パソコン救急病院ジャムテック dv6000シリーズ

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

dv6000シリーズ

HP Pavilion dv6000 RD861AVビーブ音4回起動出来ず。

HPでは保守期間終了という事でパソコンの修理が不能という今回のdv6000 RD861AVです。

症状は、ビーブ音が4回鳴り、起動が出来ないという状態です。
当然、画面には何も表示されません。

故障箇所はマザーボードです。

修理は無事に完了、元通りに起動が出来て保存データもそのままお使い頂けます。

パソコンを買い換えるのは簡単ですが、保存データの救出、その他設定が面倒という方も少なくないと思います。
パソコンを修理する価値は、元通りに使えるというのが一番だと思います。

HP Pavilion dv6000 RD862AV 画面が映らない

HPでは保守期間が終了してしまい修理不能という事で返却されたという今回のdv6000 RD862AVです。

dv6000シリーズも種類が多く、今回のパソコンはNVIDIA統合チップモデルです。

NVIDIAビデオチップにNVIDIAチップセットという構成もありますが、統合チップの方が修理が簡単です。
冷却強化も一箇所で済むので悩む事もありません。

修理は無事に完了です。

外見もピカピカで綺麗、画面も明るくて発色も良好です。

HP Pavilion dv6000 RD860AV ビーブ音起動せず

この機種、HPでは保守期間が過ぎてしまったために修理不能という事らしい。
電源を入れるとビーブ音が数回なって起動出来ないという症状でやってきました。

メーカー修理不能という事で、半ば諦めムードでお電話によるお問合せのあったパソコンです。
Intel CPUにIntelチップセット、NVIDIAのビデオチップという構成です。
ビーブ音から、ビデオチップの不具合で間違いありません。

早速分解を開始します。
かなりの台数を修理しているため、分解も手馴れたもので、はずした螺子類の扱いも一箇所のまとめても組み立て時に螺子を間違うという事もありません。

製造ロッドによって使われている螺子の種類が違う場合があり、内部の構造も若干の違いがあるようです。

ファンのクリーニングとメンテナンス、グリスのリフレッシュ、ビデオチップの張り直し修理をして動作確認です。

ビーブ音が出る事も無く無事に修理完了です。

元通りに組み立てて再度動作確認を行います。
DVDの連続再生で廃熱状態などのチェックを数時間、動作に問題ないので、最後のBIOSの更新を行います。
BIOSの古いバージョンのままでした。

HPサイトを確認すると、dv6000、dv2000シリーズの関する注意がアップされています。
BIOSの更新を促す内容です。
故障を防止するための必須事項でBIOS更新をする事が記載されています。

機種ごとのアップデート項目をメーカーサイトで確認をするようにしましょう。
家電品の中で、ダウンロードでアップデートの出来る物はパソコンの他には携帯電話、ゲーム機器ぐらいな物だろう。

完璧なパソコンは存在しません。
必ずアップデート項目がありますので、忘れず更新するように心がけましょう。

HP pavilion dv6000 RD861AV ビーブ音起動せず

HP Pavilion dv6000シリーズ RD861AV ビーブ音が鳴って起動出来ない。画面は真っ暗。

NVIDIAビデオチップ搭載RD861AVですが、ビデオチップ不具合が原因でビーブが出て起動が出来ないという症状です。

メーカーでは、保守期間が過ぎているので修理不能というパソコンです。
それほど古くはないのに何故???。

マザーボード直付けのビデオチップの張りなおし修理で無事に復活、元通りに起動が出来るようになりました。

HP dv6000 再修理

約4ヶ月前にビデオチップの張りなおし修理をしたパソコンが、前回と同様の症状になってしまったというHP dv6000です。
弊社保証規定は3ヶ月間なので、症状を確認して前回と同じくビデオチップの不具合であれば安価にて対応というお約束をしたパソコンです。

パソコンが届いてビックリ、パソコンが埃だらけで汚れています。
パソコン内部にもかなりの埃が付いているだろうと思われます。

分解すると、ファン内部は思った通りの状態でした。
高性能グラフィック搭載モデルは、発熱も多く、キチンとお掃除をしなければ冷却不足が原因で、故障は必ず再発してしまいます。

これは、メイン基盤、ビデオチップを交換しても同じ事です。
注意しましょう。

HP Pvilion dv6000シリーズ RD862AV電源落ち

HP Pavilion dv6000 RD862AVというパソコンが、電源を入れると一瞬LEDが点灯するもののすぐに切れてしまうという症状のパソコンがやってきました。
弊社を含めて10社近くにお問い合わせをされたそうです。
中には、ハードディスクの故障と診断したところもあったそうです。
明確な返答をしたのは弊社だけだったとの事でした。

この症状以前には無線LANが使えなくなっていたようです。

NVIDIA統合チップの不具合で間違いありません。

チップの張り直しをして、熱伝導シートを取り除き銅板のスペーサーを使い少しでも廃熱が良くなるようにします。

修理が終わって動作確認を数時間、無線LANも問題なく繋がります。
最後にBIOSの更新をして修理完了です。

パソコン内部、CPUファン内には綿埃が沢山詰まっていました。
冷却不足が故障発症の原因ですね...。

HP Pavilion dv6200 RD869AV  電源入るが画面が出ない

画面が出ないというHP dv6200ですが、チップセットの不具合です。

チップセットの不具合が原因ですね。

分解してみると、ファン内部にはけっこうな汚れが蓄積されています。

廃熱がうまくいかなくなると故障につながります。

底面の吸気口に掃除機のノズルを当てて吸い込むようにすると故障は発生しなかったかもしれません。

HP Pavilionシリーズのパソコン修理はジャムテックにお任せください。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ