パソコン救急病院ジャムテック HP dv6液晶パネル割れ

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

HP dv6液晶パネル割れ

Pavilion dv6 液晶割れ交換修理

HP Pavilion dv6の液晶割れ交換修理依頼です。

最近のノートパソコンは、液晶パネルを外すために、ほぼ全解体に近い状態まで分解しないと交換出来ない物が増えていますね。

多いのはSONYですが、このHP Pavilion dv6も同様、パネルフレームの螺子止めは2本、あとは全部はめ込み式です。

まずは、本体側を分解、キーボード、上カバーを外さなければ液晶パネル部分の取り外しが出来ません。
無線LANのアンテナケーブル、液晶ケーブルを外します。
フレームカバーを外せば液晶ユニットが見えてくるという面倒な構造です。

見えてきた液晶ユニット、以前交換した時にはAUO製だったパネルが、今回はSAMSUNG製が...。
製造ロッドで使うパネルが違うのだろうか、対応可能なAUO,SAMSUNG,CHUNGHWAの3メーカーを在庫しているが、今回はCHUNGHWAのパネルをチョイスしました。

液晶フレームの周りには新品購入時の保護シールが貼ったまま、そのシールを剥がす事なく、元通りに修理完了です。

本日午前中に届いて夕方発送に間に合いました。

HP dv6 液晶パネル割れ交換修理

購入数ヶ月でボールペンを挟んだままパネルを閉じてしまい液晶パネルを割ってしまったという修理依頼です。
購入数ヶ月という事でかなりのショックではないかと思います。
パソコンはピカピカで、保護シールが剥がされていない状態、かなり大切に使われていたのだろうと思います。

HPの場合、製造ロッドにより使われているパネルが異なり、当然、初めて入荷してきた機種になります。

さて、分解開始です。
ところが、通常あるはずのネジ箇所がありません。
そうです、ほとんどがハメ込み式、フレームが破損してしまうかも?と思い、慎重に作業を進めます。
一旦、パネル全体を外す必要があり、ほぼ全解体に近い状態まで分解します。

パネルが見えてきました。
何と、通常はステンレス製フレームになっているのがほとんどですが、このパネルはスチール製?、価格を抑えるための手段だろうか...。

15.6型ワイドグレアCCFLタイプと想定していたのですが、LEDタイプが使われていました。
在庫のある15.6ワイドLEDユニットに交換し仮組状態で電源ON、無事に画面が映りました。

元々使われていたパネルとはメーカーが違うので微妙が色合いが違うかもしれませんが、綺麗に明るく表示されているのでOK、修理完了、ご返却となりました。

液晶ユニットは数多く在庫がありますので、パソコン当日中に修理、返送が可能です。
特にお急ぎの場合はパソコン修理専門会社JaMtekにご相談ください。

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ