット内部も検査する必要があります。
案の定、コンデンサー数個の頭が膨らんでいます。
電源ユニット内のコンデンサーも交換が必要です。

修理後、弊社で用意しているハードディスクを取り付けて動作テストを行います。

大丈夫、無事起動に成功、動きも速く快適動作です。

DELL inspiron530 DELLロゴの後、画面が真っ暗

DELL inspiron530が、「DELl」ロゴが出た後、画面が真っ暗という症状で修理依頼です。

OSの不具合ではと、OSの再インストールをされたそうですが、途中でストップ、ハードディスクの交換修理依頼でやってきたのだが、詳しく検査をする事に...。

ハードディスクを取り外しで検査をするが問題ありません。
このinspiron530には、オンボードグラフィックスが内臓されているので、ビデオカードを取り外してOSのインストールをしてみます。

思った通り、ビデオカードが壊れているため、OSのインストールが途中でストップしてしまうようです。
ビデオカードを交換、元々付いていた物と比較すると、新しい分性能も良くなっています。

とりあえず、OSのインストール作業を行います。
元々のWindowsVistaではなく、Windows7のアップグレード版をお送り頂いたので、アップグレードではなく、そのままクリーンインストールをしてしまいます。

アップグレード版ですが、クリーンインストールも可能なので、この方が、OSの占める容量も小さく出来る、動きも若干速く感じます。

シンプルが一番。

動きも快適、内部のクリーニングも同時に行ったので、動作音を静かになりました。

ご自信で弄る前にご相談頂ければ、保存データもそのまま修理が出来たのですが...。

DELL Inspiron 1545 動作不安定

約半年前にパネル割れ交換修理をさせて頂いたお客様から、今度は、動作が不安定、時々フリーズしたようになり操作が出来なくなるとご相談がありました。

現物を検査してみると、何やらハードディスク周辺から「カチャカチャ」と異音が発生します。

どうやら、ハードディスクに問題がありそうです。

新品を購入するか、このパソコンを修理するかでお悩みでしたが、使用目的はほとんどがネット中心、iTunesを使いミュージックサーバーとして使う程度とのこと。

そこで、WindowsVistaからWindows7にアップグレード、HDDを交換、データ移行という方向で修理依頼を承りました。
メモリーも2GBなので、Vistaではちょっと物足りないが、Windows7なら十分。

パーティションも2つに設定、データのバックアップも取れるようにして、3つあったアカウントを作成、アカウント別のデータを救出、元に戻すという作業を行いました。
HDDも、元々の320GBから500GBに交換、3人で使うパソコンなら、500GBぐらいは必要だろう。

修理が終わりお引取り頂きましたが、Windows7の特徴の説明、便利な新機能などの説明をさせて頂きました。

DELL XPS420 電源入らず

DELLの高性能パソコンXPS420の修理依頼が九州個人様からやってきました。

症状は、電源が全く入らないという状態です。

早速診断を開始します。
どうやら、電源ユニットの故障で間違いありません。
電源ユニット内ファンが壊れてしまったために冷却が悪くなり、電解コンデンサーが10個ほどパンク状態です。
もしかすると、トランス類にも問題あるかもと思いながら、駄目元でパンク電解コンデンサーを交換します。
容量も様々なコンデンサー、ファンを交換、電源を入れてテストを行います。
正常に電源は入るものの、「ピー」という発信音がトランス周辺から...。

これは、電源ユニットの交換が必要です。
純正電源は高額、使われているコンデンサーが微妙?、よくAcbelに使われているコンデンサーと同じです。
このコンデンサーは寿命が短いので、汎用電源に交換します。
螺子穴が合わないので、取り付け穴をドリルで開けて取り付けます。

修理は無事に完了、ご返却となりました。

それにしても...、DELL XPSといえば...DELLの中でも上位機種です。
こんなお粗末な電源でよいのだろうか?と思う、今回の修理でした。

DELL Latitude D501 画面が点かない お持込修理

水戸市内法人様が昼ぐらいにお持込がありました。
パソコンはDELL Latitude D501の14.1型タイプです。
電源が入り、薄っすらと画面が見えているという、バックライトが点かないという症状です。
電源を入れると一瞬、画面は点くが赤みがかっています。
バックライトの劣化で間違いなさそう、インバーター基盤が壊れていなければ良いが...。

お休みにも入ってしまうので修理は優先で行います。

液晶ユニットを取り外し、テスト用パネルに交換すると綺麗に表示されています。
どいやらインバーター基盤は大丈夫そうです。

パネルを分解、バックライトを取り外してみると両端部分が黒くなっています。
新しいバックライトに交換してテストを行います。
みごと、綺麗に明るく表示されました。

あとは、元通りに組み立てて修理完了です。

バックライト交換を簡単そうに書いていますが、技術と経験を要します。
間違っても交換してみようとチャレンジされない事をおすすめします。

パネル内部の状態によっては、削ったり、切ったり、修正したりと面倒な修理作業です。
最悪の場合、パネルを破損させてしまい二度と使えなくなってしまう事も少なくありません。
無事に出来たとしても画面の明るさに斑が出来たりと大変ですよ...。

今回の修理は夕方にお引取り頂きました。
当日修理ですね。

DELL Inspiron1420 2分割表示

DSC02086.JPG

写真のように、上下2分割されて表示されてしまうというDELL Inspiron1420の修理依頼がやってきました。
最初のお問合せから2ヶ月過ぎて修理依頼です。
正常終了がされていないためこ画面から立ち上がってきます。

DSC02087.JPG

修理後は問題なく起動に成功です。
この後、通常起動で元通りに復活です。

 

 

画面に2分割に表示されるDELL Inspiron 1420

まずはこんな画面に表示されます。

DSC01723.JPG

 

グラフィック系トラブルの修理は数百台修理を行っておりますが、今回は特に珍しい症状です。
画面が上下2分割に表示されるという故障です。
以前、3分割表示という症例もありました。

こんな画面になってしまっても修理は可能です。

 

 

 

 

DELL studio 1536 電源入るも起動出来ず

DELLのノートパソコン studio1536の修理依頼です。
電源は入るが、画面に何も映らないという症状です。

マザーボード修理で無事に復活、ご返却となりました。

DELL Dimension C521起動せず、ファンが唸るだけ

DELL Dimension C521 電源は入るが、ファンが唸るだけで画面表示が何もないという症状で修理依頼です。

メモリー、CPU、電源ユニットを正常品に交換してみたが問題ありません。
マザーボードの故障で間違いありません。

最悪、保存データの救出をご依頼いただきましたが、まずはマザーボードの修理を試みてみます。
この症状、Dimension C521 には割りと多い故障で、過去にも数台修理を行っています。

マザーボードを取り外し早速修理開始です。

分解ついでに中を綺麗にお掃除をします。
マザーボード自体は、目視確認ではコンデンサの不良は無さそうです。

作業開始約1時間、故障原因が判明、無事に起動に成功です。
ファンの唸りも無くなり、動作音も静かになり修理完了です。

DELL XPS M1530画面が出ない

DELLのノートパソコン XPS M1530が電源は入るが画面に何も映らないという症状で修理依頼です。

NVIDIA GeForce 8600GT Mというビデオチップが搭載されたパソコンです。
症状確認から、このビデオチップの不具合で間違いなさそうです。

分解してみると、思った通り、ファン内部からは綿埃の塊りが出てきました。
グリスのリフレッシュ、ファンのメンテナンス、内部クリーニング、ビデオチップの張り直しをして電源ON、無事に起動画面が表示されるようになりました。
BIOSバージョンを確認するとA9です。
最新BIOSを検索すると、A12というのが配信されています。
ファンコントロールの最適化をしている場合が多いので書き換えを試みますが、バッテリー不良で更新出来ず。
お客様に確認すると、バッテリーは故障しているとの事...。

溜まった綿埃が冷却不足を引き起こし、今回の故障発症が発生しています。

負荷をかけた動作テストでは、底面が結構熱くなります。
出来れば、BIOSの更新も行いたかったのですが今回は出来ず、お客様ご了解のうえここまでの修理でご了解頂きました。

 

XPS M1210画面が映らない

DELLのコンパクトノートパソコン XPS M1210の修理依頼です。
弊社ブログを見たとお問い合わせがありました。

NVIDIAビデオチップの不具合です。
弊社ブログを見て、内部のお掃除をされたそうですが、時すでに遅し、修理が必要です。
この機種、弊社では数十台の修理実績があります。

そこは、経験と実績がものをいいます。
また、再発防止策も重要ポイントです。

 

DELL PRECISION M70 画面に多数ライン

DELL PRECISION M70の画面に多数のラインが入り「DELL」ロゴも乱れているという、ビデオカード故障の典型的症状です。

マザーボードにビデオカードが付けられているというタイプでNVIDIA Quadro FX Go 1400という発売当時としては最高性能?GPUが使われています。

内部には綿埃が一杯溜まっており、冷却不足が原因で故障が発症しています。

ビデオカードを取り外しGPUの張りなおし修理で無事に正常画面を回復しました。

冷却不足にならないように、定期的に内部のお掃除をお願いします。

DELL Dimension9150 電源が落ちてしまう。

電源投入後すぐに落ちてしまうというDELL Dimension9150です。

まずは各パーツ別のチェックから作業開始です。
CPU、メモリー、HDDと検査をしましたが問題なし。
では電源ユニットは?。
電源も問題ありません。

 

故障箇所が特定出来ました。
ビデオカードが壊れているようです。
まずは修理を試みてみましたが、ビデオチップを貼り直してみても改善されません。
残念ですが、今回は交換修理となってしまいました。

ビデオカードの故障で電源がすぐに落ちてしまうという珍しい症状のパソコン修理でした。

DELL Latotude D510 ブルースクリーン

茨城県内法人様からの修理依頼がやって参りました。
詳しい症状は、電源を入れるとブルースクリーンにエラーメッセージ、セーフモードでも全く同じ状態になってしまうという、ハードディスク障害の代表的な症状です。

パソコンの修理よりも、保存データの復旧優先ということでお預かりしての修理となりました。

早速、再診断を開始します。
ブルースクリーン(ブルーバックと言ったりもします)は初期診断の通りですが、ハードディスクの音を聴診器を使って注意深く確認します。
時折「カチャカチャ」と、嫌な音がするのでそのまま停止、データ復旧作業を開始。
データ復旧作業は思ったよりもスムーズに進み、数時間で復旧に成功しました。

駄目元でハードディスクの修復作業をしてみます。
一通りの修復作業が完了したので、今度は丸々新しいハードディスクにシステム転送を行います。

システム転送が終わってハードディスクをパソコンに装着、電源を入れ動作確認です。

若干動きが遅いながらも壊れる前に状態に復元成功です。
あとは、一般的はメンテナンス作業を行います。

CPUファン周辺のお掃除、各螺子の緩みを絞め直し、外見的部分のお掃除をして全ての修理作業は完了です。

パソコンは、壊れる前と全く同じ状態に修復完了、まるで何事も無かったのように元気良く動いています。

今回の修理代はデータも設定も元のままに修理をして19950円でした。

調子が悪いなと思ったら、早めのご相談ください。

大手データ復元会社にデータ復旧依頼をされると5万円?30万円ぐらいの請求をされてしまいますよ...。たぶん...。
早めの対処が無駄な費用をかけないコツです。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ