パソコン救急病院ジャムテック SONY VAIO

パソコン修理・データ復旧は宅配便利用で日本全国対応! 〒310-0836 茨城県水戸市元吉田町932 グレースガーデン1F パソコン救急病院ジャムテック 株式会社JaMtek 基本料金・診断料・お見積り無料!0円!

パソコン救急病院ジャムテック ブログ

SONY VAIO

SONY VGN-CS61B 画面が薄っすら

画面が薄っすらとしか映らなくなってしまったSONY VGN-CS61Bの修理依頼が...。
目をこらして見てみると暗い画面に薄っすらとWindows起動画面が見えるという、バックライトが点灯しない状態です。

バックライト、又は、インバーター基盤の故障と思われる症状です。
某パソコン修理会社のご紹介で弊社に修理依頼がやってきました。

早速診断を開始します。
まずは、バックライトのテストから。
テスト用バックライトを取り付けて問題なく点くかを確認します。
テスト用バックライトでは点灯不可、どうやらインバーター基盤の故障で間違いなさそう。
在庫のインバーター基盤に交換してテスト、今度は無事にバックライトが点灯しました。

インバーター基盤の交換で修理完了です。

部品の在庫があればすぐに修理が完了します。

本日到着パソコンですが、夕方には発送完了です。

SONY VPCEE25FJ スタートアップ修復の繰り返し

SONYのノートパソコン VPCEE25FJがスタートアップ修復を繰り返して起動が出来ないという修理依頼が神奈川県から。

OSの不具合は間違いない、回復オプションで修復を試みるが症状変わらず。

ハードディスクを取り外しで中身データを確認すると、回転に斑があり、正常に認識されません。

ハードディスクが物理的に壊れてしまったようだ。
購入して約2年程度、こんなに早くハードディスクが壊れてしまうのだろうか?。
と、思われる方は多いと思いますが、実際にはけっこう多くの修理依頼がやってきます。

使い方にも問題があるのかもしれませんが、無線LAN接続の場合、起動したままパソコンを動かしたり、中には、スリープ状態でパソコンを持ち歩いたりと、衝撃に弱いハードディスク自体には過酷な環境で使われる事が多いのも故障の原因になるだろう。

リカバリー不能、リカバリーディスク未作成という条件で元通りに修理を行わなければいけません。

そこで、弊社所有のVPCEE26FJのリカバリーディスクがあったので、これを使ってリカバリーを試みます。
パソコン内パーツ構成が酷似しているので大丈夫だろう...。

別機種ディスクでは対応出来ないのがSONYのパソコンですが、問題なくリカバリー開始、最後まで無事に完了と、思った異常に作業は順調に進みましたが、リカバリーの時間が思う以上の長い。

Windowsアップデートを行うと「現在サービスが実行されていないため、更新プログラムの確認ができません」とのメッセージ。
また?、どうやらリカバリーディスクに依存する場合が多いようで、これまでに数回、同様なメッセージでアップデートが出来ないという事がありました。
オリジナルOSディスクでは全く出る事はないので、リカバリーディスクの不具合といって間違いなさそうだ。
処置後はスムーズに作業が進むパソコンの修理は完了です。

保存データの復旧については、データ量も少なかったので時間はかかりましたが何とか復旧に成功、一部のファイルには破損がありましたが...。

大至急とのご要望なので、お休み返上で対応させて頂きました。

「現在サービスが実行されていないため、更新プログラムの確認ができません」とのメッセージの対応方法は後日に紹介します。

SONY VGN-FS52B HDD故障

SONY VGN-FS52Bの修理のご依頼が京都府福知山市から。
リカバリーも出来ないというHDDの故障だろうと思われる症状です。
使用年数から、HDD自体は寿命だろう。

他社様にも修理費用の見積りをされたそうですが、リカバリーディスク無しの場合は別途に費用がかかるらしく、弊社に修理ご依頼がやってきました。

HDDは100GBのIDEタイプが使われています。
100GBは在庫がないのでHitachi製120GBに交換、Cドライブは標準で30GB、Cドライブの容量を大きくして使い易くとのご要望です。

リカバリーディスクを使い早速作業開始です。

まずは、リカバリー領域を復元するために標準リカバリーを行います。

リカバリー完了後、今度は、電源投入後にF10を押して、Cドライブの領域設定をして再度リカバリーを行います。

リカバリー完了後、Windowsアップデートを行います。
Windows XPの場合、通常アップデートが出来なくなっているので、作成したディスクからSP3を適用します。
SP3適用後は通常アップデートが出来るようになっています。
こんどは、VAIOアップデートを行います。

VAIOアップデートにはけっこうな時間を要しますが、必要なアップデートをすべて更新、動きの快適、Windows XPは動きも軽く快適です。

IDEタイプのHDDも数多く在庫がございます。
古いパソコンだからといって諦めずにご相談ください。

SONY PCV-W102 電源が落ちる、左スピーカー音出ない

左側スピーカーから音が出ない、突然シャットダウン、勝手に再起動する、時々ブルースクリーンになる、動きが不安定など、様々な症状の出るSONY PCV-W102の修理依頼です。
パソコン自体も古いのだが、2年ぐらい前にハードディスクを交換されたとか、もう少し使いたいので何とか修理をとのご要望です。

検査、テストで数日を要してしまったが、故障原因はマザーボードと断定、経年劣化により、CPU周りの電解コンデンサーの不良と判断。

取り外したコンデンサーの容量を計測すると明らかに容量が抜けており、目視では確認出来なかったコンデンサー下側部分にも膨らみがありました。

CPUに供給される電圧が不安定になるとフリーズしたり、再起動を繰り返すという症状が発生します。
特に気温が下がると顕著に症状が現われます。

交換要コンデンサー12個を交換して、一旦起動が出来る状態まで組み立てます。

大丈夫、起動も早い、これならと元通りに組み立てて動作テストを開始します。

起動も早い、クリックに対する反応も早い、左側スピーカーの音も復活、無事に修理完了です。

5年を過ぎると保守期間を過ぎてしまうため、メーカーでは修理対応が出来ません。

古いパソコンだからといって諦めるのはちょっと早い、いつでもパソコン救急病院ジャムテックにご相談ください。

SONY VGN-K71B 液晶割れ

SONY VGN-K71Bの液晶が割れてしまったという修理依頼が香川県の法人様から。

古いパソコンなのであまり費用がかからず修理出来ればとのご依頼ですが、新品パネルは入手も困難、ご予算の制限もあるので、今回は、中古パネルを使用しての対応となりました。

同型パネルは在庫があったので早速交換作業を開始します。

修理後の動作テストでは、思ってた以上に品質が良く、画面も明るく、画面には気になる傷も見当たりません。

今回の修理費用は、パネル代込み12600円です。

SONY VAIO VGC-LN50DB HDD交換修理

ハードディスク故障で起動が出来ないというSONY VGC-LN50DBの修理依頼が千葉県個人様から。
リカバリーディスクを作成されていないとメーカーからリカバリーディスクを取り寄せて、壊れたパソコンと一緒にお送り頂きました。

パソコンが届いて早速修理開始です。

リカバリーディスクありでHDDの交換修理は本当に有難い、作業時間が大幅に短縮出来ます。
HDDを交換してリカバリー作業を開始します。
問題なく作業は終了、Windowsアップデートを行います。
ここからが重要、パソコンというのは、不具合の塊、言い換えれば不良品、欠陥品?ともいれると思います。
そこで、ほとんどの方が行っていない機種別のアップデート作業を実行します。

SONYの場合はVAIOアップデート、富士通の場合はアップデートナビなど、日本メーカーは親切なので簡単にアップデートが出来るようになっています。
SONYの場合は、VAIOアップデートにリコール情報なども確認出来るので、必ず実行するようにしましょう。

自動アップデート、手動アップデートで約20ほどの更新作業を行い修理完了です。

諦められていた保存データも救出して修理後パソコン元場所に保存して、パソコン修理&データ復旧作業は全て完了、ご返却となりました。

SONY VAIO PCV-RX61 HDD交換修理

電源を入れるといつもCドライブのチェックディスクが走るというSONY VAIO PCV-RX61の修理依頼です。

元々の8GBを160GBのハードディスクに丸々システム転送を行い、保存データも環境もそのまま新品のHDDに移し変えます。

HDD自体にも不具合があるので、作業は長時間を要してしまいましたが、無事作業終了。

HDDを入れ替えて電源ON,以前より起動も速く、快適に動作出来るようになりました。

それにしても、Windows2000は軽くて早い、性能は、今のパソコンに比べると全然遅いのだが、軽いOSのお陰で快適快適です。

お客様も、動きがかなり速くなったとお喜び頂けました。

SONY VAIO VGC-LM52DB 画面が乱れる

電源を入れると画面が乱れるという今回の修理依頼、SONY VAIO VGC-LM52DBです。

正常に電源が入り「VAIO」ロゴの後「Microsoft」の文字が縦に3分割されてしまい正常起動が出来ないという症状です。

メモリー増設をしようとして、メモリー交換をしてからこんな症状になってしまったという事でした。

元から付いていたメモリーに戻した状態で修理をご依頼頂きました。

実際に現物を診断してみると、弊社でも扱った事のない奇妙な症状です。
こんな時、一番目に疑うのはメモリーです。

メモリーの故障でも画面が乱れたりという症状が出る場合が稀に発生しています。

弊社で在庫しているSAMSUNG純正メモリーに交換するとキチンを画面が表示され無事起動に成功です。
この機種の場合、最大メモリーは2GBまで、4GBにするとブルースクリーンで落ちてしまいます。

メモリー交換、増設というのは大変に難しいのですが、ほとんどのパソコンは、螺子1.2本外せば作業が出来てしまいます。

メモリー交換、増設なんて簡単?って思われている方も多いのかもしれませんが、実は、一番難しい部分だと私は思っています。

メモテストでエラーが出ないからといっても安心は出来ません。

交換、増設をしたメモリーが原因でパソコンを壊してしまうというケースも少なくありませんのでご注意ください。

SONY VAIO VGC-LM52DB HDD故障

エラーが出てしまいリカバリーも出来ないというSONY VAIO VGC-LM52DBの修理依頼です。

HDDの故障で間違いなさそう、早速HDDを交換してリカバリーを開始します。
調子が悪くなってからリカバリーディスクを作成されたというディスクを使ってリカバリー作業を開始します。

内臓HDDからのリカバリーはできなかったのでディスクがあると作業は早い。
どうやら、キチンとリカバリーディスクは作成されていたよう。
元の500GBに交換して無事に修理完了です。

データ復旧依頼もなかったので早く修理が出来ました。
リカバリーディスクは買ったらすぐに作成するように心がけましょう。

それにしても、HDDの流通がなくて困った困った。
弊社で使うHDDはHitachi製がほとんどです。
在庫も少なくなってきたので冷や汗ものです。
Hitachi製1TBは在庫が切れてしまったが、500GBは残りが7台程度したありません。

最近では、マーシャルとかいうリファHDD(再生品)が流通していますが、出来れば使いたくない。
価格もかなり高騰しています。(約2倍)

画面が滲んだようになってしまったSONY VGN-C90S

P1000222.JPG

写真のような画面になってしまったSONY VGN-C90Sの修理依頼です。
茨城県内個人様、県南からの宅配便による修理依頼です。

NVIDIA GeFoece Go7400搭載モデル、ビデオチップの不具合で間違いなさそう。

ケーブル類の取り回しが複雑でちょっと面倒。
フラットケーブルが4本、注意をしないと傷付けたりしてしまうので細心の注意をします。

キーボード、ハードディスクを付けない状態まで組み立てます。
この状態で電源ON、無事に綺麗な画面で「VAIO」のロゴが現れました。

元通りに組み立てて次なる動作テストを開始します。
DVDの連続再生を約3時間、動作は快適です。

修理後の写真がコチラ↓↓

 

P1000223.JPGSONY VGN-C90Sの修理ご相談は コチラ から...。

 

 

液晶割れ SONY VAIO VPCEA45FJ 14型

SONYの14型ノートパソコンの液晶割れ交換修理依頼です。
本日午前中に到着、修理完了です。

ノートパソコンの液晶割れは当日修理可能です。

事前に在庫状況をご確認ください。

SONY VAIO VGN-CS62JB 異音発生 CPUファン故障

茨城県内個人様お持込修理依頼です。

電源は正常にはいり普通に使用可能だが、暫くすると「ガリガリ」という音が発生、どうやらCPUファンの回転も停止してしまうという、CPUファンからの異音発生でした。

分解してCPUファンを検査してみると、回転軸が磨耗してしまい「グラグラ」状態でした。
ここまで酷いともう交換するしか方法はありません。

部品を発注して交換、修理完了です。

どうやら、この機種のCPUファンは構造的に弱く、回転軸が磨耗してしまうという故障が以前にも2台ほど修理依頼がありました。

対策パーツは構造も強化されているようです。

 

 

SONY VAIO VGN-FT31B 電源入るも画面映らず
SONY VAIO VGN-FT31B 電源は入るが画面に何も映らないという症状で入院です。
故障原因を特定する場合、まずは簡単な方から探し出すのですが、この機種で故障原因として想定出来るのはメモリーの故障が一番ですが問題なし。
次は、CPUです。
デスクトップパソコンの場合、CPU故障という可能性は低いのですがノートパソコンの場合は意外に多い。
同型CPUに交換して正常起動を確認。
CPUが壊れてしまったようです。
マザーボードを取り外す事なく修理完了です。
SONY VGN-N51B 液晶割れ修理

茨城県内法人様からの修理依頼です。
液晶パネルが割れてしまったので大至急修理したいとのご要望です。

お仕事で使うパソコンは優先的に修理をさせて頂いています。

パネルは15.4型ワイド光沢パネルです。
在庫があるのでパソコン到着日に修理完了です。
パソコン修理はスピードが命、大至急の修理大歓迎です。

久々 VAIO Eタイプ VGN-E50電源入らず

最近めっきり修理依頼の無くなったVAIO Eタイプ VGN-E50の修理依頼がやってきた。
ACアダプターを繋いで電源を入れても入らないという症状です。

バッテリー充電ランプが点滅するだけ。
このEタイプは、マザーボード故障も少ないのでまずはバッテリーの故障が疑わしい。
バッテリーを外して電源ON、思った通り、バッテリーの故障が原因で電源が入らなかったようです。
が...、Windowsが起動できません。
お決まりのオペレーティングノットファンドと英語で表示されています。
お客様のご要望はパソコン修理とデータ復元です。

修理は何とかなると思うが、先にデータ復元作業を行います。

作業開始から丸1日、データ復元に成功です。
ランダム検証では破損ファイルも見当たりません。
重度とまではいかないが物理障害は間違いありません。

パソコンの修理も無事に完了、復旧データを元場所に保存してすべての作業終了です。

勿論、内部のお掃除、キーボードのお掃除、Windowsアップデートまでの作業も行っています。

SONYのパソコンの中でもHDD換装の面倒な機種、液晶パネル部分まで外さなければいけないのはこのEタイプぐらいだろう。

SONY VAIO VGN-FW74FB データ復元

Windowsが起動出来なくなってしまったVAIO VGN-FW74FBからのデータ復元は水戸市内からのご依頼、お持込です。
メーカー保証は切れてしまっていますが、量販店の長期保証に加入してあるので保証対応が可能だそうです。
量販店に併設されているパソコンクリニック(PC-****)さんにデータ復元を依頼されたそうですが、当初の見積もりから金額が変更になり、結局がデータ復元不能という結果だったそうです。

早速データ復元作業開始です。
とりあえずはパソコンの電源ON、ハードディスク付近からは「キーン」という異音が発生しています。
俗に言う重度物理障害のようです。
この状態では(PC-****)さんの技術ではどうしようもないだろう...。

データ復旧作業は難航しましたが、個人アカウント分データ約36GBの復旧に成功です。
パソコンもとりあえずは正常起動が出来るように修復が出来、Windows内のバックアップ機能を使い、イメージデータも作成、復元データは500GBのポータブル外付けHDDに保存して全ての作業が完了しました。

作業代金はポータブル外付けHDD代込み14700円です。

 

SONY VAIO VGN-S73PB 液晶割れ交換修理

SONYの13.3型ワイド VGN-S73Bの液晶パネル割れ修理依頼です。
出来る限り修理費用を安価にしたいとの事...。

在庫は中古パネルが2枚、新品が1枚あったので、程度の良いパネルを選択、修理完了です。

 

SONY VAIO VGN-SZ91S 画面表示不良

SONY VAIO VGN-SZ91Sという13.3型LED液晶搭載高性能パソコンですが、画面に細かな縦線がたくさん入り、画面表示不良という症状です。

NVIDIAグラフィックチップ張り直し修理で無事に復活です。

SONY VGC-LA72DB 画面が真っ白

電源は入り、VAIOの起動音も正常に出るVGC-LA72DBだが、画面が真っ白で何も映らないという症状です。

裏ケースを外して電源を入れてみると、CPUファンが壊れて全く回転していない。

NVIDIAグラフィックス搭載マシンなので張り直し修理をしてはみたが、今回は完全に逝ってしまったようで修理不能、ファンが回転していないのもファンに供給されるはずの電圧が出ていない、マザーボードがあちこち壊れているようだ。

今回は修理不能、着払いにて返送させて頂きました。

 

液晶割れ SONY VAIO VGN-G2

SONY VAIO VGN-G2という12.1型LEDパネル割れの交換修理依頼がありました。

少し前にもお問い合わせがありましたが、Toshiba製LED液晶ユニットの入手が困難という事でお断りさせて頂いたのだが、今回、液晶の割れていない同型のパネルと入れ替えて欲しいとのご要望で、一緒に2台が到着です。
確かに、パネル自体の厚みが2mm程度だろうか、おまけにフレームもかなり薄く、これでは液晶割れも多発するだろうという構造です。

交換作業も割ってしまっては大変と、かなり神経を使います。

まずは、液晶ユニット部分の取り外し作業から開始です。
とりあえず、全部分解しないと液晶部分の取り外しが出来ません。

底面にある螺子を全部取り外します。
螺子は長い物4本を除いては全部同じ螺子なので特に面倒という事はないのですが、長い螺子の使われていた部分を記録しておくなどの事をしないと、短い部分に長螺子を入れてしまうと突き抜けてしまうので注意が必要です。
次に、キーボードを取り外し、接続されているフラットケーブルも全部取り外します。
すべてがテープ貼りになっているので一旦剥がす必要があります。
次に、上カバー部分を取り外します。
上と下に2本、下部分はシールが貼ってあるので剥がす必要があります。
外す際には破損がないように慎重に取り外します。

ここで、やっとハードディスクが見えてきました。
東芝の1.8インチが使われています。

今度は、パネル部分の取り外しです。
液晶ケーブルを外し、左側の無線LANのアンテナケーブルを外します。
右側は、DVDドライブの下に配線されているので、ちょっと面倒そうなので、今回は外しません。
作業の問題がなければ、必要以上は外す必要がないからです。

さて、パネルの分解ですが、表面に4本、底面?に2本、兆番部分の両側を外し、やっとフレームが取り外せました。

ケーブル類の取り回しをきちんと記憶していないと、元通りにケースが収まらないので注意が必要です。

この作業を2台行った訳ですが、けっこうな時間がかかってしまった。
何事も研究と経験、次に同じ修理依頼があった時にはもっと短時間で交換が出来るでしょう。

とにかく、フレームの薄い液晶が使われているパソコンは、取り扱いにご注意ください。
特に、Toshiba製LEDパネルが使われているパソコン、SONY,Panasonicに多いのでご注意を...。

 

SONY VGC-LM71DB 起動せず

今回の修理はSONYの一体型パソコンVGC-LM71DBというお洒落な一体型パソコンです。
症状は、Windowsが起動出来ない、リカバリーも出来ないという、ハードディスク故障が疑わしいパソコンです。
リカバリーディスクは作成されていません。
弊社にも所有が無く、何とか壊れたハードディスクからリカバリー領域を吸い出さなければいけないという厄介な修理となってしまいました。

これからは、経験と技術で何とかしなければいけません。
メーカーに発注すれば何の問題もないのですが、無駄な費用、時間はかけるのは勿体ない。

壊れたハードディスクを何とか修復し、一時的にでも丸々コピーが出来るようにしたいのですが、何度もチャレンジするも思うようにいきません。
修復、コピー作業を繰り返す事6回目にして何とかコピーに成功です。

検査をしてみると、何となく出来ているような、いないような...。

パソコンの取り付けて電源ON,すぐにF10を押してリカバリー開始です。
「キター」という感じでリカバリー初期画面が...。

リカバリー作業が終わるのを待って、今度はリカバリーディスクを作成します。
なんと...、リカバリーディスク作成履歴があるではありませんか。
無いと言っておられたのに...。

今度は、リカバリーディスクを使って再リカバリーをします。

無事に作業完了です。
Windowsアップデート、Vaioアップデートを行い、動作テストを数時間、問題ないのでご返送となりました。

 

SONY VGN-CS50B パソコンから異音発生

SONY VAIO CS50Bがパソコンから異音が発生するという事で修理依頼がありました。

電源を入れると「ガリガリキューキュー」と、明らかにファンの故障と判る症状です。
ファンの交換が必要となると部品入手にもお時間、費用もけっこうかかってしまいます。

まずは、分解してファンの状態を確認します。

内部にはゴミの蓄積も無く綺麗な状態です。
フィン部分を手で回してみるとやはり異音が発生し、回転もかなり悪いです。
ファン自体を分解し、綺麗にお掃除をしてここからがプロの経験と技術で修理をします。

手で回してスムーズに回転するのを確認、元通りんび組み立てて動作確認です。

異音発生も無くなり、パソコンが熱くなると断続的にファンが回転しています。
念のため、DVD再生テストで負荷をかけてみます。

大丈夫、ファンを交換する事なく安価に修理完了です。

 

パソコン修理はジャムテックにご相談ください。

SONY VAIO VGN-FZ51Bビデオチップ修理

メーカーに修理依頼をされたという事ですが、マザーボードの故障という事で当然高額修理、未修理返却後に弊社に入院してきたVAIOです。
写真のように画面一杯に複数の英数字が...。

DSC00962.JPG

 

鳥肌の立つような不気味な症状です。
これもビデオチップの不具合の場合に出現する症状です。

DSC00965.JPG

修理後には綺麗に表示されるようになりました。
このパソコンもアップデートがだれておらず、壊れてしまっても仕方なないのかな?といった感じでした。

パソコン独自のアップデートは必ず実行するようにしましょう。

SONY VAIO PCG-TR1 NTLDR 起動せず

今回のパソコンは、茨城県同水戸市内個人様よりパソコンが起動しなくなってしまったので、データを取り出して動くようにして欲しい、予算は1万円程度でというご要望です。

「NTLDR」と、起動に必要なファイルが消失してしまっています。

考え方としては消失してしまった物を足してやれば元通りに動くはずと作業を開始するが、詳しく調べてみると「system32」の一部が削除されているのを確認。

お客様に確認すると、空き容量を増やすために不要ファイルの削除作業を行ったとのこと...。

これではパソコンが起動出来なくなったのも頷けます。
足りないファイルを足して修理することは不可能と判断、データの抜き取り作業を開始します。
このパソコンのハードディスクは東芝1.8インチが使われていました。

データの救出作業が終わってリカバリーを開始するが、残念、リカバリー領域も削除、おまけにリカバリーディスクも作成していないという最悪の結果です。

そこでオリジナルWindowsXPディスクを使ってOSのインストールを行います。
問題はデバイスドライバーが全部見つかるかどうかです。
Panasonicのようにメーカーさんがきちんとサポートしてくれていれば何の問題もないのですが、ユーザー登録必須なのに、SONYはアップデートのみでオリジナルのデバイスドライバーはサポートしていません。

TR2のリカバリーディスクがあったのでそこからドライバー群を取り出します。

丁寧に1個ずつドライバーをインストールし、救出したデータをパソコン内に戻して作業は終了です。

ハードディスクからは時より異音「キューン」という音が出ていますが、一時的に動けばOKとのことなので修理はここまでで終了です。

 

 

 

 

パソコン修理・データ復旧 診断・お見積り無料!

パソコン修理・データ復旧のご相談はお気軽に!お電話、メールフォームからお問合せください!

パソコン修理に関することはお気軽にお問合せください! ?029-304-5773 営業時間10:00?21:00 定休日 水曜日 基本料・診断料・お見積り無料! 事前見積りなので安心、最短当日修理可能です!

パソコン修理お問合せはこちら

※自作機、ショップブランドパソコンの場合は、修理キャンセル時に不具合箇所特定検査料が発生する場合がございます。

ページトップに戻る↑

2014年11月の記事

S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー別記事一覧

パソコン修理の新着ブログ記事

パソコン修理の過去のブログ