パソコン救急病院ジャムテック Dynabook

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

Dynabook

危機一髪 東芝Dynabook MX290DR

インターネットが極端に遅くなってとお持込修理依頼が水戸市内個人様からやってきました。
問題なく起動が出来るのでWindowsの問題を修復して欲しいとのご要望です。
メモリー不足であれば増設したいいう事です。

パソコンを診断してみると、ハードディスクから「カリカリ」音が...。

使用年数からしてもハードディスクの交換時期、ハードディスクを新品に交換すれば問題解決出来るはずとご提案をさせて頂きましたが、ハードディスクは大丈夫だからと...。

まずは、メールアカウント、メッセージ、メールアドレスをそのままパソコン内にバックアップを取ります。
ハードディスクを交換してリカバリー作業をします。

Windowsアップデートを行い、外したハードディスクをUSB接続、ところが...。

外付け化したハードディスクが全く認識されません。

別パソコンに接続しても状態は同じ、フォーマットを促すメッセージが出てきます。

どうやら、ファイルシステムに問題がありそう。

取り外したハードディスクを元に戻してパソコンを起動させると、何と...、これまた不思議、キチンと起動が出来るのです。

こんな事もあるんですね?...。

仕方なく、このままデータのバックアップを行います。
動作は遅いながらも何とかバックアップに成功、またまた新しいハードディスクで起動させ、バックアップデータを元場所に保存。

メールアカウント設定、メッセージ、メールアドレスのインポートをして作業終了です。
パソコンの動きは格段に速くなり、メモリー増設の必要もなくなりました。

動きが遅いのはメモリー増設で解決出来ると思うのは素人の意見です。

ハードディスクのパフォーマンスが落ちていればメモリー増設しても何の解決にもなりません。

ハードディスクは大丈夫と言い張っていたお客様も、動作が速く、快適になった事でご納得頂けました。

それにしても、ハードディスクを取り外すと別パソコンで認識されないというケースも時々あります。
弊社では、パソコン内臓ハードディスクからのデータ復旧は本体も一緒にお送り頂いている場合もございます。

 

東芝Dynabook TX66FPLブルースクリーン

東芝DynabookTX66FPLの修理依頼がやってきた。
ご要望は、データを救出し修理をして欲しいという内容です。

パソコンが届いて開梱、動作確認をしようと電源を入れると、画面右側が割れており修理ご依頼内容と違います。
即、お客様に確認すると、画面は割れていないとの事...。
ヤマト運輸の輸送中の破損?、早速ヤマトさんに電話をして一旦引き上げてもうらう事に...。

ヤマトさんに一旦引き上げの旨をお客様にご連絡。
パソコンを預けた時のことを伺うと、パソコンは裸のまま引きとっていき、センター持ち帰り後に梱包したとの事...。

どうやら、センターまでの間に何らかの衝撃で画面が割れてしまったようです。

ヤマトさんの対応も早く、すぐに戻してもらい修理開始です。

若干輝度の落ちていたパネルも新品に交換、新しいパネルで画面映りは良好です。

さて、ブルースクリーンの原因ですが、やはりハードディスクトラブルでした。
Dドライブはパーティションが認識されず、Cドライブにも大量の不良セクタを確認。

撮り貯めた写真、動画も無事に救出に成功です。
ハードディスクを250GBに交換リカバリー、その後、救出データを元場所に戻し、Windowsアップデート、Office2007のインストールを行い修理完了です。

ヤマトさんの対応も早かったので翌日にはご返送となりました。

東芝Dynabook AX53G パソコンに衝撃後起動せず。

東芝Dynabook AX53G

パソコンを使用中に衝撃を与えてしまい、その後起動が出来なくなってしまったという、データ復旧と修理依頼です。

起動中の衝撃は、ハードディスクの物理障害になる可能性が高く、データの復旧率は大幅に低下してしまいます。
パソコンは、ハードディスクを交換し、弊社所有リカバリーディスクを使ってリカバリーを行い、無事に修理完了、Windowsアップデートで全ての作業は終了です。

問題は、データ復旧です。
復元マシンに接続すると、パソコンがフリーズ状態。
接続方法を変えるなど、様々な方法を使いデータ復旧を試みます。

ご希望は、写真関係とiTunesの音楽です。
なんとかハードディスク内ディレクトリが見れるように...。
ファイル数を見てみるとあまり確認が出来ない、やはり衝撃によりプラッタ面に傷が入り消失してしまったのだろう。
時間をかける事丸1日、何とかデータ復旧に成功です。
写真、音楽で約6.6GB 。
復旧内容をお客様にご連絡すると、データ量としてはあまり保存していなかったとの事...。

ハードディスクの状態が非常に悪く、総クラスタ数の確認も出来ませんでした。
正確な復旧率も解らずですが、50%程度は復旧出来たのではないかと思われます。

ハードディスクに衝撃は、データ復旧依頼の復旧率が大きく下がってしまいます。

パソコンの取り扱いには十分ご注意ください。

 

東芝Dynabook SS LX/190DR 画面が映らない

東芝Dynabook SS LX/190DRというNVIDIAグラフィックス搭載パソコンの修理がやってきました。
電源は正常に入るが画面が一切映りません。

流通量が少ないのか、Qosmioシリーズに比べると修理依頼があまりありません。
分解に手間取ったものの、無事に修理完了です。
正常に画面が映るようになったのを確認、けっこうな勢いでファンが回転するパソコンです。
パソコンが熱くなったのを確認して電源OFF、その後すぐに電源ON、今度は、十分に冷えたのを確認して電源ON、問題なく画面が映るのを確認しました。

ハードディスクを抜いた状態での修理依頼だったので十分な動作テストが出来ませんでしたが、ご要望までの修理は完了です。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ